Docker on aws

1,539 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,539
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
142
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Docker on aws

  1. 1. Docker  on  AWS Innovation EGG 代表 JAWS-UG大阪 支部長 比企 宏之 14年3月22日土曜日
  2. 2. 自己紹介 • 比企 宏之(ひき ひろゆき) • 大阪が本社のソフトウェア開発&  パッケージソフトのメーカー企業に勤務 • エンタープライズ系エンジニアで  元携帯やスマートフォンの開発  なのでモバイル関連が特に強いです。 • 三年程前からJAWS-UG大阪の主催しており Innovation Eggの代表も兼務 14年3月22日土曜日
  3. 3. 自己紹介 • 比企 宏之(ひき ひろゆき) • 大阪が本社のソフトウェア開発&  パッケージソフトのメーカー企業に勤務 • エンタープライズ系エンジニアで  元携帯やスマートフォンの開発  なのでモバイル関連が特に強いです。 • 三年程前からJAWS-UG大阪の主催しており Innovation Eggの代表も兼務 今回はJAWS-­‐‑UGとしてではなく イノベーションエッグのメンバーとして 話します 14年3月22日土曜日
  4. 4. Innovation  Egg  とは? ・未経験者の方に向けたIT勉強会 ・コミュニティハブとして各コミュニティの呼び水的組織 ・各コミュニティとの合同開催  ※講師の方には必ず各ITコミュニティの宣伝を行ってもらう 14年3月22日土曜日
  5. 5. Innovation  Egg  とは? ・未経験者の方に向けたIT勉強会 ・コミュニティハブとして各コミュニティの呼び水的組織 ・各コミュニティとの合同開催  ※講師の方には必ず各ITコミュニティの宣伝を行ってもらう 第一回は160名の方がエントリー 協力ITコミュニティは下記8コミュニティ HTML5-­‐‑WEST.jp Sencha  UG 日本Androidの会 関西Firefox  OS勉強会 大阪node学園 Kansai  PHP  Users  Group DevLOVE関西 14年3月22日土曜日
  6. 6. Innovation  Egg  とは? ・未経験者の方に向けたIT勉強会 ・コミュニティハブとして各コミュニティの呼び水的組織 ・各コミュニティとの合同開催  ※講師の方には必ず各ITコミュニティの宣伝を行ってもらう クラウドにフォーカスした Innovation  Egg  第二回 XEgg 開催 エントリー270名 14年3月22日土曜日
  7. 7. Innovation  Egg第二回  XEgg 第二回 XEgg 1st(くろすえっぐ ふぁーすと) 第二回参加コミュニティ ・Chef Meetup Kansai・日本Androidの会 ・ JAZUG(Japan Windows Azure User Group) ・MongoDB JP・ JAWS-UG(AWS User Group - Japan) ・ Innovation EGG・わんくま同盟 ・ EC-CUBE UG・ VSハッカソン倶楽部 ・ WordBench・ Ruby関西 ・DevLove関西・関西Firefox OS勉強会 14年3月22日土曜日
  8. 8. Innovation  Egg第二回  XEgg                 14年3月22日土曜日
  9. 9. Innovation  Egg第二回  XEgg                 14コミュニティ& 9クラウドベンダーを 個人レベルの勉強会で召喚 14年3月22日土曜日
  10. 10. Innovation  Egg第二回  XEgg                 次回JavaScriptだけの イノベーションエッグを開催予定 喋りたい人求む 14年3月22日土曜日
  11. 11. 本題 11 14年3月22日土曜日
  12. 12. AWS便利ですよね 12 14年3月22日土曜日
  13. 13. Immutable  Infrastructureな 感じで環境を ガシガシ 作っては壊し 作っては壊し 13 14年3月22日土曜日
  14. 14. でも 14 14年3月22日土曜日
  15. 15. 問題点 安いけどインスタンス毎に課金。 たくさんサーバーを用意すれば 個人レベルではお高い 15 14年3月22日土曜日
  16. 16. 問題点 EC2のインスタンス起動と終了で 5分立ち上げても1時間分の課金。 1時間以内に起動と停止を繰り返される と回数*1時間分が課金 16 14年3月22日土曜日
  17. 17. お金をあまり気にせずに Immutable  Infrastructure やりたい 17 14年3月22日土曜日
  18. 18. 18 14年3月22日土曜日
  19. 19. Docker • Linux上で独立した別のLinuxを起動することができる。 • OSの設定やアプリケーションソフトの導入の済んだ Linux環境を丸ごと実行イメージとして保存する機能があ り、別のマシンのDockerに持ち込んでそのまま実行する ことができる。 19 14年3月22日土曜日
  20. 20. Dockerのわかりやすいメリット • ubuntoやCentOSなら、クラウドオンプレミス関係なし にImmutable Infrastructureできる • 複数台のインスタンスを用意しなくても一つのOS上に  干渉しない複数の環境を構築できる • サーバーの起動が早い • gitのように使える • DokerFileでChef Soloみたいに使える 20 14年3月22日土曜日
  21. 21. Docker(LXC)のデメリット • LXCというコンテナ技術がそれほど枯れてなくて たまに不安定な時もあるらしい。 • セキュリティが少しあやしいという情報もある。 • 完全なVMではないので挙動が少し違う場合がある 21 14年3月22日土曜日
  22. 22. Docker(LXC)のデメリット • LXCというコンテナ技術がそれほど枯れてなくてたまに 不安定な時もあるらしい。 • セキュリティが少しあやしいという情報もある。 • 完全なVMではないので挙動が少し違う場合がある 22 2月25日  LXC  Ver1.0リリース 3月12日  Docker  0.9リリース(1.0候補) 完成度上がってる? 14年3月22日土曜日
  23. 23. デモ 23 14年3月22日土曜日
  24. 24. AWSのインスタンス起動で 5分かかるから無理汗 24 14年3月22日土曜日
  25. 25. Dockerインストール(事前) 25 ・Marketplaceから CentOS 6 (x86_64) - with Updatesを選択 centosを入力 検索後選ぶ 14年3月22日土曜日
  26. 26. Dockerインストール(事前) 26 ・Marketplaceから CentOS 6 (x86_64) - with Updatesを選択 14年3月22日土曜日
  27. 27. Dockerインストール(事前) 27 ・ OSのアップグレード # yum update ・EPELとremiのリポジトリーを登録する  # yum install wget  # wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm  # wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm  # rpm -Uvh remi-release-6.rpm epel-release-6-8.noarch.rpm  # ls -l /etc/yum.repos.d/epel* /etc/yum.repos.d/remi* 14年3月22日土曜日
  28. 28. Dockerインストール(本体) 28 ・Docker本体のインストール # yum install docker-io --enablerepo=epel # yum -y update docker-io --enablerepo=epel ・Dockerサービスの起動 # service docker start 14年3月22日土曜日
  29. 29. Docker実行 29 # docker run centos /bin/echo "Hello World" コンソール上に”Hello World”が出れば成功・・・ 14年3月22日土曜日
  30. 30. コマンド10行で 環境を構築 30 14年3月22日土曜日
  31. 31. ここからがDockerの 面白いところですが 時間切れのハズ 31 14年3月22日土曜日
  32. 32. この先はぜひ自分の手 で試してください 32 14年3月22日土曜日
  33. 33. Dockerは どの環境でもOSさえ 対応していれば 動作可能 33 14年3月22日土曜日
  34. 34. 14年3月22日土曜日
  35. 35. そうAWSではない クラウドでもね・・・ 35 14年3月22日土曜日
  36. 36. ご静聴 ありがとうございました 36 14年3月22日土曜日

×