20120303 jaws summit-rds-public

1,972 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,972
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
39
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20120303 jaws summit-rds-public

  1. 1. JAWS  SUMMIT  2012 ∼Amazon  RDS  を極める∼ 2012年3月3日 堀内 康弘( @horiuchi) テクニカルエバンジェリストThursday, March 22, 12
  2. 2. Agenda RDSとは RDSデモ RDSの機能 RDSの事例 RDSのTips § パラメータチューニング まとめ Copyright © 2011 Amazon Web ServicesThursday, March 22, 12
  3. 3. Amazon  Rela+onal  Database  Service  (RDS)とは 3Thursday, March 22, 12
  4. 4. AWSプラットフォーム サービス データ ベース ネットワーク &インフラ 【仮想サーバ】 Amazon EC2 エッジ データセンター ロケーション 4Thursday, March 22, 12
  5. 5. AWSプラットフォーム 【モバイルSDK】 AWS SDK for Android 【分散処理】 【メール配信】 & iOS Amzon Elastic Amazon SES MapReduce サービス 【コンテナ管理】 AWS Elastic 【キューサービス】Amazon 【プッシュサービス】Amazon Beanstalk SQS SNS 【デプロイ管理】 データ 【RDBMS】 【NoSQL】 CloudFormation ベース Amazon RDS Amazon SimpleDB 【仮想ディスク】 【ロードバランサー】 Amazon Elastic Block Amazon Elastic Load 【名前解決】 store Balancing Amazon Route 53 ネットワーク &インフラ 【仮想サーバ】 【ストレージ】 【コンテンツ配信】 Amazon EC2 Amazon S3 CloudFront 【仮想ネットワーク】 Amazon VPC エッジ データセンター ロケーション 4Thursday, March 22, 12
  6. 6. Amazon RDSとは? RDBMS in the Cloud § MySQL, Oracle メンテナンスレス スケーラブルで柔軟Thursday, March 22, 12
  7. 7. Amazon RDSとは?- 詳細 - 2009年に登場したクラウド上RDBMSサービス 設定と運用が容易な”データベース in クラウド” EC2同様、管理の容易なDBサーバを数分で起動 自動バックアップ、パッチ更新、レプリケーションおよびリー ドレプリカはAWSにお任せ 既存MySQL/Oracleアプリケーションとツールが利用可能 時間単位の従量課金 (DBインスタンスのクラスとリージョン で価格は変動) 6Thursday, March 22, 12
  8. 8. 自社構築 vs RDSThursday, March 22, 12
  9. 9. 自社構築 vs RDS HWの購入Thursday, March 22, 12
  10. 10. 自社構築 vs RDS ラックへ設 HWの購入 置Thursday, March 22, 12
  11. 11. 自社構築 vs RDS ラックへ設 電源とNW HWの購入 置 を設定Thursday, March 22, 12
  12. 12. 自社構築 vs RDS OS ラックへ設 電源とNW HWの購入 インストー 置 を設定 ルThursday, March 22, 12
  13. 13. 自社構築 vs RDS OS ラックへ設 電源とNW HWの購入 インストー 置 を設定 ル 基本設定Thursday, March 22, 12
  14. 14. 自社構築 vs RDS OS ラックへ設 電源とNW HWの購入 インストー 置 を設定 ル RDBMS 基本設定 インストー ルThursday, March 22, 12
  15. 15. 自社構築 vs RDS OS ラックへ設 電源とNW HWの購入 インストー 置 を設定 ル RDBMS RDBMS 基本設定 インストー レプリケー ル ション設定Thursday, March 22, 12
  16. 16. 自社構築 vs RDS OS ラックへ設 電源とNW HWの購入 インストー 置 を設定 ル RDBMS RDBMS インストー レプリケー RDBMS 基本設定 稼働確認 ル ション設定Thursday, March 22, 12
  17. 17. 自社構築 vs RDSThursday, March 22, 12
  18. 18. 自社構築 vs RDS RDSだとThursday, March 22, 12
  19. 19. 自社構築 vs RDS RDSだと RDSのオプ ションを選んで 起動!Thursday, March 22, 12
  20. 20. 自社構築 vs RDS RDSだと RDSのオプ アプリケーションを ションを選んで 書く!! 起動!Thursday, March 22, 12
  21. 21. 自社構築 vs. RDS数分で起動可能か?単一APIコールまたは数クリックでスケールが可能か?起動時に既に適切な設定がされているか?同期レプリケーションと自動フェイルオーバー(option)ポイントインタイムリカバリバックアップやクローンの為のDBスナップショット管理ハードウェアや完全な環境の制御自動パッチ更新(option)既存MySQL製品との互換性コスト0でダッシュボードでCPU/メモリ等メトリクス 9Thursday, March 22, 12
  22. 22. RDSデモThursday, March 22, 12
  23. 23. RDSの起動 GUIから コマンドラインから SDKからThursday, March 22, 12
  24. 24. RDSの起動 GUIから コマンドラインから SDKからThursday, March 22, 12
  25. 25. Thursday, March 22, 12
  26. 26. MySQLかOracleを選択 (通常はOracle SEも見えます)Thursday, March 22, 12
  27. 27. ライセンス指定 DBバージョンを指定 DBタイプを指定 マルチAZオプション指定 マイナーバージョン自動更新 DBサイズThursday, March 22, 12
  28. 28. データベース名 ポート番号 アベイラビリティゾーン DBパラメーターグループ DBセキュリティグループThursday, March 22, 12
  29. 29. 自動バックアップ期間 日時バックアップ時刻 メンテナンス時刻Thursday, March 22, 12
  30. 30. パラメータの確認Thursday, March 22, 12
  31. 31. Thursday, March 22, 12
  32. 32. RDSの起動 GUIから コマンドラインから SDKからThursday, March 22, 12
  33. 33. RDSコマンドライン RDS Command Line Tools § http://aws.amazon.com/developertools/2928 § 最新版は1.6.001 (API 2012-01-15) Javaベース § AWS_RDS_HOME/JAVA_HOME設定 キーの提供 § アクセスキーのペア § X.509の証明書Thursday, March 22, 12
  34. 34. RDSコマンドライン rds-authorize-db-security-group-ingress rds-describe-db-snapshots rds-create-db-instance rds-describe-engine-default-parameters rds-create-db-instance-read-replica rds-describe-events rds-create-db-parameter-group rds-describe-orderable-db-instance-options rds-create-db-security-group rds-describe-reserved-db-instances rds-create-db-snapshot rds-describe-reserved-db-instances-offerings rds-delete-db-instance rds-modify-db-instance rds-delete-db-parameter-group rds-modify-db-parameter-group rds-delete-db-security-group rds-purchase-reserved-db-instances-offering rds-delete-db-snapshot rds-reboot-db-instance rds-describe-db-engine-versions rds-reset-db-parameter-group rds-describe-db-instances rds-restore-db-instance-from-db-snapshot rds-describe-db-parameter-groups rds-restore-db-instance-to-point-in-time rds-describe-db-parameters rds-revoke-db-security-group-ingress rds-describe-db-security-groups rds-versionThursday, March 22, 12
  35. 35. コマンドラインからRDSを起動する rds-create-db-instance yourdb --allocated-storage 5 --db-instance-class db.m1.small --engine mysql --master-username admin --master-user-password admin --availability-zone ap-northeast-1a --db-name hogedb --db-security-groups default --engine-version 5.5.8 --multi-az false --region ap-northeast-1Thursday, March 22, 12
  36. 36. RDSの起動 GUIから コマンドラインから SDKからThursday, March 22, 12
  37. 37. RDSのSDK RDSの起動やメンテナンス等をSDKから 行うことが出来る § Java § .NET § PHP § などThursday, March 22, 12
  38. 38. Javaから起動する public static void main(String[] args) throws IOException { AmazonRDS client = new AmazonRDSClient(…); client.setEndpoint("rds.ap-northeast-1.amazonaws.com"); CreateDBInstanceRequest req = new CreateDBInstanceRequest(); req.setDBInstanceIdentifier(“mydb"); req.setDBName(“mydb"); req.setMultiAZ(Boolean.FALSE); //マルチAZ設定 req.setDBInstanceClass(“db.m1.small”); //m1.smallを利用 req.setAllocatedStorage(new Integer(5)); // 5GB req.setDBSecurityGroups(Arrays.asList("default")); req.setEngine(“MySQL”); //MySQL 5.5.8を利用 req.setEngineVersion("5.5.8"); req.setMasterUsername("admin"); req.setMasterUserPassword("admin"); req.setAvailabilityZone(“ap-northeast-1a”);//AZを指定 //DBを作成する DBInstance result = client.createDBInstance(req); }Thursday, March 22, 12
  39. 39. RDSのエンドポイント Region Endpoint Protocol US East (Northern Virginia) Region rds.us-east-1.amazonaws.com HTTPS US West (Oregon) Region rds.us-west-2.amazonaws.com HTTPS US West (Northern California) Region rds.us-west-1.amazonaws.com HTTPS EU (Ireland) Region rds.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS Asia Pacific (Singapore) Region rds.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS Asia Pacific (Tokyo) Region rds.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPSThursday, March 22, 12
  40. 40. RDS機能Thursday, March 22, 12
  41. 41. RDS(MySQL) の全体アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB 自動バック 自動バック データ同期 アップ アップ 自動フェイルオーバー 非同期レプリケーション スナップ スナップ ショット ショット 29Thursday, March 22, 12
  42. 42. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB 自動バック 自動バック データ同期 アップ アップ 自動フェイルオーバー 非同期レプリケーション マルチAZデプロイメント スナップ スナップ ショット ショット (マルチAZ) 30Thursday, March 22, 12
  43. 43. マルチAZデプロイメントとは(マルチAZ) ワンクリックで適用可能な耐障害性を高めるソリューション § 高い技術力を持つDBAが行っていた設計をそのままサービ ス化 同期レプリケーション+自動フェイルオーバ § アプリ側での対処は必要なし フェイルオーバのタイミング § パッチ適用などのメンテナンス計画停止 § インスタンスやハードウェア障害 31Thursday, March 22, 12
  44. 44. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB 自動バック 自動バック データ同期 アップ アップ 自動フェイルオーバー 非同期レプリケーション リードレプリカ スナップ スナップ ショット ショット 32Thursday, March 22, 12
  45. 45. リードレプリカとは? 特定DBインスタンスの読み込み用のコピー 想定ユースケース § リードのスケーリング、ビジネスレポート § マルチAZの耐障害性の代替の機能ではない マルチAZとは異なり、MySQL本来の非同期レプリケーションをそのま ま使う 最大5台まで設定可能 マルチAZとリードレプリカを併用はもちろん可能 33Thursday, March 22, 12
  46. 46. RDS(MySQL) アーキテクチャ アベイラビリティゾーンA アベイラビリティゾーンB 自動バックアップ機能 自動バック 自動バック データ同期 アップ アップ 自動フェイルオーバー 非同期レプリケーション スナップ スナップ ショット ショット 34Thursday, March 22, 12
  47. 47. 自動バックアップ機能 RDS標準装備 1日1回+トランザクションログ 保存期間は最大8日間 § それ以降はスナップショット保存 5分前までの任意の期間に復元可能 35Thursday, March 22, 12
  48. 48. スケールアップ機能 マネージメントコンソールからスケールアップ可能 § 一度停止が必要 (Multi-AZを有効にしていれば停止時間を少なくきる) コマンドラインからも勿論可能 § 例:rds-modify-db-instance hogedb -c db.m1.large --apply-immediately CPUは1ECUから26ECUまで メモリは1.7GBから68GBまで ディスクは5GBから1TBまで § 大量書き込みなどスケールアウトでの対処が難しい場合にスケールアップで対処 可能 § 増量できても削減できないので注意が必要 36Thursday, March 22, 12
  49. 49. スケールアップ機能Thursday, March 22, 12
  50. 50. スケールアップ機能Thursday, March 22, 12
  51. 51. スケールアップ機能 ・DBインスタンスのタイプ ・割り当てたストレージ量 ・マルチAZ ・パラメータグループ   など自由に変更可能Thursday, March 22, 12
  52. 52. OracleThursday, March 22, 12
  53. 53. Oracle  RDSとは 2011年Q2ロウンチ § Oracle  Database  11g  Release  2 Oracle  Database  SE1,  SE,  EE  +  オプションパック ライセンス持ち込み(BYOL)  か  従量課金(時間単位) 初期はシングルインスタンスでレプリケーションなどはす ぐに機能追加の予定 OracleVMのハードパーティショニングで稼働 40Thursday, March 22, 12
  54. 54. RDSのOracleサポート ライセンス持ち込み(BYOL) § RDS部分についてはAWSプレミアムサポート (インフラ部分含 む) § AWSがパッチとアップグレードを管理 § Oracleデータベースに関してはOracleサポートIDを使った Oracle社のサポート 従量課金ライセンス § RDS部分およびOracleに関してもAWSプレミアムサポートでカ バー 41Thursday, March 22, 12
  55. 55. RDS価格Thursday, March 22, 12
  56. 56. Amazon RDSプライシング MySQLの標準価格 43Thursday, March 22, 12
  57. 57. Amazon RDSプライシング MySQLのMultiAZ価格 44Thursday, March 22, 12
  58. 58. Amazon RDSプライシング Oracleの標準価格 AWSライセンス BYOL (ライセンス持込) 45Thursday, March 22, 12
  59. 59. RDSプライシング注意点 マルチAZでは価格は2倍になる ストレージで$0.12/GB IOで$0.12/100万リクエスト バックアップ用ストレージは無料 RDS用リザーブドインスタンスもご提供 § 1年間、3年間のコミットによる価格を大幅削減 46Thursday, March 22, 12
  60. 60. Oracle RDSプライシング 複数ライセンスオプションが今後利用可能に § 既存のOracleライセンス § OracleまたはOracleパートナーから新規にOracleライセンス を購入 § Amazonからの従量課金制での利用 Amazon RDSの2つのプライシングモデル § オンデマンドな時間単位の従量課金モデル § Amazon RDS リザーブドインスタンス 47Thursday, March 22, 12
  61. 61. RDS事例Thursday, March 22, 12
  62. 62. RDSのお客様代表事例Thursday, March 22, 12
  63. 63. 大規模事例 – gumi様 ソーシャルゲーム提供 AWS上で開発・運用 特にRDSを積極的にお使いいただいているThursday, March 22, 12
  64. 64. Gumiさんのサーバー構成 ELB App App サーバ App c1.xlarge サーバ サーバ - 60台 Cache KVS KVS サーバ サーバ 同期 サーバ m1.large m1.large RDS - 4台 - 8台 x 2 - マルチAZ ゾーンA ゾーンBThursday, March 22, 12
  65. 65. gumi事例: AWS運用モデル 複数のゲームをAWSで運用(全体で25億PV/月) § 最大ゲーム1本で6000万PV/日 § ゲーム毎に、ELB+EC2+RDSの同じセットを再利用 人気ゲーム ゲームA ゲームB ゲームC ELB ELB ELB ELB App App App App App サーApp サーApp App App サー サー サー サー サー App サー サー バ バ バ ババ App サーバ バ バ App サーバ バ バ Cach KVS サーバ KVS e サー サー Cach KVS KVS Cach KVS サー e サー KVS バ サー e サー サー バ サー サー バ ババ バ バ バ バ Cache KVS サーバ KVS サーバ サーバThursday, March 22, 12
  66. 66. gumi事例: AWS運用モデル 複数のゲームをAWSで運用(全体で25億PV/月) § 最大ゲーム1本で6000万PV/日 § ゲーム毎に、ELB+EC2+RDSの同じセットを再利用 人気ゲーム ゲームA ゲームB ゲームC ELB ELB ELB ELB App App App App App サーApp サーApp App App サー サー サー サー サー App サー サー バ バ バ ババ App サーバ バ バ App サーバ バ バ Cach KVS サーバ KVS e サー サー Cach KVS KVS Cach KVS サー e サー KVS バ サー e サー サー バ サー サー バ ババ バ バ バ バ Cache KVS サーバ KVS サーバ サーバ インフラエンジニアは1名! (~2011/8、今は3名!)Thursday, March 22, 12
  67. 67. gumi事例: AWS運用モデル ゲームのライフサイクルにあわせて、 サーバー台数、サーバースペックを調整 開発時 ELB ELB App サーバ App App App サーバ サーバ App サーバ サーバ c1.xlarge - 60台 1台にまとめて Cache KVS KVS サーバ サーバ 同期 個人毎に m1.large サーバ - 4台 m1.large RDS - 8台 x 2 - マルチAZ ゾーンA ゾーンBThursday, March 22, 12
  68. 68. gumi事例: AWS運用モデル ゲームのライフサイクルにあわせて、 サーバー台数、サーバースペックを調整 開発時 申請時 ELB ELB App サーバ App App App サーバ サーバ App サーバ サーバ c1.xlarge - 60台 1台にまとめて Cache KVS KVS サーバ サーバ 同期 個人毎に m1.large サーバ - 4台 m1.large RDS - 8台 x 2 - マルチAZ ゾーンA ゾーンB 最小構成にThursday, March 22, 12
  69. 69. gumi事例: AWS運用モデル ゲームのライフサイクルにあわせて、 サーバー台数、サーバースペックを調整 開発時 申請時 公開時 ELB ELB App サーバ App App App サーバ サーバ App サーバ サーバ c1.xlarge - 60台 1台にまとめて Cache KVS KVS サーバ サーバ 同期 個人毎に m1.large サーバ - 4台 m1.large RDS - 8台 x 2 - マルチAZ ゾーンA ゾーンB 最小構成に Appサーバーを8台 DBをマルチAZに(m1.large)Thursday, March 22, 12
  70. 70. gumi事例: ピーク時のさばき方 突発的な対応が必要なときは、EC2、RDSのス ペックを上げて、時間をかせぐ ELB App App m1.large サーバ App サーバ サーバ メモリ 7.5GB CPU 4ECU Cache KVS KVS サーバ サーバ サーバThursday, March 22, 12
  71. 71. gumi事例: ピーク時のさばき方 突発的な対応が必要なときは、EC2、RDSのス ペックを上げて、時間をかせぐ ELB App App m1.large m2.4xlarge サーバ App サーバ サーバ メモリ 7.5GB メモリ 68GB CPU 4ECU CPU 26ECU Cache KVS KVS サーバ サーバ サーバThursday, March 22, 12
  72. 72. gumi事例: バックアップの仕組み データベース部分 § RDSのポイントインタイムリカバリを利用(8日分) • 5分前以前の何時の時点にも戻せる § 8日前以前の分については、  手動スナップショットを利用するThursday, March 22, 12
  73. 73. gumi事例: モニタリング CloudWatch + SNS § CloudWatch + SNSで負荷やディスク残量を 監視 § ディスクク容量が少なくなるとメールで通知Thursday, March 22, 12
  74. 74. Gumiさんの事例からわかる事 非常にスケールが必要なアプリケーションでもRDSは有効 § スケールアップ § スケールアウト(リードレプリカ) DBの管理コストを劇的に削減し、アプリケーションを構築 する部分にリソースを集中できる RDSの柔軟さを活用する事で、ピークにもあわてず対応で きるThursday, March 22, 12
  75. 75. TipsThursday, March 22, 12
  76. 76. RDSのTips DBセキュリティグループ RDSへのデータの移行 パラメーターチューニング タイムゾーンに関して メトリクス マルチAZに関しての考え方 いつRDSを使うべきかThursday, March 22, 12
  77. 77. DBセキュリティグループ RDS専用のセキュリティグループ § EC2のセキュリティグループを許可する • または § CIDRで許可するThursday, March 22, 12
  78. 78. DBセキュリティグループ RDS専用のセキュリティグループ § EC2のセキュリティグループを許可する • または § CIDRで許可する rds-create-db-security-group hoge --db-security-group-description "foo" rds-authorize-db-security-group-ingress hoge -g bar -o $ACCOUNT_ID -o:アカウントID -g:EC2セキュリティグループ名 rds-revoke-db-security-group-ingress hoge -o $ACCOUNT_ID -g barThursday, March 22, 12
  79. 79. RDSへのデータの移行 MySQLを使った一例 § mysqldump • 少量データの場合直接インポート § mysqlimportでバルクインポート • フラットなファイルで複数に分割、圧縮 • RDSを一旦停止、スナップショット作成 • スナップショットから新DB作成 • 自動バックアップを一旦停止 • mysqlimportでのデータのロード • 自動バックアップ復旧 • サービス再開Thursday, March 22, 12
  80. 80. パラメータチューニング ManagementConsoleからは出来ない DBパラメータグループを作成して、パラメータをチューニン グする § RDSコマンドを使う必要がある • rds-create-db-parameter-group • rds-modify-db-parameter-group //Slow queryを取得するよう変更した例 rds-modify-db-parameter-group group1 -p "name=slow_query_log, value=ON, method=immediate" -p "name=long_query_time, value=1, method=immediate" -p "name=min_examined_row_limit, value=100, method=immediate"Thursday, March 22, 12
  81. 81. パラメータチューニング(2) $ rds-describe-db-parameters group1 --source user DBPARAMETER long_query_time engine-default integer dynamic true DBPARAMETER min_examined_row_limit engine-default integer dynamic true DBPARAMETER slow_query_log engine-default boolean dynamic true $ rds-describe-db-parameters group1 --source user DBPARAMETER long_query_time 1 user integer dynamic true DBPARAMETER min_examined_row_limit 100 user integer dynamic true DBPARAMETER slow_query_log 1 user boolean dynamic trueThursday, March 22, 12
  82. 82. パラメータチューニング(3) 注意点 § チューニング出来る項目と出来ない項目がある • タイムゾーンは変更不可・・・ § rds-describe-db-parametersを使ってチェック § または、ManagementConsoleでチェックThursday, March 22, 12
  83. 83. タイムゾーンに関して rds-describe-db-parametersで見てみると、 タイムゾーンは変更不可能な設定項目 § アプリケーション側でJSTなど適切なタイムゾー ンを指定する必要あり § init_connectパラメータによる、タイムゾーンの 設定は現状保証されないThursday, March 22, 12
  84. 84. メトリクスと監視 CloudWatchにてRDSメトリクスを監視 メトリクス名 説明 BinLogDiskUsage マスターのバイナリログサイズ CPUUtilization CPU利用量 DatabaseConnections DBのコネクション数 FreeableMemory 使えるメモリ量 FreeStorageSpace 使えるディスクスペース ReadIOPS 読み込みの平均IOPS ReadLatency 読み込みのレイテンシ ReadThroughput 読み込みスループット ReplicaLag リードレプリカのタイムラグ SwapUsage DBで使用しているスワップ WriteIOPS 書き込みの平均IOPS WriteLatency 書き込みのレイテンシ WriteThroughput 書き込みスループットThursday, March 22, 12
  85. 85. メトリクスと監視(2) Amazon RDS Eventsでも監視可能 § ManagementConsoleで監視 § rds-describe-eventsThursday, March 22, 12
  86. 86. MultiAZにおけるリードレプリカの更新停止 に関して(MySQL) MultiAZ環境でフェイルオーバしたタイミングでリー ドレプリカの更新の伝播が停止する可能性がある § 常にそうなるわけではない 非同期のMySQLレプリケーション § binlogがディスクにフラッシュされていない状況下で、 フェイルオーバした場合に稀に発生 § レプリケーションのコストとの兼ね合いThursday, March 22, 12
  87. 87. MultiAZにおけるリードレプリカの更新停止 に関して(MySQL)(2) 対応策1 § rds-modify-db-parameter-groupで • binlogの同期:sync_binlog=1 • 2PCコミット:innodb_support_xa=1 • http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/binary-log.html 対応策2 § 問題が発生した場合に、リードレプリカを再度作り直すThursday, March 22, 12
  88. 88. マルチAZに対しての考え方 良く聞く声:マルチAZでマスターをWebアプリと同一の AZに割り当てたい マインドシフトが必要 § マルチAZでWebアプリが構築されていれば、RDSのマスター がどちらにあるかは意識しなくてよい § マルチAZでの複数DCが利用できるものを最大限に活かして Webアプリのコンポーネントを分散して配置するのが重要Thursday, March 22, 12
  89. 89. いつRDSを使うべきか RDSの代替案 § Amazon SimpleDB § EC2上でMySQLやOracleを展開 vs SimpleDB § シンプルなクエリ、堅牢性・管理不要を追及したい場合 はSimpleDB § 既存MySQLの知識やツールを使いたい場合はRDSThursday, March 22, 12
  90. 90. いつRDSを使うべきか(2) vs EC2上のMySQLやOracle § 完全に自分でコントロールしたい場合、RDSの提供範 囲外のものが欲しい場合はEC2 § RDSの機能セットや管理機能が必要十分で、運用保守 の手間を下げたい場合はRDS http://aws.amazon.com/running_databases/Thursday, March 22, 12
  91. 91. まとめThursday, March 22, 12
  92. 92. Amazon RDSまとめ RDBMS in the Cloud § MySQL, Oracle メンテナンスレス スケーラブルで柔軟Thursday, March 22, 12
  93. 93. 参考文献 RDSのDBインスタンスサイズガイド § http://aws.amazon.com/articles/Amazon-RDS/2936 RDSのDBパラメータガイド § http://aws.amazon.com/articles/Amazon-RDS/2935 RDSモニタリングガイド § http://aws.amazon.com/articles/Amazon-RDS/2934 RDSへのデータインポートガイド § MySQL編:http://aws.amazon.com/articles/Amazon-RDS/2933 § Oracle編:http://aws.amazon.com/articles/Amazon-RDS/ 4173109646282306 75Thursday, March 22, 12
  94. 94. Q&AThursday, March 22, 12
  95. 95. ご参加ありがとう ございました Copyright © 2011 Amazon Web ServicesThursday, March 22, 12

×