大学の研究力を考える

538 views

Published on

第4回URAシンポジウム・第6回RA研究会, 札幌, 2014年9月.

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
538
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

大学の研究力を考える

  1. 1. 大学の「研究力」を考える 五十畑 浩平(香川大学 研究戦略室, isohata@cc.kagawa-u.ac.jp)、 柳生 勇(名古屋工業大学 産学官連携センター, yagyu.isamu@nitech.ac.jp)                   山田 朗(愛媛大学 先端研究・学術推進機構 教育研究高度化支援室, yamada@sci.ehime-u.ac.jp)、 山本 祐輔 (京都大学 学術研究支援室, yusuke@hontolab.org) 研究力 論文生産数 被引用数 スゴい研究成果の 創出期待値 ○○を成し遂げる力 → 未来志向 ● 過去の値ではなく、将来への期待を評価する必要あり ● 論文では計れない研究活動・成果も存在する ● 研究者の引き抜き・特定分野の強化など、   短期的・近視眼的な研究推進戦略に陥りがち ● 研究推進戦略に中・長期的な視点が入る ● URAが実際に取り組める研究推進施策を考えやすい  (* URAが研究内容に直接関与することは現状難しい) 大学の ● 研究者個人に縛られない幅広い研究推進戦略を考えやすい 研究者の (™çêù5ËØ
  2. 2. Ó âÞӀă qßîÛêù|¹Ø
  3. 3. œ šˆâÿÀă $áîÓ åøðɉع×ýîÓ  ĜĠİąïîĀòž¡ï κăsÓêÓêùƒÙýĀÿ 研究遂行能力 뼯 T’ßĀîÓ A4ă 1ø…ĀîÓ Ĉčÿκð sÙ¼ØØ ¹×ýîÓ ºuM€Ì Ø›Ó JØöãÓ Îº ð¼½ë €ăŸÕÿ¼½ ع×ýîÓ 組織・環境の 研究推進力 ^ÇØ8Ó yàÓġėĻÃ«Ó ġėăZ¨ĀýĀîÓ ĜÑĪăgFâÿ A4±´ļtÄ´Ø µ 教員・研究員がもつ研究インパクトや 研究遂行能力。 研究組織がもつ、個人の研究能力を発揮させる能力。 また、持続的・恒常的な研究活動を担保する組織の環境。 A4ïâÿ ĮęħÑĐıĸð A4fï aØlýĀÿ !§ð0ï 2ØàÓ Æ‘ わたしたちの考える ● 研究ネタを作り出す力 ● 仮説・検証能力 ● 研究PM能力 ● 研究内容の説明力、etc… ● モチベーションを高める環境 ● PM型研究者の養成力 ● 研究の多様性とその活用力 ● 研究活動・成果の発信力、etc… 研究力を深く考えるためのブレインストーミング結果 研究力をあえて書き直すと… 研究力= A4ÌØàîÓ úçêÓÿA4Ø ĐıĨÓ A4ÌØ ŸĂýîÓ A4€Øhï %CßĀêÓîÓ A4ļA4ið ªþqàØkÓ Îºïüÿ€­x ïà×9ÀØîÓ A4ĖĴđįÑØ þîÓ A4¯Ø þîÓ z„săsÛ ģĪØîÓ !ƒð]¤ï¾àÓ O/ï¾àÓ A4âÿaØîÓ A4¯ălþïÓÛ üÔîĬÑğØîÓ ĒďÓA4ï šˆàîÓ yàÓYyî A4ïlþŠĄëù κïîþïÛÓ A4¯Ø lĀîÓ ž¡îA4¯Ø íÝïÒÿð× ¹×ýîÓ Ĉčÿz„sØ sÜîÓ A4¯ ¥ęÑĬ ľA4ęÑĬĿØ VĀîÓ hĠÑēă Û÷lĀêÓîÓ A4‡±Ø µo¹ ²ÉîA4_EØ íÝïÒÿ×¹×ýîÓ ĦĶđĉċĞĭĸĢÑØ Ìă­+ëÙêÓîÓ b¹ðA4¹Ç ðÝìă”ýîÓ ĒďÓA4Ø ×¹×ýîÓ ąćĝąăgFàêÛĀÿ 6£A4iØ Bè×ýîÓ ĒďÓ~ì KÊâÿ,µ …Г¿âÿ ˜ļIJćĢĴØÓîÓ Lvï”@ă ¥ÿåøð ġĚĞķÑċƑ A4ØėĎěĨ ľġėØI#Ŀ ĥIJĸĝĆĸȵ ĔĴĤĦĶĝİÑĒµ *¶Ø nöýîÓ X:ÍŕÍîíïüçê °ąĊĝīąï€ØBÕîÓ X:ļ•Œìð èîØþØkÓ A4ið aijĖÑĒ µ A4¯ļA4Wļ hwï'âÿ w»µ A4¢ðÒýûÿŒÃă[çê!ăĥIJĸ ĝĆĸČâÿìÓÔcØ-¬ĺ A4€ ïù–ÅâôÙĺ A4ið ³dðƑ ijĸċ A4ŀ Łð ©Ì𵍠A4ĎĸĔĦĞ؉‚ýàÛêùĹ ŸĂýîÜĀòŀŽUàîÓŁì£á !ðA4ñâôê ŀ‰‚ýàÓŁìÓÔðñD‹ĺ ÊëñîÛÊðA4؃öĀêÓÿ׼ !eN·ùA4iù_ ¥¼½ØċIJĚĐĚċ ijĸċ A4fĪġđĭĸĞļĦĶđĉċĞ ĪġđĭĸĞ©ÌïƑØÒÿð×ùĽ κðsÙ¼ĹĦĵĕĸĜÑĐıĸĹz „sðsÙ¼ĹîíĹA4 ðÝ ìïèÓêð7)®ØkÓ ijĸċ 7ï'àêñ pÉî/Âæ×ý Z¼ØîÓĽ †?¯Ø¨ýîÓì !ļ·;ïüÿA4‡±Ø}öîÓ ėĎěĨàêÓîÓÝìï -éÓêÓîÓčÑĒØS {ïyàÓA4ñκùT’ßĀïÛÓĺ €Ø3øýĀÿjmïñijĒċØPÓĺ A4iïGýãĹÖùàāÓġėú” @ăÈÕêÛĀÿ~ìðKÊØ þîÓĺð—ðëñĘĭĺ ‰‚ýàÓĜÑĪëùĹ²Éìîÿɉ ØĂ×ýîÓåøïĹA4ęÑĬØ=€ ëÙîÓÝìùÒÿĺ¦ï¸QîĜÑĪĺ ijĸċ hĠÑēìðžQ ØPÓõí A4¯ñìþúâÛîÿðïĹ b¹ðA4ïHeàâÚêàöÔ A4ĜÑĪð ĩĜĸĐįĴƑ óçåþîA4¯ØÒçåìàêù äĀï-é×îÓÝìùàòàò κăsÛðØÔöÛ`ì z„ssÛðØÔöÓðñîÿ ŀ/ÂŁìàêð RÁìð!.rÏØ A4ÌïèîØÿ׼ 研究力を分析するだけは意味なし。施策立案・活動改善に活かすことが重要!!

×