Namespace

260 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
260
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Namespace

  1. 1. OpenFlow テストのための NameSpace の設定 はじまりはじまり...
  2. 2. 構築する仮想環境 Host1 172.16.1.1 Sw Host2 172.16.1.2
  3. 3. Name スペースの作成 Name スペースはざっくり言うと Host のことを指してい る ip netns add host1 ip netns add host2 NameSpace Host1 172.16.1.1 NameSpace Host2 172.16.1.2
  4. 4. Link の作成 Link する仮想 NIC の作成と Link の作成 ip link add name xeth1 type veth peer name veth1 ※  このコマンドで Link と NIC 両方が作られる 仮想 NIC の作成 xeth1 veth1 veth2 仮想 LINK の作成 xeth2
  5. 5. NameSpace には割り当てない 仮想ポートのアップ スイッチに割り当てるポートをアップ Ip link set veth1 up xeth1 veth1 veth2 xeth2
  6. 6. Host(NameSpace) に NIC を割り当て ip link set xeth1 netns host1 NameSpace Host1 172.16.1.1 xeth1 veth1 veth2 NameSpace xeth2 Host2 172.16.1.2
  7. 7. Host(NameSpace) に IP を割り当て NameSpace に割り当てた NIC に IP を割り当てる ip netns exec host1 ifconfig xeth1 172.16.1.1 netmask 255.255.255.0 exec は作成した NameSpace( 仮想ホスト ) においてコマ ンドを実行することを意味する NameSpace Host1 172.16.1.1 xeth1 IP 割り当て veth1 veth2 NameSpace xeth2 Host2 172.16.1.2 IP 割り当て
  8. 8. OVS の設定 • ブリッジの作成 ovs-vsctl add-br vswitch1 • ブリッジへポートを割り当て ovs-vsctl add-port vswitch1 veth1 ovs-vsctl add-port vswitch1 veth2 Sw veth1 Sw veth2
  9. 9. 環境作成完了! OpenFlow で動かすのであれば、ここからさらに以下を実施 ovs-vsctl set-controller vswitch1 コントローラの IP ovs-vsctl vswitch1 other-config:datapath-id=DPID(0 埋めあり ) ※   DPID は 64Bit のため 16 文字 ( 例: 0000000000000001) NameSpace Host1 172.16.1.1 xeth1 veth1 vSwitch veth2 NameSpace xeth2 Host2 172.16.1.2
  10. 10. 以上! 終了でございます

×