Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Slide rhino+gh 11

279 views

Published on

Rhino+GH Workshop @ CST 11

Published in: Education
  • Be the first to comment

Slide rhino+gh 11

  1. 1. Rhino + GH Workshop 第11セッション 2019.10.22 20191022 1Rhino + GH Workshop
  2. 2. 20191022 2Rhino + GH Workshop このセッションの流れ 3Dモデルの図面化 • GHのモデルをベイク • Make2Dを使った線の抽出 • 線幅・線種の整理 • 図面の配置と仕上げ
  3. 3. 20191022 3Rhino + GH Workshop 3Dモデルの図面化
  4. 4. 20191022 4Rhino + GH Workshop 3Dモデルの図面化 これまでは三次元で作り、三次元での表現をしてきましたが、平面図や立 面図といった投影図を描くことも非常に重要です。ライノで三次元モデル を作っていれば、それを活用して図面を書くことが出来ます。手順として は以下になります。 1. (GHの場合)GHのモデルをベイク(Bake)してライノのポリサーフェースにする 2. Topビュー(平面図)やサイドビュー(立面図)でMake2Dを実行し線を抽出 3. Make2Dで作られた線のレイヤーを変えて、線種などを整理 4. 新規レイアウトを作り、図面を配置。文字や寸法を入れて図面を完成させる
  5. 5. 20191022 5 GHのモデルをベイク Rhino + GH Workshop GHでつくった階段のモデルを図面化します まず最初にGHのモデルをベイクしてポリサーフェースにします
  6. 6. 20191022 6Rhino + GH Workshop ポリサーフェースにしたいコンポーネントを選択し、 マウスの中央ボタンを押してベイクを選択しますGHのモデルをベイク
  7. 7. 20191022 7Rhino + GH Workshop ポリサーフェースのオブジェクトになりました ポリサーフェースになっていればMake2Dのコマンドが使えますGHのモデルをベイク
  8. 8. 20191022 8 Make2Dを使った線の抽出 Rhino + GH Workshop 最初に平面図を描きます 図面に含めたいオブジェクトを選択し、 Topビューを選んだ状態でMake2Dを実行します
  9. 9. 20191022 9 Make2Dを使った線の抽出 Rhino + GH Workshop 2D図オプションの「現在のビュー」が選択されていることを確認してOKをクリックします
  10. 10. 20191022 10 Make2Dを使った線の抽出 Rhino + GH Workshop Topビューから見える状態が線で描かれます 位置がモデルと重なっていると手間がかかるので、すぐに図面の位置を移動させます
  11. 11. 20191022 11 Make2Dを使った線の抽出 Rhino + GH Workshop 同様にRightビューでMake2Dを実行し、立面図を描きます この場合、視界の邪魔になっている新3号館は選択から外します
  12. 12. 20191022 12 Make2Dを使った線の抽出 Rhino + GH Workshop 平面図と同様に立面図が描かれました
  13. 13. 20191022 13 Make2Dを使った線の抽出 Rhino + GH Workshop アクソメ図も同じ手順で行い、必要な図面を全て準備します
  14. 14. 20191022 14 線幅・線種の整理 Rhino + GH Workshop テンプレートファイルにはいくつかの線種の異なるレイヤーを準備してあります Make2Dで書き出された線は全て一つのレイヤーになっていますので、 線のレイヤーを変更し線種を調整します
  15. 15. 20191022 15 図面の配置と仕上げ Rhino + GH Workshop 下の「図面」タブを選びます こちらも事前につくっておいたレイアウトがありますので、今回はそれを使います
  16. 16. 20191022 16 図面の配置と仕上げ Rhino + GH Workshop レイアウト上にあるフレームを選ぶとそれぞれの図面の縮尺を調整できます
  17. 17. 20191022 17 図面の配置と仕上げ Rhino + GH Workshop フレームの中をダブルクリックすると見ている範囲を移動させることができます 先ほど平面図を配置した位置に移動して、平面図を表示させます
  18. 18. 20191022 18 図面の配置と仕上げ Rhino + GH Workshop 同様に全ての図面表示範囲を調整して全体のレイアウトを整えます

×