Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【文献レビュー】ヘルスケア業界での消費者価値共創モデル

935 views

Published on

Models of consumer value cocreation in health care
の文献レビュー。直訳ぎみなのはわざとです。

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【文献レビュー】ヘルスケア業界での消費者価値共創モデル

  1. 1. マーケティング戦略II 英語文献レビュー② 2014年1月16日 Models of consumer value cocreation in health care Priya Nambisan, Satish Nambisan ヘルスケア業界での消費者価値共創モデル 2009年
  2. 2. 1.この論文について ・医療機関と消費者(主に患者)との 「知識のやりとり」を分類 ・ここでいう医療機関とは、クリニック よりは大規模病院とか製薬会社 ・ますます競争が激しくなる医療業界 に患者との共創を提案 ・論文中に日本人が出てくるのも注目
  3. 3. 1.この論文について (Introduction) Theoretical Background Consumer Value Cocreation Consumer Value Cocreation as a Network Model of Knowledge Management Consumer Value Cocreation as a Form of Community Governance Models of Consumer Value Cocreation in Health Care Dimensions of Consumer Value Cocreation Model 1: Partnership Model Model 2: Open-Source~ Model 3: Support-Group~ Model 4: Diffusion~ Discussion and Conclusions Research Implications Practice Implications
  4. 4. 2.この論文の意義・目的① This article seeks to contribute toward such an understanding by offering a concise and coherent theoretical framework to analyze consumer value cocreation in health care.(p.344) 簡潔で一貫性のある理論的フレーム ワークを提示して、ヘルスケアにおけ る消費者価値共創を分析する
  5. 5. 2.この論文の意義・目的② An understanding of the four models of consumer value 医療機関が適切な戦略と実行を採用 cocreation can help HCOs adopt し、イノベーティブなヘルスケア製品と appropriate strategies and practices サービスの開発と提供(デリバリー) to embrace consumers as partners において、消費者をパートナーとして in抱き込むのに役立つ and delivery of the development innovative health care products and services. (p.344)
  6. 6. 3.キーワード 用語 訳語 消費者参加? ※文中、consumer という単 consumer participation 語は customer になったり patient になったりする。 innovation イノベーション knowledge creation 知識創造 value cocreation 価値共創 ※ハイフンがなくてもいいのか な?
  7. 7. 3.キーワード ② ③ ① ④
  8. 8. 3.キーワード ・著者たちは、特に①パートナーシッ プモデルと②オープンソースモデルを 重要視している。 ・それぞれのモデルについて、提案を 行っている。 ・要は「オンラインコミュニティをいろい ろ積極的に活用しようぜ!」と言って いる。
  9. 9. 4.著者たちの問題提起(序文) ・近年、医療機関のサービスや提供 物の価値を高めるの患者たちの役割 が重要になってきている。 ・ネットで医療情報にアクセスでき利 用できるようになったことで、患者たち は自らの健康管理に積極的に関われ るようになったからである。
  10. 10. 4.著者たちの問題提起(序文) ・まだまだ患者との価値共創は初期 段階であるものの、医療機関にとって、 コストを下げ、質を上げるのに重要な ヒントがあるように思える。 ・そこで、知識活動とコミュニティ・ガバ ナンスの考えをもとに、4つの価値共 創モデルを検討する。
  11. 11. 5.理論的背景(消費者価値共創) Consumer Value Cocreation Customers can play important roles イノベーションと価値創造活動の様 in々なタイプで顧客は重要な役割にな different types of innovation and ることができる value creation activities. 会社は消費者価値共創活動をあず Companies have gained varied types ofかるオンライン顧客コミュティを設立 benefits by establishing online することで、様々なタイプの利益を得 customer communities that host such ている。 consumer value cocreation activities
  12. 12. 5.理論的背景(消費者価値共創) 消費者との価値共創がもたらすもの 価値共創がもたらすもの The first set of benefits relates to the innovation itself The second set of benefits relates to customer relationship management 内容 イノベーション自体に関係し ている利益 CRM(会社の好感度が上が る、ロイヤルティが高まる)に 関係している利益
  13. 13. 6.価値共創の役割① The network model of knowledge 知識創造とマネジメントのネットワー creation and management underlies クモデルは消費者価値創造を基礎に consumer value cocreation. している。 we need to draw on Nonaka’s (1994) dynamic theory of knowledge creation. ・SECI(セキ)モデル by 野中郁次郎
  14. 14. Tacit knowledge Explicit knowledge http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/bbl030415_n.pdf
  15. 15. 6.価値共創の役割① online customer communities that host the interactions among customers facilitate these four types of knowledge conversions and thereby drive consumer value cocreation.(p.346) 顧客間の相互作用を預かるオンライ ンカスタマーコミュニティは4タイプの 知識集約を促進し、顧客価値共創を 推進させる。
  16. 16. 6.価値共創の役割② Community Governance 会社がどのようにコミュニティにいる 消費者とパートナーを組んで、コモン ・取引コスト理論 ズ的な新知識・価値の生産を促進さ ・Linuxの事例 せるかが重要になってくる。 The emerging models of consumer value cocreation emphasize how companies can partner with consumers in community-based forums to facilitate commons-based peer production of new knowledge or value.
  17. 17. 7.価値共創2つの次元と4つのモデル ・医療機関での4つの価値共創モデ ルは次の2つの軸から成り立つ ①主導権は医療機関かコミュニティか ②知識の創造か共有(普及)か ・①を縦軸、②を横軸にすると…
  18. 18. 7.価値共創2つの次元と4つのモデル ② ③ ① ④
  19. 19. 8.モデル1:パートナーシップモデル ・医療機関主導で新知識創造(研究 活動、新しい治療法の試験、患者 サービスの向上のアイデア)に焦点を 当てている ・患者はイノベーションパートナー ・形式知を他の知識と結合させる
  20. 20. 8.モデル1:パートナーシップモデル ・例として、Gleevec の開発(癌の薬) Clearly, consumer participation in HCO-directed innovation イノベーションのコストと製品が市場に出る時 activities can have considerable impact on both innovation 間に大きなインパクトがある。 cost and time to market. As evidenced in the case of Gleevec, it can cut down product development and testing コスト節約につながる開発と試験時間を減らせる time that would potentially translate into cost savings. More importantly, the knowledge co-created by consumers about new products (e.g., potential side effects of new drugs) provides critical insights that may enable HCOs to 医療機関は製品開発と試験に費やすエネルギー reorient their product development and testing efforts and を再配分させたり、価値ある研究・開発のリソース to minimize the wastage of valuable research and の無駄を最小限にできる development resources. (p.348)
  21. 21. 8.モデル1:パートナーシップモデル Importantly, such a partnership can also contribute to shaping consumers’ attitude toward the HCO.(p.348) 医療機関に対する消費者の態度を形成するのに 寄与する(いい印象を与えられる)
  22. 22. 8.モデル1:パートナーシップモデル Proposition 1: Deployment of the partnership model of consumer value cocreation will be (a) negatively associated with HCO’s innovation (a)医療機関のイノベーションコストと市場に出るま cost and time to market and (b) での時間には負の関係があり、(b)医療機関につ positively associated with consumer いての消費者のイメージには正の関係がある perceptions regarding the HCO.(p.349)
  23. 23. 9.モデル2:オープンソースモデル ・消費者(患者)コミュニティ主導 ・新知識創造に焦点を当てている ・例:第18染色体の欠損の病気、 PatientsLikeme と ALS ・2つ点でオープンソースソフトウェア 開発に似ている
  24. 24. 9.モデル2:オープンソースモデル First, the community members together define the objectives of the value creation 価値創造活動の目的を定義し、活動のリーダーシ activities and bear shared responsibility for ップを調整したり提供する責任を共有する。→「み coordinating or providing leadership for んなでやろうぜ、いいものつくろうぜ」 those activities. Second, the community members share in the benefits associated with the activities, that is, the ownership of 成果物の所有権は会社やメンバーの誰かにある the outcomes lies with the community and のではなく、コミュニティにある or not with any one company member.(p.349)
  25. 25. 9.モデル2:オープンソースモデル Specifically, they can become innovation champions by offering financial support, 企業は経済的支援や知識共有、内部リソースを sharing knowledge, or even contributing 無償提供することでイノベーションの擁護者になる some of their internal resources (e.g., employee time). Such partnership with consumer-led groups helps companies to demonstrate that they are "good 会社がヘルスケア産業の「良き市民」であることを 示したり、コミュニティの中で好意を形成したり、よ citizens" of the health care industry and いイメージを強めることにも役立つ to create goodwill and further enhance their image in the community.
  26. 26. 9.モデル2:オープンソースモデル Proposition 2: HCO’s involvement in the open source model of consumer value cocreation will be positively associated (a) with the overall market 医療機関がイノベーションアジェンダ(やること)を fit of the HCO’s innovation agenda 市場に合せることと、医療機関についての消費者 and (b) with consumer perceptions の知覚について、正の関係がある regarding the HCO.
  27. 27. 9.モデル3:サポートグループモデル ・消費者(患者)コミュニティ主導 ・知識と経験患者同士のサポート ・3つのタイプがある →informational support, emotional support, social support ・事例は他のタイプと比べ多い
  28. 28. 9.モデル3:サポートグループモデル ・消費者(患者)主導でも、医療機関 にとって有益なことはある First, HCOs can complement their traditional オンラインフォーラムで伝統的な患者支援サービ patient support services (e.g., 24-hour nurse スを補完できる hotline) with such online forums. Second, as noted previously, patients often 患者が病気について、医者や医療機関の人と同 have equivalent or more knowledge about 等かそれ以上の知識を持つことができる their disease compared with a physician or health care practitioner.
  29. 29. 9.モデル3:サポートグループモデル Proposition 3: HCO’s involvement in the support group model of consumer value cocreation will be positively associated (a) with the deployment of more cost-effective (a)費用対効果の高い患者サポートの実行と(b)サ patient support practices and (b) with ービスイノベーションのチャンスを見つけることに 正の関係がある the identification of opportunities for service innovation.
  30. 30. 9.モデル4:ディフュージョンモデル ・ディフュージョン=普及、拡散 ・医療機関など主導で、自身の製品 やサービスの知識を普及させるモデ ル ・うまく消費者(患者)を巻き込めば、 新製品やサービスをより早く広めるこ とができるし、好感度を上げられる
  31. 31. 9.モデル4:ディフュージョンモデル ・例として、GSK ・このモデルには2つの重要なポイン トがある
  32. 32. 9.モデル4:ディフュージョンモデル The first factor relates to the ability of the company to ‘ listen to “the customers” 顧客の声を聞く能力と製品やサービスの普及に役 experiences and to derive critical information 立ちそうな相互作用の中から重要な情報を引き出 from their interactions that can then be す能力 incorporated to enhance or ease product or service diffusion. The second factor relates to the company’s ability to engage with the customers in the 顧客と共同作業できる能力と製品やサービに関す interactions and its willingness to share る情報を喜んで共有できる能力 product-related or service-related information with them.
  33. 33. 9.モデル4:ディフュージョンモデル Proposition 4: Deployment of the diffusion model of consumer value cocreation will be positively associated (a) with the rate of (a)製品やサービスの普及率と(b)医療機関の製品 やサービスの質についての消費者の知覚に正の product or service diffusion and (b) 関係がある with consumer perceptions regarding the HCO’s product or service quality.
  34. 34. 10.ディスカッション&結論 ≪リサーチインプリケーション≫ The first research implication relates to the ヘルスケアの成果物についての消費者価値共創 impact of consumer value cocreation on health への影響に関して care outcomes. The second research implication relates to the ヘルスケアの消費者参加の促進でソーシャルメデ role of new social media technologies in ィアテクノロジーの役割 facilitating consumer participation in health care. The third research implication relates to the role 現代的な医療機関の文脈の中での消費者の役割 of consumers within the context of the modern HCO.
  35. 35. 10.ディスカッション&結論 ≪プラクティスインプリケーション≫ As our framework indicates, HCOs that offer online health communities サービス提供の一環としてオンラインコミュニティ as part of their service offerings could を提供する医療機関は費用対効果という点で、サ ービスポートフォリオの全体的な質や価値を高め potentially enhance the overall る可能性があるのでは? quality and value of their service portfolio in a cost-effective manner.
  36. 36. 10.ディスカッション&結論 ・うまく医療機関が価値共創で主導権 を取るには3つのポイントがある 消費者はイノベーションの重要な源泉であるから consumers form an important source of innovation, 、医療機関は消費者をイノベーションプロセスでの and as such, HCOs need to embrace them as パートナーにする必要がある partners in the innovation process. consumers have to perceive the benefits that they 消費者はプロセス参加から生まれる利益を知覚し could potentially derive from their participation in なければならない the process. 医療機関はコントロールしすぎに見えないようにリ HCOs would also need to provide leadership in the ーダーシップを取る必要がある initiatives without seeming to be too controlling.
  37. 37. 10.ディスカッション&結論 ・次のことも大事 the framework also implies the need for HCOs to adopt a holistic オンラインとオフラインの両方(全体的な視点)で 患者と関係を持ち、サポート戦略を実行する必要 perspective in deploying their online がある and offline patient relationship and support strategies.
  38. 38. 11.五島の感想&疑問など ・仮説検証というよりは、あくまで提案 の論文なので、多少、投げやり感が あるような ・Web2.0とかオンラインコミュニティに 大きな期待を寄せているのも感じられ る。でも、期待寄せ過ぎでは? ・オンラインコミュニティは失敗したら、 後々も悪影響を及ぼしそう
  39. 39. 11.五島の感想&疑問など ・製品の共同開発や意見取り入れと 違って、人の健康や命にかかわるの で、舵取りがシビア。コミュニティの管 理者は片手間ではいけないと思う。 →専門部署が必要になってくるので は?

×