Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Slide computational design2016_06_161026

938 views

Published on

a

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Slide computational design2016_06_161026

  1. 1. コンピュテーショナル デザイン 第六回 2016.10.26 20161026 1Computational Design
  2. 2. 20161026 2Computational Design 先週のおさらい 2D・3D・2.5Dでの作業 • 2Dと3Dの違い • オブジェクトスナップと投影を使った2.5D モディファイ系Command • カーブの加工と編集 • サーフェースの加工 • ポリサーフェースの編集 ブーリアン系Command • ブーリアン演算
  3. 3. 20161026 3Computational Design オブジェクトスナップと投影を使った2.5D オブジェクトスナップのツールバーに含まれる「投影」は2Dと3Dを理解する上で非 常に重要です。 • 投影がOffの場合 → 三次元空間上の点にスナップする(3D) • 投影がOnの場合 → スナップした点は強制的にxy平面に投影される(2.5D) いつも2D→3Dの作業を統一させるには「投影」をOnにした状態で作業するのが ベストです。三次元空間の点にスナップしたい場合のみ「投影」をOffにする様にし てください。
  4. 4. 20161026 4 オブジェクトスナップと投影を使った2.5D 先ほどと同じ様にPerspectiveビュー内で、二つのボックスの間にかかる長方形を描きます 今度はPerspectiveビュー内で三次元空間上の点にスナップしつつも、 すべての点がxy平面に投影され、2Dで書かれています。これが投影がOnの「2.5D」の状態です Computational Design
  5. 5. 20161026 5Computational Design モディファイ系 Command Trim tr トリム(切り取る) Split spl スプリット(切り分ける) Offset o オフセット Fillet f フィレット(交わる線のコーナーを丸める) Connect co 交わる線をつなげる PointsOn Fn10 カーブやサーフェースのコントロールポイントを表示 OffsetSrf os サーフェースのオフセット FilletSrf fs サーフェースのフィレット MoveEdge me ポリサーフェースのエッジを移動 MoveFace mf ポリサーフェースの面を移動
  6. 6. 20161026 6 Trim(トリム) すべて消しおわったらESCキーを押してコマンドを終了させます Computational Design
  7. 7. 20161026 7 Split(スプリット) 切断する線によって元の線が二分割されています Computational Design
  8. 8. 20161026 8 PointsOn(ポイントオン) 線のコントロールポイントが表示され、普通の点の様に扱うことができます カーブだけでなく、サーフェースも同様にコントロールポイントによる編集ができます Computational Design
  9. 9. 20161026 9Computational Design ブーリアン演算 ブーリアン演算は立体形状(ソリッド)同士の和や差や積を求める方法です。様々な 3DCADで使われている基本的な方法ですが、これを応用させて様々な形状を作 ることができます。
  10. 10. 20161026 10Computational Design ブーリアン系 Command BooleanUnion bu 複数のポリサーフェースを合体(和) BooleanDifference bd ポリサーフェースから一部を削り取る(差) BooleanIntersection bi 複数のポリサーフェースが重なる部分を残す(積) BooleanSplit bspl ポリサーフェースを切り分ける ※ブーリエンで加工するポリサーフェースは「閉じたポリサーフェース」であること!
  11. 11. 20161026 11Computational Design 課題①:
  12. 12. 20161026 12Computational Design 今週の流れ レイヤーとプロパティ(20分) • レイヤーを使い分ける • オブジェクトの詳細を知る アノテーション系Command (20分) • 画像を貼り付ける • 寸法を入れる • テキスト セレクト系Command (10分) • 特定の要素を選ぶ
  13. 13. 20161026 13Computational Design hiroshima-d-lab.com/classroom/computational-design-2016
  14. 14. 20161026 14Computational Design レイヤーとプロパティ
  15. 15. 20161026 15Computational Design レイヤーを使い分ける CADにおいてレイヤーはもっとも機能です。ラ イノでもレイヤーを使い様々なオブジェクトを 整理しながら管理します。 レイヤーは透明なフィルムの様なイメージで す。そこに色々なオブジェクトが属しており、こ のフィルムを何枚も重ねて状態がモデル全体 となっていると思ってください。
  16. 16. 20161026 16 レイヤーを使い分ける 右のツールパレットのレイヤータブを選ぶとレイヤーパレットが表示されます Computational Design
  17. 17. 20161026 17 レイヤーを使い分ける 紙のアイコンをクリックすると新しいレイヤーが作成されます レイヤー色の違ういくつかのレイヤーをつくり、その中にオブジェクトを入れていきます Computational Design 新規レイヤー レイヤー色 表示・非表示 ロック・アンロック
  18. 18. 20161026 18Computational Design オブジェクトの詳細を知る これまではあまり個々のオブジェクトの詳細については説明してきませんでしたが、 そういった情報をまとめて表示するのが「プロパティー」です。 例えば、オブジェクトの要素が何なのか?どのレイヤーに属しているのか?などの 情報を見ることができ、この画面から変更することも可能です。今後はレイヤータブ と合わせてプロパティータブを常時表示させておくのも便利です
  19. 19. 20161026 19 オブジェクトの詳細を知る ひとつオブジェクトを選択し、今度はプロパティタブを開きます Computational Design
  20. 20. 20161026 20 オブジェクトの詳細を知る 紙のアイコンをクリックすると新しいレイヤーが作成されます レイヤー色の違ういくつかのレイヤーをつくり、その中にオブジェクトを入れていきます Computational Design レイヤー 要素のタイプ
  21. 21. 20161026 21Computational Design いくつかのレイヤーの表示・非表示や ロック・アンロックを切り替えてレイヤーの 使い分けに慣れてください。
  22. 22. 20161026 22Computational Design アノテーションCommand
  23. 23. 20161026 23Computational Design アノテーション系 Command Pictureframe pic 画像を貼り付ける Dim dim 寸法を入れる Distance di 距離を測る Length len 長さを測る Area are 面積を測る Text tex 文字を入力 TextObject 3Dの文字を入力 Dot do テキストドット
  24. 24. 20161026 24Computational Design 画像を貼り付ける 地図やスケッチなど、画像をトレースしてモデリングを始める場合、読み込んだ画 像データをライノ内に貼り付けることができます。 画像を背景として使用する場合などにも使える便利な機能です。
  25. 25. 20161026 25 画像を貼り付ける Pictureframe[pic]をつかって画像を貼り付けます 「ビットマップを開く」ウィンドウで画像ファイルを選び その画像を配置する左下の位置を指定します Computational Design
  26. 26. 20161026 26 画像を貼り付ける 次に右下の位置をしてすれば画像が配置されます 実はこれはサーフェースに画像が張り付いている状態です ロックされた状態なので、移動や削除する場合はアンロックする必要があります Computational Design
  27. 27. 20161026 27Computational Design 寸法を入れる 3Dで作ったものから図面にしていく場合には、寸法を入れたり、文字を入れたりす る必要がありますが、ライノにはこういった図面を書く為の機能も充実しています。 寸法を入れる場合は、実際に印刷するときの縮尺を把握することが重要になって きます。これまでは1:1で作業してきましたが、このときに初めて縮尺をどうするのか を決める必要があります。縮尺に応じていつも同じ様に印刷されるようにするため 「スタイル」を設定して寸法線の設定を管理します。
  28. 28. 20161026 28 寸法を入れる ディメンション[dim]を実行し、寸法線を入れたい箇所の片方の点を選択します Computational Design
  29. 29. 20161026 29 寸法を入れる もう片方の点を選らび 寸法線を入れたい位置に引き出してからもう一度クリックします 寸法線が入りました。大きさの設定は「スタイル」の設定変更で行います Computational Design
  30. 30. 20161026 30Computational Design テキスト 文字も縮尺と同じです。注釈を入れたり、メモ書きをしたりする場合にはワードの様 にテキストを打ち込みます。このときにも、印刷する縮尺が何で、印刷されたときに 何ミリくらいの大きさの字になるのか考えます。
  31. 31. 20161026 31Computational Design セレクト系Command
  32. 32. 20161026 32Computational Design 特定の要素を選ぶ これまでは画面のオブジェクトをクリックまたは範囲選択で個々のオブジェクトを選 んできましたが、オブジェクトを選ぶコマンドというのも用意されています。 これらのコマンドは特定の要素のものをすべて選ぶというコマンドです。すべての カーブを一括選択して消したい場合などに非常に便利です。
  33. 33. 20161026 33Computational Design セレクト系 Command SelPt selpt 全ての点を選択 SelCrv selc 全てのカーブを選択 SelSrf sels 全てのサーフェースを選択 SelPolysrf selps 全てのポリサーフェースを選択 SelDim seld 全ての寸法線を選択 SelText selt 全てのテキストを選択 SelOpenCrv 全ての開いた線を選択 SelCloseCrv 全ての閉じた線を選択 SelOpenPolysrf 全ての開いたポリサーフェースを選択 SelDup 重なったオブジェクトを選択
  34. 34. 20161026 34Computational Design 課題②: ドアノブモデリング
  35. 35. 20161026 35Computational Design 課題②:
  36. 36. 20161026 36Computational Design ドアノブのデザインについて調べ、どう いったデザインにするのか検討を始める
  37. 37. 20161026 37Computational Design 授業時間外の対応について 授業の中では説明しきれない機能も多くあります。もし「こういった事をやりたいけ ど、授業で習っていない」などという場合は、授業日の夕方に研究室で対応します。 どんどんと新しい事を学びたい学生は是非、新3号館5Fの研究室に来てください。
  38. 38. 20161026 38Computational Design 来週の授業について 今週はライノの作業環境について一歩踏み込んで説明しました。来週は便利なコ マンドをもう少し学び、それでライノの基礎は了します。後はこれまでに学んだ内容 を様々な場面で応用させて使っていくことで、それぞれのモデリング能力として根 付かせていくしかありません。来週カバーする最後のコマンドの内容は以下です。 • 3D→2D形コマンド • サーフェース系Command • モディファイ系Command 再来週には課題①と②の提出になります。各自で課題を進めてください。

×