CMSから考えるサイト設計

496 views

Published on

WDHA #35で使用したスライド

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
496
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CMSから考えるサイト設計

  1. 1. CMSから考えるサイト設計
  2. 2. CMS
  3. 3. ✓ 動的ページ生成 ✓ DBでのコンテンツ管理 ✓ プログラムによるカスタマイズ 仕組みはどれも大体一緒
  4. 4. ✓ Blog ✓ SNS ✓ wiki 思想の違いを知ることが大事
  5. 5. とりあえずで作ると泣きます
  6. 6. CMSはその名の通りシステム
  7. 7. URI
  8. 8. ✓ 実体の配置と一致しない ✓ 推測が容易 ✓ 裏でプログラムが解析してる Webアプリケーションの基本
  9. 9. ✓ /blog/2013/07/13 ✓ /wiki/CSS ✓ /shop/products/ABC-1234 左から階層的な名付が多い クローラーとの相性も良好
  10. 10. 命名はマシンリーダブルに
  11. 11. ✓ /index.php?x=10&y=20 ✓ /blog/82%B9%E3%83%88 上記はクローラの対象外か ランクが低く扱われる
  12. 12. サイトマップ < URIマップ
  13. 13. /contact 問い合わせフォーム 電話番号 住所 入力内容を担当と本人に送信 URI View Function
  14. 14. 物理的構造 != 論理的構造
  15. 15. CoC
  16. 16. 命名規則をリソース名に
  17. 17. 開催概要 => session
  18. 18. ✓ section#session ✓ /img/session/title.png ✓ /coffee/session.coffee ✓ /sass/session/base.sass
  19. 19. 規約を作ると管理が楽になる
  20. 20. ✓ 引き継ぎコストの削減 ✓ 品質のばらつきを回避 ✓ 自動化の余地が増加
  21. 21. ✓ URI設計が大事 ✓ 命名は丁寧に ✓ 規約を作って省力化 静的サイトでも同じです 悩む時間を減らしましょう
  22. 22. では実践編へ

×