Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
An Overview of Android Things
(Brillo/Weave)
⽯塚 宏紀
⽇本Androidの会
2017年2⽉定例会 Android Things - AndroidでIoTを嗜む -
Android Thingsの⽣い⽴ち
  Google I/O 2015にてBrillo Projectを発表
–  IoT向けの軽量OS(Brillo)
–  IoT向けデバイスコミュニケーション・プロトコル(Weave)
Sundar P...
Android Thingsのアーキテクチャ
Androidのアーキテクチャ
Android Thingsのアーキテクチャ
  携帯電話やタブレットで必要な機能を削ぎ
落としたコアAndroidフレームの
Things Support Libr...
Things Support Library
  Peripheral I/O API
–  GPIO、PWM、I2C、SPI、UARTの5種のインターフェイスで、
センサやアクチュエータとアプリでデータ通信が可能
  User Driver ...
Androidとの変更点
  Core application packages
–  標準のシステムアプリとコンテンツプロバイダが実装されて
いない。
–  インテント含めて、以下コンテンツプロバイダAPIを使⽤不
可
•  Calendar...
Androidとの変更点
  ディスプレイ
–  基本的にディスプレイは不要
–  Androidと同じUIツールキットを利⽤してGUI操作をサポート
–  ステータスバーやナビゲーションは含まない
  Home Activity
–  And...
Androidとの変更点
  他Google Servicesのサポート状況
–  Androidが利⽤できるGoogle APIを⼀部利⽤可能
Android Thingsはユーザからの⼊⼒インターフェイスや認証系がない
ので、これらを必要と...
Androidとの変更点
  Permissions
–  パーミッション取得のためのダイアログはUIがないのでサポー
トしない
–  アプリのmanifestファイルに記載
–  インストール時にmanifestに書かれた権限が付与されちゃう...
Developer Preview 1
  現在のリリース状況
–  This preview release is for developers and early adopters to use for
development and co...
GoogleがAndroid Thingsでやりたいこと?
  GoogleのIoT戦略上の⽴ち位置が微妙
–  Google Homeはoptimized version of the
Chromecastʻs softwareを利⽤
–  ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

An Overview of Android Things at jag201702

1,401 views

Published on

日本Androidの会 2017年2月定例会での発表資料

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

An Overview of Android Things at jag201702

  1. 1. An Overview of Android Things (Brillo/Weave) ⽯塚 宏紀 ⽇本Androidの会 2017年2⽉定例会 Android Things - AndroidでIoTを嗜む -
  2. 2. Android Thingsの⽣い⽴ち   Google I/O 2015にてBrillo Projectを発表 –  IoT向けの軽量OS(Brillo) –  IoT向けデバイスコミュニケーション・プロトコル(Weave) Sundar Pichai(現:CEO/当時:Senior Vice President)   2016年12⽉13⽇にBrillo Projectを進化させたAndroid ベースの新IoTOSとしてAndroid Thingsの       Developer Previewがリリース
  3. 3. Android Thingsのアーキテクチャ Androidのアーキテクチャ Android Thingsのアーキテクチャ   携帯電話やタブレットで必要な機能を削ぎ 落としたコアAndroidフレームの Things Support LibraryにBrillo Project で培ったと思われるIoT機能を追加   単⼀アプリによる動作に特化し、Homeア プリなどは存在無
  4. 4. Things Support Library   Peripheral I/O API –  GPIO、PWM、I2C、SPI、UARTの5種のインターフェイスで、 センサやアクチュエータとアプリでデータ通信が可能   User Driver API –  他アプリがAndroid APIを使⽤して処理できるフレームワーク に対して、任意のアプリケーションがハードウェアイベントを 投⼊可能 Google管理 開発者で管理 Peripheral I/O APIだけでも⼗分だ けど、Andoridフレームワークと統 合するとメリットあり  - Portability,Reuse,Integration -  GPS -  HID(Human Interface Devices) -  Sensors
  5. 5. Androidとの変更点   Core application packages –  標準のシステムアプリとコンテンツプロバイダが実装されて いない。 –  インテント含めて、以下コンテンツプロバイダAPIを使⽤不 可 •  CalendarContract(カレンダー) •  ContactsContract(電話帳) •  DocumentsContract(ファイル) •  DownloadManager(HTTPダウンロード) •  MediaStore(ファイル) •  Settings(スマホ設定) •  Telephony(通話) •  UserDictionary(コンテンツプロバイダ操作) •  VoicemailContract(留守電) 多分単⼀アプリ動作なので、軽量化のためアプリ間でデータ送受が必要 ないから削っちゃった(スマホ特化APIも削減)
  6. 6. Androidとの変更点   ディスプレイ –  基本的にディスプレイは不要 –  Androidと同じUIツールキットを利⽤してGUI操作をサポート –  ステータスバーやナビゲーションは含まない   Home Activity –  Android Things起動時に⾃動起動するためのActivityとして 「Home Activity」を準備 •  CATEGORY_DEFAULTとIOT_LAUNCHERを両⽅含むintent-filter
  7. 7. Androidとの変更点   他Google Servicesのサポート状況 –  Androidが利⽤できるGoogle APIを⼀部利⽤可能 Android Thingsはユーザからの⼊⼒インターフェイスや認証系がない ので、これらを必要とするサービスは不可。スマホ系サービスも不可。
  8. 8. Androidとの変更点   Permissions –  パーミッション取得のためのダイアログはUIがないのでサポー トしない –  アプリのmanifestファイルに記載 –  インストール時にmanifestに書かれた権限が付与されちゃう   Notifications –  Notification Windowはないので、Notification機能はサポート しない –  実装上、NotificationManager APIを利⽤しないように注意
  9. 9. Developer Preview 1   現在のリリース状況 –  This preview release is for developers and early adopters to use for development and compatibility testing on supported hardware platforms.   Known issuesからいくつかピックアップ –  Bluetooth APIs are currently disabled. –  USB APIs are currently disabled. –  Raspberry Pi •  Wi-Fi cannot connect to the internet if Ethernet is also connected to a network without internet access.   Apps using Google Play Services APIs must compile against SDK version 10.0.0 or newer. IoTデバイスとして本格的な利⽤にはまだ難あり あくまで、Developer Previewとしてお試し⽤
  10. 10. GoogleがAndroid Thingsでやりたいこと?   GoogleのIoT戦略上の⽴ち位置が微妙 –  Google Homeはoptimized version of the Chromecastʻs softwareを利⽤ –  Nestも独⾃実装 –  Google I/O 2017での発表に期待   実験的側⾯ –  Googleが育ててきたAndroid開発者がIoTに触⼿を延ばし やすい体制づくり –  スマートフォンとIoTの融合   開発者としてAndroid Thingsとの付き合い⽅ –  遊び道具(我々も実験しよう) –  Androidの載った軽量IoT機器 •  RasPiにフルAndroid載せると重いので… https://plus.google.com/communities/107507328426910012281 IoT Developers Google+ community.

×