SlideShare a Scribd company logo
1 of 9
Download to read offline
Rhino + GH
Workshop
第9セッション
2019.06.02
20190602 1Rhino + GH Workshop
20190602 2Rhino + GH Workshop
このセッションの流れ
ブーリアン系Command
• ブーリアン演算
サーフェース系ⅡCommand
• ロフト以外のサーフェース系Command
• よりスムーズに面をつなげる
20190602 3Rhino + GH Workshop
ブーリアン系Command
20190602 4Rhino + GH Workshop
ブーリアン演算
ブーリアン演算は立体形状(ソリッド)同士の和や差や積を求める方法です。
様々な3DCADで使われている基本的な方法ですが、これを応用させて様々
な形状を作ることができます。
20190602 5Rhino + GH Workshop
ブーリアン系 Command
BooleanUnion bu 複数のポリサーフェースを合体(和)
BooleanDifference bd ポリサーフェースから一部を削り取る(差)
BooleanIntersection bi 複数のポリサーフェースが重なる部分を残す(積)
BooleanSplit bspl ポリサーフェースを切り分ける
※ブーリエンで加工するポリサーフェースは「閉じたポリサーフェース」
であること!
20190602 6Rhino + GH Workshop
サーフェース系Ⅱ
Command
20190602 7Rhino + GH Workshop
ロフト以外のサーフェース系Command
ロフトはライノの中でも最も万能なコマンドで、やり方を工夫すればどん
な形でも作ることができます。しかし、それ以外にも便利なコマンドがた
くさんあり、中にはロフトでは非常に難しい形状を簡単に作ることの出来
るコマンドがあります。
ロフトでのモデリングをマスターしたら、他のサーフェース系コマンドも
応用させながら色々な形に挑戦してみてください。
20190602 8Rhino + GH Workshop
サーフェース系 Command
Sweep1 s1 一本のパスに沿って面を作る
Sweep2 s2 二本のパスに沿って面を作る
NetworkSrf net 縦と横方向の断面線から面を作る
Revolve revo 回転体を作る
Patch pat 閉じたラインの中に面を作る
BlendSrf bs 二つの面をスムーズに繋ぐ
VariableFilletSrf 可変式のサーフェースフィレット
Rebuild re 線や面を再構築
20190602 9Rhino + GH Workshop
よりスムーズに面をつなげる
二つの面を繋げる方法として、以前にフィレットサーフというのを教えま
した。角を丸めるといった場合にはこれで十分ですが、より複雑な面の組
み合わせになると対応しきれなくなります。そこでもう少し自由度の高い
繋ぎ方としてブレンドサーフがあります。

More Related Content

More from hiroshimadesignlab

Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_02_191004
Slide computational design2019_02_191004Slide computational design2019_02_191004
Slide computational design2019_02_191004hiroshimadesignlab
 
Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614hiroshimadesignlab
 
Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607hiroshimadesignlab
 

More from hiroshimadesignlab (20)

Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110Slide computational design2019_14_190110
Slide computational design2019_14_190110
 
Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220Slide computational design2019_13_191220
Slide computational design2019_13_191220
 
Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206Slide computational design2019_11_191206
Slide computational design2019_11_191206
 
Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129Slide computational design2019_10_191129
Slide computational design2019_10_191129
 
Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122Slide computational design2019_09_181122
Slide computational design2019_09_181122
 
Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108Slide computational design2019_07_181108
Slide computational design2019_07_181108
 
Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101Slide computational design2019_06_191101
Slide computational design2019_06_191101
 
Slide rhino+gh 08
Slide rhino+gh 08Slide rhino+gh 08
Slide rhino+gh 08
 
Slide rhino+gh 05
Slide rhino+gh 05Slide rhino+gh 05
Slide rhino+gh 05
 
Slide rhino+gh 03
Slide rhino+gh 03Slide rhino+gh 03
Slide rhino+gh 03
 
Slide rhino+gh 02
Slide rhino+gh 02Slide rhino+gh 02
Slide rhino+gh 02
 
Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018Slide computational design2019_04_191018
Slide computational design2019_04_191018
 
Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011Slide computational design2019_03_191011
Slide computational design2019_03_191011
 
Slide computational design2019_02_191004
Slide computational design2019_02_191004Slide computational design2019_02_191004
Slide computational design2019_02_191004
 
Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921Slide computational design2019_01_180921
Slide computational design2019_01_180921
 
Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705Slide digital fabrication2019_13_180705
Slide digital fabrication2019_13_180705
 
Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628Slide digital fabrication2019_12_190628
Slide digital fabrication2019_12_190628
 
Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621Slide digital fabrication2019_11_190621
Slide digital fabrication2019_11_190621
 
Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614Slide digital fabrication2019_10_190614
Slide digital fabrication2019_10_190614
 
Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607Slide digital fabrication2019_09_190607
Slide digital fabrication2019_09_190607
 

Recently uploaded

2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)
2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)
2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)NoriakiAndo
 
東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分
東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分
東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分Tokyo Institute of Technology
 
Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...
Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...
Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...oganekyokoi
 
レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...
レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...
レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...yutakashikano1984
 
TEAMIN Education Service Overview_20240407
TEAMIN Education Service Overview_20240407TEAMIN Education Service Overview_20240407
TEAMIN Education Service Overview_20240407yukisuga3
 
The first time I used CANVA to create a slide document.
The first time I used CANVA to create a slide document.The first time I used CANVA to create a slide document.
The first time I used CANVA to create a slide document.oganekyokoi
 

Recently uploaded (6)

2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)
2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)
2024年度 東京工業大学「ロボット技術」 ロボットミドルウェア (2024年4月11日)
 
東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分
東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分
東京工業大学 環境・社会理工学院 高校生・受験生向け 説明資料 2024年4月分
 
Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...
Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...
Registration of travel agents - 'Explanation of the registration system under...
 
レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...
レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...
レポートの書き方講座 [大学生初年次向けに対する講義資料] Lecture on how to write a report [lecture mater...
 
TEAMIN Education Service Overview_20240407
TEAMIN Education Service Overview_20240407TEAMIN Education Service Overview_20240407
TEAMIN Education Service Overview_20240407
 
The first time I used CANVA to create a slide document.
The first time I used CANVA to create a slide document.The first time I used CANVA to create a slide document.
The first time I used CANVA to create a slide document.
 

Slide rhino+gh 09

  • 2. 20190602 2Rhino + GH Workshop このセッションの流れ ブーリアン系Command • ブーリアン演算 サーフェース系ⅡCommand • ロフト以外のサーフェース系Command • よりスムーズに面をつなげる
  • 3. 20190602 3Rhino + GH Workshop ブーリアン系Command
  • 4. 20190602 4Rhino + GH Workshop ブーリアン演算 ブーリアン演算は立体形状(ソリッド)同士の和や差や積を求める方法です。 様々な3DCADで使われている基本的な方法ですが、これを応用させて様々 な形状を作ることができます。
  • 5. 20190602 5Rhino + GH Workshop ブーリアン系 Command BooleanUnion bu 複数のポリサーフェースを合体(和) BooleanDifference bd ポリサーフェースから一部を削り取る(差) BooleanIntersection bi 複数のポリサーフェースが重なる部分を残す(積) BooleanSplit bspl ポリサーフェースを切り分ける ※ブーリエンで加工するポリサーフェースは「閉じたポリサーフェース」 であること!
  • 6. 20190602 6Rhino + GH Workshop サーフェース系Ⅱ Command
  • 7. 20190602 7Rhino + GH Workshop ロフト以外のサーフェース系Command ロフトはライノの中でも最も万能なコマンドで、やり方を工夫すればどん な形でも作ることができます。しかし、それ以外にも便利なコマンドがた くさんあり、中にはロフトでは非常に難しい形状を簡単に作ることの出来 るコマンドがあります。 ロフトでのモデリングをマスターしたら、他のサーフェース系コマンドも 応用させながら色々な形に挑戦してみてください。
  • 8. 20190602 8Rhino + GH Workshop サーフェース系 Command Sweep1 s1 一本のパスに沿って面を作る Sweep2 s2 二本のパスに沿って面を作る NetworkSrf net 縦と横方向の断面線から面を作る Revolve revo 回転体を作る Patch pat 閉じたラインの中に面を作る BlendSrf bs 二つの面をスムーズに繋ぐ VariableFilletSrf 可変式のサーフェースフィレット Rebuild re 線や面を再構築
  • 9. 20190602 9Rhino + GH Workshop よりスムーズに面をつなげる 二つの面を繋げる方法として、以前にフィレットサーフというのを教えま した。角を丸めるといった場合にはこれで十分ですが、より複雑な面の組 み合わせになると対応しきれなくなります。そこでもう少し自由度の高い 繋ぎ方としてブレンドサーフがあります。