Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
コンピュテーショナル
デザイン
第二回
2016.09.28
20160928 2Computational Design
20160928 3Computational Design
今日の流れ
ライノの基本要素(20分)
• 点、線、面、立体
• オブジェクトの選択方法
正確に作図する方法(20分)
• オブジェクトスナップ
• 垂直と方向ロック
• 2.5D ...
20160928 4Computational Design
hiroshima-d-lab.com/classroom/computational-design-2016
20160928 5Computational Design
ライノの基本要素
20160928 6Computational Design
ライノの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線 (LineもCurveの一種)
3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線
4. Surfac...
20160928 7
ライノの基本要素(点) ツールバーの右上にある点のボタンをクリックします
Computational Design
20160928 8
ライノの基本要素(点) ライノの作業ではコマンドラインの内容をいつもチェックしてください
次に何をするべきなのかが、コマンドラインに表示されます
この場合点の位置をどこにするか聞いていますので、トップ画面で点を描きたい位置...
20160928 9
ライノの基本要素(点) ボタンの右下に三角が表示されている物は、ボタンを長押しすることで隠れているコマンドが表示されます
二個目に表示される、点がたくさんあるボタンをクリックします
Computational Design
20160928 10
ライノの基本要素(点) 先ほどと異なり、連続して点を作ることができます
Computational Design
20160928 11Computational Design
ライノの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線 (LineもCurveの一種)
3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線
4. Surfa...
20160928 12
ライノの基本要素(線) 次は線を描きます
右上の折れ線のボタンをクリックします
Computational Design
20160928 13
ライノの基本要素(線) ここでもコマンドラインの内容に従ってください
ここでは線の始点の位置を聞いてきていますので、始点の位置をクリックします
Computational Design
20160928 14
ライノの基本要素(線)
Computational Design
次ぎの点の位置を聞いていますので、終点の位置をクリックします
20160928 15
ライノの基本要素(線) 続けて次の点を指定するか、操作を終える場合はEnterを押す様に言っています
今は単線を書いていますので、Enterを押してコマンドを終えます
Computational Design
Enter
20160928 16
ライノの基本要素(線) 単線が描けました
Computational Design
20160928 17Computational Design
ライノの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線 (LineもCurveの一種)
3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線
4. Surfa...
20160928 18
ライノの基本要素(ポリライン) 先ほどと同じボタンをクリックしてポリラインを描きます
Computational Design
20160928 19
ライノの基本要素(ポリライン)
今度は連続していくつかの点を指定し、複合線を描きます
Computational Design
20160928 20
ライノの基本要素(ポリライン) 最後には始点をクリックして、図形を閉じます
閉じられた図形が描かれると、コマンドは自動的に終了します
Computational Design
20160928 21Computational Design
ライノの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線 (LineもCurveの一種)
3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線
4. Surfa...
20160928 22
ライノの基本要素(面) 次に面をつくってみます。面の周りに点が描かれたボタンをクリックします
Computational Design
20160928 23
ライノの基本要素(面) 基本的に面は4点で描かれます
最初の一点目をどこにするのか聞いていますので、位置をクリックします
Computational Design
20160928 24
ライノの基本要素(面) コマンドラインに従い、4点目まで指定します
Computational Design
20160928 25
ライノの基本要素(面) 面が作られました
Computational Design
20160928 26Computational Design
ライノの基本要素
1. Point 点
2. Curve 線 (LineもCurveの一種)
3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線
4. Surfa...
20160928 27
ライノの基本要素(ポリサーフェース) 最後にポリサーフェースを作ります
キューブが描かれたボタンをクリックします
Computational Design
20160928 28
ライノの基本要素(ポリサーフェース) キューブの底面となる面の隅の位置をきいていますので、どこかをクリックします
Computational Design
20160928 29
ライノの基本要素(ポリサーフェース)
Computational Design
底面の反対外の隅の位置をきいていますので、位置をクリックします
20160928 30
ライノの基本要素(ポリサーフェース)
Computational Design
今度はキューブの高さをきいていますので、前面か右側のどちらかの立面に移り、
高さを指定します
20160928 31
ライノの基本要素(ポリサーフェース) 立体のキューブが作られました
Computational Design
20160928 32Computational Design
オブジェクトの選択方法
作成している線や面といった「オブジェクト」は選択することで、移動させたり、加工
したり、削除したりできます。
ライノの中ではいくつかの選択方法があるので、そ...
20160928 33
オブジェクトの選択方法 オブジェクトの線上をクリックするとそのオブジェクトが選択されます
Computational Design
20160928 34
オブジェクトの選択方法
Computational Design
Shift +
Shiftを押しながらオブジェクトの線上をクリックすると追加されて選択します
20160928 35
オブジェクトの選択方法
Computational Design
Control +
もしも選択を解除したいオブジェクトがある場合、Controlを押しながらクリックします
20160928 36Computational Design
オブジェクトの選択方法
たくさんのオブジェクトを一度の選ぶ場合は選択範囲を指定します。この場合、選
択範囲の指定の仕方によって、二種類の選択方法があります。
• 左下から選択範囲を...
20160928 37Computational Design
線や面を作り、異なる方法でオブジェクト
を選択し、削除する。
20160928 38
ライノの基本要素
Computational Design
20160928 39Computational Design
正確に作図する方法
20160928 40Computational Design
正確に作図する方法
CADを使う場合正確に描く事が非常に重要になります。
ライノでは正確に描く為のいくつかの機能があります。これらの機能を使い、寸法
や形を正確に描けるようになって...
20160928 41Computational Design
オブジェクトスナップ
新たなオブジェクトを、すでに作成されているオブジェクトにスナップさせて描くこと
ができます。このことを「Osnap(オブジェクトスナップ)」と呼びます。
移動...
20160928 42
オブジェクトスナップ
Computational Design
画面したの「Osnap」をクリックして太字にします
これでオブジェクトスナップがオンの状態になります
20160928 43
オブジェクトスナップ
Computational Design
端点、点、中点、中心点、垂直点、四半円点、頂点
にチェックが入っていることを確認します
20160928 44
オブジェクトスナップ 試しに画面上のオブジェクトのコーナーにマウスを近づけてみます
「端点」というメッセージが出て、この点にスナップしていることを知らせています
Computational Design
20160928 45
オブジェクトスナップ 次にオブジェクトの一辺の中間部分にマウスを近づけます
「中点」という表示で、この点にスナップしていることを伝えています
Computational Design
20160928 46Computational Design
垂直と方向ロック
建築の分野などでは、垂直で描かれるものがほとんどです。逆に言うと、垂直の部
分がちゃんと垂直でないと、いろいろと問題が出てきます。
ライノではShiftキーを押し...
20160928 47
垂直と方向ロック
Computational Design
再び折れ線のボタンをクリックして、ポリラインを使って
より正確な長方形を描きます
20160928 48
垂直と方向ロック
Computational Design
ポリラインの始点を聞かれたら、「0」を入力してEnterを押します
これでポリラインの始点を原点にすることができます
20160928 49
垂直と方向ロック
Computational Design
Shiftを押したままでマウスを移動させます
水平・垂直に方向が限定されます
Shift +
20160928 50
垂直と方向ロック
Computational Design
Shift +
水平・垂直となっている状態で上方向にマウスを動かし、Tabを一度おして方向をロックします
一度方向をロックしてしまえば、Shiftを離しても構い...
20160928 51
垂直と方向ロック
Computational Design
方向がロックされた状態でコマンドラインに「10」と入力します
原点から上に伸びる長さ10mmの線が描けました
20160928 52
垂直と方向ロック
Computational Design
Shift +
今度はShiftで右方向に水平に移動させながら
20160928 53
垂直と方向ロック
Computational Design
Shift +
を押して方向をロックします
今度はコマンドラインに「20」と入力して右に20mmの線を描きます
20160928 54
垂直と方向ロック
Computational Design
同様に今度は下方向にロックし、コマンドラインに「10」を入力します
4辺のうち3辺までが描けました
20160928 55
垂直と方向ロック
Computational Design
最後は始点をクリックして図形を閉じます
これで横20mm、縦10mmの長方形が描けました
20160928 56Computational Design
2.5D (投影)
3次元で作業していると、奥行きがある分、点の指定は難しくなります。自分が思っ
てみないところにスナップしている様な場合はこれが原因です。
それを回避するのに便利...
20160928 57
2.5D (投影)
Computational Design
画面下の「投影」にチェックを入れます
これで投影機能がオンの状態になります
20160928 58Computational Design
トランスフォーム系
Command
20160928 59Computational Design
トランスフォーム系 Command
オブジェクトを移動させたり、複製を作ったりする基本的なコマンドです。
ライノの中では様々な操作のことを「コマンド(命令)」と呼んでいます。現在8...
20150807Rhinoceros + Grasshopper Workshop 60
トランスフォーム系 Command
Move m 移動
Copy co コピー
Rotate ro 回転
Scale sc スケール(全方向)
Scale...
20160928 61
「Rhino5をインストール」を選ぶ
Computational Design
コマンドヘルプ
20160928 62Computational Design
トランスフォーム系のコマンドを使って、
オブジェクトを移動させたり、変形させた
りする。
20160928 63Computational Design
練習:
キャラクターの描写
20160928 64Computational Design
授業時間内に線やカーブを使ってなに
かキャラクターを描いてください。
20160928 65Computational Design
来週の授業について
今週は2Dの作業が中心でしたが、来週は3Dでの作業に入っていきます。立体の
オブジェクトを作りながら、以下のテーマに沿って話します。
• サーフェース系Comm...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Slide computational design2016_02_160928

1,307 views

Published on

第二回目「正確に描いて正確に動かす」

1.ライノの基本要素
点、線、面、立体
オブジェクトの選択方法

2.正確に作図する方法
オブジェクトスナップ
垂直と方向ロック
2.5D (投影)

3.トランスフォーム系Command
移動、コピー、回転、スケール、ミラー

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Slide computational design2016_02_160928

  1. 1. コンピュテーショナル デザイン 第二回 2016.09.28 20160928 2Computational Design
  2. 2. 20160928 3Computational Design 今日の流れ ライノの基本要素(20分) • 点、線、面、立体 • オブジェクトの選択方法 正確に作図する方法(20分) • オブジェクトスナップ • 垂直と方向ロック • 2.5D (投影) トランスフォーム系Command(20分) • 移動、コピー、回転、スケール、ミラー
  3. 3. 20160928 4Computational Design hiroshima-d-lab.com/classroom/computational-design-2016
  4. 4. 20160928 5Computational Design ライノの基本要素
  5. 5. 20160928 6Computational Design ライノの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 (LineもCurveの一種) 3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線 4. Surface 面 5. Polysurface 複数の面で構成される形
  6. 6. 20160928 7 ライノの基本要素(点) ツールバーの右上にある点のボタンをクリックします Computational Design
  7. 7. 20160928 8 ライノの基本要素(点) ライノの作業ではコマンドラインの内容をいつもチェックしてください 次に何をするべきなのかが、コマンドラインに表示されます この場合点の位置をどこにするか聞いていますので、トップ画面で点を描きたい位置をクリックします Computational Design
  8. 8. 20160928 9 ライノの基本要素(点) ボタンの右下に三角が表示されている物は、ボタンを長押しすることで隠れているコマンドが表示されます 二個目に表示される、点がたくさんあるボタンをクリックします Computational Design
  9. 9. 20160928 10 ライノの基本要素(点) 先ほどと異なり、連続して点を作ることができます Computational Design
  10. 10. 20160928 11Computational Design ライノの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 (LineもCurveの一種) 3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線 4. Surface 面 5. Polysurface 複数の面で構成される形
  11. 11. 20160928 12 ライノの基本要素(線) 次は線を描きます 右上の折れ線のボタンをクリックします Computational Design
  12. 12. 20160928 13 ライノの基本要素(線) ここでもコマンドラインの内容に従ってください ここでは線の始点の位置を聞いてきていますので、始点の位置をクリックします Computational Design
  13. 13. 20160928 14 ライノの基本要素(線) Computational Design 次ぎの点の位置を聞いていますので、終点の位置をクリックします
  14. 14. 20160928 15 ライノの基本要素(線) 続けて次の点を指定するか、操作を終える場合はEnterを押す様に言っています 今は単線を書いていますので、Enterを押してコマンドを終えます Computational Design Enter
  15. 15. 20160928 16 ライノの基本要素(線) 単線が描けました Computational Design
  16. 16. 20160928 17Computational Design ライノの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 (LineもCurveの一種) 3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線 4. Surface 面 5. Polysurface 複数の面で構成される形
  17. 17. 20160928 18 ライノの基本要素(ポリライン) 先ほどと同じボタンをクリックしてポリラインを描きます Computational Design
  18. 18. 20160928 19 ライノの基本要素(ポリライン) 今度は連続していくつかの点を指定し、複合線を描きます Computational Design
  19. 19. 20160928 20 ライノの基本要素(ポリライン) 最後には始点をクリックして、図形を閉じます 閉じられた図形が描かれると、コマンドは自動的に終了します Computational Design
  20. 20. 20160928 21Computational Design ライノの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 (LineもCurveの一種) 3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線 4. Surface 面 5. Polysurface 複数の面で構成される形
  21. 21. 20160928 22 ライノの基本要素(面) 次に面をつくってみます。面の周りに点が描かれたボタンをクリックします Computational Design
  22. 22. 20160928 23 ライノの基本要素(面) 基本的に面は4点で描かれます 最初の一点目をどこにするのか聞いていますので、位置をクリックします Computational Design
  23. 23. 20160928 24 ライノの基本要素(面) コマンドラインに従い、4点目まで指定します Computational Design
  24. 24. 20160928 25 ライノの基本要素(面) 面が作られました Computational Design
  25. 25. 20160928 26Computational Design ライノの基本要素 1. Point 点 2. Curve 線 (LineもCurveの一種) 3. Polycurve(Polyline) 複数の線がつながった線 4. Surface 面 5. Polysurface 複数の面で構成される形
  26. 26. 20160928 27 ライノの基本要素(ポリサーフェース) 最後にポリサーフェースを作ります キューブが描かれたボタンをクリックします Computational Design
  27. 27. 20160928 28 ライノの基本要素(ポリサーフェース) キューブの底面となる面の隅の位置をきいていますので、どこかをクリックします Computational Design
  28. 28. 20160928 29 ライノの基本要素(ポリサーフェース) Computational Design 底面の反対外の隅の位置をきいていますので、位置をクリックします
  29. 29. 20160928 30 ライノの基本要素(ポリサーフェース) Computational Design 今度はキューブの高さをきいていますので、前面か右側のどちらかの立面に移り、 高さを指定します
  30. 30. 20160928 31 ライノの基本要素(ポリサーフェース) 立体のキューブが作られました Computational Design
  31. 31. 20160928 32Computational Design オブジェクトの選択方法 作成している線や面といった「オブジェクト」は選択することで、移動させたり、加工 したり、削除したりできます。 ライノの中ではいくつかの選択方法があるので、その違いを理解します。
  32. 32. 20160928 33 オブジェクトの選択方法 オブジェクトの線上をクリックするとそのオブジェクトが選択されます Computational Design
  33. 33. 20160928 34 オブジェクトの選択方法 Computational Design Shift + Shiftを押しながらオブジェクトの線上をクリックすると追加されて選択します
  34. 34. 20160928 35 オブジェクトの選択方法 Computational Design Control + もしも選択を解除したいオブジェクトがある場合、Controlを押しながらクリックします
  35. 35. 20160928 36Computational Design オブジェクトの選択方法 たくさんのオブジェクトを一度の選ぶ場合は選択範囲を指定します。この場合、選 択範囲の指定の仕方によって、二種類の選択方法があります。 • 左下から選択範囲をドラッグ(点線) 選択範囲に一部でも含まれているオブジェクトは選択される。 • 右上から選択範囲をドラッグ(実線) 選択範囲に全体が含まれているオブジェクトが選択される。 オブジェクトが増えるに従って、これらの選択方法を使い分ける必要があります。
  36. 36. 20160928 37Computational Design 線や面を作り、異なる方法でオブジェクト を選択し、削除する。
  37. 37. 20160928 38 ライノの基本要素 Computational Design
  38. 38. 20160928 39Computational Design 正確に作図する方法
  39. 39. 20160928 40Computational Design 正確に作図する方法 CADを使う場合正確に描く事が非常に重要になります。 ライノでは正確に描く為のいくつかの機能があります。これらの機能を使い、寸法 や形を正確に描けるようになってもらいます。今後より複雑な事をする上で、自分 が思い通りに操作する為には、正確に描く習慣を早く身につけてもらうことが大切 です。
  40. 40. 20160928 41Computational Design オブジェクトスナップ 新たなオブジェクトを、すでに作成されているオブジェクトにスナップさせて描くこと ができます。このことを「Osnap(オブジェクトスナップ)」と呼びます。 移動や変形をする時にも、オブジェクトスナップは使用します。ライノにはたくさん の種類のオブジェクトスナップがありますが、以下の基本スナップは常時オンにし て作業するのが便利です。 端点、点、中点、中心点、垂直点、四半円点、頂点
  41. 41. 20160928 42 オブジェクトスナップ Computational Design 画面したの「Osnap」をクリックして太字にします これでオブジェクトスナップがオンの状態になります
  42. 42. 20160928 43 オブジェクトスナップ Computational Design 端点、点、中点、中心点、垂直点、四半円点、頂点 にチェックが入っていることを確認します
  43. 43. 20160928 44 オブジェクトスナップ 試しに画面上のオブジェクトのコーナーにマウスを近づけてみます 「端点」というメッセージが出て、この点にスナップしていることを知らせています Computational Design
  44. 44. 20160928 45 オブジェクトスナップ 次にオブジェクトの一辺の中間部分にマウスを近づけます 「中点」という表示で、この点にスナップしていることを伝えています Computational Design
  45. 45. 20160928 46Computational Design 垂直と方向ロック 建築の分野などでは、垂直で描かれるものがほとんどです。逆に言うと、垂直の部 分がちゃんと垂直でないと、いろいろと問題が出てきます。 ライノではShiftキーを押しながらマウスを動かすと方向が水平・垂直に限定されま す。キーボードのShiftには絶えず指を置いて作業するのがベストです。 また水平・垂直機能とあわせて、方向ロックを使うと、間違いが少なく正確に作業で きます。Shiftキーで水平・垂直を出した後、Tabキーを一度押して、その方向をロッ クするようにしてください。
  46. 46. 20160928 47 垂直と方向ロック Computational Design 再び折れ線のボタンをクリックして、ポリラインを使って より正確な長方形を描きます
  47. 47. 20160928 48 垂直と方向ロック Computational Design ポリラインの始点を聞かれたら、「0」を入力してEnterを押します これでポリラインの始点を原点にすることができます
  48. 48. 20160928 49 垂直と方向ロック Computational Design Shiftを押したままでマウスを移動させます 水平・垂直に方向が限定されます Shift +
  49. 49. 20160928 50 垂直と方向ロック Computational Design Shift + 水平・垂直となっている状態で上方向にマウスを動かし、Tabを一度おして方向をロックします 一度方向をロックしてしまえば、Shiftを離しても構いません
  50. 50. 20160928 51 垂直と方向ロック Computational Design 方向がロックされた状態でコマンドラインに「10」と入力します 原点から上に伸びる長さ10mmの線が描けました
  51. 51. 20160928 52 垂直と方向ロック Computational Design Shift + 今度はShiftで右方向に水平に移動させながら
  52. 52. 20160928 53 垂直と方向ロック Computational Design Shift + を押して方向をロックします 今度はコマンドラインに「20」と入力して右に20mmの線を描きます
  53. 53. 20160928 54 垂直と方向ロック Computational Design 同様に今度は下方向にロックし、コマンドラインに「10」を入力します 4辺のうち3辺までが描けました
  54. 54. 20160928 55 垂直と方向ロック Computational Design 最後は始点をクリックして図形を閉じます これで横20mm、縦10mmの長方形が描けました
  55. 55. 20160928 56Computational Design 2.5D (投影) 3次元で作業していると、奥行きがある分、点の指定は難しくなります。自分が思っ てみないところにスナップしている様な場合はこれが原因です。 それを回避するのに便利なのが投影機能です。投影機能ばオンになっている場 合、スナップされた点はその画面の基準面(XY面など)に投影されて描かれます。 すこし説明が難しいので、実際に動かしながら比較します。
  56. 56. 20160928 57 2.5D (投影) Computational Design 画面下の「投影」にチェックを入れます これで投影機能がオンの状態になります
  57. 57. 20160928 58Computational Design トランスフォーム系 Command
  58. 58. 20160928 59Computational Design トランスフォーム系 Command オブジェクトを移動させたり、複製を作ったりする基本的なコマンドです。 ライノの中では様々な操作のことを「コマンド(命令)」と呼んでいます。現在800以上 のコマンドがありますが、その中でも頻繁に使うコマンドを中心に解説していきます。 今日はこれまで画面上のボタンをクリックして、線や面をつくってきましたが、これら もコマンドです。ここから先は、画面上のボタンでなく、キーボードを使ったエイリア ス(ショートカット)でコマンドを操作します。
  59. 59. 20150807Rhinoceros + Grasshopper Workshop 60 トランスフォーム系 Command Move m 移動 Copy co コピー Rotate ro 回転 Scale sc スケール(全方向) Scale1D sc1 スケール(x、y、zのどれか一つ) Scale2D sc2 スケール(x、y、zのどれか二つ) Mirror mi ミラー SetPt sp 選んだオブジェクトのxyz値を統一させる
  60. 60. 20160928 61 「Rhino5をインストール」を選ぶ Computational Design コマンドヘルプ
  61. 61. 20160928 62Computational Design トランスフォーム系のコマンドを使って、 オブジェクトを移動させたり、変形させた りする。
  62. 62. 20160928 63Computational Design 練習: キャラクターの描写
  63. 63. 20160928 64Computational Design 授業時間内に線やカーブを使ってなに かキャラクターを描いてください。
  64. 64. 20160928 65Computational Design 来週の授業について 今週は2Dの作業が中心でしたが、来週は3Dでの作業に入っていきます。立体の オブジェクトを作りながら、以下のテーマに沿って話します。 • サーフェース系Command • 表示系Command • グループ系Command また来週の授業で課題①を発表します。来週以降の2週間でライノを学びながら、 課題①を進めてもらう予定です。

×