Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

研究のデザイン入門2017

299 views

Published on

鷲崎弘宜, "研究のデザイン入門", SQiP研究会, 第1回例会, 2017

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

研究のデザイン入門2017

  1. 1. 研究のデザイン 入門 2017 鷲崎 弘宜 早稲田大学 グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 @Hiro_Washi washizaki@waseda.jp SQiP研究会 ミニ講座 2017年5月12日
  2. 2. 研究(research)とは何か • おおざっぱに言えば「仮説の検証」 • 良い研究であるために: – 新たな仮説 Hypothesis、対応する研究課題 Research Questionを掲げている – 仮説を検証し、研究課題に応えている • 結果として – 得られた知識が人々やコミュニティに貢献する – 知的に興奮する 2
  3. 3. 仮説 Hypothesis と 研究課題 Research Questions • 仮説: 現象や法則を説明するための仮定 – 重大であること – 真の問題(ラストプロブレム)であること。Why? • 研究課題: 仮説に応じ、研究で応える問いかけ – どのような方法をとればよいか? – どのように評価すればよいか? – どの程度、良いか? – 他の状況でも通用するか、 現実に使えるか? 3
  4. 4. 仮説と研究課題の例 • 仮説 – OK: レビュー時に観点が定まっていないと、効率よく問 題を指摘できない。観点が定まっていることで、集中し て効率よく重大な問題を指摘できる。 • 研究課題例 – NG: 観点を設定したレビューは有効か? – OK: レビューにおいて(どのような)観点を設定できるか ? – OK: 観点を設定した場合としない場合とではレビューに おける時間あたりの指摘問題数(あるいは重大さ)は 異なるか? – OK: 現実の開発において観点を設定したレビューを実 施できるか? 4
  5. 5. 研究の進め方 • NG – やることありき(例: 〇〇を使おう) – 後付けの実験考察(例: 評価の仕方は実験して から考えよう) – 一度きりであきらめる • OK – 目的と仮説ありき – 応えたい研究課題を決めて実験の繰り返し “ I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.” -- Thomas Edison 5
  6. 6. 理想的にはイテラティブ • 5月: 初期調査し、ゴール案を決める。 • 6月 • 7月 • 8-10月 • 11月 • 12月 • 1月: 論文を完成させる • 2月: 論文を発表し、反応をフィードバックさせ る • 3月- 卒業、対外的に投稿し発表する 6 ・仮説、研究課題、回答方法を検討 ・仮説に基づき提案内容を進める ・実験 or 調査する ・結果を考察する 2-3回
  7. 7. 論文(paper)を書こう • 論文とは – 論議する文。筋道を立てて述べた文 -- 広 辞苑 – 学問の研究成果などのあるテーマについ て論理的な手法で書き記した文章 -- Wikipedia – NOT 報告(やっこう)、作文 • 誰のために – 自身:論理的思考研鑽、問題解決掘りさげ – 組織: 根拠ある積み重ね – ミライの誰か: 学問の形成、社会貢献 7
  8. 8. 研究論文を書く上で大事なのは・・・ 良い論文を読むこと。 良い研究をすること。 これらに勝るものなし。 • Do exciting research, and the papers will come [Orso] 8
  9. 9. 研究論文を書く上で大事なこと • 記述が論理的で納得できる – 論理的繋がり、議論、根拠 • 主張が明快で絞られている – 問題・仮説、研究課題、解決 • 第三者にとって読みやすい – 典型的な論文構成に沿う – 結論が先 – 例、図表を中心に展開 9
  10. 10. まとめ • 研究とは「仮説の検証」である。仮説とそれに応 じた研究課題が重要。 • 何かをする前にゴール・仮説・研究課題・回答 方法を検討しておくこと。 • 研究の早い段階から論文を書き始める • 論文を書こう。自分、自組織、学問・社会。 • 論文は報告・作文とは異なる • 論文は論理的に納得できて、主張が明快で、読 みやすいこと(文章作法に従うこと) • 典型的な論文構成を抑えよう 10 ※また次回!
  11. 11. 既存の良い資料 • [鵜林] 鵜林尚靖、"世界を目指す論文の書き方 ~ 不採録 コメントに学ぶ ~"、SES2011チュートリアル http://ws.cs.kobe-u.ac.jp/~masa- n/ses2011/ses2011_tutorial2.pdf • [Orso] Alex Orso, How to Get My Paper Accepted at Top Software Engineering Conferences, http://www.slideshare.net/alexorso/how-to-get-my-paper- accepted-at-top-software-engineering-conferences • [千葉] 千葉滋, “論文の書き方” http://www.csg.is.titech.ac.jp/~chiba/writing/ • [Shaw] Mary Shaw, "Writing Good Software Engineering Research Papers," ICSE'03, mini tutorial http://www.cs.cmu.edu/~Compose/shaw-icse03.pdf • [浦野] 浦野研, “「よい研究」の条件と種類”,日本コミュニケ ーション学会(CAJ)第18 回北海道支部研究大会, http://www.urano-ken.com/research/caj2009_handout.pdf 11

×