Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Disciplined Agile Delivery
“DAD本”の歩き方
ゼンアーキテクツ 岡 大勝
DevLOVE #134
岡 大勝 / Hiromasa Oka
1994 ハートの情シス
1996 日本DEC
2000 日本HP
2002 日本ラショナルソフトウェア
2003 独立してSPEI
2013 株式会社ゼンアーキテクツ
一貫しているのは「エンタープライズ...
どんな本
• 228 x 182 x 30 mm
448 pages
896 g
• Scott W.Ambler
Mark Lines 著
• 藤井智弘 with
DAD翻訳チーム 訳
http://books.shoeisha.co.jp/...
DAD(ダッド)とは
• Scott W.AmblerとMark Linesによって編纂された
アジャイル開発プロセス
• アジャイルをエンタープライズ開発に
「定着」させる
• IT産業のこれまで積み上げてきた
「知」を活かす
本書のメッセージ
• 変なこだわりは不要。コンテキストに合った
“ちょうどいい”進め方をしようぜ。
• エンタープライズの歴史は長い。
先人の知恵を、うまく使っていこう。
• そう、アジャイルの現実を直視して。
それを実現するプラットフォームと...
アジャイルの現実
• Positive
– 思った以上にエンタープライズで利用されている
– 思った以上にプロジェクトが成功している
• Negative
– “ウォーター・スクラム・フォール”の蔓延
– ガバナンスや組織から目を逸らす
– 流...
Context
Project Context
プロジェクトの...
– 目的
– 対象
– 環境
– 技術
– 組織
– チーム
– 経験
– etc…
同じContextは、
存在しない
Why DAD
Enterprise Agile
Project Context
Enterprise Context のイメージ
Waterfall
予算・期間利害関係者
組織 標準・規約
ROI
企業戦略
既存システム
計画
Agile Context のイメージ
コラボレーション
価値
Agility
顧客満足
動くソフトウェア
シンプルさ
自己組織的なチーム
変化への対応
Why DAD
Enterprise Agile
Enterprise Project Context
Why DAD
Enterprise Agile
Gap
Why DAD
Enterprise Agile
DAD?
Why DAD
Enterprise Agile
Why DAD
Enterprise
Agile
Enterpriseの真ん中に、Agileを持ってこよう
“伝統的”なエンタープライズ開発
Waterfall?
“伝統的”なエンタープライズ開発
Waterfall
“伝統的”なエンタープライズ開発
Artifact-Driven
“成果物駆動”
Waterfall
その結果、生まれた行動様式
Big XXX Up-Front
“最初にしっかりXXする”
BxUF
BxUFの活用例
• BRUF : Big “Requirements” Up-Front
– 最初にしっかり要求定義
• BDUF : Big “Design” Up-Front
– 最初にしっかり設計書作成
• 他にも、
– BMUF : ...
成果物駆動の活動
ゲート
(ルールの強要、違反の発見)
“アジャイル”な開発とは
Agility?
“アジャイル”な開発とは
Agility?
“アジャイル”な開発とは
JIT
Agiilty?
“アジャイル”な開発とは
Just-In-Time
“必要なときに必要なものを”
JITの活動
要求
仕様の
明確化
実装
要求
データ
設計
受入
テスト
UI設計 実装
テスト
データ作成
要求 実装
受入
テスト
要求
業務
モデリング
受入
テスト
タスク自体を
必要なときに実施
Enterprise Agile
JIT
Enterprise Agile
JIT
予算・期間利害関係者
組織 標準・規約
ROI
企業戦略
既存システム
計画
NJIY
つまり、
「なんや、JITでいけるやん」
世代が変わった
• エンタープライズで成果物駆動は、
既に「オーバースペック」
• テクノロジー
– OSS、Web技術、クラウド
– 実際に書くコード量の減少
• ツール
• プラクティス
• プロセス
とはいえ、ギャップはある
• いわゆる「お見積もり」
• 多くの利害関係者
• 規制、ルール
• 既存システム
• 人と組織
JITとの乖離をどう埋めるか
Rhythm
3Cリズム
アジャイルの3Cリズム
• Coordinate: 調整 (見通しを立てる)
• Collaborate : 協調 (手を動かす)
• Conclude : 完成 (整える)
Conclude
完成
Collabolate
協調
Coordin...
スクラム
スクラムの3Cリズム
Conclude
インクリメントの
コミット
Collabolate
1日の作業
Coordinate
デイリースクラム
ミーティング
デイリーリズム
Conclude
完了、
スプリントレビュー、
スプリント
レトロスペ...
DAD
DADの3Cリズム
Conclude
インクリメントの
コミット
Collabolate
1日の作業
Coordinate
日次調整
ミーティング
デイリーリズム
Conclude
完了、
イテレーションレビュー、
ふりかえり
Collabol...
方向付けフェーズ
• JITとエンタープライズのギャップを埋める
• プロジェクト全体の「見通しを立てる」
• 大まかなスコープ
• アーキテクチャーの指針と実現性確認
• 計画と予算(幅を持たせて)
• 各所との調整を開始する
BxUFに注意...
Disciplined Agile
JIT
3C Rythm
Discipline
Agility
Practice
&
Strategy
プラクティスと戦略の地層
Waterfall
PMBOK
CMMI
ITIL
RUP
XP
FDD
SCRUM
Lean
DADに息づくプラクティス
• スクラム
– プロダクトバックログ
– 価値駆動ライフサイクル
– デイリースクラム
– リリース計画
– スプリント計画
– ・・・
• エクストリームプログラミング(XP)
– コーディング規約
– 共同所有...
DADに息づくプラクティス
JIT
3C Rythm
XP
SCRUM
Agile
Modeling
Agile Data
Lean
IBM
Practice
OpenUP
DADに備えられている戦略
• 要求モデリングの手段
– ビジネスプロセス図
– ドメインモデル
– エピック
– 機能一覧
– フローチャート
– マインドマップ
– UMLアクティビティ図
– ユースケース仕様書
– ユーザーストーリー
–...
戦略比較表
DADに備えられている戦略
JIT
3C Rythm
Case Study:方向付けフェーズ
1. アサインと環境整備
2. 開発構想とユーザーストーリー、フィーチャーリストを作成
3. マインドマップで問題識別、利害関係者の洗い出し
4. ふせんを使ったニーズ識別セッション
5. 開発構想に制約...
その他のDADの特徴
• ピープルファースト(People First)
• 学習指向 (Learning Oriented)
• アジャイル (Agile)
• ハイブリッド (Hybrid)
• ソリューションにフォーカスを合わせる (IT...
DAD本の構造
7章
8章
9章
10章
14章
15章
16章 18章
1,2,3章:概要と基礎
4,5章:役割と組織
11章:作業環境
12,17,19章:ケーススタディ
20章:ガバナンス
21章:現実へ向かう前に
6章 13章 18章
「知の道具箱」
DAD =
Process Decision
Framework
DADを使うべき人
• 提案で厳しく突っ込みを入れられ四苦八苦している
アジャイリスト
• ウォーターフォールから脱却したいが、ギャップが大
きすぎると二の足を踏んでいる開発チーム
• ユーザーサイドでアジャイルを実施するためにどう
振る舞って...
DADの学び方
1. スクラムを学ぶ
2. JITの思考と行動を習慣づける
3. DADのフェーズを学ぶ
4. 3Cリズムで生活する
5. DADのライフサイクルを学ぶ
6. 属性の違う人とのコミュニケーション
7. いろいろな道具を手に入れよう
アジャイリストの(現実的な)心得
軸足をJITに。BxUFの誘惑に負けない。
己の力量を知ること。
こだわりを持ちすぎない。
アジャイルを言い訳にしない。
• アジャイルで受託は十分可能。そのためのDAD。
関係者みんなに嬉しい驚きを...
GotDiscipline?
disciplinedagiledelivery.jp
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

"DAD本"の歩き方 - DevLOVE #134

10,770 views

Published on

DAD(ディシプリンド・アジャイル・デリバリー)のテーマである「エンタープライズ・アジャイル」と「過去の知見を生かす」に焦点を当て、立ち読みしても分からない書籍の見どころを柔らかくお伝えする。

Published in: Technology

"DAD本"の歩き方 - DevLOVE #134

  1. 1. Disciplined Agile Delivery “DAD本”の歩き方 ゼンアーキテクツ 岡 大勝 DevLOVE #134
  2. 2. 岡 大勝 / Hiromasa Oka 1994 ハートの情シス 1996 日本DEC 2000 日本HP 2002 日本ラショナルソフトウェア 2003 独立してSPEI 2013 株式会社ゼンアーキテクツ 一貫しているのは「エンタープライズ」 @OkaHiromasa facebook.com/hiromasa.oka
  3. 3. どんな本 • 228 x 182 x 30 mm 448 pages 896 g • Scott W.Ambler Mark Lines 著 • 藤井智弘 with DAD翻訳チーム 訳 http://books.shoeisha.co.jp/book/b114533.html
  4. 4. DAD(ダッド)とは • Scott W.AmblerとMark Linesによって編纂された アジャイル開発プロセス • アジャイルをエンタープライズ開発に 「定着」させる • IT産業のこれまで積み上げてきた 「知」を活かす
  5. 5. 本書のメッセージ • 変なこだわりは不要。コンテキストに合った “ちょうどいい”進め方をしようぜ。 • エンタープライズの歴史は長い。 先人の知恵を、うまく使っていこう。 • そう、アジャイルの現実を直視して。 それを実現するプラットフォームとしてDADは作られた
  6. 6. アジャイルの現実 • Positive – 思った以上にエンタープライズで利用されている – 思った以上にプロジェクトが成功している • Negative – “ウォーター・スクラム・フォール”の蔓延 – ガバナンスや組織から目を逸らす – 流儀に固執し、“古い”ものを否定する – ベンダーやアウトソーサーの怠慢
  7. 7. Context
  8. 8. Project Context プロジェクトの... – 目的 – 対象 – 環境 – 技術 – 組織 – チーム – 経験 – etc… 同じContextは、 存在しない
  9. 9. Why DAD Enterprise Agile Project Context
  10. 10. Enterprise Context のイメージ Waterfall 予算・期間利害関係者 組織 標準・規約 ROI 企業戦略 既存システム 計画
  11. 11. Agile Context のイメージ コラボレーション 価値 Agility 顧客満足 動くソフトウェア シンプルさ 自己組織的なチーム 変化への対応
  12. 12. Why DAD Enterprise Agile Enterprise Project Context
  13. 13. Why DAD Enterprise Agile Gap
  14. 14. Why DAD Enterprise Agile DAD?
  15. 15. Why DAD Enterprise Agile
  16. 16. Why DAD Enterprise Agile Enterpriseの真ん中に、Agileを持ってこよう
  17. 17. “伝統的”なエンタープライズ開発 Waterfall?
  18. 18. “伝統的”なエンタープライズ開発 Waterfall
  19. 19. “伝統的”なエンタープライズ開発 Artifact-Driven “成果物駆動” Waterfall
  20. 20. その結果、生まれた行動様式 Big XXX Up-Front “最初にしっかりXXする” BxUF
  21. 21. BxUFの活用例 • BRUF : Big “Requirements” Up-Front – 最初にしっかり要求定義 • BDUF : Big “Design” Up-Front – 最初にしっかり設計書作成 • 他にも、 – BMUF : 最初にみっちりモデリング – BEUF : 最初に精緻にお見積もり
  22. 22. 成果物駆動の活動 ゲート (ルールの強要、違反の発見)
  23. 23. “アジャイル”な開発とは Agility?
  24. 24. “アジャイル”な開発とは Agility?
  25. 25. “アジャイル”な開発とは JIT Agiilty?
  26. 26. “アジャイル”な開発とは Just-In-Time “必要なときに必要なものを”
  27. 27. JITの活動 要求 仕様の 明確化 実装 要求 データ 設計 受入 テスト UI設計 実装 テスト データ作成 要求 実装 受入 テスト 要求 業務 モデリング 受入 テスト タスク自体を 必要なときに実施
  28. 28. Enterprise Agile JIT
  29. 29. Enterprise Agile JIT 予算・期間利害関係者 組織 標準・規約 ROI 企業戦略 既存システム 計画
  30. 30. NJIY つまり、
  31. 31. 「なんや、JITでいけるやん」
  32. 32. 世代が変わった • エンタープライズで成果物駆動は、 既に「オーバースペック」 • テクノロジー – OSS、Web技術、クラウド – 実際に書くコード量の減少 • ツール • プラクティス • プロセス
  33. 33. とはいえ、ギャップはある • いわゆる「お見積もり」 • 多くの利害関係者 • 規制、ルール • 既存システム • 人と組織 JITとの乖離をどう埋めるか
  34. 34. Rhythm
  35. 35. 3Cリズム
  36. 36. アジャイルの3Cリズム • Coordinate: 調整 (見通しを立てる) • Collaborate : 協調 (手を動かす) • Conclude : 完成 (整える) Conclude 完成 Collabolate 協調 Coordinate 調整
  37. 37. スクラム
  38. 38. スクラムの3Cリズム Conclude インクリメントの コミット Collabolate 1日の作業 Coordinate デイリースクラム ミーティング デイリーリズム Conclude 完了、 スプリントレビュー、 スプリント レトロスペクティブ Collabolate スプリント Coordinate スプリント計画 ミーティング イテレーションリズム
  39. 39. DAD
  40. 40. DADの3Cリズム Conclude インクリメントの コミット Collabolate 1日の作業 Coordinate 日次調整 ミーティング デイリーリズム Conclude 完了、 イテレーションレビュー、 ふりかえり Collabolate イテレーション Coordinate イテレーション 計画セッション イテレーションリズム Conclude ソリューションのデプロイ、 運用開始、 拡張要求のフィードバック、 利害関係者の喜ぶ顔 Collabolate 構築フェーズ Coordinate 方向付けフェーズ リリースリズム
  41. 41. 方向付けフェーズ • JITとエンタープライズのギャップを埋める • プロジェクト全体の「見通しを立てる」 • 大まかなスコープ • アーキテクチャーの指針と実現性確認 • 計画と予算(幅を持たせて) • 各所との調整を開始する BxUFに注意!!
  42. 42. Disciplined Agile JIT 3C Rythm Discipline Agility
  43. 43. Practice & Strategy
  44. 44. プラクティスと戦略の地層 Waterfall PMBOK CMMI ITIL RUP XP FDD SCRUM Lean
  45. 45. DADに息づくプラクティス • スクラム – プロダクトバックログ – 価値駆動ライフサイクル – デイリースクラム – リリース計画 – スプリント計画 – ・・・ • エクストリームプログラミング(XP) – コーディング規約 – 共同所有 – 継続的インテグレーション – ・・・ • リーン • OpenUP • ・・・ 7つのプロセス 60のプラクティス 3章
  46. 46. DADに息づくプラクティス JIT 3C Rythm XP SCRUM Agile Modeling Agile Data Lean IBM Practice OpenUP
  47. 47. DADに備えられている戦略 • 要求モデリングの手段 – ビジネスプロセス図 – ドメインモデル – エピック – 機能一覧 – フローチャート – マインドマップ – UMLアクティビティ図 – ユースケース仕様書 – ユーザーストーリー – バリュー・ストリーム・マップ – ・・・ • プロジェクト予算確保戦略 – 金額固定(範囲あり) – 金額固定(範囲なし) – 段階的予算確保 – タイム&マテリアル 37の戦略比較表 195個の戦略 全体
  48. 48. 戦略比較表
  49. 49. DADに備えられている戦略 JIT 3C Rythm
  50. 50. Case Study:方向付けフェーズ 1. アサインと環境整備 2. 開発構想とユーザーストーリー、フィーチャーリストを作成 3. マインドマップで問題識別、利害関係者の洗い出し 4. ふせんを使ったニーズ識別セッション 5. 開発構想に制約事項、満足条件を追加 6. キーとなる機能のユースケース図を作成 7. ユーザーストーリーの優先順位付きワークアイテムリストを作成 8. 簡単なコンテキストダイアグラムでアーキテクチャー構想 9. リリース計画を立案。ガントチャートを作成 10. 相対ポイントで見積もりを行い、 識別されたリスクをリスクリストに記入 11. スポンサーとエンタープライズアーキテクトから、 マイルストーンレビューを受け、方向づけフェーズが完了 12章
  51. 51. その他のDADの特徴 • ピープルファースト(People First) • 学習指向 (Learning Oriented) • アジャイル (Agile) • ハイブリッド (Hybrid) • ソリューションにフォーカスを合わせる (IT Solution Focused) • ゴール駆動 (Goal-driven) • デリバリーにフォーカスを合わせる (Delivery focused) • エンタープライズ対応 (Enterprise Aware) • リスクと価値駆動 (Risk and Value driven) • スケーラブル (Scalable) 1章
  52. 52. DAD本の構造 7章 8章 9章 10章 14章 15章 16章 18章 1,2,3章:概要と基礎 4,5章:役割と組織 11章:作業環境 12,17,19章:ケーススタディ 20章:ガバナンス 21章:現実へ向かう前に 6章 13章 18章
  53. 53. 「知の道具箱」
  54. 54. DAD = Process Decision Framework
  55. 55. DADを使うべき人 • 提案で厳しく突っ込みを入れられ四苦八苦している アジャイリスト • ウォーターフォールから脱却したいが、ギャップが大 きすぎると二の足を踏んでいる開発チーム • ユーザーサイドでアジャイルを実施するためにどう 振る舞って良いか悩んでいる人、問題意識のある人 (POなど)
  56. 56. DADの学び方 1. スクラムを学ぶ 2. JITの思考と行動を習慣づける 3. DADのフェーズを学ぶ 4. 3Cリズムで生活する 5. DADのライフサイクルを学ぶ 6. 属性の違う人とのコミュニケーション 7. いろいろな道具を手に入れよう
  57. 57. アジャイリストの(現実的な)心得 軸足をJITに。BxUFの誘惑に負けない。 己の力量を知ること。 こだわりを持ちすぎない。 アジャイルを言い訳にしない。 • アジャイルで受託は十分可能。そのためのDAD。 関係者みんなに嬉しい驚きを届けるために。
  58. 58. GotDiscipline? disciplinedagiledelivery.jp

×