Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

NoOps Meetup Tokyo #2 Opening

552 views

Published on

2018/10/26 に開催した NoOps Meetup Tokyo #2 のオープニングスライドです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

NoOps Meetup Tokyo #2 Opening

  1. 1. ワタシハのーおぷすチョットワカル I can understand NoOps a little NoOps Meetup Tokyo #2 2018.10.26
  2. 2. システム運用の “嬉しくない” をなくそう
  3. 3. 9.12 NoOps Meetup Tokyo #1 おさらい
  4. 4. https://www.publickey1.jp/blog/18/noopsnoopsnoops_meetup_tokyo_1.html https://www.publickey1.jp/blog/18/noops_noopsops.html (なんと)Publickeyさんに記事にしていただきました。
  5. 5. https://www.slideshare.net/ToruMakabe/noops-114039948 Toru Makabe 「Ops は役割ではない」 『タッキーですか?翼ですか?』 「べきじゃなくて武器」 disらない やめるファースト NoOps? よろしい ならば戦争だ 和解 「Ops の味方」が NoOps に呼ばれるの巻 NoOpsでググってみたところ、岡さんよりも真壁さん(ワシ)の方が上位w opsという言葉が嫌い ダジャレ 新しいことを始めるとき「否定しない」 前向きに「No」を掲げて「やめる」 真壁さんが NoOps の味方になった!!!
  6. 6. Ian Lewis コンテナによる(~No)Opsオートメーション 「サーバーが増えても Operation があまり増えないようにしたい」 サーバーの増加とOperationの関係が線形だと、スケールしない NoOps ≠ No Ops。運用をやめるということではない これ以上はOpsが減らないというスイートスポットがあるはず。 そのポイントに近づけるための活動がNoOps Less Ops Application層とInfrastructure層間のAPIとしてのコンテナ インフラ層の上にServerless Shim層を置くことで、 アプリは好きなServerless APIを選択できる Knative portability automation
  7. 7. Minoru Tsuka真面目に SRE やっていたら、だいたい NoOps の価値観になる わが家の NoOps Toil をいかに無くすか 可観測性の向上 Observabilityただの見える化ではなく、「何が起きているのかを明確にする」 より注力するために、「やらないこと」を決める やらないという判断基準を持つためには”観測”出来ている必要がある チームができることを増やす 基本的に徹底的に機械に頼る モダンな働き方への取り組み 「自分たちが良いチームになる」 「誰かのために働く」人間のやる仕事をきちんと選ぶ。 それ以外のところは技術を活用する https://www.slideshare.net/techblogyahoo/noops-at-yahoo-japan-noopsjp
  8. 8. Hiromasa Oka 15分でわかる NoOps Ops改善のジレンマ いまならこれを解決できるのでは!?NoOpsで! 10年、20年前は堅牢さ=信頼性だった 「取り回しの軽さ」 Resiliency 壊れないシステムから、いつでも回復できるシステムへ 「転んでもすぐに走り出せる」 アプリにも高い復元力 べき等性 クラウドになって 設計力が弱くなったのでは? 非機能要求のハードルを思いっきり上げる NoOpsとは作る人、使う人の両方を 幸せにするしくみのことのような気がした。 https://www.slideshare.net/hiromasaoka/15-noops 何をやってもあまり効果が出ない・・
  9. 9. 「“やめる”ことを決める」ことが大事 みんな違って、みんないい NoOpsに向かう準備は整っている 「やめよう」と言い出すハードルは低くはない。でも、前向きな「やめ方」を共有することで前進できる。 コンテナやサーバレス、DevOpsやSREなど、NoOpsへのテクニカルな要素は揃っている。 NoOpsに向かうための背景や環境や手段はたくさんある。いろんな観点(知)を重ねながら学んでいきたい。 NoOps Meetup Tokyo #1 をサマってみた
  10. 10. togetter まとめ、ふりかえりに最高でした。 https://togetter.com/li/1266131 みなさん今日もTweetお願いします! #NoOpsJP Special Thanks @masanori1102
  11. 11. コミュニティ参加者の皆さまへ • NoOps Japan の活動 • 行動指針 • 「サポーター」について
  12. 12. 知の共有 ものづくり NoOps Japan Community の活動 NoOpsに関連する
  13. 13. 現場 Meetup テクノロジー アプローチ 知の共有 NoOps Japan Community の活動 経験 知識 NoOps NoOps
  14. 14. 現場 Meetup テクノロジー アプローチ 知の共有ちょっと足りない できると嬉しい 経験 知識 NoOps NoOps ツール / コネクタ NoOps Japan Community の活動
  15. 15. 現場 Meetup テクノロジー アプローチ 知の共有 Open Hack ちょっと足りない できると嬉しい ものづくり 経験 知識 NoOps NoOps ツール / コネクタ NoOps Japan Community の活動
  16. 16. 現場 Meetup テクノロジー アプローチ 知の共有 Open Hack ちょっと足りない できると嬉しい ものづくり OSSとして公開 経験 知識 NoOps NoOps 開発ストーリー ツール / コネクタ 業界へ貢献 NoOps Japan Community の活動
  17. 17. OpenHack.trial 2018.7.23 @Microsoft Japan https://github.com/NoOps-jp/azure-cosmosdb-scaler
  18. 18. NoOps Japan Community の行動指針 オープン、フェア、フラット 共感駆動の SRCA
  19. 19. ⓪.ぼっちの 活動 共感駆動の SRCAサイクル どんな活動も、 はじまりは “ぼっち”
  20. 20. ⓪.ぼっちの 活動 ①共感 たしかに! ②リスペクト(尊重) 素敵です! 共感駆動の SRCAサイクル ①共感 - Sympathy ②尊重 - Respect なにやってるの?
  21. 21. ⓪.ぼっちの 活動 ①共感 たしかに! ②リスペクト(尊重) 素敵です! 共感駆動の SRCAサイクル ①共感 - Sympathy ②尊重 - Respect ③貢献 - Contribute 一緒にやってもいい?
  22. 22. ⓪.ぼっちの 活動 ①共感 たしかに! ②リスペクト(尊重) 素敵です! ④感謝 最高でした! 共感駆動の SRCAサイクル ①共感 - Sympathy ②尊重 - Respect ③貢献 - Contribute ④感謝 - Appriciate できた!みんなHappy!
  23. 23. ⓪.ぼっちの 活動 ①共感 ②リスペクト(尊重) ④感謝 共感駆動の SRCAサイクル ①共感 - Sympathy ②尊重 - Respect ③貢献 - Contribute ④感謝 - Appriciate Meetup OpenHack
  24. 24. OpenHack のテーマは、 Meetup#2 にて LT 形式 で募集予定です。 #3
  25. 25. NoOps Japan サポーター について NoOps Japan の活動に賛同し貢献いただいた(予定含む)方に対して、 感謝と尊敬の念を込めて {勝手ながら}「サポーター」と呼ばせていただきます ■ コミュニティへの貢献例 ・NoOps Japan Meetup での登壇 ・NoOpsJP への Opensource による貢献 ・その他、 NoOps 活動による業界への貢献(お知らせください!) ■ サポーターへのAppreciate(感謝) ・サポーター枠での Meetup への参加 ・NoOps Japan Tシャツの提供 「NoOps Japanで こんなことできる/やりたい」という方、大歓迎です! @NoOpsJapan もしくは 運営スタッフ までお声がけください。
  26. 26. Tsuyoshi Ushio Yusuke Suzuki Keisuke Nishitani Hiroshi Shimizu @shibayan OKI Yoshiya Yoshio Terada Tomoaki Nakajima Kazuto Kusama Kazunori Hirano Ian Lewis Minoru Tsuka Toru Makabe Toshinori Sugita NoOps Japan Supporters 1stGen
  27. 27. Tsuyoshi Ushio Yusuke Suzuki Keisuke Nishitani Hiroshi Shimizu @shibayan OKI Yoshiya Yoshio Terada Tomoaki Nakajima Kazuto Kusama Kazunori Hirano Ian Lewis Minoru Tsuka Toru Makabe Toshinori Sugita NoOps Japan Supporters 1stGen
  28. 28. Tsuyoshi Ushio Yusuke Suzuki Keisuke Nishitani Hiroshi Shimizu @shibayan OKI Yoshiya Yoshio Terada Tomoaki Nakajima Kazuto Kusama Kazunori Hirano Ian Lewis Minoru Tsuka Toru Makabe Toshinori Sugita NoOps Japan Supporters 1stGen
  29. 29. NoOps Japan Supporters 2ndGen DEPLOY @kawasima Riki Sato Noriyoshi Shinoda @matsuko365 Naoki “NEO” Sato
  30. 30. NoOps Japan 運営スタッフ Kyohei Moriyama James Roberts Atsushi Yokohama Masanobu SatoYukako Shimizu Yuki Hattori @dz_
  31. 31. 岡 大勝 / Hiromasa Oka @OkaHiromasa NoOps Japan Community 発起人 川﨑 庸市 / Yoichi Kawasaki @yokawasa 三宅 和之 / PaaSがかり @kazuyukimiyake
  32. 32. NoOps Meetup Tokyo #2 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 会場スポンサー様
  33. 33. 日本マイクロソフト株式会社 NoOps Meetup Tokyo #2懇親会スポンサー様
  34. 34. 株式会社ゼンアーキテクツ NoOps Meetup Tokyo #2Tシャツスポンサー様
  35. 35. スポンサー募集 • 会場スポンサー • Meetup 会場 • OpenHack 会場 • 懇親会スポンサー • Tシャツスポンサー 「NoOps Japanをスポンサードしてもいい」という方、 @OkaHiromasa もしくは 運営スタッフ までお声がけください。 スポンサー特典! Meetup に5名まで参加いただけます
  36. 36. noopsjp30Promo code :

×