Panel discussion Nonaka with Hiranabe At Scrum Gathering Tokyo 2013

19,044 views

Published on

Panel discussion Nonaka with Hiranabe At Scrum Gathering Tokyo 2013

0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
19,044
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14,630
Actions
Shares
0
Downloads
90
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Panel discussion Nonaka with Hiranabe At Scrum Gathering Tokyo 2013

  1. 1. Panel Discussion 野中郁次郎 x 平鍋健児「スクラムの源流と優れた組織文化の結節点を探る」 Prof. Nonaka with Kenji HiranabeExploring the roots of Scrum and excellent organizations
  2. 2. Quote from the first Scrum Book• 『アジャイルソフトウェア開発スクラム』(Ken Schwaber, Mike Beedle)の先頭は、以下の引用か ら始まる。「今日では新製品開発の動きが速く、競争率の高い世 界では、速度と柔軟性がとても重要である。企業は、 新製品開発に直線的な開発手法は古く、この方法 では簡単に仕事を成し遂げることができないことを 徐々に認識し始めている。日本やアメリカの企業で は、ラグビーにおいて、チーム内でボールがパスさ れながらフィールド上を一群となって移動するかの ように、全体論的な方法を用いている」
  3. 3. http://www.publickey1.jp/blog/11/10_innovation_sprint_2011.html
  4. 4. Copyright © 2005-2007 Kenji 4 HIRANABE, Some rights reserved
  5. 5. Phronetic LeadershipFractal Organization共通善(Common Good)Agile 実践知=暗黙知+形式知Tacit Knowledge ワイガヤ Doing and ThinkingScrum スプリント ふりかえり
  6. 6. アリストテレスの3つの知 エピステーメー(Episteme)= 科学や哲学。• エピステーメー( ) 普遍的で文脈依存せず、再現可能。言葉で 表現できる、客観的な形式知。 テクネー(Techne)= 技術、スキル、工芸。• テクネー( ) 文脈依存で実践的なノウハウ知。これは、人 に属する暗黙知。• フロネシス(Phronesis)= 実践からの知恵。 フロネシス( ) 賢慮。文脈依存の決定を共通善の価値観、 倫理観から行うことができる、実践知。
  7. 7. プロダクトオーナの仕事。企画をした人が最後まで、体で「思い」を伝えよ。
  8. 8. Nonaka’s Text Agile/Scrum (Software)“The New New Product Development Game” 1986 “Scrum”“The Knowledge Creating Company”(HBR) 1991 1993 Org. Patterns(by Jim Coplien) (at PLoP) SECI-model 1994/1 First Sprint of Scrum by Jeff Sutherland 1994/2 Second Sprint of Scrum (with Cope’s Ideas)Fractal Scrum Master Daily ScrumOrganization アメリカ海兵隊(U.S. Marine) 1995 2001 “Agile Software Development with Scrum” (by Ken Schwaber, Mike Beedle) 2001 “The Agile Manifesto” Phronetic “Managing Flow” 2008 Leadership “Wise Leadership”(HBR) 2010 2012 “Software in 30 days” 2013 “アジャイル開発とスクラム-顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェエア開発” Collaborative Software Development That Connects Customers, Engineers, and Management

×