Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Slide computational design2016_07_161102

983 views

Published on

第七回

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Slide computational design2016_07_161102

  1. 1. コンピュテーショナル デザイン 第七回 2016.11.01 20161101 1Computational Design
  2. 2. 20161101 2Computational Design 先週のおさらい レイヤーとプロパティ • レイヤーを使い分ける • オブジェクトの詳細を知る アノテーション系Command • 画像を貼り付ける • 寸法を入れる • テキスト セレクト系Command • 特定の要素を選ぶ
  3. 3. 20161101 3Computational Design レイヤーを使い分ける CADにおいてレイヤーはもっとも重要な機能 です。ライノでもレイヤーを使い様々なオブ ジェクトを整理しながら管理します。 レイヤーは透明なフィルムの様なイメージで す。そこに色々なオブジェクトが属しており、こ のフィルムを何枚も重ねて状態がモデル全体 となっていると思ってください。
  4. 4. 20161101 4 レイヤーを使い分ける 紙のアイコンをクリックすると新しいレイヤーが作成されます レイヤー色の違ういくつかのレイヤーをつくり、その中にオブジェクトを入れていきます Computational Design 新規レイヤー レイヤー色 表示・非表示 ロック・アンロック
  5. 5. 20161101 5 オブジェクトの詳細を知る 紙のアイコンをクリックすると新しいレイヤーが作成されます レイヤー色の違ういくつかのレイヤーをつくり、その中にオブジェクトを入れていきます Computational Design レイヤー 要素のタイプ
  6. 6. 20161101 6Computational Design アノテーション系 Command Pictureframe pic 画像を貼り付ける Dim dim 寸法を入れる Distance di 距離を測る Length len 長さを測る Area are 面積を測る Text tex 文字を入力 TextObject 3Dの文字を入力 Dot do テキストドット
  7. 7. 20161101 7 画像を貼り付ける 次に右下の位置をしてすれば画像が配置されます 実はこれはサーフェースに画像が張り付いている状態です ロックされた状態なので、移動や削除する場合はアンロックする必要があります Computational Design
  8. 8. 20161101 8 寸法を入れる もう片方の点を選らび 寸法線を入れたい位置に引き出してからもう一度クリックします 寸法線が入りました。大きさの設定は「スタイル」の設定変更で行います Computational Design
  9. 9. 20161101 9Computational Design セレクト系 Command SelPt selpt 全ての点を選択 SelCrv selc 全てのカーブを選択 SelSrf sels 全てのサーフェースを選択 SelPolysrf selps 全てのポリサーフェースを選択 SelDim seld 全ての寸法線を選択 SelText selt 全てのテキストを選択 SelOpenCrv 全ての開いた線を選択 SelCloseCrv 全ての閉じた線を選択 SelOpenPolysrf 全ての開いたポリサーフェースを選択 SelDup 重なったオブジェクトを選択
  10. 10. 20161026 10Computational Design 今週の流れ Surface→Curve系Command(20分) • 三次元のオブジェクトから二次元の線やカーブを作る • 三次元のサーフェースをフラットにする サーフェース系Command (20分) • ロフト以外のサーフェース系Command • よりスムーズに面をつなげる
  11. 11. 20161012 11Computational Design Surface→Curve系 Command
  12. 12. 20161101 12Computational Design 三次元のオブジェクトから二次元の線やカーブを作る これまでは二次元の線を三次元のオブジェクトにすることが中心でしたが、その逆 を行うコマンドも多くあります。これらは三次元でつくったものを図面にする時や、 レーザーカッターなどで加工する場合に多く使われます。
  13. 13. 20161101 13Computational Design Surface→Curve系 Command Project pro 線や点をサーフェースに投影 Contour con 等高線(コンター)を描く Make2D mak 三次元のビューを二次元の線に変換 Silhouette si オブジェクトのアウトラインを抽出 MeshOutline mo オブジェクトのアウトラインを投影し抽出 UnrollSrf un 面を二次元に展開 Squish sq 複雑な曲面を二次元に展開(近似) FlowAlongSrf fas 面上にあるオブジェクトを他の面上に配置
  14. 14. 20161101 14Computational Design 三次元のサーフェースをフラットにする 二次元の線などを抽出するのと同様に、三次元のサーフェースを二次元に展開す ることも可能です。この場合幾何学的に以下の二種類に分けられます。 • 展開可能なサーフェース キューブ、円柱、円錐など 紙を切り組み合わせることで形を作ることが出来る形状→UnrollSrf可能 • 展開不可能なサーフェース 球、複雑な曲面 紙を切り組み合わせる事では形をつくことが出来ない形状→UnrollSrf不可能
  15. 15. 20161012 15Computational Design サーフェース系 Command
  16. 16. 20161101 16Computational Design ロフト以外のサーフェース系Command ロフトはライノの中でも最も万能なコマンドで、やり方を工夫すればどんな形でも作 ることができます。しかし、それ以外にも便利なコマンドがたくさんあり、中にはロフ トでは非常に難しい形状を簡単に作ることの出来るコマンドがあります。 ロフトでのモデリングをマスターしたら、他のサーフェース系コマンドも応用させな がら色々な形に挑戦してみてください。
  17. 17. 20161101 17Computational Design Surface→Curve系 Command Sweep1 s1 一本のパスに沿って面を作る Sweep2 s2 二本のパスに沿って面を作る NetworkSrf net 縦と横方向の断面線から面を作る Revolve revo 回転体を作る Patch pat 閉じたラインの中に面を作る BlendSrf bs 二つの面をスムーズに繋ぐ VariableFilletSrf 可変式のサーフェースフィレット Rebuild re 線や面を再構築
  18. 18. 20161101 18Computational Design よりスムーズに面をつなげる 二つの面を繋げる方法として、以前にフィレットサーフというのを教えました。角を 丸めるといった場合にはこれで十分ですが、より複雑な面の組み合わせになると 対応しきれなくなります。そこでもう少し自由度の高い繋ぎ方としてブレンドサーフ があります。
  19. 19. 20161101 19Computational Design 課題②をする上で特に気をつけてもらいたい事 角材の組み合わせだった課題①に比べ、課題②は様々な作られ方があります。 今回は3Dプリンターでの出力を前提にしていますので、「閉じた」「一体型」のポリ サーフェースになっている必要があります。その為に以下の事は守ってください。 • 閉じられたオブジェクトを組み合わせていく 「開いた」状態ではブーリエンが使えません、パーツ毎に「閉じた」状態にします。 • 面がひっくり返らない様にする ロフトなどで一部面がひっくりかえると「閉じた」状態にはなりません • 必ず一つのオブジェクトにする 最後にBooleanUnionを使い「一体型」のオブジェクトにする
  20. 20. 20161101 20 スクリーンキャプチャー Perspectiveで良い見え方になるアングルにします Perspectiveをダブルクリックし、フル画面にします Computational Design
  21. 21. 20161101 21 スクリーンキャプチャー この表示サイズでの画像ファイルが保存されます Perspectiveを右クリックし、そこからキャプチャ>ファイルにを選びます 任意の場所にjpgの画像ファイルが保存されます Computational Design
  22. 22. 20161101 22Computational Design 各自で新しいコマンドを試しながら、 課題②を進めてください
  23. 23. 20161101 23Computational Design 授業時間外の対応について 授業の中では説明しきれない機能も多くあります。もし「こういった事をやりたいけ ど、授業で習っていない」などという場合は、授業日の夕方に研究室で対応します。 どんどんと新しい事を学びたい学生は是非、新3号館5Fの研究室に来てください。
  24. 24. 20161101 24Computational Design 来週の授業について 今週はライノの中でもより高度なコマンドをいくつか教えました。ここまで80余りのコマン ドを学びましたが、一般的にこれら以外を使うことはほとんどなく、これらの使い方を理 解していれば、作れない形はありません。来週以降はグラスホッパーでのモデリングに 入っていきます。ここまでの内容をしっかりとおさらいして、次の準備をしてください。 • 課題①の講評 • 課題②の講評 • Grasshopperのインストール 来週は課題①と②の提出です。授業開始までには全てのファイルを提出してください。

×