Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

グロースハック_UIscope_講演資料20150825

2,703 views

Published on

2015年8月26日のアプリビジネスいろは塾で講演した内容です。
リモートユーザーテストを使ったグロースハック手法、事例を紹介しています。

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

グロースハック_UIscope_講演資料20150825

  1. 1. ユーザー心理を理解する! ユーザテストを使ったグロースハックとは 2015/08/26 @今さら聞けない!アプリビジネスのいろは ~非ゲームアプリのグロースハック~ 株式会社InnoBeta 代表取締役 平石 大祐 1
  2. 2. 2 自己紹介 株式会社InnoBeta 代表取締役 平石 大祐 (Daisuke Hiraishi) 高品質なユーザーテストを「早く・安く・簡単に」 2012年サービス開始から1,200社以上が導入
  3. 3. 3 1,200社以上の導入実績
  4. 4. 4 アジェンダ ■ユーザーテストとは? ■UIscope活用事例 ■まとめ ■Q&A
  5. 5. 5 ユーザーテストとは?
  6. 6. 6 ユーザーテストとは? UXを可視化する最も効果的な手法の1つが ユーザーテスト
  7. 7. 7 ユーザーテストとは? 被験者 モデレーター 観察者 ■タスク ■ 操 作 シ ー ン ■思考発話 ユーザーにタスクを提示して その実行過程を観察する
  8. 8. 8 利用シーンを観察する理由 人間は自分の思考を 完璧に言語化することができない 定量データからはわからない “何故”が見えてくる
  9. 9. 欧米では ユーザーテストをするのは当たり前
  10. 10. 10 従来のユーザーテストの課題 既存のユーザーテストサービス 高 価 時 間 が か か る ハ ー ド ル が 高 い 自社でユーザーテスト 手 間 が か か る 質 が 悪 い 100万円以上は当たり前 1回のテストで1カ月~ 情報がオープンではない ターゲットユーザーを探す 間違った道へと導く
  11. 11. 11 高品質なユーザーテストを最も「安く・早く・簡単に」 リモートユーザーテストが解決
  12. 12. 12 UIscopeの仕組み テスト作成&検証依頼 検証結果を最短3時間で フィードバック クライアント様 30万人の モニター 全国にいるモニターが自宅でテスト
  13. 13. 13 デモ動画
  14. 14. 14 UIscopeのメリット 価格 時間 価格 時間 価格 時間 100万円 1カ月 10万円 1週間 5万 2日 価格 時間 20 1 外注 自社 5人のユーザーテストの場合
  15. 15. 15 ユーザーテストで アプリを高速に改善することができる
  16. 16. 16 UIscope活用事例
  17. 17. 特定の操作が できない サービスの 特徴を 理解していない A B ユーザーテストから発見される問題で 多いものはどちらでしょうか? みなさんに質問!
  18. 18. 18 サービスの理解度に対する 「ギャップ」が非常に大きい 開発者 ユーザー 問題点
  19. 19. 19 ユーザーテストってグロースハックにつながる? A A R R R A c q u i s i t i o n 獲 得 A c t i va t i o n 活 性 化 Re t e n t i o n 継 続 Re f e r r a l 紹 介 Re v e n u e 収 益 グロースハックの基本フレームワーク 「アーモデル」 ユーザーテストを使って検証できるポイント
  20. 20. 20 「Activation」における課題発見 A A R R R A c t i va t i o n 活 性 化
  21. 21. 21 「Activation」の鍵 User Onboardingを最適化する User Onboardingとは 新規ユーザーをサービスに適応させるプロセス ソーシャル ログイン チュートリアル プロフィール 入力 (例)
  22. 22. 22 ①サービスの価値を理解する ②サービスの利用方法を理解する ③サービスの価値を体験する(AHA体験) User Onboadingを成功に導く3つの要素 「Activation」の鍵
  23. 23. 23 ユーザーは ①サービスの価値を理解しているのか? ②サービスの利用方法を理解しているのか? ③サービスの価値を体験できているか? (AHA体験) ユーザーテストでUser Onboardingを検証する 「Activation」の鍵
  24. 24. 24 事例その① ■特徴■ 一定期間内だと返品無料のECアプリ 課題:PCサイトに比べて購入までのCVRが異常に低い
  25. 25. 25 CVRが低い理由を考える アナリティクスだけでは原因がわからない ・購入ページのUIが悪い? ・カート内のUIが悪い? ・商品画像が小さい? etc ■仮説■
  26. 26. 26 CVRが低い理由を解明 UIscopeでユーザーテストを実施 初めて買うブランドは、 サイズ感がわからないかなー 5人中4人が同じコメント チュートリアル
  27. 27. 27 企業とユーザーの間で認識のズレ 返品無料なので、サイズが分からなくても、2サイズ 注文して、サイズが合わない方を返品してほしい 企業 ユーザー 返品無料だということには気づいているが、 2サイズ同時に購入して、あとで返品という発想がない
  28. 28. 28 改善事例 ■解決策■ 利用方法についての 簡単な説明画像を数枚追加 購入完了までのCVR 改修後2ヶ月で1.4倍を達成 チュートリアル
  29. 29. 29 サービスの価値を理解しているのか? チュートリアル以外でも 検証すべきポイントはある バナー広告 チラシ チュートリアル ストア内の説明
  30. 30. 30 ユーザーは ①サービスの価値を理解しているのか? ②サービスの利用方法を理解しているのか? ③サービスの価値を体験できているか? (AHA体験) ユーザーテストでUser Onboardingを検証する 「Activation」の鍵
  31. 31. 31
  32. 32. 32 AHA!体験 ■動画撮影アプリ 今までよりも簡単にクオリティの高い 動画が撮影できた! ■SNS系アプリ 自分が興味のある人の「可愛い投稿」 がたくさん見れた! ■ソーシャルコマース 自分の趣味にあったアイテムをたくさ ん発見できた!
  33. 33. 例えば:Doormanというアプリでは ■特徴■ 不在受取りを クラウドソーシングで解決する
  34. 34. 例えば:Doormanというアプリでは ■動線予想■ ユーザー登録 例)Amazonで購入 Doormanが荷物配送 Doormanを用意 時間的ギャップがあり すぐに価値を体験できない 「今度使おう!」で終わる
  35. 35. Welcome Gift を用意 当日の メッセージ 「Doormanから 荷物が届く」を 疑似体験 参考:TECHWATCH「不在受取り、もう困らない!深夜でも荷物が届く「Doorman」を使ってみた!」 例えば:Doormanというアプリでは
  36. 36. 36 「Activation」の鍵 できるだけ早くサービスの価値を体験させるべき
  37. 37. 37 A A R R R R e t e n t i o n 継 続 「Retention」における課題発見
  38. 38. 38 事例その② ■特徴■ 過去の思い出をPush通知で 毎日、思い出させてくれる リリース前に検証 iOSアプリ
  39. 39. 39 事例その② リリース前に検証 iOSアプリ 0人/5人 アプリ起動直後のプッシュ通知 承認する人
  40. 40. 40 アプリにおける 再訪問を促す重要なアクション
  41. 41. 41 あなたに連絡をしたいんだけど(もしかしたら、1日何回も)、 連絡先を教えてもらってもいいかな? 出会っていきなり こんなナンパで連絡先を教えますか?
  42. 42. 42 Private SNSのアプリ 海外事例(GrowthHack)
  43. 43. 43 友人を グループに招待 Pre-permission Dialogs iOSの Dialogs Pre-permission(事前許可) 友人がグループに参加した時に通知しますか?
  44. 44. 44 友人を グループに招待 Pre-permission Dialog Yes No iOSの Dialog 次の機会を待つ 95% 100%
  45. 45. 45 プッシュ通知を承認するメリットを事前に伝える Push通知の承認
  46. 46. 46 離脱率が高い理由を解明 課題:利用3日目での離脱率が異常に高い アクションRPGゲーム
  47. 47. 47 離脱率が高い理由を解明 アナリティクスだけでは理由がわからない ・アクション系アプリ課金経験者 5名 ・5日間継続して利用
  48. 48. 48 離脱率が高い理由を解明 3/5 ・Lv10に到達時に出現するアイテムの存在について 認知していない。 ・それを使うとどういったことができるのかを理解していない。 ・貴重なアイテムだと認識され、利用されない。 原因:強化アイテムについての理解が乏しい
  49. 49. 49 離脱率が高い理由を解明 3日継続率が8.9% UP!! アイテムの説明文言・表示位置変更
  50. 50. 50 最後に:よくある質問
  51. 51. 51 著 者 : ニ ー ル セ ン 博 士 原 文 ( 英 語 ) : W h y Y o u O n l y N e e d t o Te s t w i t h 5 U s e r s 5人でテストすることで、 約85% の問題を発見することが可能 テストユーザーの数 発 見 し た 問 題 の 数 一 度 に 1 5 人 に テ ス ト を す る よ り 少 人 数 の テ ス ト と 改 善 を 繰 り 返 し 行 っ た ほ う が 効 率 が 良 い 何人のユーザーに対して行うのか?
  52. 52. 52 ヒートマップ(ログデータ)との違い ヒートマップはあくまでも、既存のコンテンツで どこが多く見られたか の結果を示すもの。 何故、見られているかはわからないし、 そ も そ も ユ ー ザ ー は こ こに な いコ ン テン ツ を求 め てい る かも
  53. 53. 53 まとめ
  54. 54. 54 ①想定すらしていなかった課題を発見できる。 ②ユーザーの”Why”を理解することができる。 ユーザーテストでわかること
  55. 55. 55 ①定量的なデータをまだあまり取れていない方 ②定量的なデータをうまく活用できていない方 こんな方にオススメ ③これから新しいサービスを立ち上げる方 ④サービスのリニューアルを予定している方 ⑤上司/現場スタッフを説得したい方
  56. 56. 56 注意点:繰り返しが大切!
  57. 57. 57 最後に宣伝 高品質なユーザーテストを最も「安く・早く・簡単に」
  58. 58. 58 最後に宣伝 高品質なユーザーテストが なら
  59. 59. 59 最後に宣伝 「“無料アプリセミナー”に参加した!」で の基本料金が client.uiscope.com 5,000円 2,500円
  60. 60. 60 client.uiscope.com 無料体験実施中

×