Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Slide computational design2016_04_161012

1,021 views

Published on

ここまでの操作に慣れ、正確に2Dならびに3Dでの作業ができる様になる。画面上のオブジェクトの表示・非表示を理解し、効率良くモデリングする方法を身につける。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Slide computational design2016_04_161012

  1. 1. コンピュテーショナル デザイン 第四回 2016.10.12 20161012 2Computational Design
  2. 2. 20161012 3Computational Design 先週のおさらい サーフェース系Command • 線から面を作る方法 • 開いたポリサーフェイスと閉じたポリサーフェース 正確に作図する方法 • オブジェクトスナップ • 垂直と方向ロック • 2.5D (投影) トランスフォーム系Command • 移動、コピー、回転、スケール、ミラー
  3. 3. 20161012 4Computational Design 今日の流れ サーフェース系Command のおさらい(20分) • 線から面を作る方法 • 開いたポリサーフェイスと閉じたポリサーフェース 表示系Command (20分) • オブジェクトの表示と非表示 • オブジェクトのロックとロック解除 • 全体表示と選択オブジェクト表示 グループ系Command (20分) • 複数のオブジェクトをグループにする方法
  4. 4. 20161012 5Computational Design hiroshima-d-lab.com/classroom/computational-design-2016
  5. 5. 20161012 6Computational Design サーフェース系 Command
  6. 6. 20161012 7Computational Design サーフェース系 Command Loft l 二つまたは複数の線から面を作る ExtrudeCrv ext 押し出し(一つの線を立ち上げる) PlanarSrf ps 閉じた線の内側に面をつくる ExtrudeSrf exts 押し出し(一つの面を立ち上げる) SrfPt spt 三点または4点から面を作る Join j 線をつなげる(ポリライン)、面をつなげる(ポリサーフェース) Cap cap 開いている面を埋めて、閉じたポリサーフェースにする Explode exp ポリラインやポリサーフェースをばらばらにする
  7. 7. 20161012 8 Loft(ロフト) ポリラインコマンド[pl]で30x70の長方形を描き その上部3000mmのところににコピーを作ります Shift+Tabで方向のロックを忘れないこと! Computational Design Shift +
  8. 8. 20161012 9 Loft(ロフト) ズームを引いて、全体を表示させると最初に書いた長方形と コピーした長方形があることが確認できます Computational Design
  9. 9. 20161012 10 Loft(ロフト) ロフト[l]を実行します 面を作るベースとなるカーブを選択するように言われるので ①最初の長方形、②コピーした長方形の順に選びます Computational Design
  10. 10. 20161012 11 Loft(ロフト) すべてのカーブが選択した段階で、右クリックを押して次に進みます カーブの方向を確認する矢印が表示されますが、そのまま右クリックを押し 「ロフトオプション」が表示されるところまで進みます Computational Design
  11. 11. 20161012 12 Loft(ロフト) 「ロフトオプション」の設定もそのままで良いので、「OK」をクリックしてロフトを完了します 断面が30mmx70mmで長さが3000mmの角材ができました ロフトはサーフェースを作るコマンドの中ではもっとも使うコマンドです Computational Design
  12. 12. 20161012 13 Loft(ロフト) ここですこしコマンドヘルプをみてみましょう 今のロフトの手順が映像も使って細かに説明してあります 今回は簡単な箱を作っただけでしたが、より複雑な曲面も作れることを説明しています Computational Design
  13. 13. 20161012 14 ExtrudeCrv(エクストルード)<押し出し> 角材のようにシンプルな形を作るのに便利なのがExtrudeCrv[ext]です 先ほどの長方形のように、ポリラインで35x35の正方形を描きます 原点からx+100の位置(x=100, y=0)にこの正方形を移動させます Computational Design
  14. 14. 20161012 15 ExtrudeCrv(エクストルード)<押し出し> ExtrudeCrv[ext]を実行します 押し出しする底面のカーブを選択するように言われるので先ほど描いた正方形を選びます 今回はこれ一つだけなので、その後右クリックして進みます Computational Design
  15. 15. 20161012 16 ExtrudeCrv(エクストルード)<押し出し> 今度は押し出し距離を聞いてきます 部材の長さになるので、3000を入力して右クリックします Computational Design
  16. 16. 20161012 17 ExtrudeCrv(エクストルード)<押し出し> 断面が35mmx35mmで長さが3000mmの角材ができました Computational Design
  17. 17. 20161012 18 ExtrudeCrv(エクストルード)<押し出し> ここでももう一度コマンドヘルプをみてみましょう ロフトの時同様、エクストルードの手順が詳しく説明されています ここから先は各自でコマンドヘルプの解説を中心にコマンドを学んでいきます Computational Design
  18. 18. 20161012 19 PlanerSrf(プレイナーサーフ) 今度はPlanerSrf[ps]で平面サーフェースを作ります 先ほどの正方形が残っているので、x+100の位置(x=200, y=0)の移動させPlanerSrfを実行します コマンドヘルプの内容をよく見てください Computational Design
  19. 19. 20161012 20 ExtrudeSrf(エクストルード)<押し出し> 今度はExtrudeSrf[exts]です。 ExtrudeCrv[ext]との違いは面から押し出すという点です 先ほどの平面サーフェースをx+100の位置(x=300, y=0)の位置にコピーします コピーした平面サーフェースを選び、ExtrudeSrf[exts]を実行します Computational Design
  20. 20. 20161012 21 SrfPt(サーフポイント) Perspectiveの表示を変えます。現在のワイヤーフレームからシェーディングにします 角材の上部を表示させます。今つくったオブジェクトが側面だけ作られていることがわかります SrfPt[spt]を使って上部を蓋します Computational Design
  21. 21. 20161012 22 SrfPt(サーフポイント) Perspectiveの表示を変えます。現在のワイヤーフレームからシェーディングにします 角材の上部を表示させます。今つくったオブジェクトが側面だけ作られていることがわかります SrfPt[spt]を使って上部を蓋します Computational Design
  22. 22. 20161012 23 SrfPt(サーフポイント) 同様にSrfPt[spt]を使って底面も作ります これで6面すべてがつくられましたが、それぞれがばらばらのポリサーフェースです また今の段階ではまだ「開いたポリサーフェース」の状態です Computational Design
  23. 23. 20161012 24 Joint(ジョイント) Joint[j]を使いこれらのポリサーフェースを一体化させます すべての面を選び、Joint[j]を実行します 一つのポリサーフェースになりました。これで「閉じたポリサーフェース」の状態になりました Computational Design
  24. 24. 20161012 25Computational Design 開いたポリサーフェースと閉じたポリサーフェース 「開いたポリサーフェース」は完結していない状態です。面が抜け落ちていたり、 隙間があったりして、水を入れたらどこかから漏れる様な状態です。 3DCADで3Dのオブジェクトを作っている場合、これが問題になることが良くありま す。我々は建築や家具など、物理的な物の設計にライノを使いますので、 出来る限り「閉じたポリサーフェース」を組み合わせてモデリングすることが 非常に重要です。 繰り返しになりますが、確実に「閉じたポリサーフェース」を作るには正確に作業す ることが一番の近道です。
  25. 25. 20161012 26 Cap(キャップ) こういったシンプルな角材ではCap[cap]を使うと簡単に「閉じたサーフェース」にできます 足りない面を作り、すべての面をジョインして一つの閉じたポリサーフェースにしてくれます ただ、蓋する部分が平面出なければ実行できません Computational Design
  26. 26. 20161012 27 Explode(エクスプロード) 今度は逆に面をばらばらにしてみます 先ほど作った閉じたポリサーフェースをえらびExplode[exp]を実行します 今度は6面がばらばらのサーフェースに分解されました Computational Design
  27. 27. 20161012 28Computational Design サーフェース系Commandをつかって ベンチに使った角材をつくってください
  28. 28. 20161012 29Computational Design 表示系 Command
  29. 29. 20161012 30Computational Design 表示系 Command Hide hi 選択したオブジェクトを非表示にする Show sh 隠されたオブジェクトを表示に戻す Lock lo 選択したオブジェクトをロックする Unlock ul ロックされたオブジェクトを元に戻す ShowSelected shs 隠されたオブジェクトの中から選択したものを表示に戻す UnlockSelected uls ロックされたオブジェクトの中から選択したものを元に戻す Zoom Extents ze ビューを画面にフィットさせる Zoom Selected zs ビューを選択したオブジェクトに合うようにフィットさせる
  30. 30. 20161012 31Computational Design オブジェクトの表示と非表示 線やサーフェースなど、オブジェクトを一時的に非表示にすることができます。 非表示にすることで、その時に必要な最低限のオブジェクトだけを見ながら 作業をすることができます。オブジェクトの選択やスナップをする上での ミスや作業の効率を上げるだけでなく、コンピューターへの付加も緩和することが できます。 非表示にしたオブジェクトは忘れがちなので、時々何が非表示にされているか確 認するようにしましょう。
  31. 31. 20161012 32Computational Design オブジェクトのロックとロック解除 線やサーフェースなど、オブジェクトを一時的にロックにすることができます。 非表示と違い、ロックは画面から消える訳ではありません。グレー表示になり、選択 が出来なくなります。動かしたり、消したりはしたくないけれど、スナップはしたいオ ブジェクトにはロックが便利です。 実際には表示・非表示とロック・ロック解除を使い分けるのが一般的です。もうすこ し進むと「レイヤー」についても学びますが、それに対しても非表示とロックが使え ます。
  32. 32. 20161012 33Computational Design オブジェクトを表示・非表示を変えたり、 ロック・アンロックの操作に慣れるまで繰り 返しコマンドを実行してください
  33. 33. 20161012 34Computational Design グループ系 Command
  34. 34. 20161012 35Computational Design 複数のオブジェクトをグループにする方法 たくさんのオブジェクトを扱っていると、一部をまとめて管理したくなります。雑誌を まとめて捨てる時に、紐でぐるぐるまとめて出す感じです。 ライノを含めた多くのCADソフトでは、このことを「グループ」と呼びます。グループ でまとめられたら、その一部を選択しただけで、グループに含まれるすべてのオブ ジェクトが選択されます。 部分として完成したものをグループにしておけば、それぞれがばらばらになること なく一括した操作ができます。グループに対しての非表示やロックも可能です。
  35. 35. 20161012 36Computational Design グループ系 Command Group Control + g 選択したオブジェクトをグループにまとめる Ungroup Control + Shift + g グループを解除 Control + Shift + 選択 グループの中のオブジェクトを個別選択
  36. 36. 20161012 37Computational Design 課題①: ベンチのモデリング
  37. 37. 20161012 38Computational Design 授業の最後までにベンチの平面図や立面 図を描き、部材を配置していってください
  38. 38. 20161012 39Computational Design 来週の授業について 今週は立体のオブジェクトを作り始めました。来週はそれぞれのオブジェクトを 切ったり繋いだりして、より複合的な形を作っていきます。最初の課題となっている ベンチの模範モデルを作りながら、以下のテーマに沿って話します。 • モディファイ系Command • ブーリアン系Command 再来週には課題①の発表になります。今日習った範囲に関しては、スライドや 映像を見返しながら、しっかり復習をしてください。

×