Unix

1,299 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,299
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
113
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Unix

  1. 1. UNIX
  2. 2. ⽬目次 1. UNIXとは? 2. UNIXコマンド 3. シェルスクリプト
  3. 3. 1.  UNIX  とは?
  4. 4. UNIXの歴史 ・1970年, AT&Tが始める ・マルチユーザ ・BSD系とSystem V系 ・UNIX委員会の認証があって  初めて名乗れる
  5. 5. Linux = PC用のUNIX ・でも最近はPC以外にも適⽤用されている。 (例例.  掃除機,  携帯,  ⾃自販機) ・バザール⽅方式で開発される ・作ったのは、リーナス・トーバルスさん(1970年年頃)
  6. 6. Linux  のディストリビューション Window システム デバイス ドライバ ディストリ ビューション Linuxの本体は コア (ソフトウェア群) これだけ
  7. 7. Linux  のディストリビューション 1. Red Hat系 ・Red Hat Enterprise Linux 企業向け。サポート万全。有料。 ・Fedora 最新機能を搭載 ・CentOS 勉強⽤用に 安定性重視。 おすすめ! 2. Debian系 ・Ubuntu UI使いやすい。最新機能搭載。
  8. 8. 2.  UNIX  コマンド
  9. 9. メタキャラクタ *  :  任意の0⽂文字以上の⽂文字 ?  :  任意の1⽂文字以上の⽂文字 [ab]  :  a  または  b [0-‐‑‒9]:  [0123456789] [^3-‐‑‒5]:  3-‐‑‒5以外の数字 {xyz,  abc,  ccc}  :  xyz,  abc,  ccc  のどれか
  10. 10. chmod ファイルのパーミッションを変更更する chmod  [オプション]  ファイル名/ディレクトリ名dir 所有者  u   グループ  g 他のユーザ  o-‐‑‒ r w x r w -‐‑‒ r -‐‑‒ x 7 6 5 r  =  4:  読み取り権限ディレクトリの場合はd, w  =  2:  書き込み権限ファイルの場合は  -‐‑‒ x  =  1:  実⾏行行権限 -‐‑‒R  オプションで,  フォルダ内全ての権限変更更
  11. 11. 基本UNIXコマンド  (1/2) cp  [オプション]  元のパス  後のパス オプション -R でフォルダごとコピーできる。 mv  [オプション]  元のパス  後のパス ファイルの移動の他、名前変更にも使える。
  12. 12. 基本UNIXコマンド  (2/2) grep  ʻ‘freeBSCʼ’  test.txt 検索文字列 ファイル名 sed  ʼ’s /元の⽂文字列列/後の⽂文字列列ʼ’  test.txt ‘編集モード / パターン1 / パターン2’ ファイル名 └ 【編集モード】s: 置換, d: 削除, p: 表示 awk  -‐‑‒F:  ʻ‘/^1/{print  $1,$2;}ʼ’  test.txt 区切り文字 対象となる行 / 処理内容 ファイル名
  13. 13. リダイレクトとパイプ>  :  出⼒力力<  :  ⼊入⼒力力>>  :  追加|  :  左の結果を受けての右のコマンドの実⾏行行 grep ‘freeBSD’ test.txt | sed ‘s/freeBSD/freebsd’
  14. 14. ちょっと便便利利UNIXコマンド 便便利利だけどあまり使わないコマンド集 使い⽅方は  man  コマンドで調べよう. ps ifconfig !! !?⽂文字列列? cat netstat history crontab less ping !n sleep more alias !⽂文字列列 kill └ 毎回読み込むようにするには、 ホームディレクトリの.bash_profileや .profile に記述する
  15. 15. ちょっと便便利利  crontab crontab  -‐‑‒e  :  スケジュールの編集 crontab  -‐‑‒l  :  スケジュールリストの表⽰示 【書式】 分  時  ⽇日  ⽉月  曜  実⾏行行書式 1分ごとに設定をチェックしにいってくれる。 バックアップ⽤用途などで重宝される!
  16. 16. 3.  シェルスクリプト
  17. 17. シェルスクリプト ・UNIXコマンドを自動化できる ・便利ですね ・Bシェル系 (sh, bash, ... ) Linuxの標準 ・Cシェル系 (csh, tcsh) FreeBSDの標準
  18. 18. シェルスクリプト  の書き⽅方 ・先頭に #!/bin/sh ・# をつけたらコメント文 ・変数は適当に使える data1=100 echo “data1 = $data1” ・見やすいように字下げしてはダメ
  19. 19. シェルスクリプト  実⾏行行⽅方法 ・実行方法 sh val1.sh ・位置パラメータの使用 sh val2.sh OK NG
  20. 20. シェルスクリプト  の書き⽅方(2) ・四則演算 バッククォートで囲むと UNIXコマンド使える! ‘expr $x + $y’ ・if文ももちろん使える if [ s1 = s2 ] then echo “OK!” elif [ s1 = s3] echo “s3 OK!” else echo “NG!” fi
  21. 21. シェルスクリプト  の書き⽅方(3) ・case文 case $x in 1) echo “ONE” ;; 2) echo “TWO” ;; 3|6|9) echo “OK” ;; *) echo “NG” ;; esac
  22. 22. シェルスクリプト  の書き⽅方(4)・for文 ・while文 for i in 1 2 3 while [ $count -lt 6 ] do do echo “num : $i” echo “num : $count” done done -lt は比較演算子「<」のこと
  23. 23. シェルスクリプト  の書き⽅方(5) ・関数 定義と使い方 add() { return ‘expr $1 + $2’ } x=5 y=10 $? で直前の演算結果を add $x $y 参照できる result=$? echo “$x + $y = $result”
  24. 24. シェルスクリプト  正規表現 .  :  任意の1⽂文字 *  :  直前の⽂文字の0回以上の繰り返し +  :  直前の⽂文字の1回以上の繰り返し ?  :  直前の⽂文字を0回or1回 ^  :  ⾏行行の先頭 $  :  ⾏行行の⽂文末 []  :  []内の任意の⽂文字 [a-‐‑‒z0-‐‑‒9],  [^3-‐‑‒4]など
  25. 25. おまけ
  26. 26. ⽂文字コードの種類・1バイトコード -‐‑‒  アメリカとかで採⽤用・マルチバイトコード -‐‑‒  EUC-‐‑‒JP    //  FreeBSD他  UNIX系OS -‐‑‒  Shift-‐‑‒JIS    //  Windows  &  Mac -‐‑‒  UTF-‐‑‒8    //  Linux -‐‑‒  ISO-‐‑‒2022-‐‑‒JP  //  メールデータ送受信のエンコード
  27. 27. リモート操作 平⽂文 暗号リモート操作 telnet SSHリモート FTP SCPファイル操作

×