Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

160319 lodチャレンジl

1,572 views

Published on

CivicTechやビジネス活性化に向けた取り組み

Published in: Government & Nonprofit
  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

160319 lodチャレンジl

  1. 1. CivicTechやビジネス活性化に向けた 取り組み 2016年3月19日 平本 健二 内閣官房 政府CIO上席補佐官 経済産業省 CIO補佐官
  2. 2. 1994 New York Hacker On Planet Earth Robert David Steele、CIA I think you represent a critical national resources. ・・・ I think every single one of view is legal law- abiding citizens. It has enormous potential to make a contribution to a national security and a national competitiveness to find a wholly new way, to find the way that recognizes that electronic democracy is about popular intellectual power. ・・・ Robert David Steele,1994年HOPE基調講演(コンピュータ犯罪の専門家。CIAに9年、その後、海軍謀報部の顧問。)
  3. 3. 新しい潮流 汎用機 自治体クラウド NPO オープンソース/ フリーウェア/シェアウェア CivicTech/ 新サービス 誰でも作れる環境 ・Cloud service ・LoD ・開発ツール 社会の変化 ・ネット利用の一般化 ・市民参加意識の増加 小回りが苦手な行政機関 ・予算制約 ・制度製薬 従来の枠組み 技術者コミュニティ 地域・課題コミュニティ
  4. 4. 大きなビジネスチャンス とりあえずやってみよう 最新技術を使ってみよう できるところから参加しよう しっかりしたサービスをつくろう 枯れた技術でしっかり 網羅性が必要 カーリル AED SOS 5374 等々
  5. 5. 取り組み  安心して作れる環境つくり  技術的基盤の整備 • 広域で分野横断、機動的にビジネス展開できる環境(共通語彙基盤)  データの供給 • 検証のための初期提供 • 継続的な提供 • 広域での提供  経験、アイデアの共有  Knowledge Connecter  イベントへの参加  プロモーションの支援  講演や資料での事例紹介  率先した活用  マッチングの支援  マッチングイベント  財政的支援
  6. 6. 出展:http://toyota.jp/mirai/style/ インターオペラビリティの確保  「広域でのデータ活用」「分野横断でのデータ活用」がカギ 広域市町村 国際都道府県 国 単一部門 複数部門 出展: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E 3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83% BB%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%ABT
  7. 7. データ共通化はみんなが幸せ  データを提供する側は、標準的なデータで公開していれば、問い合わせ等が 減ります。  開発する側は、横展開ができます。  アプリがどんどん開発されれば、市民の活用の幅が広がります。 7 A市 B市 C市 D市 センスの良いアプリを作っ ちゃったもんね♪ 売って、儲けちゃ おうかな。(*^^)v 隣の市はデータ項目が違うの?? あのソフトと連携しようと思って いたのに、データ構造違うの シビックハッカー オープンデータにし たけど、データ項目 について要望が 様々だな 職員
  8. 8. Infrastructure for Multi-layer Interoperability 共通語彙基盤
  9. 9. 共通の語彙  情報を正しく効率的に交換、活用していくためには、人名、住所、物等、 データを体系的、かつ、構造的に定義して行く必要がある。  共通語彙基盤(IMI)は、コア語彙、共通語彙及びドメイン固有語彙で構造化。 9 コア 語彙 ドメイン固有語彙 各分野での利用に特化した語彙。 例)病床数、時刻表 など 避難所 住所 病院 駅 災害 復旧 費 ドメイン共通語彙 分野固有の語彙の内、他の分野 でも参照する主要な語彙。 例)病院、駅名、避難所 など コア語彙 どの分野でも利用される普遍的な語彙。 例)人、物、場所、日付 など 地理空間 ・施設 移動 ・交通 防災 財務 ドメイン 固有語彙 ドメイン共 通語彙 検索 オープンデータ システム連携
  10. 10. 住所の書き方 資料:Yahoo 資料:総務省
  11. 11. 情報構造のイメージ  施設の情報は、コアのボキャブラリとドメインのボキャブラリの組み合 わせで表す。 11 病院 建物 診療科 所在(住所) 施設情報 建築物情報 状況 ベッド数 小学校 建物 生徒数 所在(住所) 施設情報 建築物情報 避難所情報コア ボキャブラリ ドメイン ボキャブラリ イベント 建物 スケジュール 所在(住所) 連絡先 広域アプリや業種横断アプ リが作りやすくなる。
  12. 12. 法人ポータルにおける挑戦  「電子行政分野におけるオープンな利用環 境整備に向けたアクションプラン」が推進 する共通語彙基盤(データの交換基盤)に 準拠したデータ構造  国際的な整合性も考慮してデータが設計 されている。 コア語彙 経済産業省 法人関連情報語彙 ・支出元府省 ・事業規模 ・届出先(主務大臣) ・支出元府省 ・支出元会計区分 ・提出先(都道府県知事等) ・契約担当官等の情報 ・公益法人の区分 ・届出者情報 ・予定価格 ・国所管、都道府県所管の区分 ・事業所情報 ・落札率 ・点検結果 ・店舗情報 ・応札・応募者数 ・継続支出の有無 ・金融機関属性 事業種目 事業年度開始日 ic:業務組織型 ic:組織型 株式保有数 所有比率 hj:株 更新日時 有効期間 公表組織 システム名 システムID キー情報 英語名称 業種コード 目的 事業内容 営業エリア 関係者 ic:実体 ic:組織型 ID 名称 略称アルファベット 通称 活動状況 概要 連絡先 組織種別位置 組織種別 ic:法人型 hj:法人基本情報型 関連組織 地物 住所 代表者 設立日 備考 構成員数 代理人 資本金 従業員数 株主 決算日 売上高 流動資産 固定資産 繰延資産 流動負債 固定負債 株主資本 資本剰余金 利益剰余金 新株予約権 認定日 名称 部門 区分 地域 認定先区分 hj:法人活動情報型 対象 理由 金額 状況 期間 備考 hj:補助金型 hj:表彰型 hj:資格・認定型 hj:調達型 種別 hj:備 ID 種別 表記 郵便番号 住所コード 国 国コード 都道府県 都道府県コード 市区町村 区 ic:住 丁目番地等 hj:住 【凡例】 A B BはA の拡張 (BはAのプロパティを 全て備える) B C A A B A はBを参照 (A のプロパティにて 参照する値としてBをとる) クラスA は プロパティB、Cを持つ 法人基本情報 hj:法人情報型 法人活動情報 ※当該項目は実装上、法人 データの拡張性が高い 法人ポータルサイト
  13. 13. 子育て支援における挑戦  各組織が独自で出していた情報を一元的に提供  デジタルの時代だからこそ、デジタルの力でリアルの世界を充実 関東農政局 食・農業体験受入れ施設一覧 農林水産省 全国農林漁業体験スポット一覧 全国工場見学・市場見学一覧 環境省 探そう自然体験 神奈川県 体験・学習プログラム、 体験学習 横浜市 横浜「学習・体験」ガイド 東京都 伝統工芸品見学・体験工房 Google、 日本物流団体連合会物流見学ネット ワーク 等 IMI 体験イベント テンプレート IMI 体験イベント テンプレート 概要版 国土交通省 全国の見学施設
  14. 14. このデータ標準でよいのかという疑問? 世界のデファクトスタンダードや行政標準との整合性を取 りながら進めています。 国がIT戦略である「世界最先端IT国家創造宣言」(閣議決 定)の下で推進しています。 参照するだけでも、設計開発時間を短縮できます。 データ構造を綺麗にしておけば、将来の変換は容易です。 皆さんの声を聴きながら整備しています。
  15. 15. Create once, use many times.

×