Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「RAD Studio 10.1 Berlinで始めるIoTアプリケーション構築」

319 views

Published on

高い注目を集めるIoT。しかし実際にIoTを活用したアプリケーションを構築しようとするとデバイスごとに異なるAPIに直面し躊躇してしまいがちです。RAD Studio 10.1 Berlinに新たに搭載されたThingWareを用いれば、使いやすいコンポーネントを用いたデバイスとの通信が可能になります。今回、ビーコンやいくつかのセンサーを用いて、どのようなプログラミングを行い、どのようなアプリケーションが構築できるのかを、応用のヒントとともに紹介します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
セールスコンサルタント 井之上 和弘

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

「RAD Studio 10.1 Berlinで始めるIoTアプリケーション構築」

  1. 1. 本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 「RAD Studio 10.1 Berlinで始めるIoT アプリケーション構築」 第32回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ エンバカデロ・テクノロジーズ セールス コンサルタント 井之上 和弘
  2. 2. 2本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 アジェンダ  RAD Studio 10.1 BerlinでのIoTデバイスサポートについて  RAD STUDIO で作成したアプリでIoTデバイスのデータを取得す る  IoTコンポーネントの紹介と、測定可能な値の一覧  位置測位アプリをBeaconfenceでコード無しに作る  ビーコンの測距精度に影響を与える⼲渉源について考える
  3. 3. 本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 3 RAD STUDIO 10.1 BERLINでのIOTデ バイスサポートについて
  4. 4. 4本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 RAD Studio における IoT デバイスサポートのご紹介  2014/09 RAD Studio XE7 • Bluetooth LE サポート(TBluetoothLE)  2015/09 RAD Studio 10 Seattle • BeaconFenceリリース
  5. 5. 5本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 RAD Studio における IoT デバイスサポートのご紹介  2016/04 RAD Stuido 10.1 Berlin • 50を超えるIoTデバイス向けコンポーネント (Bluetooth LE、z-Wave対応) を提供開始  Bluetooth LE • 基本的な無線要件は Bluetooth 3.0 と同じく2.4GHz帯の周波数。 • 従来のBluetoothよりも消費電⼒が少ないため、バッテリ駆動のウェアラブルやヘルスケア、 センサーでの採用が進んでいる  z-Wave • 920MHz帯の周波数。WiFiとの⼲渉がなく透過性も強いためにBLEよりも広い範囲をカバーで きる。 • 海外ではスマートハウスやホームセキュリティ向けの普及が進んでいる • 日本では2012年に認可された周波数のため、製品やサービスの展開はまだ進んでいない。
  6. 6. 6本文書の一部または全部の転載を禁止します。本文書の著作権は、著作者に帰属します。 IoTコンポーネントのインストール  IoTコンポーネントはGetITパッケージマネージャーからインストールする
  7. 7. 続きは http://embt.co/osaka-slide からダウンロード

×