Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

プラトン

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
第7講 テスト.Pptx
第7講 テスト.Pptx
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 44 Ad
Advertisement

More Related Content

More from Hiromu Yakura (15)

Advertisement

Recently uploaded (20)

プラトン

  1. 1. プラトン イデア、エロティシズム、そしてプラトニックラブとはなにか
  2. 2. Platon (427B.C. - 347B.C. ) プラトンは、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子に して、アリストテレスの師に当たる。 プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイト ヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」 という趣旨のことを述べた。『ソクラテスの弁明』や『国家』等 の著作で知られる。現存する著作の大半は対話 という形式を取 っており、一部の例外を除けば、プラトンの師であるソクラテス を主要な語り手とする。
  3. 3. 忙しい人のためのプラトンの半生
  4. 4. 生まれる (427B.C.) • 両親とも貴族 • 本名: アリストクレス • 「プラトン」というあだ名は 「肩幅が広い」という意味
  5. 5. ソクラテスに師事 (407B.C.) • それ以前にヘラクレイトスから 自然哲学を学んでいたらしい (アリストテレス談) • 当時20歳のプラトンが 41歳年上のソクラテスに 付いて行った
  6. 6. ソクラテス処刑 (399B.C.) • これで政治から離れることに (当時28歳) • しばらく地中海諸国を旅する • この時に「ソクラテスの弁明」 などを著作
  7. 7. アカデメイア設立 (386B.C) • アテネに戻り 世界初の大学を設立 (当時41歳) • これ以降、20年ほどアテネで 「パイドン」などを著作
  8. 8. プラトニズムとは
  9. 9. 時代背景 • ペロポネソス戦争に負け、アテネでは恐怖政治が行われていた時代 • 詭弁論などで相手を説得するソフィストがもてはやされた • 「社会的なゲーム(=成功ゲーム)と生活の中でのモラルゲームは、こういった 状況の中で人々の『善し悪し』を反転させ、(中略)生きることが欺瞞と虚偽 に満ちたものだという意識を人々に強いる」
  10. 10. ソクラテス=プラトン思想の誕生 • 「この危機を克服するには、もう一度人間的な『価値』の意味と根拠を確認 しなおすほかはない」 • 「魂への配慮」が重要だ!!
  11. 11. ソクラテス=プラトン思想の誕生 • 「この危機を克服するには、もう一度人間的な『価値』の意味と根拠を確認 しなおすほかはない」 • 「魂への配慮」が重要だ!! 別に 死んでもええで
  12. 12. ソクラテス=プラトン思想の誕生 • 「この危機を克服するには、もう一度人間的な『価値』の意味と根拠を確認 しなおすほかはない」 • 「魂への配慮」が重要だ!! 善き魂は 実現できるから
  13. 13. 「“傾倒”したプラトニズム」 師匠死んでもうた... それにしても
  14. 14. 「“傾倒”したプラトニズム」 なぜあの人は あんなに楽しそうに 死ねるのだろう
  15. 15. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」
  16. 16. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 肉体 魂
  17. 17. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 肉体 魂 真実在
  18. 18. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 • 「ただしく知を求める人は、まさしく死ぬことを練習している」
  19. 19. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 • 「ただしく知を求める人は、まさしく死ぬことを練習している」 • 不純な肉体によって、純粋な魂を損なっているのでできるだけ早く肉体から 抜け出なければならない
  20. 20. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 • 「ただしく知を求める人は、まさしく死ぬことを練習している」 • 不純な肉体によって、純粋な魂を損なっているのでできるだけ早く肉体から 抜け出なければならない ニーチェ (1844-1900) 「死を克服する思想」だ
  21. 21. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 • 「ただしく知を求める人は、まさしく死ぬことを練習している」 • 不純な肉体によって、純粋な魂を損なっているのでできるだけ早く肉体から 抜け出なければならない ニーチェ (1844-1900) ある信念のためには死んでもいい ↓
  22. 22. 「“傾倒”したプラトニズム」 • 「人間は『真実在』を感覚によって捉えることができない。感覚は相対的で あり、またいわば肉体的な欲望にけがされているからだ。」 • 「死」は「魂の、肉体からの解放と分離」 • 「ただしく知を求める人は、まさしく死ぬことを練習している」 • 不純な肉体によって、純粋な魂を損なっているのでできるだけ早く肉体から 抜け出なければならない ニーチェ (1844-1900) ある信念のためには死んでもいい ↓ 自分の死の覚悟をもとに  「正しい信念のためには     他人を殺してもよい」
  23. 23. イデアとは
  24. 24. イデアとはなにか • 真実在 = イデア
  25. 25. イデアとはなにか • 真実在 = イデア
  26. 26. イデアとはなにか • 真実在 = イデア 手書きの三角形でも 三角形って認識できる
  27. 27. イデアとはなにか • 真実在 = イデア 手書きの三角形でも 三角形って認識できる 三角形のイデアによる
  28. 28. イデアとはなにか • 真実在 = イデア • 美しいものには、「美」たらしめる「美の本質」がある
  29. 29. イデアとはなにか • 真実在 = イデア • 美しいものには、「美」たらしめる「美の本質」がある 物
  30. 30. イデアとはなにか • 真実在 = イデア • 美しいものには、「美」たらしめる「美の本質」がある 美しい 物 美のイデア
  31. 31. イデアとはなにか • 真実在 = イデア • 美しいものには、「美」たらしめる「美の本質」がある • イデアは、事物が「何であるか」という「真理性の根拠」でもあり、 事物が「認識される」という「認識根拠」である • そして、「存在根拠」でもある
  32. 32. 善のイデアとは • すべてのイデアの最高位置に「善のイデア」がある • 「善いものを求める」人間の魂の本性がすべての物を存在させている • つまり「善のイデア」が「根源的存在」であり 「ほんとう」を求めるへの欲望のゴールである
  33. 33. エロティシズムとプラトニズム
  34. 34. 「美のイデア」と「恋」 • 「恋」の根拠は「ほんとうのもの」を求める人間の欲望である • 人間は、「恋」によって「美のイデア」を求め その先にある「善のイデア」、ひいては「ほんとう」を求める • 「自分に欠けている美」を求めることで「超越性」を生み出す
  35. 35. 「エロティシズム」と「プラトニックラブ」 • 「肉体」の美しさを追い求める = 「エロティシズム」 • 結果としての「出産」 肉体 魂
  36. 36. 「エロティシズム」と「プラトニックラブ」 • 「肉体」の美しさを追い求める = 「エロティシズム」 • 結果としての「出産」 • 「魂」の美しさを追い求める = 「プラトニックラブ」 • 結果としての「深い『知識』の出産」 肉体 魂
  37. 37. 「エロティシズム」 vs. 「プラトニックラブ」 • エロティシズムはプラトニックラブに反するものではない • エロティシズムの上位にあるのがプラトニックラブ
  38. 38. 「エロティシズム」 vs. 「プラトニックラブ」 • エロティシズムはプラトニックラブに反するものではない • エロティシズムの上位にあるのがプラトニックラブ • 魂の純粋性 = 「プラトニズム」 • 少年愛
  39. 39. 「エロティシズム」 vs. 「プラトニックラブ」 • なぜエロティシズムはプラトニックラブに反するものと考えられたか
  40. 40. 「エロティシズム」 vs. 「プラトニックラブ」 • なぜエロティシズムはプラトニックラブに反するものと考えられたか • キリスト教的貞操感 • 「エロティシズム」的感情と「プラトニックラブ」的感情の 藤 • 恋人の双方が「プラトニズム」な合意に至ると 「エロティシズム」は打ち消される
  41. 41. 最後に
  42. 42. まとめ • 「プラトニックラブ」は「エロティシズム」を排斥した純愛ではない • 「プラトニックラブ」は「エロティシズム」の上位である • 純愛に り着けば、自ずから「エロティシズム」は消滅する
  43. 43. まとめ • 「プラトニックラブ」は「エロティシズム」を排斥した純愛ではない • 「プラトニックラブ」は「エロティシズム」の上位である • 純愛に り着けば、自ずから「エロティシズム」は消滅する • 「プラトニックラブ」は「美のイデア」を追い求める究極の形態である • そして、その根源には「ほんとう」を追い求める人間の欲望がある
  44. 44. 感想 • あんまりしっくりきていない部分もある • 「プラトニックラブ」と「エロティシズム」の対立を生み出したのは 「霊肉二元論」 • 「霊肉二元論」はソクラテス=プラトンに端を発する • ニーチェのプラトン批判がしっくりくる部分もあった

×