Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

植物育種学研究室Slideshare用

20,544 views

Published on

Published in: Education
  • I pasted a website that might be helpful to you: ⇒ www.HelpWriting.net ⇐ Good luck!
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating for everyone is here: ❶❶❶ http://bit.ly/39pMlLF ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Dating direct: ❶❶❶ http://bit.ly/39pMlLF ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

植物育種学研究室Slideshare用

  1. 1. 研究室におけるイネ研究の歴史と 北海道におけるイネ育種
  2. 2.  1915年(大正4年)、東北帝国大学農科大学(現北大農学部)に、我が国最初の育種学講座として開設された。卒業生は、産官学の研究機関の他、広い分野で活躍しているが、特にイネ育種においては、基礎研究と実際の品種改良の両面で多くの卒業生が活躍、貢献している。
  3. 3.  1935年ごろから、研究室のグランドテーマをイネの遺伝研究に据 え、ふ先色を中心とするアントシアン系の着色と多面的形質変化を 伴う矮性を主な対象形質に、遺伝子分析の研究は開始された。 図 アントシアンによる稲体着色とその遺伝子体系
  4. 4.  「品種の系統上より考察せる北海道稲品種間の雑種強勢に就 て」長尾・高橋 著 ハイブリッドライス育種の基礎となるヘテロシス(雑種強 勢)理論を扱った最初の研究論文である。 「Trial construction of twelve linkage groups in rice. (イネにおける12連鎖群の試作)」 長尾・高橋 著 世界に先駆けて、イネゲノムの半数体染色体数に相当する12 種の連鎖群とその連鎖地図を発表し、今日のイネゲノム研究 の基礎となっている。本研究はイネ遺伝学上の重要な貢献と して、1965年に長尾と高橋に日本学士院賞が授与された。
  5. 5. 1980年代には分子マーカーの利用が可能となり、現在は分子マーカーによる細密な連鎖地図が構築されている。また、2004年には国際協力によりイネゲノムの全塩基配列が決定された。今日では、分子マーカーを利用した効率的な選抜やQTL(量的形質遺伝子座)の解析が可能となった。
  6. 6.  北海道における稲作は、道南で江戸時代から 始まった記録があるが、冷害や凶作で長続き はしなかったようである。 明治になると、開拓使庁は農業移民の受け入 れに積極的な方針を立てたが、稲作に対して はきわめて消極的であった。 しかし、移住者の米に対する愛着は熱烈なも のであり、道央へのイネの導入は民間による ものであった。 開拓使庁の試験場がイネ育種に本格的に乗り 出したのは、大正の初期からである。
  7. 7.  早生耐冷性品種の育成が進められ、イネの栽培限界が急 速に北進した。また、耐冷性の付与により、冷害による 被害の軽減が進んでいる。 図 品種改良による北海道の稲作限界の北進 (松尾1987による)
  8. 8.  1980年代から良食味育種が進められ、現在では本州米に 負けないおいしい米が育成されている。
  9. 9. もちろん実験は通年できます!!

×