SlideShare a Scribd company logo
1 of 47
Download to read offline
デ フ ォル ト A W S 時 代 に イ ン フ ラ エ ン ジ
ニ ア は ど う 向 き 合 う べ き か?
YA S U H I R O H O R I U C H I 2 0 1 4 . 1 2 . 1 7
自 己 紹 介
• 堀内康弘 (ほりうちやすひろ)
• 1978年生まれ 山梨県出身
• 経歴
• ブイキューブ 2001 - 2006
• FlipClip CTO 2006 - 2009
• gumi CTO 2009 - 2012
• AWSエバンジェリスト 2012 - 2014
職 業 旅 人
Amazon ?
創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図
品 えと低価格を徹底的に追求
アメリカ カナダ 中国
フランス ドイツ イタリア
日本 スペイン イギリス
数十億の商品
1週間で5000万品
の更新
amazon.com, today
地 球 上 で 最 も お 客 様 を 大 切 に す る 企 業 で あ る こ と
Deep experience in building
and operating global web
scale systems
?
何故Amazonは

クラウドを始めたのか?
AWSクラウドの起源は、
アマゾン社内の
ビジネス課題を解決するために
生まれた
API
amazon.com, 1995
amazon.com, 1996
初 期 A M A Z O N . C O M の 課 題
システムがスケールしない
システム間の依存性が高い単一なアーキテクチャ
自社またはデータセンター会社の増設が

追いつかない
高いハードウェア・ソフトウェア購入費用
サービスの追加や改善がインフラ要件で

で遅延
amazon.com, 1999
継 続 的 な 改 善
複数のデータセンターを使うアーキテクチャを採用
• 堅牢性・可用性の向上
• 可用性確保のためハードウェア購入が

更に増加
Linuxやオープンソースへのシフト
• 商用製品から自前主義へ徐々に切換
amazon.com, 2001
Action
2 0 0 6 年 に 大 改 革
インフラ技術者とアプリ技術者の打ち合わせ禁止
• インフラのサービス化・API化
スケールアップからスケールアウト方式への転換
アプリ開発スピードの加速化
• アイディアから実践投入までのスピードアップ
シンプルな構成の追及
サービスとしてインフラを提供
• 内部構造のブラックボックス化 amazon.com, 2006
その結果...
Amazonのビジネスの基幹システムを支える技術
= “Amazon Web Services”
AWS (Amazon Web Services)
とは?
いつでも、必要なだけ、安価に
発電所
工場
送電線
電気
データセンター
インターネット
IT部門
コンピュータ
ク ラ ウ ド コ ン ピ ュ ー ティ ン グ の 特 徴 

初期投資が不要 実際の使用分
のみ支払い
セルフサービスな
インフラ
スケールアップ、ダ
ウンが容易
市場投入と俊敏性の
改善 
低額な変動価格
Deploy
A M A Z O N の ビ ジ ネ スモ デル
創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図
品 えと低価格を徹底的に追求
2008 2009 2010 2011
AWSのイノベーションの速度
+24
+48
+61
+82
+159
+280
20132012
AWSは、サービス開始以来:
• 745の新サービスや新機能をリリース
• 35のメジャーな新サービスを提供
• 42回の料金値下げ
>280
2014 as of now
Amazon EBS
Amazon SNS
AWS Identity
& Access
Management
Amazon RDS
Amazon VPC
Auto Scaling
Elastic Load
Balancing Amazon
ElastiCache
Amazon SES
AWS
CloudFormation
AWS Direct
Connect
AWS Elastic
Beanstalk
GovCloud
Amazon SWF
Amazon Route 53
Amazon Redshift
Amazon Glacier
Amazon
Dynamo DB
Amazon
CloudSearch
AWS Storage
Gateway
Amazon
CloudTrail
Amazon
CloudHSM
Amazon
WorkSpaces
Amazon Kinesis
Amazon Elastic
Transcoder
Amazon
AppStream
AWS OpsWorks
AWS Data
Pipeline
Amazon
CloudFront
Amazon EBS
Encryption
Amazon EBS
GP2 Volunes
Amazon New
Instances
Beanstalk
Docker support
米国で、クラウドストレージ=Amazon S3
クラウド仮想サーバ=Amazon EC2のサービスを開始
仮想プライベートクラウドサービス=Amazon VPC

RDBサービス=Amazon RDSを開始
世界で5番目のリージョンとして、

日本に東京リージョン(データセンタ群)を開設
世界10か所のデータセンター群と、

50拠点以上のエッジロケーション網で、

30を超えるサービスを提供中
2006年
2009年
2011年3月
現在
A W S の グ ロ ーバ ル イ ン フ ラス ト ラ ク チ ャ ー
GovCloud US West US East
South
America
EU Asia Pacific
US ITAR
Region
N. California Oregon N. Virginia Sao Paulo Ireland Sydney Tokyo Singapore
10 Regions
25 Availability Zones
51 Edge Locations
オレゴン
カリフォルニア
ダブリン
シンガポール
東京バージニア
サンパウロ
GovCloud
シドニー
(北京)
AW S の 様 々 な サ ー ビ ス
A
P
I
ライブラリ &
SDKs
管理
Web Console
サポート
Support
Command Line
ストレージ
S3 EBS Glacier Storage
Gateway
AWS Global Infrastructure
アプリケーション
インフラストラクチャ
サービス
アプリケーション
サービス
開発&
運用管理
ネットワーク & ルーティング
VPC Direct

Connect
ELB Route53
データベース
RDS ElastiCacheDynamo RedShift
コンテンツ配信
CloudFront
SES SNS SQS Elastic

Transcoder
CloudSearch SWF
認証
IAM Federation
Edge Locations
データ分析
DataPipelineEMR Kinesis
コンピュータ処理
EC2 WorkSpaces
AppStream
モニタリング
CloudWatch
デプロイと自動化
BeanStalk Cloud

Formation
OpsWork CloudTrail
リージョン アベイラビリティゾーン
ア プ リ ケ ー シ ョ ン サ ー ビ ス 群
仮想デスクトップサービス 企業向けファイル共有サービス
AW S モ バイルサ ー ビ ス
ユーザ認証
アクセスの認可
ユーザの行動分析
メディアの管理
データの同期
AWS Mobile SDK
Amazon Mobile
Analytics
メディアの配信
Amazon Cognito
(Sync)
AWS Identity and
Access Management
Amazon Cognito
(Identity Broker)
Amazon S3
Transfer Manager
Amazon CloudFront
(Device Detection)
共有データの保存
Amazon DynamoDB
(Object Mapper)
データのリアルタイム解析
Amazon Kinesis
(Object Mapper)
Track Retention
Amazon Mobile
Analytics
プッシュ通知の送信
Amazon SNS
Mobile Push
Your
Mobile
App
小 売 の D N A : 更 な る 低 価 格 へ の こ だ わ り
規模の拡大と効率化とイノベーション…
… コストダウンを促進
資本
投資
技術
投資
効率
改善
値下げ
より多く
の顧客
獲得
過去8年間で45回の値下げを実施
サーバが
35% Down
ストレージが
65% Down
G A R T N E R M A G I C Q U A D R A N T F O R C L O U D 

I N F R A S T R U C T U R E A S A S E R V I C E
Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, August 19, 2013. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note
and should be evaluated in the context of the entire report.. The Gartner report is available upon request from Steven Armstrong (asteven@amazon.com). Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research
publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of
fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.
2013
Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, May 28, 2014. This Magic Quadrant graphic was
published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report. The Gartner report is available at http://aws.amazon.com/
resources/analyst-reports/. Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those
vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner
disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.
Gartner Magic Quadrant for Cloud 

Infrastructure as a Service

2014
3 つ の 強 力 な 技 術 ト レン ド
• インターネットによって情報が無料に
• 携帯端末などが世界中に広がり、常時接続が普及
• クラウドコンピューティングによって無限のコンピューティング能力やス
トレージ、たくさんの高度なツールやアプリケーションが誰でも、安価に、
しかも利用時払いで使える仕組みができた
発電機所有が差別化要因だった時代の終焉
「発電機を持つ」ことは
差別化要因ではなくなった
「電気を利用してて何を創造するか」が
大きな差別化要因に。
A W S と ど う 向 き 合 う べ き か?
使 い こ な して、 武 器 に す る
A W S で 何 が 手 に 入 る の か?
時 間 と お 金
A M I ( A M A Z O N M A C H I N E I M A G E ) と は
アプリケーションやミドルウェアをインストール/設定をした環境をAMIとしてテンプレート
化し、それを基に複数環境を容易に構築可能
EC2
Create

AMI
起動
起動
起動
App
MW
インストール +
+インストール
App
MW
App
MW
App
MW
AMI
A M A Z O N R D S ( R E L AT I O N A L D ATA B A S E S E R V I C E )
マネージドRDBMSサービス
バックアップやフェイルオーバーに対応したDBを数クリックで利用可能
サポートRDBMS
自動

バックアップ
DC越しの

自動フェイルオーバー
アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB
データ同期
リードレプリケーション
自動フェイル

オーバ
パッチ更新バックアップ
A M A Z O N A U R O R A
• MySQL互換
• 普通のMySQLの5倍の性能
• 可用性、耐久性が高い
• スケールする
• Amazon RDSから利用可能
A M A Z O N A U R O R A
• 可用性、耐久性
• 自動的に3つのAZにデータを保存
• スケーラビリティ
• 数クリックでCPU・メモリサイズをスケールアップ・ダウン。所要時間は数分
• ストレージは必要に応じて自動的に拡張。最大64TBまで
• Read Replicaも数クリックで瞬時に増設
AZ-A AZ-B
Internet
Gateway
C L O U D F O R M AT I O N 

シス テム の テ ン プ レ ー ト 化
Public Subnet
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Monitor
Private Subnet
DEV
CloudFormation Template
テンプレート化
シス テム の テ ン プ レ ー ト 化
CloudFormation Template
AZ-A AZ-B
Subnet-3
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Solman
Subnet-2
DEV
CloudFormationを利用する
ことで、基本となるシステム
構成を簡単に作成すること
が可能となる。
AZ-A AZ-B
Subnet-3
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Solman
Subnet-2
DEV
AZ-A AZ-B
Subnet-3
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Solman
Subnet-2
DEV
AZ-A AZ-B
Subnet-3
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Solman
Subnet-2
DEV
AZ-A AZ-B
Subnet-3
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Solman
Subnet-2
DEV
自 動 化 を 加 速 さ せる 新 サ ー ビ ス
• AWS CodeDeploy
• AWS CodePipeline
• AWS CodeCommit
• Amazon EC2 Container Service
アク セ ス 増 の 時 の み リ ソ ース 増 強 を して コ ス ト ダ ウ ン
アクセスが増えた時のみリソースを増強し、コストを抑えながら機械損失
を最小に
Scale Up Scale Down
急なアクセス増の時の
みリソースを増強し機械
損失を最小化
アクセスが落ち着いた
らリソースを元に戻して
コストダウン
A W S L A M B D A
• イベントに対応するコード

を用意するだけ
• 設定したイベントに対応して

ミリ秒単位でコードを実行
• インフラの管理は必要なし
A W S L A M B D A の 料 金
• 料金はメモリの量と実行時間による
• 実行時間は100ミリ秒単位で計算
• 効率的なプログラムを書けば安く!
ま と め
AWSを武器にして攻めのインフラエンジニアに!

More Related Content

What's hot

JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」
JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」
JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」
Yasuhiro Horiuchi
 
いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013
いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013
いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013
SORACOM, INC
 

What's hot (20)

超入門クラウド&AWS
超入門クラウド&AWS超入門クラウド&AWS
超入門クラウド&AWS
 
JAWS re:Mote 2015 Nagoya
JAWS re:Mote 2015 NagoyaJAWS re:Mote 2015 Nagoya
JAWS re:Mote 2015 Nagoya
 
Slerとaws運用の付き合い方
Slerとaws運用の付き合い方Slerとaws運用の付き合い方
Slerとaws運用の付き合い方
 
JAWS-UG Nagoya 20130406 物体認識システムを支えるAWS
JAWS-UG Nagoya 20130406 物体認識システムを支えるAWSJAWS-UG Nagoya 20130406 物体認識システムを支えるAWS
JAWS-UG Nagoya 20130406 物体認識システムを支えるAWS
 
2013/08 JAWS_UG北九州 AWSを使った儲け方
2013/08 JAWS_UG北九州 AWSを使った儲け方2013/08 JAWS_UG北九州 AWSを使った儲け方
2013/08 JAWS_UG北九州 AWSを使った儲け方
 
2013/06 九州産業大学 -とある業界の禁書目録-
2013/06 九州産業大学 -とある業界の禁書目録-2013/06 九州産業大学 -とある業界の禁書目録-
2013/06 九州産業大学 -とある業界の禁書目録-
 
Windowsシステムの AWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015
WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015 WindowsシステムのAWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015
Windowsシステムの AWS移行とMulti-AZ化 - JAWS DAYS 2015
 
JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」
JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」
JAWS-UG 名古屋 第5回 発表資料 「AWSアップデート」
 
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
[JAWS DAYS 2017 ワークショップ] 不安で夜眠れないAWSアカウント管理者に送る処方箋という名のハンズオン
 
インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選
インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選
インフォバーングループにおけるAWS活用事例5選
 
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
2011年11月 JAWS-UG「上司を説得してAWSを使わせる3つのポイント」
 
JAWS DAYS 2015 AWS OpsWorksの仕組みと活用方法のご紹介
JAWS DAYS 2015 AWS OpsWorksの仕組みと活用方法のご紹介JAWS DAYS 2015 AWS OpsWorksの仕組みと活用方法のご紹介
JAWS DAYS 2015 AWS OpsWorksの仕組みと活用方法のご紹介
 
Sophos UTM 9のAutoscalingを試してみた
Sophos UTM 9のAutoscalingを試してみたSophos UTM 9のAutoscalingを試してみた
Sophos UTM 9のAutoscalingを試してみた
 
Azure使いから見たAWSの良いところ
Azure使いから見たAWSの良いところAzure使いから見たAWSの良いところ
Azure使いから見たAWSの良いところ
 
20130518 大規模mt環境の実装on aws
20130518 大規模mt環境の実装on aws20130518 大規模mt環境の実装on aws
20130518 大規模mt環境の実装on aws
 
いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013
いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013
いまさら聞けないAWSクラウド - Java Festa 2013
 
JAWSUG Kansai Simple Workflow Service (SWF)
JAWSUG Kansai Simple Workflow Service (SWF)JAWSUG Kansai Simple Workflow Service (SWF)
JAWSUG Kansai Simple Workflow Service (SWF)
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターンAWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
AWS Black Belt Online Seminar 2017 IoT向け最新アーキテクチャパターン
 
JAWS DAYS 2017 [AWSワークショップ] AWS初心者いらっしゃい
JAWS DAYS 2017 [AWSワークショップ] AWS初心者いらっしゃいJAWS DAYS 2017 [AWSワークショップ] AWS初心者いらっしゃい
JAWS DAYS 2017 [AWSワークショップ] AWS初心者いらっしゃい
 
ここが知りたいAws導入までのato z配布用
ここが知りたいAws導入までのato z配布用ここが知りたいAws導入までのato z配布用
ここが知りたいAws導入までのato z配布用
 

Similar to デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?

はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014
はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014
はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014
Yasuhiro Horiuchi
 
Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publish
Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publishAws seminar-tokyo dan-jp-final-publish
Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publish
awsadovantageseminar
 

Similar to デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか? (20)

20151030 オープンデータとセキュリティon aws
20151030 オープンデータとセキュリティon aws20151030 オープンデータとセキュリティon aws
20151030 オープンデータとセキュリティon aws
 
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
[CTO Night & Day 2019] よくある課題を一気に解説!御社の技術レベルがアップする 2019 秋期講習 #ctonight
 
20140924イグレックcioセミナーpublic
20140924イグレックcioセミナーpublic20140924イグレックcioセミナーpublic
20140924イグレックcioセミナーpublic
 
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
[CTO Night & Day 2019] CTO のためのセキュリティ for Seed ~ Mid Stage #ctonight
 
[excite open beerbash 特別篇]レガシーシステムをAWS移行で幸せになった話
[excite open beerbash 特別篇]レガシーシステムをAWS移行で幸せになった話[excite open beerbash 特別篇]レガシーシステムをAWS移行で幸せになった話
[excite open beerbash 特別篇]レガシーシステムをAWS移行で幸せになった話
 
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
AWSによるサーバーレスアーキテクチャAWSによるサーバーレスアーキテクチャ
AWSによるサーバーレスアーキテクチャ
 
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
Programming AWS with Perl at YAPC::Asia 2013
 
Microservice and agile development
Microservice and agile developmentMicroservice and agile development
Microservice and agile development
 
AWSにおけるセキュリティの考え方
AWSにおけるセキュリティの考え方AWSにおけるセキュリティの考え方
AWSにおけるセキュリティの考え方
 
クラウドを積極活用した サービスの開発のために
クラウドを積極活用したサービスの開発のためにクラウドを積極活用したサービスの開発のために
クラウドを積極活用した サービスの開発のために
 
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
スタートアップならおさえておきたいAWS(Amazon Web Services)入門 ~メディア露出時のピーク対策編~ 先生:高山 博史・今井 雄太
 
いまさら聞けない Amazon EC2
いまさら聞けない Amazon EC2いまさら聞けない Amazon EC2
いまさら聞けない Amazon EC2
 
はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014
はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014
はじめてのアマゾンウェブサービス @ JAWS DAYS 2014
 
サーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれからサーバーレスの今とこれから
サーバーレスの今とこれから
 
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成についてG tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
G tech2016 クラウド時代に必要とされる組織と人材育成について
 
Aws dan jp-final-publish
Aws dan jp-final-publishAws dan jp-final-publish
Aws dan jp-final-publish
 
Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publish
Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publishAws seminar-tokyo dan-jp-final-publish
Aws seminar-tokyo dan-jp-final-publish
 
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
拡がるクラウドの利用用途 - AWSの強みとクラウド活用最新事例 -
 
Serverless for VUI
Serverless for VUIServerless for VUI
Serverless for VUI
 
スタートアップのCEOもおさえておきたい、ITインフラのセキュリティ対策 先生:
スタートアップのCEOもおさえておきたい、ITインフラのセキュリティ対策 先生:スタートアップのCEOもおさえておきたい、ITインフラのセキュリティ対策 先生:
スタートアップのCEOもおさえておきたい、ITインフラのセキュリティ対策 先生:
 

More from Yasuhiro Horiuchi

AWSが誕生するまでの秘話
AWSが誕生するまでの秘話AWSが誕生するまでの秘話
AWSが誕生するまでの秘話
Yasuhiro Horiuchi
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月
Yasuhiro Horiuchi
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月
Yasuhiro Horiuchi
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月
Yasuhiro Horiuchi
 

More from Yasuhiro Horiuchi (20)

WordPress using AMIMOTO の Next Step!!
WordPress using AMIMOTO の Next Step!!WordPress using AMIMOTO の Next Step!!
WordPress using AMIMOTO の Next Step!!
 
初めてのAWS簡単ハンズオン (AWSアカウント開設+Next Step!!)
初めてのAWS簡単ハンズオン (AWSアカウント開設+Next Step!!)初めてのAWS簡単ハンズオン (AWSアカウント開設+Next Step!!)
初めてのAWS簡単ハンズオン (AWSアカウント開設+Next Step!!)
 
mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで ver.2
mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで ver.2mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで ver.2
mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで ver.2
 
クラウドネイティブ時代のアプリケーション運用をもっと簡単に!
クラウドネイティブ時代のアプリケーション運用をもっと簡単に!クラウドネイティブ時代のアプリケーション運用をもっと簡単に!
クラウドネイティブ時代のアプリケーション運用をもっと簡単に!
 
mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで
mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成までmocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで
mocloud.io ハンズオン サインアップから初めてのスタック作成まで
 
面白いは正義
面白いは正義面白いは正義
面白いは正義
 
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、 クラウド時代に向き合うエンジニアの心構えとは?
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、 クラウド時代に向き合うエンジニアの心構えとは?ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、 クラウド時代に向き合うエンジニアの心構えとは?
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、 クラウド時代に向き合うエンジニアの心構えとは?
 
Webエンジニアから旅人になる方法
Webエンジニアから旅人になる方法Webエンジニアから旅人になる方法
Webエンジニアから旅人になる方法
 
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれからベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
ベンチャーCTO、AWSエバンジェリストを経て考える、クラウド時代に向き合うエンジニア像のこれから
 
AWS概要からサインアップまで! 〜アカウント開設 & 仮想サーバを立ててみる〜
AWS概要からサインアップまで! 〜アカウント開設 & 仮想サーバを立ててみる〜AWS概要からサインアップまで! 〜アカウント開設 & 仮想サーバを立ててみる〜
AWS概要からサインアップまで! 〜アカウント開設 & 仮想サーバを立ててみる〜
 
スタートアップのエンジニアに求められる
働き方・マインドとそれを支える会社の取り組み
スタートアップのエンジニアに求められる
働き方・マインドとそれを支える会社の取り組みスタートアップのエンジニアに求められる
働き方・マインドとそれを支える会社の取り組み
スタートアップのエンジニアに求められる
働き方・マインドとそれを支える会社の取り組み
 
私はこれでエバンジェリストをやめました
私はこれでエバンジェリストをやめました私はこれでエバンジェリストをやめました
私はこれでエバンジェリストをやめました
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年7月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年7月AWS サービスアップデートまとめ 2014年7月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年7月
 
AWSが誕生するまでの秘話
AWSが誕生するまでの秘話AWSが誕生するまでの秘話
AWSが誕生するまでの秘話
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年6月
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年5月
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年4月
 
AWSのセキュリティについて
AWSのセキュリティについてAWSのセキュリティについて
AWSのセキュリティについて
 
ゲームインフラと解析基盤 そのものの考え方を変えるAWS
ゲームインフラと解析基盤 そのものの考え方を変えるAWSゲームインフラと解析基盤 そのものの考え方を変えるAWS
ゲームインフラと解析基盤 そのものの考え方を変えるAWS
 
AWS サービスアップデートまとめ 2014年3月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年3月AWS サービスアップデートまとめ 2014年3月
AWS サービスアップデートまとめ 2014年3月
 

Recently uploaded

Recently uploaded (8)

LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 

デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?

  • 1. デ フ ォル ト A W S 時 代 に イ ン フ ラ エ ン ジ ニ ア は ど う 向 き 合 う べ き か? YA S U H I R O H O R I U C H I 2 0 1 4 . 1 2 . 1 7
  • 2. 自 己 紹 介 • 堀内康弘 (ほりうちやすひろ) • 1978年生まれ 山梨県出身 • 経歴 • ブイキューブ 2001 - 2006 • FlipClip CTO 2006 - 2009 • gumi CTO 2009 - 2012 • AWSエバンジェリスト 2012 - 2014
  • 5.
  • 7. アメリカ カナダ 中国 フランス ドイツ イタリア 日本 スペイン イギリス 数十億の商品 1週間で5000万品 の更新 amazon.com, today 地 球 上 で 最 も お 客 様 を 大 切 に す る 企 業 で あ る こ と
  • 8. Deep experience in building and operating global web scale systems ? 何故Amazonは
 クラウドを始めたのか?
  • 12. 初 期 A M A Z O N . C O M の 課 題 システムがスケールしない システム間の依存性が高い単一なアーキテクチャ 自社またはデータセンター会社の増設が
 追いつかない 高いハードウェア・ソフトウェア購入費用 サービスの追加や改善がインフラ要件で
 で遅延 amazon.com, 1999
  • 13. 継 続 的 な 改 善 複数のデータセンターを使うアーキテクチャを採用 • 堅牢性・可用性の向上 • 可用性確保のためハードウェア購入が
 更に増加 Linuxやオープンソースへのシフト • 商用製品から自前主義へ徐々に切換 amazon.com, 2001 Action
  • 14. 2 0 0 6 年 に 大 改 革 インフラ技術者とアプリ技術者の打ち合わせ禁止 • インフラのサービス化・API化 スケールアップからスケールアウト方式への転換 アプリ開発スピードの加速化 • アイディアから実践投入までのスピードアップ シンプルな構成の追及 サービスとしてインフラを提供 • 内部構造のブラックボックス化 amazon.com, 2006
  • 17. AWS (Amazon Web Services) とは?
  • 19. ク ラ ウ ド コ ン ピ ュ ー ティ ン グ の 特 徴 
 初期投資が不要 実際の使用分 のみ支払い セルフサービスな インフラ スケールアップ、ダ ウンが容易 市場投入と俊敏性の 改善  低額な変動価格 Deploy
  • 20. A M A Z O N の ビ ジ ネ スモ デル 創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図 品 えと低価格を徹底的に追求
  • 21. 2008 2009 2010 2011 AWSのイノベーションの速度 +24 +48 +61 +82 +159 +280 20132012 AWSは、サービス開始以来: • 745の新サービスや新機能をリリース • 35のメジャーな新サービスを提供 • 42回の料金値下げ >280 2014 as of now Amazon EBS Amazon SNS AWS Identity & Access Management Amazon RDS Amazon VPC Auto Scaling Elastic Load Balancing Amazon ElastiCache Amazon SES AWS CloudFormation AWS Direct Connect AWS Elastic Beanstalk GovCloud Amazon SWF Amazon Route 53 Amazon Redshift Amazon Glacier Amazon Dynamo DB Amazon CloudSearch AWS Storage Gateway Amazon CloudTrail Amazon CloudHSM Amazon WorkSpaces Amazon Kinesis Amazon Elastic Transcoder Amazon AppStream AWS OpsWorks AWS Data Pipeline Amazon CloudFront Amazon EBS Encryption Amazon EBS GP2 Volunes Amazon New Instances Beanstalk Docker support
  • 22. 米国で、クラウドストレージ=Amazon S3 クラウド仮想サーバ=Amazon EC2のサービスを開始 仮想プライベートクラウドサービス=Amazon VPC
 RDBサービス=Amazon RDSを開始 世界で5番目のリージョンとして、
 日本に東京リージョン(データセンタ群)を開設 世界10か所のデータセンター群と、
 50拠点以上のエッジロケーション網で、
 30を超えるサービスを提供中 2006年 2009年 2011年3月 現在
  • 23. A W S の グ ロ ーバ ル イ ン フ ラス ト ラ ク チ ャ ー GovCloud US West US East South America EU Asia Pacific US ITAR Region N. California Oregon N. Virginia Sao Paulo Ireland Sydney Tokyo Singapore 10 Regions 25 Availability Zones 51 Edge Locations オレゴン カリフォルニア ダブリン シンガポール 東京バージニア サンパウロ GovCloud シドニー (北京)
  • 24. AW S の 様 々 な サ ー ビ ス A P I ライブラリ & SDKs 管理 Web Console サポート Support Command Line ストレージ S3 EBS Glacier Storage Gateway AWS Global Infrastructure アプリケーション インフラストラクチャ サービス アプリケーション サービス 開発& 運用管理 ネットワーク & ルーティング VPC Direct
 Connect ELB Route53 データベース RDS ElastiCacheDynamo RedShift コンテンツ配信 CloudFront SES SNS SQS Elastic
 Transcoder CloudSearch SWF 認証 IAM Federation Edge Locations データ分析 DataPipelineEMR Kinesis コンピュータ処理 EC2 WorkSpaces AppStream モニタリング CloudWatch デプロイと自動化 BeanStalk Cloud
 Formation OpsWork CloudTrail リージョン アベイラビリティゾーン
  • 25. ア プ リ ケ ー シ ョ ン サ ー ビ ス 群 仮想デスクトップサービス 企業向けファイル共有サービス
  • 26. AW S モ バイルサ ー ビ ス ユーザ認証 アクセスの認可 ユーザの行動分析 メディアの管理 データの同期 AWS Mobile SDK Amazon Mobile Analytics メディアの配信 Amazon Cognito (Sync) AWS Identity and Access Management Amazon Cognito (Identity Broker) Amazon S3 Transfer Manager Amazon CloudFront (Device Detection) 共有データの保存 Amazon DynamoDB (Object Mapper) データのリアルタイム解析 Amazon Kinesis (Object Mapper) Track Retention Amazon Mobile Analytics プッシュ通知の送信 Amazon SNS Mobile Push Your Mobile App
  • 27. 小 売 の D N A : 更 な る 低 価 格 へ の こ だ わ り 規模の拡大と効率化とイノベーション… … コストダウンを促進 資本 投資 技術 投資 効率 改善 値下げ より多く の顧客 獲得 過去8年間で45回の値下げを実施 サーバが 35% Down ストレージが 65% Down
  • 28. G A R T N E R M A G I C Q U A D R A N T F O R C L O U D 
 I N F R A S T R U C T U R E A S A S E R V I C E Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, August 19, 2013. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report.. The Gartner report is available upon request from Steven Armstrong (asteven@amazon.com). Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. 2013
  • 29. Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, May 28, 2014. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report. The Gartner report is available at http://aws.amazon.com/ resources/analyst-reports/. Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. Gartner Magic Quadrant for Cloud 
 Infrastructure as a Service
 2014
  • 30. 3 つ の 強 力 な 技 術 ト レン ド • インターネットによって情報が無料に • 携帯端末などが世界中に広がり、常時接続が普及 • クラウドコンピューティングによって無限のコンピューティング能力やス トレージ、たくさんの高度なツールやアプリケーションが誰でも、安価に、 しかも利用時払いで使える仕組みができた
  • 33. A W S と ど う 向 き 合 う べ き か?
  • 34. 使 い こ な して、 武 器 に す る
  • 35. A W S で 何 が 手 に 入 る の か?
  • 36. 時 間 と お 金
  • 37. A M I ( A M A Z O N M A C H I N E I M A G E ) と は アプリケーションやミドルウェアをインストール/設定をした環境をAMIとしてテンプレート 化し、それを基に複数環境を容易に構築可能 EC2 Create
 AMI 起動 起動 起動 App MW インストール + +インストール App MW App MW App MW AMI
  • 38. A M A Z O N R D S ( R E L AT I O N A L D ATA B A S E S E R V I C E ) マネージドRDBMSサービス バックアップやフェイルオーバーに対応したDBを数クリックで利用可能 サポートRDBMS 自動
 バックアップ DC越しの
 自動フェイルオーバー アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB データ同期 リードレプリケーション 自動フェイル
 オーバ パッチ更新バックアップ
  • 39. A M A Z O N A U R O R A • MySQL互換 • 普通のMySQLの5倍の性能 • 可用性、耐久性が高い • スケールする • Amazon RDSから利用可能
  • 40. A M A Z O N A U R O R A • 可用性、耐久性 • 自動的に3つのAZにデータを保存 • スケーラビリティ • 数クリックでCPU・メモリサイズをスケールアップ・ダウン。所要時間は数分 • ストレージは必要に応じて自動的に拡張。最大64TBまで • Read Replicaも数クリックで瞬時に増設
  • 41. AZ-A AZ-B Internet Gateway C L O U D F O R M AT I O N 
 シス テム の テ ン プ レ ー ト 化 Public Subnet Router NAT Instance QAS PRD Monitor Private Subnet DEV CloudFormation Template テンプレート化
  • 42. シス テム の テ ン プ レ ー ト 化 CloudFormation Template AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV CloudFormationを利用する ことで、基本となるシステム 構成を簡単に作成すること が可能となる。 AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV
  • 43. 自 動 化 を 加 速 さ せる 新 サ ー ビ ス • AWS CodeDeploy • AWS CodePipeline • AWS CodeCommit • Amazon EC2 Container Service
  • 44. アク セ ス 増 の 時 の み リ ソ ース 増 強 を して コ ス ト ダ ウ ン アクセスが増えた時のみリソースを増強し、コストを抑えながら機械損失 を最小に Scale Up Scale Down 急なアクセス増の時の みリソースを増強し機械 損失を最小化 アクセスが落ち着いた らリソースを元に戻して コストダウン
  • 45. A W S L A M B D A • イベントに対応するコード
 を用意するだけ • 設定したイベントに対応して
 ミリ秒単位でコードを実行 • インフラの管理は必要なし
  • 46. A W S L A M B D A の 料 金 • 料金はメモリの量と実行時間による • 実行時間は100ミリ秒単位で計算 • 効率的なプログラムを書けば安く!