Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

図解 電気ケトル・ジャーポットの正しい選び方、使い方、メンテ、修理、リサイクル

2,722 views

Published on

更に詳しい内容(動画、おすすめ商品等)を下記のサイトに掲載しております。
関連サイト 家電コム
URL:   http://appliance7.com

図解 電気ケトル・ジャーポットの正しい選び方、使い方

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

図解 電気ケトル・ジャーポットの正しい選び方、使い方、メンテ、修理、リサイクル

  1. 1. 図解 電気ケトル・ジャーポットの正しい選び方、使い方 関連サイト 家電コム URL: http://appliance7.com
  2. 2. 電気ケトル・ジャーポットとは? 英語:Electric kettle 1. 電気ポットと電気ケルトの違い 電気ケトルの「ケトル」は英語で「kettle」、日本で言う「やかん」に当たります。日本語 に翻訳するならば「電気やかん」となります、お湯を沸かすだけの機能であり、保温性はあ りません。 いっぽう、電気ポット(Electric pot)も電気で暖めることのできる容器です。一般的に保 温性は低く冷めやすいです。「pot」は日本語で「瓶、壺」に相当します。 電気ケトルと電気ポットの違いは容量です。
  3. 3. 電気ポットは、2 リットル前後の大容量のサイズとなっています。一方、電気ケトルは 0.8 リットル前後の容量であり、スペースを取らず、即時にお湯を沸かすことが可能です。 又、電気ケトルはその都度水を入れ替えるので、水が新鮮ですが電気ポットは水を入れっぱ なしにしているため、水自体が使うときに古い状態の可能性があります。 2. 保温ポット、ジャーポットとは? 英語:jar みずかめ 一九七九年五月発売に東芝から保温ポット「水から沸かしてそのまま保温の二役ポット」P LK‐600が発売されました、当時は単に湯を沸かす電気ポットは売られていましたが、 まだ保温ポット(ジャーポットとも呼ぶ)は存在していませんでした。 保温ポットは人気商品となり、たちまち普及し年間五百~六百万台まで拡大しました。いま も四百万台前後で安定した商品です。
  4. 4. ジャーポットの種類 ジャーポット 内容器 外装と内容器の間に真空断熱材を用い、保温時の消費電力を低減した省エネ型と、軽くて持 ち運びやすい従来型の2種類がある、省エネ型は魔法瓶のように真空断熱材を用い保温性に 優れているので、電気代が節約できる。
  5. 5. ジャーポット 給湯の方式 ジャバラを用いた電動ポンプタイプとモーターを用いた電動ポンプタイプ、その両方を備え たタイプなどがある。
  6. 6. ジャーポットのしくみ、構造、原理 電動ポンプタイプのジャーポットは熱板(ヒーター)、温度センサー、電動ポンプ、制御 回路(マイコン)で構成されている(下図)。 内容器に水を入れ、電源を投入すると湯沸かし表示となり、熱板に通電される。温度セン サーが沸騰を検知すると保温状態に移行し、お湯の温度に応じて熱板を制御し一定の温度に 保つ。 保温温度が選択できるジャーポットでは、コーヒーやカップメンなどに適した 80℃保温、煎茶などに適した 85℃保温や赤ちゃんのミルクに適した 60℃保温などに設定す ることができる。
  7. 7. カルキ臭※1 抜き機能付きのジャーポットは、沸騰終了後約3分間沸騰を持続させ、水道 水のカルキ臭を除去する。
  8. 8. ジャーポット 水蒸気弁のしくみ 水蒸気弁は円錐形の重い金属でできています。お湯が沸く前は、水蒸気弁がその自身の重さ で水蒸気の出口をふさいでいますが、お湯が沸いて、内部の圧力が高くなると、水蒸気弁が 持ち上げられて水蒸気を外部に逃がします。
  9. 9. ジャーポット 浄水フィルターの中身 浄水フィルターから出てきた黒い粒は活性炭です。活性炭には脱臭効果があり、水道水の塩 素臭を取り除いてくれます。いっぽう白い粒は、カルシウムの粒です。お湯をミネラルウォ ーターに変えてくれます。
  10. 10. ジャーポット ヒーター部のしくみ ジャーポットのヒーターは薄くマイカピークといいます。絶縁体にマイカ(雲母)を使いが 使われているからです、電熱線には特殊ステンレス箔が使われています。面状発熱体のた め、容器の底に接触できる面積も大きく、加熱効率が大変よいのです。マイカピークはいろ いろな形状のものを簡単につくれるので、多くの電熱機器に使われています。
  11. 11. ジャーポット 給水しくみ 湯口側の穴をふさぎ、お湯は浄水フィルター側へ流れます。出湯ボタンを押すと弁が浄水フ ィルタ側の口をふさぎ、お湯が出湯口から出てきます。 なお、浄水フィルタを使っていな いタイプでは、この装置はありません。
  12. 12. 日本工業規格 JIS C9213-19 電気ポット Electric Pots 解説概要: この規格は,定格消費電力 1.5kW 以下の容器と発熱体とを一体にした,主として家庭用 の電気ポット(以下,ポットという。)について規定する。ただし,電熱線露出形及び電極 式は除く。その他の詳細は下記のサイトを参考にして下さい。 JISC 日本工業標準調査会サイト 電気ポットの日本工業規格は JIS C9213-19 です。JISC 日本工業標準調査会サイト内の JIS検索から内容が閲覧可能です。(但し印刷不可)
  13. 13. *現在はIEインターネット エクスプローラーのみ閲覧可。 kikakurui.com |JIS 規格票を HTML 化したサイト 電気ポットの日本工業規格は JIS C9213-19 が全文、閲覧、印刷可能です。(但し図、イ ラスト含まず 電気ポット
  14. 14. 電気ケトル・ジャーポットの選び方 ポイント 電気ポット・電気ケトルは機能や素材、容量などによって多数の選択肢がありま す。各項目の特徴を把握し、自分の使用用途に合わせて賢く選びたいところです。 容量、大きさ 最も重要な選択ポイント、家族構成を目安に、大きさを選択する。小さいサイズでは何かと 不便ですが、逆に大きすぎても問題があります。 同じ量の水を沸かしても大きいの方の電 気ケトル・ジャーポットがより消費電力も大きくなります。電気ポット 2~4L、電気ケトル 1L 以下が一般的です。
  15. 15. 消費電力、電気代 「ティファール」電気ケトルの電気代を計算してみます。消費電力が 1250W、そして 1ℓ のお湯を沸かす時間は約 6 分人必要です。 沸かした時の電気代⇒1 日に2回、2ℓ を沸かすとして 2 回で一日に約8円 次に、2ℓ 電気ポットでお湯を沸かす際の電気代を計算、1 日に2回を沸かすとして使っ た場合の電気代は約30円となります。
  16. 16. 出湯方式 現在、伝道式、エア式、電動/エア式が販売されています、使用する状況に応じた製品を選 択して下さい。 種類 特徴 電動式 電動ポンプを利用し、ボタンを押すだけでお湯を出す方式です。とても便利 ですが電気が通じていないと作動しません。 エア式 ボタンの押し込みによる圧力でお湯を出す方式です。力は必要ですが、電気 が通じていなくても作動するため、コードレスで出湯できます。
  17. 17. 電動/エア式 電動式とエア式の両方を備えるタイプです。普段は電動式で、状況に応じ てエア式を利用できるのが便利です。 温度調節機能 保温温度を設定できる温度調整機能があれば、便利です。赤ちゃんのミルクを作る際は、 60℃程度のお湯が必要になりますが、温度設定が可能であれば冷ます必要もなく、簡単に ミルク作りができます。
  18. 18. 再沸騰機能 再沸騰機能とは、保温していて温度がちょっと低くなった時に再び沸騰させて熱いお湯にす るための機能です。熱湯が直ぐに欲しいときにとても便利です。電気ポットにはこの機能が 付いている製品が多くあります。 材質 プラスチックは軽く扱いやすい半面、損傷しやすいです。一方、ステンレスは丈夫で傷もつ きにくいですが、少し、重くなりがちです。
  19. 19. ジャーポットの上手な使い方 ジャーポットのふたに付いている内フタパッキンが劣化してくると、蒸気が漏れることが ある。また、エア給湯方式の場合は、お湯の出が悪くなる場合がある。内フタパッキンの破 れや劣化(パッキンが白くなる)が見られる場合は交換する。 推奨温度 お茶やコーヒー等おいしく入れるには、お湯の温度が大切です。温度設定のできる電気ジャ ーポットを使えば、いつでも適温のお湯で手軽にティータイムを楽しめます。おおむね下記 の推奨温度を目安に設定してください。
  20. 20. 飲み物の種類 コーヒー 紅茶 番茶 煎茶 カップめん 玉露 推奨温度 約98℃ 約98℃ 約98℃ 約70℃~約 90℃ 約98℃ 約60℃ 保温温度調節機能と節電タイマーを使った節電 保温温度調節機能を上手に利用して、低温で保温すると、高温で保温するより節電になる。 しばらくお湯を使わないときは、保温温度を下げて保温し必要になったときに再沸騰して使 うとよい。また、電気ジャーポットについている節電タイマーを使用すると、常時はヒータ ーへの通電が止まり、設定時間前に通電を開始し、設定時間に沸き立てのお湯が使えるよう
  21. 21. になる。寝る前やお出かけ前に、新しい水を入れておいて節電タイマーをセットすれば、約 2~3割電気代節約できる。(一般社団法人日本電機工業会ホームページ) ジャーポットの安全上の注意 ①水以外のものを沸かさない。 お茶・牛乳・スープ・酒など水以外のものを沸かすと、沸き上がるときに噴き出して、火傷 するおそれがある。 ②湯が噴きこぼれ、やけどのおそれがあるため、満水目盛り以上の水を入れない。 ③湯が噴きこぼれ、やけどの恐れがあるため、蒸気囗をぬれ布巾などで塞がない。
  22. 22. ④感電のおそれがあるため、水につけたり、水をかけたりしない。
  23. 23. ⑤幼児に使用させたり、いたずらさせたりしない。幼児や子どもの手の届かないところへ置 く。事故の半数以上が 10 歳未満である(国民生活センター)。 ⑥水のかかるところや、火気の近くでは使用しない。感電やショートのおそれがある。
  24. 24. ⑦器具用プラグにピンやごみを付着させない。感電、ショート、発火の原因になる。 ⑧ 電源は交流 100V 定格 15A以上のコンセントから単独で使用する。
  25. 25. ジャーポット手入れ、清掃 ジャーポット 内容器の洗浄 使っていると水の中に含まれているカルシウムなどのミネラル分が白、茶色の湯垢となって 内容器やフィルターに析出してくる。これはスポンジでこすっても落ちにくいので次の手順 で洗浄する。 ①レモン1個分の絞り汁、または市販の洗浄剤(クエン酸など)を入れる。 ②水を入れ、沸かして1~2時間経過後湯を捨てる。洗浄モードのある機種は水を入れて洗 浄モードのボタンを押す。
  26. 26. ③電動ポンプ内も洗浄するため出湯ボタンを押して湯を捨てる。 ④もう一度湯を沸かし、クェン酸のにおいを取るため出湯ボタンを押して湯を捨てる。 ※1:カルキ臭(塩素臭):水道法により、水道水は塩素消毒が義務付けられている。そのた め家庭の給水蛇口から出る水道水には残留塩素が含まれており、その残留塩素がカルキ臭 (塩素臭)として感じられる。
  27. 27. ジャーポット パッキンの交換 ジャーポットのふたに付いている内ぶたパッキンが劣化してくると、蒸気が漏れることがあ る。また、エア給湯方式の場合は、お湯の出が悪くなる場合がある。内ぶたパッキンの破れ や劣化(パッキンが白くなる)が見られる場合は交換する。
  28. 28. ジャーポットの故障診断、トラブル修理 ジャーポットの寿命は、約 5 年と言われています。場合によっては、ジャーポットの不具 合は修理可能です。部品の劣化(れっか)による故障であれば、メーカーに連絡しましょう。 部品を取り寄せて修理できます。たとえば、ポットの内側のふたやパッキン、フィルターな どは取り寄せできるでしょう。パッキンが弱ると水や蒸気が必要以上にもれます。そのよう な不具合は、ジャーポットの寿命ではなく部品の寿命です。まずは、メーカーに問い合わせ てみましょう。 電気が関係している場合は、感電などの危険もありますから自分で修理しないでください。 電気関係の故障の場合は、修理するより買い替えた方が安く済むことが多いでしょう。
  29. 29. ジャーポット 修理上の注意 ①電子回路を使ったものでは、充電部であることが多いので修理時は、必ず電源プラ グをコンセントから抜いて行うこと。 ②性能、安全維持のため、必ずメーカー指定の部品を使用すること。 ③温度ヒューズや温度センサーなどの感熱部品を取り付ける場合、位置関係がずれた り、表と裏を違えたりすると正しい温度が検知できなくなる場合があるので、取り 付け方はサービスマニュアルなどでよく確認する。 ④修理完了後の点検 ⑤ 部品の取り付け忘れがないか、ねじの緩みがないかを点検する。 ⑥配線の確認、引き回しを点検する。
  30. 30. ジャーポットの故障事例 故障事例1 電気ポットからお湯が出ない ポンプの羽根に汚れが付着。 分解してポンプの羽根の汚れを除去。
  31. 31. 故障事例 2 沸騰が止まらず パワーリレーの故障、分解して新部品交換 故障事例3 電源が入らない 制御基板の焼け、分解して交換
  32. 32. ジャーポットのリサイクル料金 中古、処分 ご自宅に壊れてしまって使えないジャーポット、あるいはもう使 わないジャーポットがあったりしませんか? ジャーポットは家電リサイクル法の対象品ではありません。 一番、安くて確実なのは市のゴミ収集時に廃棄する方法です。そ の際は「不燃ゴミなのか粗大ゴミなのか」自治体によってルールが異なっていまのであらか じめ自治体に確認しておきましょう。
  33. 33. 参考文献: 1.商品知識と取扱い 生活家電編 家電製品協会編 2.生活家電の基礎と製品技術 家電製品協会編 3.生活家電入門 大西正幸 著 4.家電製品がわかるⅠ 佐藤銀平 著 5.「分解!」 家電品を分解してみると! 藤瀧 和弘 (著) 更に詳しい内容(動画、おすすめ商品等)を下記のサイトに掲載しております。 関連サイト 家電コム URL: http://appliance7.com

×