Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SPSE2014 「残念なシステム」から「利益を生むシステム」に転換するためには!  ~GQM+Strategies®の活用~ イントロダクション

1,396 views

Published on

講演タイトル

「残念なシステム」から「利益を生むシステム」に転換するためには!
~GQM+Strategies®の活用~
概要

ITシステムの開発においては、そのシステムが何故必要なのかということを十分に認識して開発を行われなければ、使いものにならないシステム、いわゆる「動かないコンピュータ」になってしまいます。このような問題への対応には、
1. 組織の目標と戦略が有効であること。(その根拠が明確)
2. 組織の目標が各部門の目標と戦略に展開されていること。(各組織の責任が明確)
3. 目標の達成を客観的かつ定量的に評価できること。(評価尺度が必要)
が重要です。
 このことを皆さんはよく分かっておられると思いますが、問題の根源にどのようにアプローチし、システム構築するかについては方法論が種々あるかと思います。
その内の1つの方法論として有望と考えるものについて、今回実習を通して説明します。
 そこで本セッションでは、ドイツ・フラウンホーファー研究機構IESEで開発されたGQM+Strategies®という手法(注)を用いたワークショップ(ある仮想企業を題材にした演習)を通して、皆さんに本当の意味で「動く」コンピュータシステムの開発と運用を実現するアプローチと考え方を体験してもらいたいと考えます。

(注)GQM+Strategiesは、 問題の根源へのアプローチとシステム構築の考え方を整理する手法です。早稲田大学のゴール指向経営研究会では、IPA/SECと連携しつつ、この手法の日本での有効活用について共同研究を実施しています。

http://www.jisa.or.jp/event/spes/tabid/1371/Default.aspx

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

SPSE2014 「残念なシステム」から「利益を生むシステム」に転換するためには!  ~GQM+Strategies®の活用~ イントロダクション

  1. 1. 「残念なシステム」から「利益を生むシステム 」に転換するためには! ~GQM+Strategies®の活用~ イントロダクション 鷲崎弘宜*、小堀貴信、平林大典、岸田智子 *早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリン グ研究所 washizaki@waseda.jp Twitter: @Hiro_Washi 1 2014年7月24日 SPES2014
  2. 2. 世の中の報告 • 39.5%, 総務省 2011年8月「新たな オンライン利用に関する計画」 • 20%, Standish Group Report ‘02 • 80%, 日経ITPro 2005年1月 2 鷲崎 弘宜、平林 大典(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第1回 「正 しく」できても「正しいことをやる」のができない理由、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/05/14 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140430/553946/
  3. 3. 【残念なシステム】の山 • 「正しいことをやる」意識の低さ • 現場であてにしている様々な「はず」 3 矢筈(やはず)をきちんと(弦に)あてて はじめて的を得られる! 鷲崎 弘宜、平林 大典(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第1回 「正 しく」できても「正しいことをやる」のができない理由、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/05/14 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140430/553946/
  4. 4. 残念なシステムを生む3つの問題 • 問題1: ゴールやIT戦略の有効性不明 • 問題2: 最上位の経営ゴールに未貢献 • 問題3: ゴール達成の客観的評価の欠如 4 鷲崎 弘宜、平林 大典(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第1回 「正 しく」できても「正しいことをやる」のができない理由、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/05/14 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140430/553946/
  5. 5. 【利益を生むシステム】に必要なこと • 解決1:ゴールを明確化するとともに、ゴールに 対して個々の戦略が有効であることの根拠を 明確にし、絶えず実際に有効であることを確認 し見直す • 解決2:組織の上位から下位まで、ゴールと戦 略を数珠つなぎ • 解決3: ゴール達成定量評価のための測定に 基づく評価尺度 5 鷲崎 弘宜、平林 大典(早稲田大学ゴール指向経営研究会)、「残念なシステム」のなくしかた、第1回 「正 しく」できても「正しいことをやる」のができない理由、日経情報ストラテジー、日経ITPro、2014/05/14 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140430/553946/

×