Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

モダナイゼーションがもたらす未来

6,316 views

Published on

2015/4/23開催「ITモダナイゼーションSummit」セッションB-1
ゼンアーキテクツ岡 大勝による特別講演の資料です。

ITモダナイゼーションSummit(日経日経BPイノベーションICT研究所主催)
http://ac.nikkeibp.co.jp/nos/modernization_04/

Published in: Software
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

モダナイゼーションがもたらす未来

  1. 1. モダナイゼーションがもたらす未来 株式会社ゼンアーキテクツ 岡 大勝 1 2015.4.23 IT Modernization bring thefuture
  2. 2. 自己紹介 株式会社ゼンアーキテクツ 代表取締役 CEO チーフアーキテクト 岡 大勝 Oka Hiromasa 日本DEC、日本HPにて銀行・生保・損保の資産運 用系システムに携わる。 日本ラショナルソフトウェアではオブジェクト指 向と開発プロセスの普及に努め、 2003年、ゼンアーキテクツを設立。 現在はエンタープライズ・アジャイルの現場適用支 援を中心に活動している。1972年生まれ。 著作:「本当に使える開発プロセス(日経BP社)」 「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー (翔泳社)」、他
  3. 3. 本日のながれ 1. 「ITモダナイゼーション」の9つの手法 2. 企業システムの未来に向けたアプローチ
  4. 4. 「再構築 vs 改修」 • 必ず起きる論争。 • 再構築へ傾きやすい。 • ただ「改修」ではなく、選択肢はいくつもある。 • 改修の選択肢が「モダナイゼーション」
  5. 5. 「ITモダナイゼーション」 • ITモダナイゼーションは、組織のIT文化をオーバーホールする ことだと言える。 • IT組織は、技術とスキルの革新、そしてビジネスからのプレッ シャーに直面しており、過去に作られたIT資産を、これから求 められる未来の姿に近づけていくことが求められる。 https://www.gartner.com/it/products/research/it_modernization/it_modernization08.jsp
  6. 6. 外的要因内的要因 保守切れ • ハードウェア • OS • ミドルウェア • フレームワーク • 開発プラットフォーム 非機能要求の変化 機能要求の変化 • 性能 • キャパシティ • 可用性 契約の変更・終了 • データセンター • 開発ベンダー • 企業買収 • セキュリティ • ユーザビリティ • 業務処理の変化 • 新業務の追加 • 業務革新 モダナイゼーションの動機 本当は使い続けたいのだけれども、手を入れなければならない。
  7. 7. 9. リビルド:Re-Build 1. リラーン:Re-Learn 2. リドキュメント:Re-Document 3. リファクター:Re-Factor 4. リホスト:Re-Host 5. リインタフェース:Re-Interface 6. ラッピング:Wrapping 7. リライト:Re-Write 8. リプレース:Re-Place 準備的モダナイゼーション 中核的モダナイゼーション 再構築的モダナイゼーション ITモダナイゼーションの9つの手法 改修規模 小 大
  8. 8. サーバハードウェア / OS ミドルウェア / フレームワーク サーバアプリケーション クライアントアプリケーション クライアントハードウェア / OS DBMS データ リホスト リホスト (Re-Host) リホスト アプリケーションやミドルウェアに手を入れることなく、サーバハード ウェアを交換する。OSバージョンが変更されることにより、ミドルウェア に影響を与える場合がある。 • HWの保守切れ(外的) • 非機能要求の増大(内的) • TCO削減(内的) 制約から逃れられないこと が多い。検討時から実現可 能性検証を。 動 機
  9. 9. サーバハードウェア / OS ミドルウェア / フレームワーク サーバアプリケーション クライアントアプリケーション クライアントハードウェア / OS DBMS データ リインタフェース (Re-Interface) サーバアプリケーションに手を入れることなく、ユーザーインタフェースの刷新を行う。 クライアント/サーバー型アプリケーションでは現実的だが、レガシーWebシステムはUI の結合度が高いため注意が必要。 リインタフェース • UIのモダナイズ(内的) • 配布コスト削減(内的) • 旧バージョンが入手不可 (外的) 最も検討される。アプリ ケーションの構造によって はリライトに発展。 動 機
  10. 10. サーバハードウェア / OS ミドルウェア / フレームワーク サーバアプリケーション クライアントアプリ ケーション クライアントハード ウェア / OS DBMS データ クライアントとサーバの中間にラッピング層を設け、インタフェースおよびプロトコル 変換を行うことで、サーバーアプリケーションへのアクセス多様性を実現する。 ラッピング (Wrapping) ラッピング層 他システム ラッピング • リインタフェースの手段 • アクセシビリティ向上(内的) • システムの機能を外から利用 (内的) C/Sはスムーズ。レガシー Webは注意が必要。 動 機
  11. 11. サーバハードウェア / OS ミドルウェア / フレームワーク Webアプリケーション DBMS データ リコード (Re-Write) 既存の機能を変更することなく、コード(プログラム)の全面書き換えを行う。 ミドルウェアやフレームワークの更新を伴うことが多い。 リライト Webブラウザ • MWの保守切れ(外的) • プラットフォームの刷新(内的) • アプリ修正コストの増大(内的) 同一にこだわりすぎない。 ツールに依存しすぎない。 「仕様確定済み」が最大のメ リット。 動 機
  12. 12. Modernization は 老朽化したシステムを 延命 すること? • 長く使っていくための「再生」であり「変革」 Transformation 老朽化システム 延命 再生/変革 リビルド? リプレース?
  13. 13. 未来に向かうための 境界線 何を生かし、何を捨てるのか。 ライフサイクルの違いに着目 • ビジネスモデル/データモデル:30年 • システム基盤(HW/OS/MW):10年 • ユーザーインタフェース/デバイス/UX:5年未満 「ハードウェアを入れ替えながらも、 ソフトウェア資産はそのまま移行して使い続けたい」 HP-UX 11i 製品紹介より 基盤とUIは ライフサイクルが異なる
  14. 14. Enterprise Architecture Framework Business Data Application Technology • カスタムアプリケーション • パッケージアプリケーション • サービス/プロセス実装 etc • 保持データ • データ構造 • データ管理 etc… • 業務プロセス • 業務ルール • 組織構造 etc… • ハードウェア(サーバ、NW等) • ソフトウェア(言語、ミドル、UI等) • データセンター、回線 etc… FEAF Architectural Model http://en.wikipedia.org/wiki/Federal_enterprise_architecture ライフサイクル 長 短
  15. 15. Technology (Infrastructure) ライフサイクルによる境界線の識別(1) Application (Services) Technology (UI/UX) Data (Database) Business Technologyは消耗品
  16. 16. Technology (Infrastructure) ライフサイクルによる境界線の識別(2) Application (Services) Technology (UI/UX) Data (Database) Business ApplicationとDataを、活かす
  17. 17. API-based Web Application Architecture <モダンWebアプリ> • フロント・バックの疎結合 • デザインと基盤の分離 • Req : REST API • Res : JSON • バックエンドを軽く • フロントですべきことは、フロントで。 無駄なデータ転送を削減。 • Front-End : 70%のコード • Back-End : 30%のコード • バックエンドは堅く • 認証やバリデーションは、勝手に作 り込まない。 • Authentication • Validation • ORM • HTML5 Ready • WebSocket • WebStorage JSON Front-End <Web Browser> Back-End <Server App> Database SPA (Single Page Application) JavaScript MVVM Framework JavaScript Business Logics HTML5/CSS3/JavaScript Data Processing Authentication Validation ORM Logging REST API
  18. 18. Cloud / Container / Virtualization • Portability • 軽量で柔軟なアプリケーション配備 • サーバは落ちるもの。スケールアウト+迅速な起動。 • PaaS : CloudFoundry, Azure AppService • Container : Docker, EC2 Container • Reliability • 堅牢なデータ保持環境 • データは消えないもの。遠隔地多重保持で当然。 • Storage : Amazon S3, EBS, Azure Storage • Database : Azure SQL Database, Aurora • トレードオフの選択肢 • 「自由度」と「軽さ」 • IaaSは自由だが、Technologyのコントロールが必要 • PaaSは軽量だが、環境制約に縛られる Datacenter Networking Storage Server Virtualization Container O/S Middleware Runtime Data PaaS(Platform) SaaS(Software) CaaS(Container) IaaS(Infrastructure) Application
  19. 19. Technology (Infrastructure) Infrastructure モダナイゼーション Application (Services) Technology (UI/UX) Data (Database) Business Re-Host Windows Server 2003 → Virtualization (Microsoft Azure VM / Hyper-V) Re-Write Windows Server 2003 → PaaS (Microsoft Azure AppService)
  20. 20. Technology (Infrastructure) UI/UX モダナイゼーション Application (Services) Technology (UI/UX) Data (Database) Business Wrapping Re-Interface Legacy Web UI → REST/JSON Interface + API Based Web App MF, UNIX Service → REST/JSON Wrapper + API Based Web App REST/JSON I/F
  21. 21. 「再生」から「サービス」そして 「エコシステム(生態系)」へ • 「木」から「森」、個別最適から全体最適 • エコシステムの「サービス」として再生 • Solution/ Segment/ Enterprise Architecture 老朽化システム 再生済 (Modernized) システム エコシステム
  22. 22. 個別最適からの脱却を目指して • 既存システムを「サービス群」として捉える • 目に見えるものに囚われない MainFrame HP-UX OpenStack/VM Windows ServerLinux ServerAWS 契約 取引 請求 支払 顧客 申込 履歴 ナレッジ 人事 給与 会計 商品在庫 カスタマーリレーション PHP App 人事・給与・会計 Package 在庫管理 Java Web App 請求支払管理 C++ App 契約管理 Package 申込受付 Java Web App Application Data Technology 保守切れ 業務 効率化新制度 対応 利便性 悪い スマホ 対応
  23. 23. 新陳代謝するエコシステムへ MainFrame HP-UX OpenStack/VM Windows ServerLinux ServerAWS 契約 取引 請求 支払 顧客 申込 履歴 ナレッジ 人事 給与 会計 商品在庫 Technology (Infra) カスタマーリレーション PHP App 人事・給与・会計 Package 在庫管理 Java App 請求支払管理 C++ App 契約管理 Package 申込受付 Java Web App Application Data Re-Host REST API Wrapping 請求支払 WebApp Web給与 明細 REST API 企業間取引電子化 REST API 電子 契約書 サービスデスク モダンWebApp REST API Re- Interface Technology (UI/UX)申込受付 iPhone App Applicationと UIを分離
  24. 24. 「アプリケーション = API」 http://docs.openstack.org/openstack-ops/content/architecture.html
  25. 25. エンタープライズ・エコシステム構築の観 点 • Lifecycle(ライフサイクル) • 適切なライフサイクルでの新陳代謝 → Enterprise Architecture • Loose Coupling (疎結合) • 責務/ライフサイクルで交換可能 → サービス化、SOA • Latest Technology (最新技術の採用) • その時代のテクノロジーを活用 → API based WebApp “3L”
  26. 26. 本セッションのまとめ • モダナイゼーションはTransformation(進化) • モダナイゼーション手法は9種類 • システム単独ではなく、エコシステム全体の進化を見据える • ライフサイクルに着目 • その動機はどのレイヤーに影響するのか • Enterprise Architecture • UIとインフラは消耗品 • REST I/F、モダンWebによる現代版C/SでUIを分離 • C/Sはラッピング、レガシーWebはリインタフェースで • アプリのポータビリティ確保、もしくは長期保守可能なインフラを • アプリケーションとデータを長期間維持する • リラーン、リファクター、リライトで保守コストを削減 • モダナイゼーションとSOAは相性が良い • UI技術の多様化、シンプルなAPI、そしてServiceBusの活用
  27. 27. Thank You! zenarchitects.co.jp facebook.com/zenarchitects

×