Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ブッタの〈呼吸〉の瞑想 ティク・ナット・ハン

1,922 views

Published on

『ブッタの〈呼吸〉の瞑想』 作者:ティク・ナット・ハンのBook Digest

Published in: Healthcare
  • Be the first to comment

ブッタの〈呼吸〉の瞑想 ティク・ナット・ハン

  1. 1. 『ブッタの〈呼吸〉の瞑想』 作者:ティク・ナット・ハン 発刊日:2012年10月10日 発刊元:野草社 「Book Digest」
  2. 2. 1.目次 息してごらん、ほら、あなたは生きている! いったん止まって、息をしましょう 【呼吸による完全な気づきの経典】 ◎呼吸の瞑想 はじめに/十六の呼吸による気づきの瞑想/四種の気づきの確立(四 念処)/ 目覚めの七つの要因(七覚支)/完全なる心の解放/むすび 十六種の呼吸法のまとめ ◎日常のなかで生かせる七つの瞑想法 日常的な呼吸への気づき/身体への気づき/身体と心の統一(身心一 如)の実現/喜びと幸福から糧を得る/感覚の観察/心をいたわり解 放する/すべての現象の本質(諸法実相)を深くみつめ、光を注ぐ 呼吸を楽しみましょう
  3. 3. ◎呼吸の瞑想のヒント 呼吸の唱え 誘導瞑想 「今ここに到着する」ということ 私自身の島になる 付録 大安般守意経/瞑想の背景について/経典成立の歴史 追補 プラムヴィレッジで使われている新しいバージョンの 呼吸瞑想 訳者あとがき[訳語について]
  4. 4. 2.著者紹介: ティク・ナット・ハン(Thich Nhat Hanh)は、一九ニ六年、ベトナ ム中部のフエ(順化)生まれの禅僧にして詩人、平和運動家である。 十六歳のとき、臨済正宗柳館派でフエにあるトゥヒゥ(慈孝)寺で出 家。若い頃より聡明であり、プリンストン大学やコロンビア大学でも 学んだ。 1960年代初めにサイゴンで、仏教の非暴力と慈愛にもとづく社会福祉 青年学校、ヴァン・ハン仏教大学、ティエプ・ヒエン(相互存在)教 団を創設。1966年、平和使節としてアメリカとヨーロッパを歴訪。ア メリカ政府やペンタゴンに平和提案を行う。その中立的な立場からの 平和と停戦の主張を理由に、政府から帰国を拒否され、以後フランス での亡命生活に入る。1982年に南部ボルドーに仏教の僧院・共同体で ある「プラムヴィレッジ」を開き、難民を受け入れ、生活と一体に なった瞑想を実践しつつ、著作・講演活動を通じて仏教の教えと平和 の実践を説く。
  5. 5. ティク・ナット・ハンの説く仏教の教えの核心には、今こ の瞬間への気づき(マインドフルネス)を重視するという ことがある。この、気づき(パーリ語ではサティ)は、タ イやミャンマーなどのテーラワーダ仏教(南伝仏教)圏で は、大変重視されている教えである。しかし、従来日本仏 教界においては、この気づき(サティ)に対する理解は乏 しく、長年研究者の間でも正念(正しい気づき)を「正し い記憶」と誤って解釈してきたほどであった。 参考サイト: URL//http://real-japan.org/ 不屈のベトナム僧、ティク・ナット・ハンより引用 参考動画: http://youtu.be/XkFyEjeXFjA
  6. 6. 3.本の概要: アナパーナ・サティ・スッタ(呼吸による完全の気づき)の呼吸の方法 そしてその時の心に在り方、見方について説明。 単なる健康法ではなく、いかにハッピーに人生を生きるかを説く。 以下は私が感銘した言葉 ・不幸と感じるのは自分思考、考え方がそう感じるのです。 ・間違った考え方、見方をしていれば現実を正しく認識できません。 ・苦しみの原因はもののとらえ方の誤りにあるのです。 ・正しく認知、気づくことが重要です、その手助けとなるのが呼吸です。 ・自分の体の足の指から髪の毛そして心臓、肝臓に至るまで呼吸をしな がら認知、気づくのです。生きている素晴らしさ、奇跡を・・、そうす ればその場で今すぐに幸せになれるです。 ・ブッタは説きます。「過去はすでに去り、未来はまだやってこない。 貴方が生きていられるのはこの一瞬しかない」
  7. 7. 私が特に感動した言葉 息を吸いながら一輪の花を観る。 息を吐きながらその花の無常を深く見つめる (花を観る、花の無常を深く見つめる)
  8. 8. 4.プラムヴィレッジで使われている新しい バージョンの呼吸瞑想 1.息を吸いながら、入ってくる息に気づく。息を吐きながら 出て行く息に気づく。 2.息を吸いながら入ってくる息を端から端までたどる。息を 吐きながら出て行く息を端から端までたどる。 3.息を吸いながら全身にくまなく気づく。息を吐きながら全身 にくまなく気づく。 4.息を吸いながら全身の緊張に気づく。息を吐きながら、全身 の緊張を緩める。/リラックスさせる/静める。 5.息を吸いながら喜びを引き起こす。 6.息を吸いながら幸せを引き起こす。息を吐きながら幸せを引 き起こす。
  9. 9. 7.息を吸いながら不快な気持ちに気づく。息を吐きなが ら不快な気持ちに気づく。 8.息を吸いながら不快な気持ちを和らげる。息を吐きな がら不快な気持ちを和らげる。 9.息を吸いながら、心の活動に気づく。息を吐きながら心 の活動に気づく。 10.息を吸いながら心を快活にする。息を吐きながら心を 快活にする。 11.息を吸いながら心を集中させる。息を吐きながら心を 集中させる。 12.息を吸いながら心を解放させる。息を吐きながら心を 解放させる。
  10. 10. 13.息を吸いながらあらゆる現象(法)の無常を見つめる 。息を吐きながらあらゆる現象の無常を見つめる。 14. 息を吸いながら欲に消滅を見つめる。息を吐きながら 欲の消滅を見つめる。 15.息を吸いながら終熄(涅槃)を見つめる。息を吐きな がら終熄を見つめる。 16.息を吸いながら放棄を見つめる。息を吐きながら放棄 を見つめる。
  11. 11. 5.リンク: ・Plum Village フランスにあるティク・ナット・ハン師のリトリート・センター 「東京サンガ☆すもも村」 禅僧ティク・ナット・ハンの紹介するマインドフルネス(今ここに 覚醒める)幸せ、メディテーションの集いなどの情報ブログ Interbeing in Japan インタービーイング・イン・ジャパンはヴェトナムの禅僧、 ティク・ナット・ハン師の教えに従ってマインドフルネス (気づき・念)を実修する日本のサンガ(コミュニティ) 関西エリア版です。 Wind of Smile ~ 微笑みの風 ~ ティク・ナット・ハン師、プラムヴィレッジの教えを共に学び、 実践に役立てるためのポータルサイトです。
  12. 12. こちらのサイトも参考、願いします 関連サイト:仏陀の呼吸道

×