Rfid

1,176 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,176
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Rfid

  1. 1. RFID と ユビキタス社会<br />@cev_cs<br />本間 皇成<br />1<br />
  2. 2. 行ってきました<br />Ruby Kaigi 2010<br />小学生が登場!?<br />2<br />
  3. 3. 本日の予定<br />1、RFID とは<br />2、技術的原理 (情報テクノロジー学科ということで・・)<br />3、将来像と課題<br />4、ユビキタス社会に向けた適用事例<br />3<br />
  4. 4. RFID Radio Frequency IDentification電波による個体識別<br />4<br />
  5. 5. 1、RFID はバーコードの進化系?<br />Yes.  IC タグとリーダの無線通信<br />管理する情報量が増えてきた<br />↓<br />その情報をネットワークで管理!<br />5<br />
  6. 6. 1、RFID の種類<br />パッシブ・タグ<br />電池を持たず電源や搬送波の源信はリーダから<br />例) Suica <br />アクティブ・タグ<br />電池を搭載して通信距離拡大を図ったもの<br />今後、携帯電話等の組み合わせで期待される<br />6<br />
  7. 7. 2、動作原理<br />交流磁界を用いて起電力を得る<br />RF(IC)タグはリーダで発せられる電力を得る<br />リーダ<br />IC タグ<br />復調器<br />変調器<br />アンテナ<br />アンテナ<br />デジタル部<br />マイクロコントローラ<br />変調器<br />復調器<br />7<br />
  8. 8. 2、信号処理<br />誤り制御<br />パリティチェック<br />バースト誤りが多いため、CRCやBCHが必要<br />コリジョン<br />多量の IC タグがあると読み込めなくなる<br />バイナリ・サーチ等で「アンチコリジョン」<br />8<br />
  9. 9. 2、アーキテクチャ<br />IC タグ・リーダ<br />アプリケーション<br />ID / ucode<br />ネットワーク<br />ID<br />EPCIS<br />ロケーション<br />ONS<br />ミドルウェア<br />EPCIS<br />ウェブのシステムにかなり似ている<br />->そのノウハウ(セキュリティ、DB管理等)が活かせる<br />9<br />
  10. 10. 複雑すぎて、無理!<br />こんなにたくさん実装しなきゃいけないのか・・?<br />10<br />
  11. 11. ご安心ください<br />11<br />
  12. 12. ミューチップマネージャ<br />RFIDタグを利用する各種業務アプリケーション開発の<br />システム構築ツール<br />高レベルな API を提供<br />2004 年段階で価格は 535,500 円 ! (日立 )   安い!<br />もちろん学習用の RFID キットもあります。。<br />12<br />
  13. 13. 3、将来像と課題<br />アクティブ・タグが注目されている<br />そこからユビキタス社会へ<br />覚えてますか?<br />13<br />
  14. 14. 3、アクティブ・タグの発展系<br />センサー付きアクティブ・タグ<br />振動、空気圧、温度等のセンサー情報<br />マルチホップ・タグ<br />タグに受信機を装着<br />タグ同士で繋がる<br />アドホック・センサー・ネットワーク<br />興味があれば TinyOS の 「nesC」で PG が可能<br />位置検出、遠隔データ取得<br />14<br />
  15. 15. 3、課題<br />プライバシー<br /> 全てのモノに RFID タグが付けられると、<br />透明のバッグを持っているのと同じ<br />誰がいつどこで何を買ったか一瞬でわかる<br />セキュリティ<br />これはいつも言われることですね<br />15<br />
  16. 16. 4、ユビキタス社会<br />全てのモノに インターネット<br />モノとモノがやり取りを行う<br />↓<br />IPv6 + RFID で全てが「繋がる」<br />これが インターネットの次なるパラダイム!?<br />16<br />
  17. 17. 4、ユビキタス・コンピューティング<br />いつでもどこでも使えるコンピュータ環境<br />アクティブ・タグによるネット接続<br />↓<br />コンピュータを使っていることを意識させない<br />17<br />
  18. 18. 4、RFID の適用事例 (1)<br />多いのは SCM (Supply Chane Management)<br />いかに正確に速く物流をこなすか<br />日本では既存のバーコードでかなり発展している<br />買い物情報<br />商品情報の詳細を得る<br />一気に精算<br />冷蔵庫に入れた後でも活躍<br />18<br />
  19. 19. 4、RFIDの適用事例 (2)<br />街中で<br />犯罪防止<br />携帯電話を持ってるだけで、付近の情報が<br />  降ってくる<br />RFID から送られてきたデータをマイニング<br />-> より豊かな社会に繋がる<br />19<br />
  20. 20. まとめ<br />RFID は無線を用いた個体識別<br />バーコードとは違い、<br />ネットワークで外部にデータを保存<br />個々に大量のデータが登録される<br />-> ユビキタス社会の実現<br />  まだまだ始まったばかり・・<br />20<br />
  21. 21. 参考文献<br />ポイント図解式RFID教科書―ユビキタス社会にむけた無線ICタグのすべて 岸上 順一 (著)<br />IPv6はビジネスをどう変えるか?<br />http://www.inetcore.com/material/log/material_061212113835.pdf<br />21<br />

×