Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SharePoint 2013 のつかい方

13,767 views

Published on

Japan SharePoint Group勉強会 #8でお話させて頂いた資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SharePoint 2013 のつかい方

  1. 1. SharePoint 2013の つかい方Japan SharePoint Group #8 @福岡2013/3/30株式会社内田洋行 太田浩史
  2. 2. 自己紹介太田 浩史 (おおた ひろふみ)• 株式会社 内田洋行 (http://www.uchida.co.jp)– オフィスと教育と情報の会社– 「働き・学び」の変革• SharePoint への関わりは MOSS 2007 から。• Windows から SharePoint まで、サーバ構築から開発まで。• 社内 Notes を Office 365(SharePoint Online)へ移行• “基本的” には SharePoint 一筋で。個人的な活動• Facebook: Hirofumi Ota(https://www.facebook.com/hrfm.jp)• Twitter: @hrfmjp(https://twitter.com/hrfmjp)• SlideShare: (http://www.slideshare.net/hirofumi_ota/)• ブログ: idea.toString();(http://idea.tostring.jp)
  3. 3. 本日の内容SharePoint 2013 は一体、何が変わったのか?どう使うのか?
  4. 4. 基本的にはこれまでと同じポータル掲示板ドキュメント管理予定共有などなど…
  5. 5. でも、変わっているところもあります!さっそく、SharePoint 2013を見てみましょう。
  6. 6. の前に、これは?これは、Microsoft SharePoint Portal Server 2001です。実物は見たことないですが…
  7. 7. じゃ、気を取り直してSharePoint 2013を見てみましょう。
  8. 8. SharePoint 2013!
  9. 9. 何があった?SharePoint PortalServer 2001SharePoint PortalServer 2003Office SharePointServer 2007SharePointServer 2010ポータル / ファイルサーバー / コンテンツ管理 時代(要はディレクトリ管理)検索 時代Google第一次 SNS 時代ブログ(Movable Typeとか)・Wiki とか第二次 SNS 時代Twitter、Facebook今ココ →
  10. 10. やっぱり時代は、ソーシャルだよね!と、いうわけで取り込まれました。それっぽい!!どう使う?SharePoint 2013 を使い倒すには、この機能は避けられない
  11. 11. ソーシャルって何を変えたの?コンテンツのみがノードのツリー型として、整理・利用されてきた情報がユーザーをノードに含めたスター型としても、整理・利用されるひとつは、情報の整理・利用方法じゃない?
  12. 12. ユーザーは悩む…社内システム静的なポータルファイルサーバーetc..最近の Web サービスTwitterFacebookSkydriveDropboxGoogleetc...んー。この違いは一体…ナンナンダ一般の Web サービスは、ユーザー自身が体験の中心。自分が中心に居たい。自分に情報が集まっていて欲しい。スマホでも使いたいでしょ!もう少しの自由が欲しい!
  13. 13. ユーザーのまわりには何があるの?プロジェクト製品他のユーザー 部門資料コミュニティ?こういった必要なコンテンツは従来から SharePoint が扱ってきたもの…じゃあ、ユーザーがコンテンツと自由に繋がれるようにしよう!あの資料は?っと…
  14. 14. つまりは、プロジェクト製品他のユーザー 部門資料コミュニティこれまで SharePoint が管理してきたコンテンツに対して、ユーザーが自由に繋がりを作っていく…! あれも、これも、あの人も、
  15. 15. と、いうのをSharePoint 2013は、やりたい!と、思わせる機能が強化・新実装。注: あくまで私見です。
  16. 16. 勘所は、ニュースフィードフォローサイトモバイル
  17. 17. これらの機能はいつでも使える場所に!
  18. 18. ニュースフィード
  19. 19. フォローしているサイトの一覧サイト
  20. 20. ニュースフィードは個人のつぶやきマイクロ ブログ ですね。個人が思ったことを自由につぶやく。
  21. 21. ニュースフィードでつぶやくつぶやく(注: エンターキーは改行ではなく「投稿」)メンション付き(@ を入力するとメンションモードに)タグ付き (# を入力するとタグモードに)
  22. 22. 基本的に つぶやき は全員に”公開”されます。本当にヒミツにしたい会話はメール、もしくは直接口頭で!!つぶやき はこんな感じ
  23. 23. フォローは繋がりニュース フィードの右がわに出ている「フォロー中」「フォロー」で、ユーザーと情報を紐づける。これが肝。
  24. 24. フォローの対象は、人 他のユーザードキュメント Word / Excel / PowerPoint…サイト 部門、プロジェクト、コミュニティタグ キーワードこれらをいろんなトコロからフォロー出来る!
  25. 25. 人をフォローする検索結果からフォロープロファイル ページからフォロー
  26. 26. ドキュメントをフォローする検索結果からフォローライブラリからフォロー
  27. 27. サイトをフォローするサイトの上部メニューからフォロー
  28. 28. タグをフォローするつぶやき からフォロー
  29. 29. フォローすると、「サイト」にお気に入りリンク集ができる!フォローしているサイトの一覧ここからサイトへスグに飛べる
  30. 30. フォローすると、情報がニュース フィードに集まってくる!!タグ人ドキュメントサイトサイトのフォローには、ちょっとした秘密が
  31. 31. サイト フィード と ニュース フィードチーム サイト等の通常のサイトでも、マイクロ ブログが使える。それが「サイト フィード」。
  32. 32. サイト フィード と ニュース フィードいろんなサイトをフォローしておけば、複数のサイトのつぶやきをニュース フィードで一元的に閲覧できる。部門サイト製品サイト委員会サイト
  33. 33. サイト フィードを有効にする標準サイト テンプレートで、サイト フィードが有効になっているのは、チーム サイト と プロジェクト サイトのみ。その他のサイト テンプレートでは「サイト フィード」を「サイトの機能」から手動で有効にする必要あり。有効化すると「サイト フィード Web パーツ」が利用できるようになります。
  34. 34. 共有相手として サイト フィード を利用個人のニュースフィードから つぶやき の「共有相手」として直接 つぶやく ことができるようになります。共有相手に指定された、サイトの権限により表示・非表示が制御されます。(過信しすぎないこと!これは一般的な SNS と一緒。)つまりは、サイト フィードが有効化されたサイトを自由にユーザーが作成することができれば、Facebook のグループのような使い方が出来るはず。サイトを自由に作成させるには?
  35. 35. 「サイト」 から チーム サイト を作成する機能的には、従来から存在する、「セルフサービス サイト作成」ですが、簡易 UI が用意されています。
  36. 36. 「サイト」 から チーム サイト を作成するサイト名を入力するだけで…
  37. 37. 「サイト」 から チーム サイト を作成するユーザーが自由にニュース フィードが有効化されたチームサイトを作成することができます。※作成したユーザーに管理者権限
  38. 38. サイト から チーム サイト を作成するサイトを作成したユーザーは自由に「共有」から
  39. 39. サイト から チーム サイト を作成する自由にメンバーを追加できる
  40. 40. で、作成したチームサイトをフォローしておくと、ニュースフィードからも共有相手として選択できるようになります。この機能を利用して、ユーザーが自由にグループを作成でき、個人のニュース フィードで情報を一元的に利用できるようになります。「サイト」 から チーム サイト を作成する
  41. 41. • 初期設定では、「サイト」の「+サイトの作成」リンクは、個人用サイトをホストするWeb アプリケーションを利用するように構成されています。(一般的な個人用サイトを別 Web アプリケーションにする場合)• 設定する– 個人用サイトをホストする Web アプリケーションの設定• 「セルフサービス サイトの作成」設定、「サイトの開始」-「カスタム フォームの表示先」を次のように設定するhttp://<Web Application>/_layouts/15/selfservicecreate.aspx– セルフサービス サイト作成で作成されるサイトをホストするWebアプリケーションの設定• 「セルフサービス サイト作成」を有効にする• 「セルフサービス サイトの作成」設定、「サイトの開始」で、サイトの作成先等を設定する• セルフサービス サイトを管理するには?– クォータ テンプレート(容量管理 サイトコレクションとして作成する必要あり)– サイト ポリシー(サイト ライフサイクル管理 ex.作成日から6か月後に削除等)サイト の セルフサービス サイト作成を利用する場合の注意・設定箇所
  42. 42. こうしたニュースフィードの機能は、Windows Phone、iPhone や iPad から利用できます。Android は未リリース。で、モバイルアプリSharePoint Newsfeedhttps://itunes.apple.com/jp/app/sharepoint-newsfeed/id595847617
  43. 43. ニュース フィード や フォロー によってコンテンツが中心だった仕組みから、ユーザーが中心の仕組みへ。SharePoint 2013 で変わったこと
  44. 44. もちろん!コンテンツは計画をもってしっかりと管理しましょう。でも、ユーザーが中心になれる仕組みにもゼヒご配慮を。SharePoint 2013 のつかい方

×