Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Windows server2012のインストールと初期構築 for biginner

9,338 views

Published on

WindowsServer2012R2のインストールと、初期構築についての資料です。内容的には「新人研修で、WindowsServerに触ったことが無い人」程度が対象です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Windows server2012のインストールと初期構築 for biginner

  1. 1. WindwsServer2012の インストールと初期構成 for biginner.
  2. 2. This slides.. このスライドは、新人研修でWindows Server 2012R2に慣れ てもらうために作った資料です。 インストールと、初期設定までを扱います。 まっさらな状態からWindows Server 2012R2を入れます。 ● パーティションの切られていない、フォーマット済みのHDDを 想定 ● 新規のワークグループサーバとして構築
  3. 3. build orders. ● WindowsServer2012R2をクリーンインストール します。 ● サーバの設定を行います。 ○ 基本的な設定 ■ ホスト名 ■ ネットワークの設定 ■ リモート接続用の設定 ■ 時刻同期(NTP) ■ ファイル共有
  4. 4. 用意するもの 以下のものを用意してください ● Windows Server2012R2のインストールディスク ○ 評価版で構いません。その場合は、評価版ライセンスも 忘れずに入手してください。 ● インストールするサーバ ○ 物理でも仮想でも構いません。 ■ 仮想環境であればVMware ESXiで十分です。
  5. 5. 1st step. → install windows server 2012 R2.
  6. 6. まずはインストール まずはサーバの構築を行いましょう。 サーバにインストールディスクを入れ、起動してくだ さい。 ● 環境により手順は異なります。
  7. 7. install the WindwosServer2012 ディスクを入れ、サーバ を起動します。
  8. 8. choose the environment 言語やキーボードにつ いての設定画面が出ま す。 通常はデフォルト値で大 丈夫です。
  9. 9. startup installer 準備が出来たら「今すぐ インストール」を押してく ださい。
  10. 10. choose Windows edition and mode WindowsServerのエディションを選択し ます。. ● Server Core ○ Hyper-Vで利用する、GUIの 無いサーバ ● GUI server ○ 通常のサーバはこれを選択 します ● Datacenter/Standard ○ データセンタエディションはク ラスタ機能等を含みます。 StandardのGUI使用サーバを選択しま す。
  11. 11. license agreement ライセンスに同意する場合は、 「同意します」にチェックを入れ て、「次へ」を押します。 同意できない場合は、サーバ シャットダウンの画面に映りま す。 ライセンスに同意してください。
  12. 12. select install type 新規インストールの場合は「カス タム」を選択して下さい。 アップグレードやリカバリ目的で 再インストールする場合は「アッ プグレード」を選択してください。 今回は「カスタム」を選択しま す。
  13. 13. 備考) can’t upgrade.. 新規インストールで 「アップグレード」を 選択した場合、イン ストールが行われ ずに再起動が行わ れます。
  14. 14. install location インストール先を選択し ます。 インストール先ドライブ を選択し、新規を選択し てください。自動でパー ティションが作られま す。
  15. 15. waiting.. インストール中
  16. 16. set administrator password 管理者(administrator)パスワー ドを設定します。 administratorは、このコン ピュータのすべての権限を持ち ます。必要な複雑性を満たすパ スワードを入力して下さい。 英数字と記号を使う必要があり ます。
  17. 17. ..and progress.. もう少しで完了しま す。
  18. 18. finish installing OSのインストール が完了しました。 administratorがロ グオンするまでが インストールです。
  19. 19. logon the server administratorでロ グオンしましょう。 先程のパスワード を入力して下さい。
  20. 20. network configure ネットワークに乗っ ている場合、「ネット ワーク」の設定を行 います。 通常は「はい」で構 いません。
  21. 21. Hello , Desktop! インストールが完 了しました。 次からは、サーバ の基本設定を進め ていきます。
  22. 22. next step. → configure basic settings.
  23. 23. 以下の基本的な設定を行います。 ● コンピュータ名 ● リモート接続設定 ● ネットワークの設定 ● 時刻同期(NTP) ● ユーザ及びセキュリティグループの管理 初期設定
  24. 24. コンピュータ名の設定
  25. 25. コンピュータ名を変更する [コントロールパネル]から[システ ムとセキュリティ][システム]を開 きます。 [コンピュータ名、ドメイン及び ワークグループの設定]の部分 の「設定の変更」を押します。
  26. 26. コンピュータ名の設定 [システムのプロパティ ]で[変更]を押すと、[コン ピュータ名/ドメイン名の変更]画面が出ます。 コンピュータ名(ホスト名)を設定してください。 コンピュータ名を設定することで、ネットワーク越し にアクセスがしやすくなります(他のコンピュータか ら接続するときは、コンピュータ名を利用して接続 します。) ● デフォルトのコンピュータ名は、ある程度ラン ダムで設定されています。 ● FQDNではなく、ホスト名です。ドメイン等は ネットワークの部分で設定します。 ● ドメインやワークグループについては、管理 者の指示に従って設定してください。
  27. 27. コンピュータ名を変えると.. コンピュータ名を変えると、再起動が必要になりま す。 ● 運用中のホスト名変更には注意が必要です。 ○ 通常は、運用中にホスト名を変える事はありません。 その他の設定を進めるので、再起動後に administratorでログオンしてください。
  28. 28. リモート接続の設定
  29. 29. リモート接続とは 現時点ではサーバに接続されたディスプレイやマウスで操作していますが、遠隔地 から同様の操作をすることが可能です。これをリモート接続と呼びます。 ● リモートデスクトップ(RemoteDesktop)、RDP(RemoteDesktopProtocol)、RD 接続、RDS(RemoteDesktopService)など、呼び方は様々です。 ○ 正確には、上記の各用語はそれぞれ異なります。 ● Windows標準でついている「リモートデスクトップ接続」(mstsc.exe)を利用して 接続します。 ● サーバ側は、デフォルトではリモートデスクトップを受け付けない為、受け付ける ように設定する必要があります。 ○ 注意:本来、リモートデスクトップ接続をするためには、別途ライセンスが必 要です。サーバについては、管理用の2接続までは許可されているため、こ の接続設定を行います。
  30. 30. リモート接続の設定を開く 前回同様、[システム]の 画面を開きます。 左側にある[リモートの 設定]をクリックします。
  31. 31. 接続を許可する [リモートデスクトップ]の[このコンピュータへのリ モート接続を許可する]を選択します。 ● Windowsファイアウォールの許可が自動的 に設定されます。 ● [ネットワークレベル認証]は、古い”リモートデ スクトップ接続”クライアントで接続できない 場合にチェックを外してください。 ● 現時点では[ユーザーの選択]は不要です。 設定し、OKを押せば完了です。
  32. 32. ex.)接続してみる [リモートデスクトップ接続 ]を探し出して、起動しま す。 ● 検索チャームに名前を入れて実行 ● ファイル名を指定して実行で、 mstscと入れ て実行 ● etc.. [コンピュータ]欄に、接続先コンピュータ名を入れま す。 ● 先程設定したホスト名がこのような場面で利 用されます。 ● ネットワーク設定が終わったら、試してみま しょう
  33. 33. ネットワークの設定
  34. 34. 概要 ネットワークの設定は複数ある為、今回は以下を 扱います。 ● TCP/IP(IPv4)の設定 ○ DHCP利用 / 固定IP ○ DNSサーバの指定 ○ デフォルトゲートウェイ
  35. 35. まずはアダプタの設定を開く [コントロールパネル] [ネットワークとインター ネット][ネットワークの状 態とタスクの表示]を選 び、左側の[アダプター の設定の変更]をクリッ クする
  36. 36. ネットワークアダプタを選択する [アダプタの設定の変更] を開くと、認識している アダプタの一覧が表示 される。 まずはネットワークにつ ながっているアダプタの プロパティを開く。
  37. 37. アダプタのプロパティ 対象のアダプタで利用可能な サービス一覧が表示されま す。 今回はTCP/IP(IPv4)の設定 をするので、「TCP/IPv4」の物 を選択します。
  38. 38. この画面で基本設定を行います。 ● 固定IPやデフォルトゲートウェイの 設定 ● DNSサーバのアドレス指定 ○ IPはDHCPでもらい、DNSは 手動設定、というのもできま す。 当たり前ながら、設定を変えるとネット ワーク接続が切れる場合があります。 稼働中の変更には細心の注意が必要 です。
  39. 39. ex.) 自動プライベートIPアドレス(APIPA) IPアドレスの指定が無い場合、自動的にIPを割り振る仕組 み。 ● 固定IP設定が無く、DHCPが機能しない場合に設定 されるアドレスです。 ● 169.254.1.0から169.254.254.255のアドレス帯でIP が自動決定されます。 ● 一般的にはAutoIPと呼んでいるものです。 ● トラブルシューティング的に、このアドレス帯が振られ た端末はDHCPからIPを取得できていない、と判断 できます。 この仕組みは、一般的には使う事はありません。 ● 管理者が居ない/知識が無い 環境でネットワーク接 続が出来る為の物です。 ○ その状況で繋がっても、どうにもならないので は… ● APIPAのアドレス同士で別ネットワークを構成されて しまい、切り分けの障害になる事がある。
  40. 40. 時刻同期の設定
  41. 41. 時刻同期(インターネット時刻) NTPによる時刻同期設定をします。 ● Windowsでは[インターネット時刻] と呼んでいます。 ○ これは、NTP以外の方法でも 時刻同期をすることが出来る 為と思われます(ドメイン環境 の時刻同期)。 ● タスクバーの時刻をクリックし、[日 付と時刻の設定の変更]を選択しま す。
  42. 42. インターネット時刻の設定をする 開いた[日付と時刻]画面で、 [インターネット時刻]タブを開 き、[設定の変更]を選択しま す。 ● デフォルトではtime. windows.comと同期しよ うとしています。
  43. 43. 同期先を選択する [サーバー]欄に、FQDNやIPアドレスを 設定します。 ● 直接インターネットに出る事が出来 る場合は、上位のプロバイダや mfeed等を利用します。 ● インターネットに直接出る事が出来 ない場合は、組織内部の上位の NTPサーバを指定します。 ○ NTPサーバの権威次第では、 同期できない場合もあります。 設定後、[今すぐ同期]で同期をして様子 を見てみましょう。
  44. 44. next program..
  45. 45. ここまで設定できれば、「一応 WindowsServer2012R2の初期設定はできたよ」 と言えるレベルです。 「全く知らない」から「2012、チョットデキル」レベル になりました! ただ、まだ「サーバを管理する」レベルではありません。サーバの初期構築、の段階です。 おめでとうございます!
  46. 46. 次のステップアップ 一般的な「管理者」になる為には、大雑把に以下 の知識が必要です。 ● Workgroupでの管理 ○ そもそもWorkgroupやドメイン(ActiveDirectory)とは? ○ ローカルユーザの管理 ○ Workgroupでのファイル共有 ○ ファイル共有の仕組みを理解する ■ SMB, NetBIOS, NetBIOS over TCP/IP, WINS, CIFS等 ● ActiveDirectoryの構成と管理 ○ ActiveDirecotryの仕組み、利点を理解する ○ ActiveDirecotryサーバを構築する ○ DNSの管理 ○ ActiveDirectory上のオブジェクト (ユーザ、コンピュータ、グループポリシー )の管理 ○ 認証についての知識 ■ Kerberos,認証チケット等の概要等 ○ ドメイン全体の設計 ■ フォレスト、機能レベル、サイト、レプリケーション、グローバルカタログ、 FSMO等の知識 ● サービスに関する知識 ○ DHCP, DNS, ルーティング等の一般的な知識 ○ IIS, WINS, 印刷サービス等、 Windowsサービスの知識 ● その他もろもろ
  47. 47. まずはどれから始めるか 先程の要件は、Microsoftの認定試験を受ける際 には必須の知識ですが、最初からそこまでの知識 を学習する必要はありません。 まずは、ユーザ管理、ファイル共有を学習するの が良いと思われます。
  48. 48. 本トレーニングはここまでです。 まずはインストールから、という最初の一歩を踏み出すことが、本トレーニングの目的 です。 あとはインターネットで必要に応じて学習する、Microsoftの試験勉強を通じて学習す る、Microsoft認定講習に行く、等で学びましょう。 Windowsに対する正しい知識を持つ人が増えることを願っています。 以上です。

×