AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月

24,878 views

Published on

Published in: Technology

AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月

  1. 1. AWSサービスアップデート 2014年4月 2014年5月1日 堀内康弘 ( @horiuchi ) テクニカルエバンジェリスト
  2. 2. Amazon CloudFrontがEDNS-Client-Subnetをサポート • CloudFrontにEDNS-Client-Subnetサポートを追加 • 利用するためにコードおよびCloudFrontのディストリビュー ションに何か手を加える必要なし • EDNS-Client-Subnetをサポートする地理的に分散されてい るDNSリゾルバを使っている場合、すぐにこの恩恵をうける ことが可能 • より正確に最も近いエッジロケーションが選択されるように 2014/04/02 http://bit.ly/Pl1oMH
  3. 3. AWS Elastic Beanstalk がRuby 2.0をサポート • Webサーバーとして、Passenger StandaloneかPumaを選択可能 • リバースプロキシとしてNginxを選択可能 2014/04/02 http://bit.ly/1lD5BsR
  4. 4. Amazon RDS for OracleでOracle GoldenGateが利用可能に • RDS OracleデータベースのインスタンスをGoldenGateによるレプリケー ション操作のソースまたはターゲットとして利用できるように • データベースはオンプレミスでもEC2上に構築したものでもRDSでもOKで 柔軟性が非常に高い。以下のようなシナリオも可能。 - オンプレミスデータベースをRDS DBインスタンスへ - RDS DBインスタンスをRDS DB インスタンスへ - EC2でホストされているデータベースからRDS DBインスタンスへ - RDS DBインスタンスから別リージョンのRDS DB インスタンスへの クロスリージョンレプリケーション 2014/04/03 http://bit.ly/1gsnBxZ
  5. 5. Cost Explorer が利用可能に • AWSの料金をレポート、分析、視覚化できる新しいツール • 時間の範囲をカスタマイズでき、月次と日次のデータを切り替え可能 • Linked Account、サービス、タグを組み合わせた、データのフィルタリングおよびドリルダウ ンすることも可能 • データをサービス毎、Linked Account毎にグルーピングすることも可能 • データをCSVファイルとしてダウンロード可能 • IAMポリシーを使ったアクセス制御も可能 2014/04/08 http://bit.ly/1oKtb9a
  6. 6. 新世代のメモリ最適化インスタンスタイプ(R3)が利用可能に • 利用可能リージョン - 米国東部(バージニア北部)、米国西部(北カリフォルニア)、米国西部(オレ ゴン州)、EU(アイルランド)、アジアパシフィック(東京)、アジアパシ フィック(シドニー)、アジアパシフィック(シンガポール) • スペック - Intel Xeon E5-2670 v2 "Ivy Bridge" プロセッサ - Hardware Virtualization (HVM) のみ - SSD-backed インスタンスストレージ (TRIMサポート) - 低レイテンシー、低ジッタ、高い秒間あたりのパケット性能を持つ拡張されたネッ トワーク 2014/04/10 http://bit.ly/1kvdG2V
  7. 7. 新世代のメモリ最適化インスタンスタイプ(R3)が利用可能に • 価格(東京リージョン) - GiBあたり$0.0138 (largeのみ$0.0140) - m2(GiBあたり$0.0168)の約8割の料金で利用可能 2014/04/10 http://bit.ly/1kvdG2V
  8. 8. GPU一般用途 バランス型 メモリ 最適化 ストレージとIO 最適化 コンピュート 最適化 G2 M3 R3C3 I2 HS1 CR1M2CC2C1 HI1 HS1 CG1M1 現行世代 = より新しく、より強力なプロセッサ、費用対効果も旧世代より高い EC2アップデート - 前世代のインスタンス (Previous Generation Instances) 2014/04/15 http://bit.ly/1qGLfi1
  9. 9. M3インスタンス - 汎用タイプ • Intel Xeon E5-2670 (Sandy Bridge) • SSDのインスタンス ストレージ CPU性能、メモリー、ネットワークのバランスがとれたタイプ 特徴 モデル vCPU メモリ (GiB) SSD ストレージ (GB) オンデマン ド料金 (東京) m3.medium 1 3.75 1 x 4 $0.101 m3.large 2 7.5 1 x 32 $0.203 m3.xlarge 4 15 2 x 40 $0.405 m3.2xlarge 8 30 2 x 80 $0.810
  10. 10. C3インスタンス - CPU最適化 • Intel Xeon E5-2670 v2 
 (Ivy Bridge) • SSDインスタンスストレージ • 低レイテンシー、低ジッタ、高い 秒間あたりのパケット性能を持つ 拡張されたネットワーク
 (SR-IOV, VPCのみ) • クラスタリングサポート CPU性能に特化したタイプ。CPUあたりの料金が最も安い 特徴 モデル vCPU メモリ (GiB) SSD ストレージ (GB) オンデマン ド料金 (東京) c3.large 2 3.75 2 x 16 $0.128 c3.xlarge 4 7.5 2 x 40 $0.255 c3.2xlarge 8 15 2 x 80 $0.511 c3.4xlarge 16 30 2 x 160 $1.021 c3.8xlarge 32 60 2 x 320 $2.043
  11. 11. R3インスタンス - メモリ最適化 • Intel Xeon E5-2670 v2 
 (Ivy Bridge) • SSDインスタンスストレージ • 低レイテンシー、低ジッタ、 高い秒間あたりのパケット性 能を持つ拡張されたネットワー ク (SR-IOV, VPCのみ) メモリに特化したタイプ。メモリGiBあたりの料金が最も安い 特徴 モデル vCPU メモリ (GiB) SSD ストレージ (GB) オンデマン ド料金 (東京) r3.large 2 15 1 x 32 $0.210 r3.xlarge 4 30.05 1 x 80 $0.420 r3.2xlarge 8 61 1 x 160 $0.840 r3.4xlarge 16 122 1 x 320 $1.680 r3.8xlarge 32 244 2 x 320 $3.360
  12. 12. I2インスタンス - ストレージ最適化 • Intel Xeon E5-2670 v2 
 (Ivy Bridge) • SSDインスタンスストレージ • TRIMサポート • 低レイテンシー、低ジッタ、高い 秒間あたりのパケット性能を持つ 拡張されたネットワーク
 (SR-IOV, VPCのみ) ストレージに最適化されており、高いランダムI/O性能、IOPSを提供
 i2.8xlargeで秒間365,000超のランダムリードと秒間315,000超のランダムライト 特徴 モデル vCPU メモリ (GiB) SSD ストレージ (GB) オンデマン ド料金 (東京) i2.xlarge 4 30.05 1 x 800 $1.051 i2.2xlarge 8 61 2 x 800 $2.101 i2.4xlarge 16 122 4 x 800 $4.202 i2.8xlarge 32 244 8 x 800 $8.404
  13. 13. 「AWS Test Drive プログラム」日本版の提供開始 • 初期の参加企業 - AvePoint Japan株式会社 - クラスメソッド株式会社 - サイオステクノロジー株式会社 - TIS株式会社 - 株式会社電通国際情報サービス - トレンドマイクロ株式会社 - 日本ビジネスシステムズ株式会社 - ビジュアルテクノロジー株式会社 - レッドハット株式会社 2014/04/17 http://bit.ly/1l9KT00
  14. 14. AWS Elastic Beanstalk for Docker 2014/04/23 http://bit.ly/1f8Bd7z Meets Amazon Linux AMI 2014.03 からDockerをサポート
  15. 15. Amazon RDSがMySQL 5.5 から MySQL 5.6へのアップグレードをサポート • 既存のRDS DBインスタンスのアップグレード方法 - 1. 新しいリードレプリカを作成 - 2. それをMysQL 5.6にアップグレード - 3. 既存のマスターに同期が追いついたら、新しいマスターに昇格 • 新規に作成したDBインスタンスのアップグレード方法 - AWSマネージメントコンソールからModify オプションを選択して、最新の バージョンであるMySQL 5.6に1発でアップグレード可能 - RDSのリードレプリカを使っている場合は、マスターをアップグレードする 前にそれらをアップグレード 2014/04/23 http://bit.ly/1iQuIWl
  16. 16. ElastiCacheのRedisクラスターにバックアップとリストア機能が追加 • 1日1回の自動バックアップを設定可能 • いつでも手動でバックアップを作成可能 • バックアップはS3にスナップショットとして保存 • スナップショットから新しいRedisクラスタを作成可能 2014/04/24 http://bit.ly/1gZoorF
  17. 17. APNパートナー様により『エンタープライズAWS導入ガイド』が公開 • APNパートナーの下記リンクから、ダウンロードすることが可能 - アクセンチュア株式会社: http://www.accenture.com/jp-ja/research/Pages/book- enterprise-aws-introduction-guide.aspx「近日公開予定」 - アビームコンサルティング株式会社: http://jp.abeam.com/collaterals/ eaws_implementation_guide.html - 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社: http://www.ctc-g.co.jp/solutions/ccoa/05.html - 株式会社サーバーワークス: http://www.serverworks.co.jp/aws_guide - 日本ユニシス株式会社: http://www.unisys.co.jp/services/ict/uselfcloud/ - 株式会社日立製作所: http://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/solution/ aws.html#sec05 2014/04/25 http://bit.ly/1pvzwpp
  18. 18. Amazon DynamoDBにクエリのフィルタリングと条件付き更新機能が追加 • クエリのフィルタリング - 主キーでない属性でのクエリーフィルタリングをサポート - Query機能を呼び出す際に、QueryFilterを含むことができるように - コードを簡単にし、効率化しつつ、アプリケーションに返されるデータの量を減らすことが可能 • アイテムの条件付き更新 - 2つ以上のプロセスが、制御された方法で特定のアイテムへの同時更新を行うことが可能 - 例 スケーラブルで、信頼性の高いカウントシステム • アイテムを読み込みためにGetItemを呼び出します。 • アイテムからcountフィールドを抽出し、1インクリメントします。 • countフィールドの現在と新しい値でUpdateItemを呼び出します。 • UpdateItemが、現在の値が正しくないことを示している場合、ステップ1に戻ります。 • DynamoDB Localもアップデート 2014/04/24 http://bit.ly/1nk5tPQ
  19. 19. Amazon Simple Workflow用の新しいCloudWatchメトリック • SWFが多種多様なワークフローおよびアクティビティメトリックをAmazon CloudWatch に収集およびパブリッシュするように • 利用可能となったメトリック - DecisionTaskStartToCloseTimeメトリック • デシジョンタスクが実行開始してから完了するまでにかかった時間を報告 - WorkflowsCompletedメトリック • 完了したワークフローの数を報告 - StartToCloseTimeとScheduleToCloseTimeメトリック • ワーカータスクをEC2インスタンスのAuto Scalingでホストしている場合、こ れを使用してスケールアップおよびスケールダウン操作を開始することが可能 2014/04/29 http://bit.ly/1l06Gsc
  20. 20. Route53のドメイン名によるヘルスチェック • Route53のDNSフェイルオーバー機能 と組み合わせて、アプリケーション全 体の可用性の向上が可能 • ヘルスチェックのエンドポイントの指 定をIPアドレスの代わりにドメイン名 で指定可能に • DNSは、Route53がヘルスチェックを 実行するたびに、再解決される • ヘルスチェックの間隔は10秒か30秒 を選択可能 2014/04/30 http://bit.ly/1uEbXKY

×