Ameba流 scrumを浸透させていく方法

58,339 views

Published on

2014年3月の発表資料

2014年7月の資料 => http://www.slideshare.net/hiroosak/ca-36830962

Published in: Business
0 Comments
51 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
58,339
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
48,368
Actions
Shares
0
Downloads
85
Comments
0
Likes
51
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 組織自体が小さいのでビジネス側も近いため、自然と巻き込んだ仕事ができた。
    チームビルドはうまくいっていたが、欠けていたのはプロセス。
  • 「採用は計画通りなのですが、4月に入社が集中したことで、4-6月に約500名増えました。社員数2500人中500名が入社間もない新人は事実」
    拡大を狙っているので一時的な人数増加に対応するため、一時的に現場はわちゃわちゃした。
    ただし、これがよかったのかもしれない。
    多様な文化や働き方が入り交じることによって、指針となるものが必要だった。
    Scrumはフレームワークとして理解しやすく、開発マニュアルとしての役割にもなる。
  • 「採用は計画通りなのですが、4月に入社が集中したことで、4-6月に約500名増えました。社員数2500人中500名が入社間もない新人は事実」
    拡大を狙っているので一時的な人数増加に対応するため、一時的に現場はわちゃわちゃした。
    ただし、これがよかったのかもしれない。
    多様な文化や働き方が入り交じることによって、指針となるものが必要だった。
    Scrumはフレームワークとして理解しやすく、開発マニュアルとしての役割にもなる。
  • ルールは少なく秩序は厳しく。
  • 差し込みのタスクが入り、エンジニアから悲鳴が上がっていたため重複不可の優先順位を設定
  • 差し込みのタスクが入り、エンジニアから悲鳴が上がっていたため重複不可の優先順位を設定
  • 進捗確認のMTGも人数が多く、概要を知りたがっていたのでバーンダウンチャートの受けがすごくよかった。
  • 進捗確認のMTGも人数が多く、概要を知りたがっていたのでバーンダウンチャートの受けがすごくよかった。
  • 役員陣がエンジニアの働き方やプロセスの重要性について気づいてきた?
  • 「採用は計画通りなのですが、4月に入社が集中したことで、4-6月に約500名増えました。社員数2500人中500名が入社間もない新人は事実」
    拡大を狙っているので一時的な人数増加に対応するため、一時的に現場はわちゃわちゃした。
    ただし、これがよかったのかもしれない。
    多様な文化や働き方が入り交じることによって、指針となるものが必要だった。
    Scrumはフレームワークとして理解しやすく、開発マニュアルとしての役割にもなる。
  • 「採用は計画通りなのですが、4月に入社が集中したことで、4-6月に約500名増えました。社員数2500人中500名が入社間もない新人は事実」
    拡大を狙っているので一時的な人数増加に対応するため、一時的に現場はわちゃわちゃした。
    ただし、これがよかったのかもしれない。
    多様な文化や働き方が入り交じることによって、指針となるものが必要だった。
    Scrumはフレームワークとして理解しやすく、開発マニュアルとしての役割にもなる。
  • 役員陣がエンジニアの働き方やプロセスの重要性について気づいてきた?
  • 役員陣がエンジニアの働き方やプロセスの重要性について気づいてきた?
  • 役員陣がエンジニアの働き方やプロセスの重要性について気づいてきた?
  • 「採用は計画通りなのですが、4月に入社が集中したことで、4-6月に約500名増えました。社員数2500人中500名が入社間もない新人は事実」
    拡大を狙っているので一時的な人数増加に対応するため、一時的に現場はわちゃわちゃした。
    ただし、これがよかったのかもしれない。
    多様な文化や働き方が入り交じることによって、指針となるものが必要だった。
    Scrumはフレームワークとして理解しやすく、開発マニュアルとしての役割にもなる。
  • 会社の規模と開発プロセスに併せてどのようにScrumが浸透していったかを説明する。
  • 会社の規模と開発プロセスに併せてどのようにScrumが浸透していったかを説明する。
  • Ameba流 scrumを浸透させていく方法

    1. 1. Ameba 流 Scrum を 浸透させていく方法 株式会社サイバーエージェント 大﨑 浩崇
    2. 2. 自己紹介 • 大﨑 浩崇 (2012 年 4 月入社 ) • アメーバ事業本部 コミュニティ事業部 • 24LOG のシステム責任者 • ウェブアプリケーション , JavaScript
    3. 3. アジェンダ • 組織に Scrum が浸透するまでの歴史 • 黎明期 (2007-2011) • 混乱期 (2011-2012 前半 ) • 普及期 (2012 後半 -2014/03) • 統一期 (2014/04- 現在 ) • 組織に Scrum を浸透させるための Tips
    4. 4. Scrum が浸透するまでの歴史
    5. 5. 約 3 年でエンジニア比率が 10% 45%→ に増加! 約 3 年でエンジニア比率が 10% 45%→ に増加!
    6. 6. 黎明期 (2007-2010)黎明期 (2007-2010)
    7. 7. が きていたか当時何 起 • システム のばらつきが きい品質 大 • には は の でその しのぎのスピード の全体的 品質 二 次 場 開発 空 気 • ハイレベルなエンジニアがいるチームは が い品質 高
    8. 8. 開発チーム E開発チーム B 開発チーム C 開発チーム D開発チーム A まだチームも なくお いを ってい少 互 知 るため のコストが い情報共有 低 状態 おおよその体制
    9. 9. 目の前の火消しで精一杯目の前の火消しで精一杯 なぜ開発プロセスが注目されなかったのか
    10. 10. 混乱期 (2011-2012 前半 ) 混乱期 (2011-2012 前半 )
    11. 11. ビジネス の拡大 の っ総力戦 真 只中
    12. 12. 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム に急激 プロジェクト が数 増加
    13. 13. 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム
    14. 14. 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム 開発チーム 開発チーム 開発チーム開発チーム いくつかのチームが き した動 出いくつかのチームが き した動 出
    15. 15. なのは必要 「秩序」
    16. 16. かが のプロジェクトに何人 自分 スクラム を しはじめた開発 導入
    17. 17. の がわからない開発 優先順位 !
    18. 18. を けましょう作業 優先順位付
    19. 19. の わりが えない開発 終 見 !
    20. 20. して しましょう計測 予測
    21. 21. 何が生まれたか 透明な進捗状況透明な進捗状況 強いチーム強いチーム 自律的なコミュニケーション自律的なコミュニケーション
    22. 22. 噂が広まる噂が広まる あのチームなんであのチームなんで うまくいってんの?うまくいってんの? あのチームなんであのチームなんで うまくいってんの?うまくいってんの?
    23. 23. 普及期 (2012 後半 -2014/3) 普及期 (2012 後半 -2014/3)
    24. 24. サービス開発のノウハウも増えてきた リリースのサイクルをもっと く速 !
    25. 25. え けるサービスの を したい増 続 品質 担保 な から なチームへ中央集権的 管理 自律的 組織課題
    26. 26. Scrum!!Scrum!!Scrum!!Scrum!!
    27. 27. 役員陣が興味を持ち始めてくれた
    28. 28. 社内研究レポートで受賞
    29. 29. 社内勉強会が多く開催される
    30. 30. Ameba の Scrum の普及 の での さな が混乱 中 小 改善 として が し めた結果 組織全体 真似 始
    31. 31. 統一期 (2014/04 〜 )
    32. 32. 経緯 • ボトムアップでスクラムを取り入れる ところが増えてきた • 組織課題に、人材の流動性を高めるた めに、開発の統一化が検討されていた
    33. 33. 開発支援ツールの統一 • チケット管理 • アジャイル補助 • コミュニケーション • ドキュメント作成
    34. 34. 3 日間かけた説明会
    35. 35. ゲーム・ブログ コミュニティで 最適な開発手法を改善中
    36. 36. Scrum を組織に浸透させる Tips
    37. 37. 組織をまるごと変えてやる!組織をまるごと変えてやる!
    38. 38. なぜ変えられないか •アジャイルな開発を行うためには、 自律的な組織にならなければ いけない
    39. 39. 強制されると 萎縮する
    40. 40. されることによって真似 な を す自律的 浸透 促
    41. 41. なぜ変えられないか •アジャイルな開発を行うためには、 自律的な組織にならなければ いけない •組織の目標と Scrum 開発が競合する 場合がある
    42. 42. 組織のミッション •KPI などの目標数値の達成が組織の ミッション •開発手法の改善は、防御的な仕事 • を を にするため成果 最大化 最優先 に り いが折 合 必要
    43. 43. どう折り合うか? パターンを作って ひとつずつ試す
    44. 44. 自動化 • Jenkins を使った自動ビルドや 自動デプロイ • ほとんどのプロジェクトで 導入済み
    45. 45. チーム内で分割 • 人数・チーム状況に応じて管理を分ける デザイナーチーム 開発チーム カンバンで 管理 スクラムで管理 プロジェクト
    46. 46. 進行中のタスクの生存期間は 1 日に固定 (一日以内に終わらせる粒度) 進行中のタスクの生存期間は 1 日に固定 (一日以内に終わらせる粒度) タスクの粒度と WIP(work in progress) 制限タスクの粒度と WIP(work in progress) 制限
    47. 47. タスクの粒度と WIP 制限タスクの粒度と WIP 制限 翌日の朝会で進行中のままになっているタスクが あった場合は、その場で粒度について議論する
    48. 48. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化 ストーリーの並列着手をやめるストーリーの並列着手をやめる
    49. 49. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化
    50. 50. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化
    51. 51. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化
    52. 52. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化
    53. 53. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化
    54. 54. ストーリー着手の直列化ストーリー着手の直列化 一つのストーリーを全員で着手して ひとつひとつ確実につぶしていく •不安や悩みはその場で相談・解決 •結果として開発速度向上 •開発者の不安をなくす •ペアプログラミング導入
    55. 55. パターンの取り扱い •チームに馴染むもの・馴染まないも のがある •有効なものを取り入れて、そうでな いものを捨てていく
    56. 56. まとめ
    57. 57. 真似により Scrum やアジャイルが浸透真似により Scrum やアジャイルが浸透 成果目線で最適な開発を各所で改善中成果目線で最適な開発を各所で改善中 Ameba の Scrum はカオスから始まったAmeba の Scrum はカオスから始まった Ameba の Scrum の歴史Ameba の Scrum の歴史
    58. 58. ご清聴ありがとうございました Images Credit(Flickr.com) slide 7: Some rights reserved by kharied(http://www.flickr.com/photos/kharied/3331716380/) slide 9: Some rights reserved by Official U.S. Navy Imagery(http://www.flickr.com/photos/usnavy/8426065379/) slide 16:Some rights reserved by esterina on silver(http://www.flickr.com/photos/esterinasilver/3024062418/) slide 23:Some rights reserved by Julia Manzerova(goo.gl/GcZSvO) slide 26:Some rights reserved by Joseph Kesisoglou(http://www.flickr.com/photos/josephkes/5886199731/) slide 27:Some rights reserved by francisco_osorio(goo.gl/VrvRes) slide 31:Some rights reserved by Padmanaba01(http://www.flickr.com/photos/43423301@N07/3998449040/) slide 38:Some rights reserved by romec1(http://www.flickr.com/photos/romec1/3246065362/) slide 41:Some rights reserved by Tom Leuntjens Photography(http://www.flickr.com/photos/vstrash/2847241785/in/photostream/) Special Thanks 渡辺 雄作

    ×