Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

これからはじめる SwiftPlayground入門

7,591 views

Published on

↓こちらのチュートリアルが非常に分かりやすいです
----------
★Swiftで初めてiPhoneゲーム開発する人向チュートリアル(マルバツゲームを例にStep by Step解説)
http://xavier.hateblo.jp/entry/2014/09/07/144059
----------

このスライドは第1回 Swift LT会 で話した内容です
http://connpass.com/event/6740/

Published in: Technology

これからはじめる SwiftPlayground入門

  1. 1. \これからはじめる人のための/ Swift Playground 入門 第1回 Swift_LT 会 / @himara2
  2. 2. ・@himara2 自己紹介 ・六本木でiOSアプリをつくってます ・Swift好きです
  3. 3. Swift? ・WWDC 2014で発表された(6月) ・iOS / OS Xアプリ開発ができる新しい言語 ・これまで通りObjective-Cで書くこともできる ・「Swiftはあなたを写し出す鏡」
  4. 4. Swift? Objective-C [self someMethodWithString:@"A" from:@"B"]; Swift self.someMethod("A", "B")
  5. 5. Swift Playground? ・Xcode 6 から追加された ・InteractiveにSwiftを試せる ・Swiftの勉強に最適 ・プログラミングを教える際にも便利
  6. 6. Ready Playgroundの画面を開く 1. Xcodeを起動 2.「Get started with a playground」を選択
  7. 7. Ready UIKitを使えるようにする 1. 右のペインを開いて、Platformを「iOS」に 2. 「import UIKit」を宣言
  8. 8. あとは動かすだけ!
  9. 9. Swift Playground ! 画像を表示させたり var imageUrl: String = "http://img.tiqav.com/1oM.jpg" ! var imageURL: NSURL = NSURL.URLWithString(imageUrl) var imageData: NSData = NSData(contentsOfURL: imageURL) ! var image: UIImage = UIImage(data: imageData)
  10. 10. Swift Playground ! ループの処理はグラフになったり for i in 1..50 { i % 4 }
  11. 11. Swift Playground ! UIKitの見た目のチューニングをしたり class DataSource : NSObject, UITableViewDataSource { func tableView(tableView: UITableView!, numberOfRowsInSection section: Int) -> Int { return 3 } func tableView(tableView: UITableView!, cellForRowAtIndexPath indexPath: NSIndexPath!) -> UITableViewCell! { var cell: UITableViewCell = UITableViewCell(frame: CGRectMake(0, 0, 320, 44), reuseIdentifier: "Cell") cell.textLabel.text = "Hello" return cell } } var tableView:UITableView = UITableView(frame: CGRectMake(0, 0, 320, 320), style: UITableViewStyle.Plain) var ds: DataSource = DataSource() tableView.dataSource = ds ! tableView.reloadData()
  12. 12. Swift Playground ! 複雑な書き方を練習したり func foo(callback:(String -> String)) -> (String -> String) { var tempResult = callback("hello") return { str in return tempResult + str; } } !! let resultFunc = foo({str in return str.uppercaseString}); resultFunc(" WORLD");
  13. 13. 最高便利
  14. 14. まとめ
  15. 15. Swift Playground ・フィードバックがすぐに見えて楽しい ・ロジック部分などをサッと作ってみるのに便利 ・Swiftは勿論、プログラムの勉強にも良さそう
  16. 16. Swift Playground ・自作のカスタムクラスはつかえない ・UIButtonなどのイベント処理はできない ・パフォーマンステストに使うのは×
  17. 17. 参考資料
  18. 18. 参考資料 ・Appleの公式ドキュメント ・The Swift Programming Language # プログラミング言語としての特徴の話 ・Using Swift With Cocoa and Objective-C # 既存のObjCとはどう共存するか?の話 iBooksで出ているのでiPhoneに入れて通勤中に読める
  19. 19. 参考資料 ・WWDCセッションビデオ とりあえず ・Introduction to Swift ・Swift Playgrounds w/ ObjC ・Integrating Swift with Objective-C 発展 ・Intermediate Swift ・Swift Interoperability in Depth ・Advanced Swift
  20. 20. 参考資料 ・こんにゃくマガジン Swiftで初めて動きのあるゲームを開発する人向けチュートリアル (なんとかストライクを例にStep by Step解説) ・プログラミング言語Swift日本語チュートリアル ~ 前編 # Swiftの基本文法を日本語で。特徴を俯瞰できる
  21. 21. 参考資料 ・先取り!Swift (Kindle本) ・Amazon リンク ・日本語 / 初学者向け ・600yen # 買ってないけど安定のクラスメソッドさん!
  22. 22. 参考資料 ・Swift Facebook ページ ・https://www.facebook.com/pages/Swift/1475908685980132 # いいね!しておくと勉強会や最新の情報が受け取れる
  23. 23. このスライドはWWDCセッション 「Swift Playground」を参考に作られました。
  24. 24. おわり

×