クライアント技術から見たBuild2014 Wrap-up

626 views

Published on

2014年4月に開催されたBuild 2014からクライアントアプリ開発のトピックについてゆるーく纏めました。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
626
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
123
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

クライアント技術から見たBuild2014 Wrap-up

  1. 1. クライアント技術から見た Build 2014 Wrap-up 森 博之 (Microsoft MVP for Visual C#) 極東IT-Engineers/RIAアーキテクチャ研究会
  2. 2. 自己紹介 森 博之(もり ひろゆき) MS開発技術を専門としたフリーランスエンジニア Microsoft MVP for Visual C# 極東IT-Engineers 代表 ブログ:もり ひろゆきの日々是勉強 http://moriblog.kit-eng.com Twitter Windows8対応[基本+実用] Windowsストアアプリ開発入門 好評発売中!
  3. 3. Agenda Build 2014 Wrap-up .NET Native Windows Phone Universal Windows Apps
  4. 4. Build 2014 Wrap-up!
  5. 5. Build 2014 米マイクロソフトが開催する開発者向けカンファレンス 過去、マイクロソフトが新しい戦略、サービス、技術などのお披露目が行わ れてきたイベント 技術者視点のDeepなセッションが数多く実施されている
  6. 6. Desktop apps , Windows Store Apps and Windows Phone… クライアント技術で見ると… Windows Store Apps .NET Native Windows Phone WinRT Silverlight 8.1(!) Universal Apps
  7. 7. .NET Native
  8. 8. .NET Native C#からいきなりNativeコードにコンパイルできる 内部的にはMSILからNativeのコンパイル済みバイナリを保持する C# MSIL Native C# Native .NET Framework .NET Native
  9. 9. .NET Native .NET Frameworkは必要ない→コンパイル時に静的リンクする 現在使えないAPIもある →System.ServiceModel名前空間 →Visual Basic PreviewではC#のみサポート→今後は他の.NET系言語へのサポートを広げる 現在はStore Appsのみ→将来的にはDesktop Appsも…。
  10. 10. Windows Phone
  11. 11. Windows Phone 8.1 新しいアプリケーションモデル Windows Phone 8.1には2つのXAML Frameworkが動作する XAML WinRT系APIで動作するフレームワーク Silverlight 従来のSilverlightベースのフレームワーク
  12. 12. Trigger based execution さまざまなトリガーによりアプリを起動することができる。 トリガーとなる機能 →Push通知、Geofencing、Bluetooth LEデバイス、Schedule、センサー接 続、タイムゾーンの変更、時間によるトリガー…
  13. 13. Geofencing Locationによるトリガー アプリによってアンカーを設定し、 エリアに到達したらトリガーを実行
  14. 14. Windows Phone Silverlight Apps! 8.1ではXAML appsとSilverlight appsが存在する 従来のSL8.0appsは8.1でも動作する アップグレードすると構成ファイルが増える! →100%ソース互換ではない Background Audioなど、 サポートされなくなった機能もある
  15. 15. Windows Phone Silverlight 8.1 SD Cards Access Share Source/ShareTarget DataRoaming Storageアクセス Etc…
  16. 16. Universal Windows Apps ユニバーサルアプリ
  17. 17. Productivity Future Vision https://www.microsoft.com/office/vision/ https://www.youtube.com/watch?v=a6cNdhOKwi0
  18. 18. ユニバーサル アプリ WinRTベースのランタイム上で動作するアプリ Windowsストアアプリ・Windows Phoneでひとまとめにして開発できる ・Windows 8.1 ・Windows Phone 8.1 現在サポートしている言語はC#, C++, JavaScript
  19. 19. 特徴 APIがほぼ共通である →ある程度、ソースコードを共通化できる →もちろん、プラットフォーム独自のAPIもある リソースを共有できる →Shared Project
  20. 20. Shared Project Windowsストアアプリ・Windows Phone共通で利用できるコードやリソース などを共有できる。 利用できるリソース ・Code files .cs, .js, .cpp, .h ・ XAML ・ Images .png, .jpg… ・ RESW ・ XML etc…
  21. 21. SharedProject内のコード プラットフォーム固有コードを書く場合は… #if WINDOWS_PHONE_APP Windows.Phone.UI.Input.HardwareButtons.BackPressed += this.HardwareButtons_BackPressed; #endif
  22. 22. 開発環境 ナビゲーションバーによってプラットフォーム切替可能 インテリセンスでプラットフォーム依存APIをワーニング表示 スタートアッププロジェクトの切替
  23. 23. まとめ .NET Native .NET系言語でNativeアプリ開発が行える! Windows Phone 日本はまだかっ! Universal Windows Apps シームレスなアプリの開発基盤となるか!?
  24. 24. Thank you!

×