Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

集中治療医学会2017.key

342 views

Published on

集中治療医学会のスライド

Published in: Education
  • Be the first to comment

集中治療医学会2017.key

  1. 1. Hirohisa.shimizu Saitama Seikeikai Hospital 「U理論」「Action Inquiry 」を用いた チーム医療におけるふり返り手法改善の試み
  2. 2. 集中治療 対話 価値観NST 目的 共感 ICT OPE 問題解明 MSW 薬剤師 同意 医師 家族 優先度 看護師 栄養士 患者 Citizen・ 倫理 ケアマネージャー Team
  3. 3. チームワークへの幻想 チーム作りは、チームの目標と使命を 明確にし、色々な役割とスタイル(分 析的・感情的etc.)を認知し、尊重 し、コミュニケーションと交渉力のス キルを改善する事によって達成される のである。
  4. 4. フェーズ(段階) 目標 行動 1.Gather 収集 学習者の行動が起こった 視点を理解するために 積極的に聞き取る •チームリーダーに何が起こっていたの かを話してもらう。 •チームメンバーから話がより明確にな るように話してもらい、追加情報も得 る。 2.Analyze 分析 学習者のリフレクション と彼らの行動に対する 分析を促進する。 •実際の経過記録で振り返る。 •観察点を報告する。 •思考過程に光を当てるような質問をす る。 •リフレクションを刺激し、方向転換を 提供する。 3.Summarize まとめ 問題の同定と学んだ教訓 の振り返りを促進する。 •必須の学習および振り返り点を網羅し ている事を確認する。 •まとめ・コメントをまとめる。 GAS method
  5. 5. INPUT OUTPUT出来事 行動行動論理 ?
  6. 6. 出来事 行動パターン 構造 意識・無意識の前提 氷山モデル
  7. 7. 機会獲得型 短期的な視野、フィードバックを拒む、他者を利用しようとす る、他者を罰する、規則に抵抗する。 外交官型 争いを回避する、習慣に従う、自己の欲求を抑圧する、正解・ 不正解という二択、当たり障りのない発言を好む。 専門家型 データーに基づいた問題解決を好む、効率を優先する、利害で 価値判断をする、成果を挙げて注目を浴びたい。 達成者型 長期的な目標を掲げる、他者との相互性を求める、達成にこだ わる、自分の影の部分に無自覚、時間に追われがち。 再定義型 不確実の存在を認知、フィードバックを追求、相違や変化に魅 力を感じる、しばしば一匹狼、文脈に照らしてものをみる。 変容者型 プロセス・ゴールを共に重視、システム思考、多様な役割を楽し む、自分の特徴や影の部分を自覚、歴史的にものをみる。 アルケミスト型 場で起こる挙動に敏感、パラダイムを揺さぶる、矛盾を内包す る、隠喩的に状況を捉える。 個人の行動論理と特徴
  8. 8. チームワークへの仮説 チームワークが上手くいかないのは、主にメン バーの違いから起こるのではなく、むしろ柔軟 性の無さ(こだわり)から起こるのである。 柔軟性のなさ(こだわり)は、防衛と怖れであ る。 柔軟性のなさを解消してチームワークを改善す るために、恐れをオープンに正直に取り扱うこ とが最善である。 (ウィル・シュッツ)
  9. 9. ALACTモデルPDCAサイクル
  10. 10. U -Process
  11. 11. 行為 3次ループのフィードバック 2次ループのフィードバック 1次ループのフィードバック 注意・意図・ビジョン 行為・働きかけ 戦略・構造・ゴール 目に見える出来事・結果 WHO? HOW? WHAT?
  12. 12. 新構造化振り返り 1.あなたが今回、上手く出来たことは何ですか? 自分を褒めて下さい。 「〇〇が出来ました。そんな自分を褒めます。」 2.あなたが、今回、上手くいかなかった事は何ですか? その言い訳を思い切りして下さい。 「〇〇ができなかった。だって、〇〇だったから。」 3.言い訳の深層に隠れている怖れや不安は何ですか? 4.不安や怖れを受け容れた上で、今後、改善するために は、何が必要ですか?
  13. 13. 気づきの訓練 • アラームを60分毎になるようにセットする。アラームが鳴ったら、 30秒間で、アラームが鳴った瞬間に自分が精神的・感情的・身体 的にどう感じたか?に意識を向ける。 • 1つの活動から別の活動へと移るときに、前の行動をやめて次の 行動を始めることについて自分がどう感じるかに意識を向ける。 • 三度の食事と就寝時に、自分自身に対してチェックインし、前の チェックイン時から今までの間で、最も満足のいく瞬間はいつだっ たかを特定し、それが最も満足感を与えてくれたのはなぜだった かを声に出して自分に言う。同様に、最も満足いかなかった瞬間 はいつか?何がそうさせたのかを特定する。それらの瞬間に、自 分がそういった反応に気づいていたかどうかを思い起こす。 • 自分が他者と意義深いやりとりをした後にどう感じてるかに意識 を向ける。 *これらの中から1つ選んで、1週間やってみて、次にまた1つ選ぶ。
  14. 14. • 「私は〇〇しているとき、△△と感じる(感じた)。 それは、私が□□だからである。」 1.この感情を最も適切に言い表す言葉は何か? 2.どんな行動または出来事または経験がこの感情を呼び 覚ましたのか? 3.この出来事が影響を及ぼす、あなたにとって重要なこ とは何か? 命名の訓練
  15. 15. 行動探究の訓練のふり返り 2つの課題訓練に向き合って 最初の枠組み:示された訓練課題に出会ったとき、それらに関して私 が持った意図は【             】だった。 主張:私は、その時点で私にとっての最良の対処は【      】 だと判断した。その理由は、【       】だからである。 説明:それから私がどうしてきたかというと、【        】 問いかけ・聴く:私の判断の結果は、期待どおりだったか?【はい・ いいえ】 期待通りになった、またならなかった理由は?【        】 私は、自分の計画と、それを遂行した方法に満足しているか?【はい・ いいえ】 この探究を終えた今、私はこれらの練習に対する姿勢を変えたいと思っ ているか?【はい・いいえ】 (必要な場合)枠組みの再設定:現時点で、こういった訓練で私がや りたいことは、【        】である。なぜなら【     】 だからだ。
  16. 16. ANALYSIS 1 全く変わりそうにない 1次ループの学習に基づいた変化をしつつある 2次ループの学習に基づいた変化をしつつある 3次ループの学習に基づいた変化をしつつある 0 10 20 30 17 29 10 3 このふり返りのプロセスによって私は… (33名回答、複数回答可)
  17. 17. 1.この学習の場を全体的に評点するといかがですか? 平均4.4 2.この学習の場の内容は,あなたの求めにあっていましたか? 平均4.4 3.この学習の場の理解度はどの程度でしたか 平均4.4 4.この学習の場の環境は適切でしたか? 平均5 5.この学習の場の内容は,あなたが学習を続けるうえで役立つ程度はどれほどで すか? 平均4.4 6.この学習の場での学習支援者の準備,プレゼンテーション,感化/刺激,全体 でいかがですか? 平均4.8 7.この学習の場を知り合いに勧めたいですか?      平均4.8    ANALYSIS 2
  18. 18. CONSIDERATION *ニューロロジカルレベル
  19. 19. どこのレベルでFeed backを回すかが重要 Who? Why? How? What? Where?
  20. 20. CONCLUSION 「U理論」と「Action Inqiry」を用いた ふり返り方法は、表面的な行動のみでなく、 その深層心理を掘り下ることに繋がり、個々 の心理発達段階合わせた自己訓練を行う事 で、様々な背景を持つ多職種連携の組織成 長おいて非常に有用であると考えられた。
  21. 21. Thank you!

×