ElastiCache for redisを本番導入してみました

7,123 views

Published on

「2014/01/18 AWSプロダクトシリーズ|よくわかるクラウドデータベース」講演資料

Published in: Technology
0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,123
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,584
Actions
Shares
0
Downloads
25
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ElastiCache for redisを本番導入してみました

  1. 1. ElastiCache for Redis を本番導入してみました 14年1月13日月曜日 1
  2. 2. 目次 • • • • • 14年1月13日月曜日 自己紹介 Redis運用に最低限必要な知識 gumiでのRedis運用方法 (現在の)ElastiCache for Redis運用注意点 まとめ 2
  3. 3. 目次 • • • • • 14年1月13日月曜日 自己紹介 Redis運用に最低限必要な知識 gumiでのRedis運用方法 (現在の)ElastiCache for Redis運用注意点 まとめ 3
  4. 4. 自己紹介 • 本間 知教(ほんま とものり) • 株式会社gumi • System Operation Engineer • 国内アプリのサーバ運用全般 • アプリのイベントとかは作ってないです • 好きなAWSサービス:Amazon S3 14年1月13日月曜日 @CkReal 4
  5. 5. 目次 • • • • • 14年1月13日月曜日 自己紹介 Redis運用に最低限必要な知識 gumiでのRedis運用方法 (現在の)ElastiCache for Redis運用注意点 まとめ 5
  6. 6. Redis運用に最低限必要な知識 • キーバリューストア • データ取得は全てインメモリ • メモリ以上のデータ格納時の挙動は、 maxmemory-policyで制御(default:volatile-lru) • 2種類のデータ永続手段 • Append-only file(追記型ファイル) • RDBスナップショット • 複数データベースが使える 14年1月13日月曜日 6
  7. 7. 目次 • • • • • 14年1月13日月曜日 自己紹介 Redis運用に最低限必要な知識 gumiでのRedis運用方法 (現在の)ElastiCache for Redis運用注意点 まとめ 7
  8. 8. 現在運用中のサーバ構成例 memcached app 14年1月13日月曜日 M S static M S redis SQS jobq player-shard others master RDS (MySQL5.5) 8
  9. 9. ElastiCache for Redis を利用したサーバ構成 S redis RDS (MySQL5.6) app static (S3) 14年1月13日月曜日 SQS jobq 9
  10. 10. アプリでの利用例 • ユーザの行動結果を即時反映させたいイベント • 使用例 • イベントランキング • プレイヤーのマッチング処理 14年1月13日月曜日 10
  11. 11. 運用での利用例 • イベント収集ツール(Sentry)のバッファ • 最近のツールは、Redisを利用するものがある • ちょっとした検証でEC2を立てるのはコストが大きい 14年1月13日月曜日 11
  12. 12. Redisサーバ運用状況 • master-slave構成がメイン • masterはRDBなし、slave側でスナップショット生成 • EC2(Xen)のforkは遅くなる • 用途によって、データベースを複数利用 • 最近はmemcachedのキャッシュをredisへ移行 • memcachedのeviction発生タイミングは、開発者が つかみづらい 14年1月13日月曜日 12
  13. 13. 目次 • • • • • 14年1月13日月曜日 自己紹介 Redis運用に最低限必要な知識 gumiでのRedis運用方法 (現在の)ElastiCache for Redis運用注意点 まとめ 13
  14. 14. ElastiCache for Redis でできることできないこと できること EC2運用からの開放 S3からのデータロード AOFファイルの設定 awscliからも扱える レプリカのマスター昇格 14年1月13日月曜日 (まだ)できないこと 自動フェイルオーバー RDBのS3バックアップ インスタンスタイプ変更 PITR機能 14
  15. 15. ElastiCache for Redis でできることできないこと できること EC2運用からの開放 S3からのデータロード AOFファイルの設定 awscliからも扱える レプリカのマスター昇格 (まだ)できないこと 自動フェイルオーバー RDBのS3バックアップ インスタンスタイプ変更 PITR機能 現時点でRDSほど高機能ではないことに注意 14年1月13日月曜日 14
  16. 16. ElastiCache for Redis を本番導入してみて • masterの稼働場所として、性能的には全く問題ない • スナップショットを利用したいときは、EC2を利用 • FAQや公式ドキュメントでも推奨されている • cache.t1.microはappendonlyをサポートしていない • 障害発生時の挙動はまだ未経験 • AOFファイルが壊れたり、slaveのスナップショット から復元させるといったケースがあった 14年1月13日月曜日 15
  17. 17. 目次 • • • • • 14年1月13日月曜日 自己紹介 Redis運用に最低限必要な知識 gumiでのRedis運用方法 (現在の)ElastiCache for Redis運用注意点 まとめ 16
  18. 18. まとめ • Redisが短時間で利用可能になるのは、インフラメン バーが少ない企業ではとても嬉しい • 当初想定していた機能はまだ未実装ではあったが、本番 環境でも問題なく利用できる • 今のところ、障害は発生していない^^; 14年1月13日月曜日 17
  19. 19. ElastiCache for Redisの今後に期待!! 14年1月13日月曜日 18
  20. 20. ご清聴 ありがとうございました 14年1月13日月曜日 19

×