Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IPSJ/SIGSE201506 パターンWG・AsianPLoP2015報告-公開用

637 views

Published on

鷲崎弘宜、“パターンワーキンググループ活動紹介および第4回 プログラムのパターンランゲージ・アジア 会議(AsianPLoP 2015)開催報告”、情報処理学会第188回ソフトウェア工学・第37回組込みシステム合同研究発表会、東芝スマートコミュニティセンター、2015年6月4-5日

結成から12年が経過した情報処理学会ソフトウェア工学研究会パターンワーキンググループの活動を紹介するとともに,同ワーキンググループのメンバが中心となり開催したアジア地域のパターンに関する国際会議AsianPLoP2015の開催結果を報告する.

Published in: Software
  • Be the first to comment

IPSJ/SIGSE201506 パターンWG・AsianPLoP2015報告-公開用

  1. 1. パターンワーキンググループ活動紹介およ び第4回 プログラムのパターンランゲージ・ アジア会議(AsianPLoP 2015)開催報告 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 鷲崎 弘宜 Twitter: @Hiro_Washi washizaki@waseda.jp http://www.washi.cs.waseda.ac.jp/ わしざき ひろのり 2015年6月5日
  2. 2. 目次 • 個人的な想い • パターンとは • パターンワーキンググループ活動紹介 • AsianPLoP 2015開催報告 2
  3. 3. パターンに携わってきて・・・ • パターンWG 12年 • ウィンターワークショップセッション 12年 • 国際会議 SPAQu/AsianPLoP 8年 3
  4. 4. 感想1: 一つのことを続ける 自身の強みを持つ 4 パターン セキュリティ Ajax 設計 文書・知識
  5. 5. 感想2: 他人がとやかく言おうが (いい意味で)気にしない 逆にチャンス、かも 5 Ajaxパターン: ASE’13 (CORE Rank A) デザインパターン: SEKE’13 (B) セキュリティパターン: ARES’13 (B), ARES’14 (B), ICST’15 (C), IJSSE パターン文書: Agile’14 (B)
  6. 6. 感想3: 広く出会う。視野を広げる。 • 建築、デザイン、社会学、宗教、哲学・・・ 6
  7. 7. 目次 • 個人的な想い • パターンとは • パターンワーキンググループ活動紹介 • AsianPLoP 2015開催報告 7
  8. 8. 8 Stockholm, Sweden Alaior, Spain
  9. 9. 抽象化と生成 9 • 文脈 • 問題 • 解決 Christopher Alexander, et al., “A Pattern Language,“ Oxford University Press, 1977 Christopher Alexander , “The Timeless Way of Building,” Oxford University Press, 1979 街の中心部には 活動の拠点 として 小さな広 場 を設けよう。その広場には、訪問者や近隣 の人々が気軽に集い落ち着けるように、いく つかの 路上のカフェ が集まってひらかれるよ うに奨励しよう。 小さな広場 路上のカフェ
  10. 10. ・・・ パターンランゲージ Takeuchi : The New New Development Game, 1986 デザインパターンオブジェクト指向 パターン 生成的パターンランゲージ EPISODE XP Scrum 一部改変 Kenji Hiranabe: From Software Patterns to Agile Movements http://www.infoq.com/jp/articles/AlexanderFestaReport ラーニングパターン パターン ランゲージ1.0 2.0 3.0 アジャイル開発 井庭崇, “パターンランゲージ 3.0:新しい対象×新しい使い方×新しい作り方”, 情報処理, Vol.52, No.9, 2011. 製品開発と組織
  11. 11. 目次 • 個人的な想い • パターンとは • パターンワーキンググループ活動紹介 • AsianPLoP 2015開催報告 11
  12. 12. 国内のパターンコミュニティ (ongoing) • 1999-2002 JapanPLoP as a study group – Journal club: meetings for reading patterns – Local Writer’s Workshop – Learn PLoP traditions by attending PLoPs • 2002 MensorePLoP: 1st PLoP in Japan • 2003-Present IPSJ/SIGSE Patterns Working Group – Monthly seminars on patterns (-2004) – Writing articles and book on software patterns – Local workshops on software patterns research – Journal club: Alexander’s books and inventing games • 2007-2009 Workshops on Software Patterns and Quality • 2010-Present AsianPLoPs • 2012-Present Non-software patterns movement • 2013-Present Pattern Mining within Agile community 12
  13. 13. パターンワーキンググループ • 2003年4月に情報処理学会ソフトウェア工学研究会の 一つのWGとして設置 • 目的 – ソフトウェアエンジニアリング領域を中心に,日本におけ るパターンおよびパターンランゲージの適切な普及 – 個人・組織・ソフトウェアコミュニティの各レベルでのあらた なナレッジの蓄積・共有の枠組みの確立への貢献 – ソフトウェア工学の観点からパターンおよびパターンラン ゲージを見直し研究テーマとしても確立 13 http://patterns-wg.fuka.info.waseda.ac.jp
  14. 14. 継続的: パターンは普遍的。 • 集中 セッション設置(年1-2回) – ウィンターワークショップ ’04より12年連続 – しばしば SES にも設置 – 問題意識や解決の取り組み,展望を共有し展望を議論 – 真に「ワークショップ」: 共同制作、共同執筆など • Alexander読書会(月1回) – Alexanderの思想を議論共有 – あらたなワークショップ考案など 14
  15. 15. 国際的: 世界的な広がり。 • International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu) ’07~’09 計3回 – ソフトウェアパターンと品質に関する国際ワークショップ • Asian Conference on Pattern Language of Programs (AsianPLoP) ‘11, ’13~’15 計4回 – パターンおよびパターンランゲージの作者が集い内容を 高め新たな創造も企図 – Hillside Groupの許可を得てアジア地域におけるPLoP 15 PLoP EuroPLoP SugarloafPLoP AsianPLoP VikingPLoP GuruPLoP
  16. 16. 学際的: パターンは領域を横断。 • Alexander読書会 – 開発者や建築家などが専門領域を超えて交流 • AsianPLoP: – 世界に先駆けて,非ソフトウェアエンジニアリング領 域の話題を豊富に – 開発者、建築家、教育者など様々な専門家 – 井庭崇氏によるパターンランゲージの人間行為への 積極的な展開によるところが大きい 16
  17. 17. 目次 • 個人的な想い • パターンとは • パターンワーキンググループ活動紹介 • AsianPLoP 2015開催報告 17
  18. 18. • Pattern Languages of Programs (PLoP®) • Opportunities for pattern authors to have their pattern languages critically reviewed by fellow authors • Community of trust – Shepherding process – Writer's Workshops • PLoP is a registered trademark of The Hillside Group. PLoPとは?
  19. 19. アジア周辺におけるPLoP • ’00-’02 Koala PLoP in Australia • ‘02 MensorePLoP in Japan • ‘08 miniPLoP in India • ‘10 1st AsianPLoP in Tokyo: @NII, 16 papers /40 participants, ACM DL • ‘11 2nd AsianPLoP in Tokyo: @Waseda, 28/55, ACM DL • ‘13 1st GuruPLoP in Bangalore • ‘14 3rd AsianPLoP in Tokyo: @NII, 26/60 2nd GuruPLoP in Chennai miniPLoP in Taipei • ‘15 4th AsianPLoP in Tokyo: @Waseda, 14/30
  20. 20. AsianPLoP 2015! • Sponsors: IPSJ/SIGSE Patterns WG and Waseda U. Global Software Engineering Laboratory • Shepherding process: Jan-Feb 2015 • 15 submissions, 13 accepted for Writers’ Workshop and 1 for Writing Group • 2 keynotes, 2 focused workshops, short excursion, and games! • 30 participants from Japan, USA, Taiwan, Italy, Finland etc. • Inclusion in ACM DL. (TBD) 20
  21. 21. ライターズワークショップで扱った パターンや論文 • プレゼンテーションではなく、著 者相互の改善に向けた批評 • ソフトウェア・IT系 (7編) – アジャイル開発,クラウド,セキュ リティ,並行性,プログラミング教 育など • 非IT系 (2) – ライフスタイル • パターン活動支援や手法・事 例 (5) – パターン抽出,作成・使用,ワー クショップ,習得など 21
  22. 22. 基調講演 • 中埜博 「JAPANESE SPIRITUALITY AND PATTERN LANGUAGE (日本的霊性とパ タンランゲージ)」 – センタリングプロセス – 日本や仏教の精神性(例: 鈴 木大拙),プロジェクトランゲ ージ等との関係 • James O. Coplien 「A Challenge to the (Japanese) Pattern Community」 – 美(beauty)の実現 – 「生き生きとした何かを備える 」「美を実現する」といった目 的を改めて明確化 22
  23. 23. チュートリアル、エクスカージョン他 • Joseph W. Yoder and Rebecca Wirfs-Brock 「 Shepherding Workshop」 – シェパーディングの考え方やコツの体験・議論 • Joseph W. Yoder and Rebecca Wirfs-Brock 「Processes for Making Lively Things」 – Alexanderの提唱する進化的・生成的な生き生きとしたも の・美を生み出すプロセスを議論 • 早稲田大学、近辺の神社や日本庭園訪問 – Nature of Orderで提唱される特性発見: Strong Center・・・ 23
  24. 24. 振り返り、ゲーム • 振り返り: Anger, Happy, Challenged, Surprised • ゲーム: リラックス、打 ち解け 24
  25. 25. おわりに • AsianPLoP&パターンWG – 継続、国際、学際 – 新たなアイディアや考え方を産む「創造的」コミュ ニティへ • 興味を持たれましたらぜひご参加・ご連絡! 25

×