Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

抗菌薬をはじめからていねいに

15,008 views

Published on

抗菌薬についてです。

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

抗菌薬をはじめからていねいに

  1. 1. 1 抗菌薬をはじめからていね いに 藤田保健衛生大学  6 年 花井翔悟
  2. 2. 2 今回は講演の機会をいただき ありがとうございます
  3. 3. 3 感染症ってさ… 1. 発熱=感染症? 2. 白血球増加=感染症? 3. CRP 上昇=感染症? 4. 感染症=抗菌薬? 5. 感染症=記憶しなきゃいけない学問?
  4. 4. 4
  5. 5. 5 敵だ!!!
  6. 6. 6 スクランブル発進します!
  7. 7. 7 いけ!抗菌薬投与!
  8. 8. 8 実は…
  9. 9. 9 結果…
  10. 10. 10 発熱=感染症? 1. 膠原病 2. 脳出血 3. 悪性腫瘍 4. 心筋梗塞 5. 甲状腺機能亢進症 6. 薬剤熱
  11. 11. 11 今回私が話す内容 1. 感染症を学ぶにあたっての3分野 2. 感染症診療の原則 3. Gram 染色の有用性 4. エンピリックセラピーとはなにか
  12. 12. 12 感染症を学ぶにあたって • 感染症の3つの分野 1. 微生物学 – 微生物の性質を人体外で研究する 1. 臨床感染症学 – 微生物と人体の相互作用(例:感染症)につい て研究・診療する 1. 病院疫学 – 患者や病院・地域単位で疫学的に研究する
  13. 13. 13 微生物学と臨床感染症学 • 微生物学 – 抗菌薬 A も抗菌薬 B も、 C という菌には効 く!! • 臨床感染症学 – でも、この人は肺炎で、 A は肺に浸透するけ ど、 B はあまり移行しない。じゃあ、この人 に使うべき抗菌薬は A だ!
  14. 14. 14 臨床感染症学と病院疫学 • 臨床感染症学 – A (広域)も B (狭域)も、 C の菌に 効く。一人の患者なら、どちらを使っても 問題ない • 病院疫学 – でも、広域ばかり使うと、耐性菌の感染症 が増えるから、病院全体で見ると、マズイ よなぁ…
  15. 15. 15 感染症の原則 患者背景 感染臓器 感染 微生物
  16. 16. 16 感染症のロジック
  17. 17. 17 感染症=抗菌薬? 感染症 細菌 ウイルス 真菌 コレにし か効かな い
  18. 18. 18 感染臓器から原因細菌を推定する • たとえば市中肺炎 – 肺炎球菌 – インフルエンザ桿菌 – マイコプラズマ・モラキセラ • たとえば尿路感染症 – 大腸菌 (90%) – クレブシエラ (5% 弱 ) – プロテウス (5% 弱 )
  19. 19. 19 ところで血液培養っていつとる の? 菌血症を疑った時にとる。 悪寒戦慄してたらとる
  20. 20. 20 Gram 染色の有用性 • 細菌貪食像の有無で感染の原因の菌かど うかわかる。 – 利便性がダントツ – スピーディ –スピーディ –スピーディ
  21. 21. 21 Gram 染色はスピーディー
  22. 22. 22 Gram 染色 グラム陽性球菌   黄色ブドウ球菌   表皮ブドウ球菌   溶血性レンサ球菌   肺炎球菌   腸球菌 グラム陰性球菌   モラキセラ   ナイセリア(淋菌・髄膜炎 菌) グラム陽性桿菌   クロストリジウム(破傷風菌)   コリネバクテリウム(ジフテリア 菌)   リステリア   バシルス(炭疽菌・セレウス菌) グラム陰性桿菌   大腸菌   クレブシエラ   緑膿菌   インフルエンザ桿菌
  23. 23. 23 GPC S.pneumoniae
  24. 24. 24 GNR 腸内細菌
  25. 25. 25 GNR P.aeruginosa
  26. 26. 26 GPR bacillus
  27. 27. 27 Gram 染色の有用性 • 臓器から想定される菌種から、更に絞り 込むことが出来る。
  28. 28. 28 Gram 染色を勉強したい人に
  29. 29. 29 エンピリックセラピーとは何か • エンピリックとは、「経験」という意味 の英語 • 決して「全ての菌をカバーする」という 意味では無い。
  30. 30. 30 エンピリックセラピーとは何か
  31. 31. 31 感受性試験の見方 • 肺炎球菌性肺炎(市中で、基礎疾患のな い若年男性) 薬剤 MIC (最少発育阻止 濃度) 感受性 アンピシリン 2 S ピペラシリン 0.5 S セフトリアキソ ン 0.5 S カルバペネム 0.25 S バンコマイシン 1 S ニューキノロン 0.5 S
  32. 32. 32 感受性試験の見方 • 肺炎球菌性肺炎(市中で、基礎疾患のな い若年男性) 薬剤 MIC (最少発育阻止 濃度) 感受性 アンピシリン 2 S ピペラシリン 0.5 S セフトリアキソ ン 0.5 S カルバペネム 0.25 S バンコマイシン 1 S ニューキノロン 0.5 S
  33. 33. 33 これから各論に入りますが… • 一番大切なのは、各施設での抗菌薬の感 受性です。 • いくら「肺炎球菌には A という抗菌薬が 効く!」と言っても、自施設での感受性 が悪ければ選択肢になりえません。 • まず、自施設の菌の薬剤感受性を取り寄 せましょう。
  34. 34. 34 NCGM 感染症レビューコース 2014 • http://www.slideshare.net/kutsunasatoshi/ncgm2014-34374
  35. 35. 35 参考資料 • わかりやすい微生物・感染症学 – 編集:青木眞先生・佐竹幸子先生・柴田清先生  – ヌーヴェルヒロカワ • NCGM 感染症レビューコース – 国立国際医療研究センター 国際感染症センター • 感染症・抗菌薬セミナー – 藤田保健衛生大学 ICT • 感染症診療のロジック – 大曲 貴夫 先生 • 情熱「北」救急 感染症講義 – 石金 正裕 先生
  36. 36. 36 使用させていただいた画像 • http://shocker.offrecord.info/ • 防衛省 航空自衛隊
  37. 37. 37 ありがとうございました

×