Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

超スマート社会時代のイノベーティブ人材育成: enPiT-ProスマートエスイーにおけるAI・IoT×ビジネス教育

787 views

Published on

鷲崎弘宜, 超スマート社会時代のイノベーティブ人材育成: enPiT-ProスマートエスイーにおけるAI・IoT×ビジネス教育, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 KBSE 1月研究会, 招待講演, 国立情報学研究所, 2019年1月26日

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

超スマート社会時代のイノベーティブ人材育成: enPiT-ProスマートエスイーにおけるAI・IoT×ビジネス教育

  1. 1. ■代表機関:学校法人早稲田大学 ■共同申請(13校) 茨城大学 / 群馬大学 / 東京学芸大学 / 東京工業大学 / 大阪大学 / 九州大学 / 北陸先端科学技術大学院大学 / 奈良 先端科学技術大学院大学 / 工学院大学 / 東京工科大学 /東洋大学/鶴見大学/情報・システム研究機構(国立情報学研究所) ■連携機関(21組織、会員5000社超) 日本電気株式会社 / 富士通株式会社 / 株式会社日立製作所 / 株式会社東芝 / 株式会社いい生活 / ヤフー株式会社 / モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC) / 一般社団法人次世代センサ協議会(SENSOR) / 一般社団法人日本IT 団体連盟(ITrenmei) / 一般社団法人IT検証産業協会(IVIA) /一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)/ 一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA) / 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA) / 特定非営利活動法人全 脳アーキテクチャ・イニシアティブ(WBAI) / 一般社団法人新経済連盟(JANE) /先端IT活用推進コンソーシアム(AITC)/ 一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC) / 株式会社デンソー / 株式会社ハレックス / 株式会社情報医療 / 株式会社システム情報 ■協力機関(2組織) 立命館大学 / The BigClouT Project (EU, NICT) 早稲田大学 理工学術院総合研究所 最先端ICT基盤研究所 基幹理工学研究科 情報理工・情報通信専攻 鷲崎 弘宜(事業責任者) http://smartse.jp 超スマート社会時代のイノベーティブ人材育成: enPiT-ProスマートエスイーにおけるAI・IoT×ビジネス教育 文部科学省 平成29年度「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」 0
  2. 2. 目次 • 超スマート社会と課題 • enPiT-Proスマートエスイー • アーキテクチャと品質 • 技術×ビジネスと修了制作 • まとめ 1
  3. 3. 超スマート社会とイノベーション 2 広義のIoT サービス サービス化 データ駆動 データ循環 ビッグ データ フィード バック データ収集 AI データ必須 活用環境 IoTシステム活用 IoT 基盤技術 組織 と 社会 ビジネスや価値 イノベーション プロセス
  4. 4. 超スマート社会時代の課題と技術 • レイヤ: 不確実性・開放性、追跡性 • スケール: 大規模、複雑・多様 • ライフサイクル: 変化への適応、早さ 3 品質品質 レイヤ スケール クラウド IoT 確率・追跡 大規模・ 多様 人工知能・ 機械学習 オープンソース開発
  5. 5. 論理的推論 • 演繹 Deduction – 前提 A と規則 A ⇒ B から、結論 B の導出 • 類推 Analogy – 規則 a1 ⇒ B と 前提 a1 ≒ a2 から、規則 a2 ⇒ B をある程度の確度を持って推論 • 帰納 Induction – 前提 a1, a2, … と結論 B の複数の事例から、 規則 A ⇒ B をある程度の確度を持って推論 • 仮説形成 Abduction – 結論 b から、規則 a ⇒ b とすればうまく説明 できると仮定して、a を推論 4 これまで これから ク ラ ウ ド I o T 人 工 知 能 ・ 機 械 学 習 ア ジ ャ イ ル ・ D ev O ps デ ザ イ ン 思 考 オ | プ ン ソ | ス
  6. 6. 目次 • 超スマート社会と課題 • enPiT-Proスマートエスイー • アーキテクチャと品質 • 技術×ビジネスと修了制作 • まとめ 5
  7. 7. IoT/AI時代の先端IT人材不足 • 日本: 2020年に先端IT人材12.9万人必要、うち4.8万人不足 [MEXT] • 米国: ソフトウェア開発者ニーズ125万人(’16)から155万人(’26)に拡大 [ZDNet] 6[MEXT] 経済産業省, IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果, 2016年6月 [ZDNet] IT jobs in 2020, https://www.zdnet.com/article/it-jobs-in-2020-preparing-for-the-next-industrial-revolution/ 今後特に「大幅に不足する」先端 IT 人材 [MEXT16]
  8. 8. enPiT-Pro IT分野を中心とする体系的かつ高度で短期の 社会人向け実践教育プログラムと産学ネットワーク スマートエスイー IoT, AI, ビッグデータ×ビジネス 早稲田大学、茨城大学、群馬大学、 東京学芸大学、東京工業大学、 大阪大学、九州大学、 北陸先端科学技術大学院大学、 奈良先端科学技術大学院大学、 工学院大学、東京工科大学、 東洋大学、鶴見大学、 国立情報学研究所 • ‘17-’21、社会人学び直し、実践的 • 産業界&複数大学協働、PBL、MOOC enPiT-Pro Emb 車載組込み、IoT組込み 名古屋大学、静岡大学、広島 大学、愛媛大学、南山大学 ProSec 情報セキュリティ 情報セキュリティ大学院大学、 東北大学、大阪大学、和歌山 大学、九州大学、長崎県立 大学、慶應義塾大学 SI-IoTAiR AI, IoT, ロボット 北九州市立大学、九州工 業大学、熊本大学、宮崎 大学、広島市立大学 Open IoT教育 IoT, ICT 東洋大学、東京大学、 横浜国立大学、 名古屋大学、名城大学 • 働き方改革、第四次産業革命、人生100年 • 高度IT人材の深刻な不足 7
  9. 9. enPiT-Proスマートエスイーの全体像 8 組織 と 社会 プロセス 領域を超えた循環と 総合的アプローチ 領域を超えた循環と 総合的アプローチ ビジネス・価値との 繋がり ビジネス・価値との 繋がり 目標や状況に対応可能 な体系と学びやすさ 目標や状況に対応可能 な体系と学びやすさ スマート エスイー による解決 スマート エスイー による解決 ビジネス・デザイン思考 PBL&修了制作 ビジネス・デザイン思考 PBL&修了制作 柔軟な組み合わせ& オンライン配信 柔軟な組み合わせ& オンライン配信 必要な視点必要な視点 鷲崎弘宜, 内平直志, “IoT時代のイノベーションマネジメント教育”, 研究・イノベーション学会誌, Vol. 33, No. 4, 2018. フルスタック体系 共通例題&IoT/クラウド フルスタック体系 共通例題&IoT/クラウド 広義のIoT サービス サービス化 データ駆動 データ循環 ビッグ データ フィード バック データ収集 AI データ必須 活用環境 IoTシステム活用 IoT 基盤技術 ビジネスや価値 イノベーション
  10. 10. 目標: スマートシステム&サービス提供を通じた価値創造をリードする人材 9 アプリ ケーション ビジネス ・情報技術の実務経験 ・MCPC IoT資格検定 上級相当 相当の知識を各科目で確認 スマートシステム&サービス = ニーズに応じきめ細やかに必 要なもの・サービスを適応・効率的に提供する仕組み 進入条件進入条件 修了条件修了条件 ビジネスやイノベーション を見据え、 センサ群とクラウドを組み 合わせた IoTシステムを設計構築 組込み・ IoTプロフェッショナ ル 組込み・ IoTプロフェッショナ ル 情報処理 通信・ 物理 システム& サービスセキュリティ リーン デザイン思考 人工知能 ビッグデータ クラウド センサ・IoT ビッグデータに対し人工 知能を適用し未来予測、 適応的にサービスを クラウド上で提供する ビジネスモデルを デザイン&検証 クラウド・ ビジネスイノベーター クラウド・ ビジネスイノベーター システム群から全体を構成、セキュ リティを含む多面的品質評価、 ビッグデータ分析を通じ改善 システムオブシステムズ・ 品質アーキテクト システムオブシステムズ・ 品質アーキテクト ・MCPC IoT資格検定 中級相当 をベースとして教育プログラム が扱う領域全体の基礎知識を問 う入学試験の合格(到達見込者 は入門科目受講を必須として入 学を認める) ・修了制作による 価値創造デモンストレーション フルスタック+専門性 人材像② 人材像① 人材像③
  11. 11. 教育プログラム全体 10 スマート IoT システム ・ビジネス 入門 エントリ (入門) スタンダード (専門知識) アドバンスト (応用力) スマート IoT システム 開発実習 グロー バル 開発 実習 修了 制作 (企業に おける 実課題 の分析 ・解決) IoT イノベーション アーキテクチャ セキュリティ・ プライバシ・法令 組込み・リアル タイムシステム クラウドサービス ・分散システム 機械学習 推論・知識 処理・自然 言語処理 ビッグデータ センサ 無線通信・ IoT通信・センサー ネットワーク クラウド基盤 構築演習 総合実践 IoT版ビジネスモデル 仮説検証プログラム IoTとシステムズ アプローチ 物理・通信 情報処理 アプリケーション ビジネス 2019年度開講 深層学習 品質エンジニア リング 2019年度拡張
  12. 12. IoTヘルスケア共通例題と科目組み合わせ例 11 身体行動 データ 視線・まば たきデータ 疲労度 改善行動 生成 IoTデバイス管理 センサデータ管理 データ処理ツール予測 推薦 フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com) 収集 機械学習 ・深層学習 無線通信・IoT 通信・セン サーネット ワーク ビッグデータ マネジメント・ アナリティクス IoTノベー ション 疲れがたまって集中時 間が短くなってますね. コーヒーを飲んで気分 転換しましょう. クラウド 基盤構築 演習 センサ回 路・制御 クラウドサービ ス・分散システム アーキテク チャ・品質エン ジニアリング 関連 科目 IoTとシステ ムズアプ ローチ
  13. 13. 学びやすさの工夫とスケジュール 12 履修しやすさ履修しやすさ • 利便性の高い立地コレド日本橋 • 平日夜&土曜日開講 • 座学部分をオンライン提供 修了後のニーズに応じた動機づけ修了後のニーズに応じた動機づけ • 大規模大学ネットワークを活用修了 制作から大学接続や共同研究へ • 各科目を12時間、入門を含む多数科目 • iCD/ITSS+参照、演習中心 • IoTシステム技術検定 上級合格を目指す iCDと本受講科目との対応表の例 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 科目外 エントリ スタンダード アドバンスト オリエンテー ション オリエンテー ション 入門 入門 科目実施 科目実施 実習 実習 修了制作 修了制作 H33年から年度内2回実施予定 受講スケジュール (4月~9月)受講スケジュール (4月~9月) 修了要件修了要件 10科目120時間 50万円(税抜) 職業実践力育成プログラム (BP)認定申請中 iコンピテンシディクショナリ・スキル分類 K1 K2 (戦略) 市場機会の評価と選定 + + (戦略) マーケティング (戦略) 製品・サービス戦略 + ++
  14. 14. 2018年度 教育成果 13 13 正規受講: 30名 定員 20代から50代まで幅広い層、ITサービス、SI、組込み、発注側など 受講生アンケート評価(中間集計) 8割近くが総合満足、9割近くが必要な知識・先端知識獲得と自己評価 約半数が今後の共同研究や修士・博士進学を検討 JMOOC/gacco オンライン配信受講登録 http://gacco.org 約2万名 座学部分を一部提供
  15. 15. 1414 日刊工業新聞 2017/9/21 毎日新聞 2018/5/25
  16. 16. 指導体制 15 領域 領域リーダ 科目名 代表校・分担校 連携組織ほか 総合 実践 吉岡信和 国立情報 学研究所 スマートIoTシステム開発実習 鄭(早大) 土肥(レベルファイブ) グローバル開発実習 鷲崎(早大)ほか 修了制作 吉岡(NII)ほか モバイルコンピューティング推進コンソーシ アムほか ビジネ ス 内平直志 北陸先端 科学技術 大学院大学 スマートIoTシステム ・ビジネス入門 鄭(早大), 鷲崎(早大) モバイルコンピューティング推進コンソーシ アム IoT版ビジネスモデル仮説検証プログラム 堤, 飯野(早大) IoTイノベーション 内平(JAIST), 位野木(工 学院大) IoTとシステムズアプローチ 新谷, 鷲崎(早大) 高井(チェンジビジョン)、安藤 アプリ ケー ション 鄭顕志 早稲田大学 アーキテクチャ 鄭(早大) 久保秋(チェンジビジョン) 品質エンジニアリング 本田(早大) 早水(フォーマルテック) セキュリティ・プライバシ・法令 森, 内田(早大) 松崎(三菱総研),竹之内(NEC),井口(Kii) 組込み・リアルタイムシステム 戸川, 中島(早大) エンベックスエデュケーション/JASA クラウドサービス・分散システム 高橋(茨城大) 中島(レッドハット), 佐々木(楽天) 情報 処理 上田和紀 早稲田大学 ビッグデータマネジメント・アナリティクス 山名, 清水(早大) 星井(ヤフー), 山川, 大木(オラクル) 推論・知識処理・自然言語処理 上田, 菅原, 林(早大) 清水(ヤフー) 機械学習 小川, 坂本(早大) 清(電通大) 深層学習 エドガー(早大) 中井(グーグル),山口(サイバーエージェント) 物理 ・ 通信 山名早人 早稲田大学 クラウド基盤構築演習 横山(群馬大) 中島(レッドハット), 佐々木(楽天) 無線通信・IoT通信・センサーネットワーク 甲藤, 金井(早大) モバイルコンピューティング推進コンソーシ アム センサ 木村(早大) 次世代センサ協議会 全体統括・コーディネーション 運用とりまとめ・プログラム改訂 鷲崎弘宜 本位田真一 深澤良彰
  17. 17. 目次 • 超スマート社会と課題 • enPiT-Proスマートエスイー • アーキテクチャと品質 • 技術×ビジネスと修了制作 • まとめ 16
  18. 18. アーキテクチャとは • システムの基本的な概念や性質 [ISO/IEC/IEEE 42010] – 構成要素、要素間の関係、設計・進化の原則から成る – 効果:理解、再利用、構築、進化、分析、管理 [Garlan14] • IoTシステムにおける必要性 – 大規模化/複雑化に伴い、途中で変更することが困難 – 非機能要求(信頼性/性能/拡張性などの向上)の増大 – 多種多様な技術、環境、サービスの組み合わせの意思決定 17 実装要求 設計 実装 実装・進化 達成 準拠 達成 アーキテクチャ 図: CMU SEI, Software Architecture, http://www.sei.cmu.edu/architecture 図: 鄭顕志,”アーキテクチャ・品質エンジニアリング”, スマートエスイー, 2018
  19. 19. 例:Netflixのアーキテクチャ [Toth]で記載されたものを簡略化 18 Browser (Smart) TV Mobile/Tablet Gaming Console Media-Player Load Balancer (Amazon ELB) WebAPIGateway Streaming Control API Cassandra Cluster AmazonS3 AmazonSQS Playback UserProfile DRM Review Search Notifications Video History Recommendation … Edge Services Backend Services Mid-tire Services IaaS Services HTTP request REST aync. REST aync. Platform Services ServiceRegistry Security,Monitoring,Configuration, Logging,Rx,Dynamicrouting,Caching,… [Toth] Stefan Toth, An Inverse Evaluation of Netflix Architecture Using ATAM, SATURN2016 図: 鄭顕志,”アーキテクチャ・品質エンジニアリング”, スマートエスイー, 2018
  20. 20. パターン、参照アーキテクチャ、実現手法 • アーキテクチャスタイル(パターン) – 典型的な優れたアーキテクチャ設計を導出する過程 をパターン(再利用可能なノウハウ)として表したもの • 参照アーキテクチャ – 特定ドメインのためのテンプレート • 実現手法 – 特定品質を満足する実装技術、パターン、原則 19 再利用して効率的かつ効果的にアーキテクチャ設計 一部: 鄭顕志,”アーキテクチャ・品質エンジニアリング”, スマートエスイー, 2018 刺激源 成果物 環境 刺激 応答 応答測定法 実現手法 アーキテクチャパ ターン/スタイル アーキテクチャパ ターン/スタイル
  21. 21. 組み入れ: IoT+機械学習アーキテクチャ[Azure] 20 ActionsThings Insights Data Stream Data Stream IoT Devices Cloud Gateway (IoT Hub) Stream Processing Warm Path Store UI & Reporting Tools Business Integration Device management Store data Integrate with business process Visualize data and learningStream processing and rules evaluation over data Data Stream Data Stream IoT Edge Devices Data Transfor mation Cold Path Store Machine Learning User Management Microsoft, Azure IoT Reference Architecture, https://aka.ms/iotrefarchitecture 鄭顕志,”アーキテクチャ・品質エンジニアリング”, スマートエスイー, 2018 Dataset Transfor mer Storage Trainer Modelbatch Model API Exper iment 久保隆宏, 機械学習モデル構築のパターン, 2018 https://www.slideshare.net/takahirokubo7792/2018-97367311 機械学習のアーキテクチャ詳細 [久保18]
  22. 22. 21 Google, 黒人画像を「ゴリ ラ」と自動認識, 2015 Tesla, まぶしい空に対して白いトレーラーを認識できず, 2016 https://www.straitstimes.com/world/united-states/tesla-car-on-autopilot-crashes-killing-driver https://www.youtube.com/watch?time_continue=40&v=9I5rraWJq6E https://www.theguardian.com/technology/2015/jul/01/google- sorry-racist-auto-tag-photo-app Microsoft, Twitterボット が問題発言, 2016 https://www.theverge.com/2016/3/24/11297050/tay- microsoft-chatbot-racist 参考: 石川冬樹,機械学習における品質保証のチャレンジ, トップエスイーシンポジウム2017 性能 合目的性 想定外へ の対応 性能 網羅性
  23. 23. 機械学習によるパラダイム転換と品質エンジニアリング 22 目標 学習データ 学習済み モデル 活動 / システム (動作) 目標 モデル 活動 / システム (動作) データ 従来のエンジニアリング: 演繹的(モデルが最初に与えられる) 機械学習ベース:帰納的(モデル・アルゴリズムがデータで決まる) 参考: 丸山 宏, 機械学習工学に向けて, JST機械学習型システム開発へのパラダイム転換, 2017 E. Breck et al., The ML Test Score: A Rubric for ML Production Readiness and Technical Debt Reduction, IEEE Big Data 2017 内平 直志, 「人工知能とソフトウェア工学・品質管理」, 第33年度ソフトウェア品質管理研究会第7回特別講義, 2017 ミス・偏りの 無さ、網羅性 性能、頑健さ、 解釈・説明性 合目的性、 想定外対応 モデルテスト 複数モデル 感度分析・逆追跡 モニタリング 失敗対策 上位目標 データテスト メタモルフィック テスティング 組み入れ正しさ 品質保証全体 アーキテクチャ 段階的設計・検証 機械「教育」
  24. 24. メタモルフィックテスト Metamorphic Testing • メタモルフィック関係に基づき大量に試験 • 入力への変化により、出力の変化を予想できる関係 – 例: A の検索結果数 ≧ A かつ B の検索結果数 – 例: sin(x) = sin(x + 360度) 23 入力の変化 出力の変化 並び変え 無し ノイズの追加 意味的に同じもの 統計的に同じもの 経験的に近いもの 僅か 定数の加算、乗算 定数の加算、乗算 狭める 部分集合 全く異なるもの 互いに素 x t(x) f(x) g(f(x)) 変換t 変換g 参考: S. Segura et al., "Metamorphic Testing of RESTful Web APIs," IEEE Transactions on Software Engineering, 2017 参考: C. Murphy, “Applications of Metamorphic Testing”, http://www.cis.upenn.edu/~cdmurphy/pubs/MetamorphicTesting-Columbia-17Nov2011.ppt f(t(x))= 変換f 変換f
  25. 25. 機械学習による画像認識のテスト例 • ノイズ追加等によるメタモルフィックテスト 24 明度 レンズ の汚れ 障害物 自動運転車の場合文字認識の場合 Y Tian, et al., DeepTest: Automated Testing of Deep-Neural-Network-driven Autonomous Cars, ICSE 2018 https://arxiv.org/pdf/1708.08559.pdf 参考: 本田澄,アーキテクチャ・品質エンジニアリング, スマートエスイー講義資料, 2018
  26. 26. 合目的性: 目標・戦略・データの整合化(例 GQM+Strategies) 25 顧客からの不具合 報告を削減できて いる G: コードの 保守性を定量 評価できている ソフトウェアの保守 性を改善する テスト効率を改善 する 開発時にコードの 保守性評価を20% 改善できている 製品の品質を改善 する 顧客満足度を向上 できている 製品の品質が 高ければ・・・ Q1 Q2 M1 M2 ビジネス レベル ソリューション 事業部 (ソフトウェア レベル) 組織 目標 戦略 品質保証 チーム 開発チーム テストプロセスを 改善する G: 不具合報告を カウントできている G: 顧客満足度を 定量評価できている 仮定・ 事実 Victor Basili, et al., 著, 鷲崎弘宜ほか訳, “ゴール&ストラテジ入門: 残念なシステムの無くし方 (GQM+Strategies)”, オーム社, 2015
  27. 27. 目次 • 超スマート社会と課題 • enPiT-Proスマートエスイー • アーキテクチャと品質 • 技術×ビジネスと修了制作 • まとめ 26
  28. 28. 再掲: 超スマート社会とイノベーション 27 広義のIoT サービス サービス化 データ駆動 データ循環 ビッグ データ フィード バック データ収集 AI データ必須 活用環境 IoTシステム活用 IoT 基盤技術 組織 と 社会 ビジネスや価値 イノベーション プロセス
  29. 29. 修了制作例1: エコシステムの分析 とIoTプラットフォーム構築 28 八十岡恒人,矢頭岳人, “IoTプラットフォームビジネス・エコシステム構築手法の提案”, スマートエスイー2018年度修了制作
  30. 30. 修了制作例2: IoTデバイスと機械学習 29 植松祥吾, “強化学習を用いた光の自動追尾システムの開発 ~ひまわりシステム~”, スマートエスイー2018年度修了制作
  31. 31. 目次 • 超スマート社会と課題 • enPiT-Proスマートエスイー • アーキテクチャと品質 • 技術×ビジネスと修了制作 • まとめ 30
  32. 32. 普及展開: コンソーシアム設立へ 31 全国ネットワークの活用全国ネットワークの活用 北九州地区 • 電子産業系企業群と北九州コンソーシアム を設立済 • 早稲田大学とコンソーシアムで社会人の学び なおし事業をすでに実施中(IoTビジネス構 想ワークショップ) • コンソーシアム関連地元企業への教育展開、 大学院入学・共同研究を促進 関西地区 • 開発した教材を活用は、各地区に展開し、 各地の社会人教育に活用する • 補助期間中に大学ネットワーク をさらに拡大する(立命大等) 産学連携・コンソーシアム設立産学連携・コンソーシアム設立 • 教材開発段階から企業との連携関係を作り、 受講者を獲得する • ニーズに即した科目設計と充実の教育内容 各地域の地場産業や地元企業との共同研究に つながる深い連携を促したり、大学院入学へ の接続の促進 • オンライン教材の広報を企業向けに積極的に 行う • PBLを除く全必修科目を部分的にオンラ イン提供し場所や時間の制約を軽減する • 導入部分は知名度の高い 「オンライン大学講座JMOOC」にて 発信(無料)広く一般に提供する 東芝, 富士通, 日本電気 日立製作所, いい生活, ヤフー 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ デンソー,ハレックス,情報医療,システム情報 モバイルコンピューティング推進コンソーシアム 新経済連盟, 日本IT団体連盟 IT検証産業協会, 次世代センサ協議会 電子情報技術産業協会 組込みシステム技術協会 コンピュータソフトウェア協会 先端IT活用推進コンソーシアム + 連携企業(会員企業含め5000社超) オンライン講座の普及オンライン講座の普及 関東地区 北陸地区 東京地区 立命館大学(協力校)
  33. 33. まとめ • 第四次産業革命&人生100年時代の学び直し、高度IT人材 – 演繹から帰納さらには仮説形成へ – フルスタック+専門性 • enPiT-Proスマートエスイー 2019年度 – AI・IoT・ビッグデータの最先端ICT技術×ビジネス – 2月12日まで申し込み受付、合格発表3月初旬まで、4月開講 – コンソーシアム設立、全国展開へ 32 超スマート社会時代を切り拓く最先端の教育、研 究、交流のプラットフォーム「スマートエスイー」へ ぜひ参画ください!

×