Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
デ フ ォル ト A W S 時 代 に イ ン フ ラ エ ン ジ
ニ ア は ど う 向 き 合 う べ き か?
YA S U H I R O H O R I U C H I 2 0 1 4 . 1 2 . 1 7
自 己 紹 介
• 堀内康弘 (ほりうちやすひろ)
• 1978年生まれ 山梨県出身
• 経歴
• ブイキューブ 2001 - 2006
• FlipClip CTO 2006 - 2009
• gumi CTO 2009 - 2012
• A...
職 業 旅 人
Amazon ?
創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図
品 えと低価格を徹底的に追求
アメリカ カナダ 中国
フランス ドイツ イタリア
日本 スペイン イギリス
数十億の商品
1週間で5000万品
の更新
amazon.com, today
地 球 上 で 最 も お 客 様 を 大 切 に す る 企 業 で あ る こ と
Deep experience in building
and operating global web
scale systems
?
何故Amazonは

クラウドを始めたのか?
AWSクラウドの起源は、
アマゾン社内の
ビジネス課題を解決するために
生まれた
API
amazon.com, 1995
amazon.com, 1996
初 期 A M A Z O N . C O M の 課 題
システムがスケールしない
システム間の依存性が高い単一なアーキテクチャ
自社またはデータセンター会社の増設が

追いつかない
高いハードウェア・ソフトウェア購入費用
サービスの追加や改...
継 続 的 な 改 善
複数のデータセンターを使うアーキテクチャを採用
• 堅牢性・可用性の向上
• 可用性確保のためハードウェア購入が

更に増加
Linuxやオープンソースへのシフト
• 商用製品から自前主義へ徐々に切換
amazon.co...
2 0 0 6 年 に 大 改 革
インフラ技術者とアプリ技術者の打ち合わせ禁止
• インフラのサービス化・API化
スケールアップからスケールアウト方式への転換
アプリ開発スピードの加速化
• アイディアから実践投入までのスピードアップ
シン...
その結果...
Amazonのビジネスの基幹システムを支える技術
= “Amazon Web Services”
AWS (Amazon Web Services)
とは?
いつでも、必要なだけ、安価に
発電所
工場
送電線
電気
データセンター
インターネット
IT部門
コンピュータ
ク ラ ウ ド コ ン ピ ュ ー ティ ン グ の 特 徴 

初期投資が不要 実際の使用分
のみ支払い
セルフサービスな
インフラ
スケールアップ、ダ
ウンが容易
市場投入と俊敏性の
改善 
低額な変動価格
Deploy
A M A Z O N の ビ ジ ネ スモ デル
創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図
品 えと低価格を徹底的に追求
2008 2009 2010 2011
AWSのイノベーションの速度
+24
+48
+61
+82
+159
+280
20132012
AWSは、サービス開始以来:
• 745の新サービスや新機能をリリース
• 35のメジャーな新サービスを...
米国で、クラウドストレージ=Amazon S3
クラウド仮想サーバ=Amazon EC2のサービスを開始
仮想プライベートクラウドサービス=Amazon VPC

RDBサービス=Amazon RDSを開始
世界で5番目のリージョンとして、

...
A W S の グ ロ ーバ ル イ ン フ ラス ト ラ ク チ ャ ー
GovCloud US West US East
South
America
EU Asia Pacific
US ITAR
Region
N. California ...
AW S の 様 々 な サ ー ビ ス
A
P
I
ライブラリ &
SDKs
管理
Web Console
サポート
Support
Command Line
ストレージ
S3 EBS Glacier Storage
Gateway
AWS ...
ア プ リ ケ ー シ ョ ン サ ー ビ ス 群
仮想デスクトップサービス 企業向けファイル共有サービス
AW S モ バイルサ ー ビ ス
ユーザ認証
アクセスの認可
ユーザの行動分析
メディアの管理
データの同期
AWS Mobile SDK
Amazon Mobile
Analytics
メディアの配信
Amazon Cognito
(Syn...
小 売 の D N A : 更 な る 低 価 格 へ の こ だ わ り
規模の拡大と効率化とイノベーション…
… コストダウンを促進
資本
投資
技術
投資
効率
改善
値下げ
より多く
の顧客
獲得
過去8年間で45回の値下げを実施
サー...
G A R T N E R M A G I C Q U A D R A N T F O R C L O U D 

I N F R A S T R U C T U R E A S A S E R V I C E
Gartner “Magic Q...
Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny ...
3 つ の 強 力 な 技 術 ト レン ド
• インターネットによって情報が無料に
• 携帯端末などが世界中に広がり、常時接続が普及
• クラウドコンピューティングによって無限のコンピューティング能力やス
トレージ、たくさんの高度なツールやア...
発電機所有が差別化要因だった時代の終焉
「発電機を持つ」ことは
差別化要因ではなくなった
「電気を利用してて何を創造するか」が
大きな差別化要因に。
A W S と ど う 向 き 合 う べ き か?
使 い こ な して、 武 器 に す る
A W S で 何 が 手 に 入 る の か?
時 間 と お 金
A M I ( A M A Z O N M A C H I N E I M A G E ) と は
アプリケーションやミドルウェアをインストール/設定をした環境をAMIとしてテンプレート
化し、それを基に複数環境を容易に構築可能
EC2
Cre...
A M A Z O N R D S ( R E L AT I O N A L D ATA B A S E S E R V I C E )
マネージドRDBMSサービス
バックアップやフェイルオーバーに対応したDBを数クリックで利用可能
サポート...
A M A Z O N A U R O R A
• MySQL互換
• 普通のMySQLの5倍の性能
• 可用性、耐久性が高い
• スケールする
• Amazon RDSから利用可能
A M A Z O N A U R O R A
• 可用性、耐久性
• 自動的に3つのAZにデータを保存
• スケーラビリティ
• 数クリックでCPU・メモリサイズをスケールアップ・ダウン。所要時間は数分
• ストレージは必要に応じて自動的に拡...
AZ-A AZ-B
Internet
Gateway
C L O U D F O R M AT I O N 

シス テム の テ ン プ レ ー ト 化
Public Subnet
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Mo...
シス テム の テ ン プ レ ー ト 化
CloudFormation Template
AZ-A AZ-B
Subnet-3
Router
NAT
Instance
QAS
PRD
Solman
Subnet-2
DEV
CloudForm...
自 動 化 を 加 速 さ せる 新 サ ー ビ ス
• AWS CodeDeploy
• AWS CodePipeline
• AWS CodeCommit
• Amazon EC2 Container Service
アク セ ス 増 の 時 の み リ ソ ース 増 強 を して コ ス ト ダ ウ ン
アクセスが増えた時のみリソースを増強し、コストを抑えながら機械損失
を最小に
Scale Up Scale Down
急なアクセス増の時の
みリソースを増...
A W S L A M B D A
• イベントに対応するコード

を用意するだけ
• 設定したイベントに対応して

ミリ秒単位でコードを実行
• インフラの管理は必要なし
A W S L A M B D A の 料 金
• 料金はメモリの量と実行時間による
• 実行時間は100ミリ秒単位で計算
• 効率的なプログラムを書けば安く!
ま と め
AWSを武器にして攻めのインフラエンジニアに!
デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?

3,676 views

Published on

Sansan インフラ勉強会で発表した資料です。

Published in: Technology

デフォルトAWS時代にインフラエンジニアはどう向き合うべきか?

  1. 1. デ フ ォル ト A W S 時 代 に イ ン フ ラ エ ン ジ ニ ア は ど う 向 き 合 う べ き か? YA S U H I R O H O R I U C H I 2 0 1 4 . 1 2 . 1 7
  2. 2. 自 己 紹 介 • 堀内康弘 (ほりうちやすひろ) • 1978年生まれ 山梨県出身 • 経歴 • ブイキューブ 2001 - 2006 • FlipClip CTO 2006 - 2009 • gumi CTO 2009 - 2012 • AWSエバンジェリスト 2012 - 2014
  3. 3. 職 業 旅 人
  4. 4. Amazon ?
  5. 5. 創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図 品 えと低価格を徹底的に追求
  6. 6. アメリカ カナダ 中国 フランス ドイツ イタリア 日本 スペイン イギリス 数十億の商品 1週間で5000万品 の更新 amazon.com, today 地 球 上 で 最 も お 客 様 を 大 切 に す る 企 業 で あ る こ と
  7. 7. Deep experience in building and operating global web scale systems ? 何故Amazonは
 クラウドを始めたのか?
  8. 8. AWSクラウドの起源は、 アマゾン社内の ビジネス課題を解決するために 生まれた API
  9. 9. amazon.com, 1995
  10. 10. amazon.com, 1996
  11. 11. 初 期 A M A Z O N . C O M の 課 題 システムがスケールしない システム間の依存性が高い単一なアーキテクチャ 自社またはデータセンター会社の増設が
 追いつかない 高いハードウェア・ソフトウェア購入費用 サービスの追加や改善がインフラ要件で
 で遅延 amazon.com, 1999
  12. 12. 継 続 的 な 改 善 複数のデータセンターを使うアーキテクチャを採用 • 堅牢性・可用性の向上 • 可用性確保のためハードウェア購入が
 更に増加 Linuxやオープンソースへのシフト • 商用製品から自前主義へ徐々に切換 amazon.com, 2001 Action
  13. 13. 2 0 0 6 年 に 大 改 革 インフラ技術者とアプリ技術者の打ち合わせ禁止 • インフラのサービス化・API化 スケールアップからスケールアウト方式への転換 アプリ開発スピードの加速化 • アイディアから実践投入までのスピードアップ シンプルな構成の追及 サービスとしてインフラを提供 • 内部構造のブラックボックス化 amazon.com, 2006
  14. 14. その結果...
  15. 15. Amazonのビジネスの基幹システムを支える技術 = “Amazon Web Services”
  16. 16. AWS (Amazon Web Services) とは?
  17. 17. いつでも、必要なだけ、安価に 発電所 工場 送電線 電気 データセンター インターネット IT部門 コンピュータ
  18. 18. ク ラ ウ ド コ ン ピ ュ ー ティ ン グ の 特 徴 
 初期投資が不要 実際の使用分 のみ支払い セルフサービスな インフラ スケールアップ、ダ ウンが容易 市場投入と俊敏性の 改善  低額な変動価格 Deploy
  19. 19. A M A Z O N の ビ ジ ネ スモ デル 創業者ジェフ・ベゾスが起業時にレストランのナプキンに書いたオリジナルのコンセプト図 品 えと低価格を徹底的に追求
  20. 20. 2008 2009 2010 2011 AWSのイノベーションの速度 +24 +48 +61 +82 +159 +280 20132012 AWSは、サービス開始以来: • 745の新サービスや新機能をリリース • 35のメジャーな新サービスを提供 • 42回の料金値下げ >280 2014 as of now Amazon EBS Amazon SNS AWS Identity & Access Management Amazon RDS Amazon VPC Auto Scaling Elastic Load Balancing Amazon ElastiCache Amazon SES AWS CloudFormation AWS Direct Connect AWS Elastic Beanstalk GovCloud Amazon SWF Amazon Route 53 Amazon Redshift Amazon Glacier Amazon Dynamo DB Amazon CloudSearch AWS Storage Gateway Amazon CloudTrail Amazon CloudHSM Amazon WorkSpaces Amazon Kinesis Amazon Elastic Transcoder Amazon AppStream AWS OpsWorks AWS Data Pipeline Amazon CloudFront Amazon EBS Encryption Amazon EBS GP2 Volunes Amazon New Instances Beanstalk Docker support
  21. 21. 米国で、クラウドストレージ=Amazon S3 クラウド仮想サーバ=Amazon EC2のサービスを開始 仮想プライベートクラウドサービス=Amazon VPC
 RDBサービス=Amazon RDSを開始 世界で5番目のリージョンとして、
 日本に東京リージョン(データセンタ群)を開設 世界10か所のデータセンター群と、
 50拠点以上のエッジロケーション網で、
 30を超えるサービスを提供中 2006年 2009年 2011年3月 現在
  22. 22. A W S の グ ロ ーバ ル イ ン フ ラス ト ラ ク チ ャ ー GovCloud US West US East South America EU Asia Pacific US ITAR Region N. California Oregon N. Virginia Sao Paulo Ireland Sydney Tokyo Singapore 10 Regions 25 Availability Zones 51 Edge Locations オレゴン カリフォルニア ダブリン シンガポール 東京バージニア サンパウロ GovCloud シドニー (北京)
  23. 23. AW S の 様 々 な サ ー ビ ス A P I ライブラリ & SDKs 管理 Web Console サポート Support Command Line ストレージ S3 EBS Glacier Storage Gateway AWS Global Infrastructure アプリケーション インフラストラクチャ サービス アプリケーション サービス 開発& 運用管理 ネットワーク & ルーティング VPC Direct
 Connect ELB Route53 データベース RDS ElastiCacheDynamo RedShift コンテンツ配信 CloudFront SES SNS SQS Elastic
 Transcoder CloudSearch SWF 認証 IAM Federation Edge Locations データ分析 DataPipelineEMR Kinesis コンピュータ処理 EC2 WorkSpaces AppStream モニタリング CloudWatch デプロイと自動化 BeanStalk Cloud
 Formation OpsWork CloudTrail リージョン アベイラビリティゾーン
  24. 24. ア プ リ ケ ー シ ョ ン サ ー ビ ス 群 仮想デスクトップサービス 企業向けファイル共有サービス
  25. 25. AW S モ バイルサ ー ビ ス ユーザ認証 アクセスの認可 ユーザの行動分析 メディアの管理 データの同期 AWS Mobile SDK Amazon Mobile Analytics メディアの配信 Amazon Cognito (Sync) AWS Identity and Access Management Amazon Cognito (Identity Broker) Amazon S3 Transfer Manager Amazon CloudFront (Device Detection) 共有データの保存 Amazon DynamoDB (Object Mapper) データのリアルタイム解析 Amazon Kinesis (Object Mapper) Track Retention Amazon Mobile Analytics プッシュ通知の送信 Amazon SNS Mobile Push Your Mobile App
  26. 26. 小 売 の D N A : 更 な る 低 価 格 へ の こ だ わ り 規模の拡大と効率化とイノベーション… … コストダウンを促進 資本 投資 技術 投資 効率 改善 値下げ より多く の顧客 獲得 過去8年間で45回の値下げを実施 サーバが 35% Down ストレージが 65% Down
  27. 27. G A R T N E R M A G I C Q U A D R A N T F O R C L O U D 
 I N F R A S T R U C T U R E A S A S E R V I C E Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, August 19, 2013. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report.. The Gartner report is available upon request from Steven Armstrong (asteven@amazon.com). Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. 2013
  28. 28. Gartner “Magic Quadrant for Cloud Infrastructure as a Service,” Lydia Leong, Douglas Toombs, Bob Gill, Gregor Petri, Tiny Haynes, May 28, 2014. This Magic Quadrant graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research note and should be evaluated in the context of the entire report. The Gartner report is available at http://aws.amazon.com/ resources/analyst-reports/. Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. Gartner Magic Quadrant for Cloud 
 Infrastructure as a Service
 2014
  29. 29. 3 つ の 強 力 な 技 術 ト レン ド • インターネットによって情報が無料に • 携帯端末などが世界中に広がり、常時接続が普及 • クラウドコンピューティングによって無限のコンピューティング能力やス トレージ、たくさんの高度なツールやアプリケーションが誰でも、安価に、 しかも利用時払いで使える仕組みができた
  30. 30. 発電機所有が差別化要因だった時代の終焉
  31. 31. 「発電機を持つ」ことは 差別化要因ではなくなった 「電気を利用してて何を創造するか」が 大きな差別化要因に。
  32. 32. A W S と ど う 向 き 合 う べ き か?
  33. 33. 使 い こ な して、 武 器 に す る
  34. 34. A W S で 何 が 手 に 入 る の か?
  35. 35. 時 間 と お 金
  36. 36. A M I ( A M A Z O N M A C H I N E I M A G E ) と は アプリケーションやミドルウェアをインストール/設定をした環境をAMIとしてテンプレート 化し、それを基に複数環境を容易に構築可能 EC2 Create
 AMI 起動 起動 起動 App MW インストール + +インストール App MW App MW App MW AMI
  37. 37. A M A Z O N R D S ( R E L AT I O N A L D ATA B A S E S E R V I C E ) マネージドRDBMSサービス バックアップやフェイルオーバーに対応したDBを数クリックで利用可能 サポートRDBMS 自動
 バックアップ DC越しの
 自動フェイルオーバー アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB データ同期 リードレプリケーション 自動フェイル
 オーバ パッチ更新バックアップ
  38. 38. A M A Z O N A U R O R A • MySQL互換 • 普通のMySQLの5倍の性能 • 可用性、耐久性が高い • スケールする • Amazon RDSから利用可能
  39. 39. A M A Z O N A U R O R A • 可用性、耐久性 • 自動的に3つのAZにデータを保存 • スケーラビリティ • 数クリックでCPU・メモリサイズをスケールアップ・ダウン。所要時間は数分 • ストレージは必要に応じて自動的に拡張。最大64TBまで • Read Replicaも数クリックで瞬時に増設
  40. 40. AZ-A AZ-B Internet Gateway C L O U D F O R M AT I O N 
 シス テム の テ ン プ レ ー ト 化 Public Subnet Router NAT Instance QAS PRD Monitor Private Subnet DEV CloudFormation Template テンプレート化
  41. 41. シス テム の テ ン プ レ ー ト 化 CloudFormation Template AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV CloudFormationを利用する ことで、基本となるシステム 構成を簡単に作成すること が可能となる。 AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV AZ-A AZ-B Subnet-3 Router NAT Instance QAS PRD Solman Subnet-2 DEV
  42. 42. 自 動 化 を 加 速 さ せる 新 サ ー ビ ス • AWS CodeDeploy • AWS CodePipeline • AWS CodeCommit • Amazon EC2 Container Service
  43. 43. アク セ ス 増 の 時 の み リ ソ ース 増 強 を して コ ス ト ダ ウ ン アクセスが増えた時のみリソースを増強し、コストを抑えながら機械損失 を最小に Scale Up Scale Down 急なアクセス増の時の みリソースを増強し機械 損失を最小化 アクセスが落ち着いた らリソースを元に戻して コストダウン
  44. 44. A W S L A M B D A • イベントに対応するコード
 を用意するだけ • 設定したイベントに対応して
 ミリ秒単位でコードを実行 • インフラの管理は必要なし
  45. 45. A W S L A M B D A の 料 金 • 料金はメモリの量と実行時間による • 実行時間は100ミリ秒単位で計算 • 効率的なプログラムを書けば安く!
  46. 46. ま と め AWSを武器にして攻めのインフラエンジニアに!

×