Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

小規模製造業のIoTーモノづくりスピリットで未来を作ろうー

52 views

Published on

中堅、中小の製造業向けのIoTの解説。
大きく世の中が変わる今、飛躍チャンスです。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

小規模製造業のIoTーモノづくりスピリットで未来を作ろうー

  1. 1. IoT導入と活用事例紹介 柴田英寿 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 1
  2. 2. 構成 中堅製造業のIoT お金をかけずにIoT 自分で作るIoT 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 2
  3. 3. IoTとは Interne of Things 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 3
  4. 4. 例1 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 4
  5. 5. 日本有数の大吟醸ブランド 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 5
  6. 6. 1984年前社長急逝 10年で売上1/3に 現社長が就任 古参社員が引退 低価格路線で失敗 地ビールレストランで失敗 杜氏が愛想を尽かし退職 高級(大吟醸)路線に転換 データで作る酒造りに挑戦 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 6
  7. 7. 杜氏は手抜きの天才 7http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83592100U5A220C1000000/?df=32019/1/11 Hidetoshi Shbiata
  8. 8. 82019/1/11 Hidetoshi Shbiata
  9. 9. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 9
  10. 10. Hidetoshi Shbiata 102019/1/11
  11. 11. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 11
  12. 12. 仕組みを考えてみましょう 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 12
  13. 13. 昔は... 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 13
  14. 14. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 14
  15. 15. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 15
  16. 16. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 16
  17. 17. 参考:IoTの定義 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 17 東洋経済新報社
  18. 18. IoT 新しい社会のしくみ 目標/満足感/納得感 今までも、装置のデータは取っていた 見える化もしてきた 何が変わるのか? 儲かるの先 今の社会を考えると 8h働く時代ではない 6hで今以上に儲からないと 2hはイノベーション のために使う 2018/12/21 Hidetoshi Shibata 18 もっと儲かる みんなが儲かる 気持ちよく儲かる 今までになかったデータで 今までになかったことが起こる
  19. 19. はやりの事例 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 19
  20. 20. 旭鉄工 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 20
  21. 21. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 21
  22. 22. 簡単 安い できそう 社長 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 22
  23. 23. i Smart Technology 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 23
  24. 24. i Smart Technology 碧南市の旭鉄工の社内改善からスタート “あんどん(表示灯)”の監視 モノの通過の監視 初期費用10万円+月1万円から 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 24
  25. 25. 簡単系 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 25
  26. 26. メーターの計測 https://www.youtube.com/watch?v=dMjoS7UOsj4 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 26
  27. 27. メーターの計測 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 27
  28. 28. 生産性見え太くん https://www.bimms-mieta.com/jirei-busyu 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 28
  29. 29. 匠の技の機械化 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 29
  30. 30. アイディア 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata30  10年選手では かなわない  たまにミスもある  機械に置き換えれば 最高精度は落ちる  ミスはほぼゼロ  職人の減少は止めら れず機械に換わる  ヒトの技術を機械に
  31. 31. 誰がノウハウ/強み をもっているか 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 31
  32. 32. ある種の神様 会議では難しい お酒? 貢物? 聞き出す、書き出す 文献がある場合も 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 32
  33. 33. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 33 直観 手書きスケッチ 文章化 フロー チャート 実験 できるかぎり 自力でやってみる
  34. 34. IoT化の実際 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 34
  35. 35. 大企業と中小企業 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 35 中小企業の実態 大企業とは相当違う 中小企業を回って、実態を整理 IoTの一つの見方は、中小企業でも 大企業並みのことができる!
  36. 36. IoT中企業レベル診断 Level1 間接スタッフがいる Level2 間接スタッフがパソコンに詳しい Level3 作業指示書(現品票兼)がある Level4 作業指示書にQRコードが記載され着手・完了を把握できる状態である Level5 作用指示書のQRコードで着手・完了が把握されている Level6 着手・完了データをもとに進捗管理がシステム化されている Level7 着手・完了のデータによる進捗管理が作業現場でも参照できる Level8 着手・完了のデータから進捗変動に対するアラートが出る 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 36
  37. 37. 若 杉 工 機 ス ギ ハ ラ プ ロ ケ ー ア イ 飯 南 太 陽 カ ネ キ タ 北 岡 鉄 工 所 小 林 機 械 工 業 森 精 機 ナ ベ ル 葉 山 製 作 所 一 志 製 作 所 ツ ツ イ 奥 村 ゴ ム 玉 澤 精 機 Level1  間接スタッフがいる × ○ ? ? ○ ○ ○ ◎ ○ ? ○ ○ ○ ○ Level2  間接スタッフがパソコンに詳しい ○ ? ? ? ◎ ? ○ ○ ○ ○ Level3  作業指示書(現品票兼)がある ○ ? ◎ ○ ? ○ Level4  作業指示書にQRコード等が記載できる ◎ ○ Level5  作用指示書のQRコード等で着手・完了を把握している ◎ ○ Level6  着手・完了データがシステムに集積されている ◎ ○ Leve7  進捗状況が作業現場で参照できる ◎ ○ Level8  進捗異常にアラートが出る ◎ 備考 社 長 自 ら ア ク セ ス で 開 発 セ ン サ ー 活 用 を 実 験 済 み ( も の づ く り は 高 度 ) 常 務 が ア ク セ ス で 開 発 若 手 社 員 が タ ブ レ ッ ト 先 生 個別生産 中・大量産 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 37
  38. 38. 玉澤精機 リーマン後、赤字 生産革新活動に着手 毎週木曜日は、生産革新のみ 整理/整頓を徹底 壁、床の再塗装も社員が実施 台座の高さまで最適化 従業員から改善提案 顧客が値上げを承認 3年目に黒字化 計画、実績を工場内に表示 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 38
  39. 39. IoTより整理・整頓 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 39
  40. 40. 改善とIoT  現場改善の初期段階は ・レイアウトの「整流化」 ・材料、工具、金型、在庫等 の「置き場整理」となる  整理の段階ではIoT化の 余地はほとんどない Hidetoshi Shbiata 2019/1/11 40
  41. 41. 全体の流れを見て 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 41 「検査・検品をめちゃめちゃ効率化しました」 ↑ ほんとにそれが大事なことだったか? ↑ 全体の中で流れを阻害しているところから順番に
  42. 42. 整理・整頓にめどが ついたら 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 42
  43. 43. 工場IoT化のステップ 43 整理・整頓 出荷予定 の一覧化 週間作業予定 の配信 予定と実績 の見える化 Ph.0 Ph.1 Ph.3 Ph.2 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata
  44. 44. 整理・整頓 不要なものを捨てる 置き場を決める 何をどこに置くかをルール化する 使ったものはもとに戻す 仕事の流れに沿ってモノを置く 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 44
  45. 45. 出荷予定の一覧化 Hidetoshi Shbiata 45 事務室 現場 大型ディスプレイ タブレット 2019/1/11
  46. 46. 出荷予定の一覧化 事務所で品番(品目)ごとの出荷予定日、出荷数 を入力する(エクセルでもできる) 設備横の現場の大型ディスプレイに一覧を表示する タブレットでも見ることができる 手書きでも可 最新情報に更新できる Hidetoshi Shbiata 462019/1/11
  47. 47. 予定と実績の見える化 Hidetoshi Shbiata 47 例:株式会社アイディックシステム社 http://www.idick.co.jp/works/seisanKanriTab.php 2019/1/11
  48. 48. 予定と実績の見える化 タブレットやバーコードを使って 作業の開始(着手)、完了を入力する 予定との差異を公開する 納期遅れの恐れがある場合は警告を発する 実作業時間をとれるの、生産性や原価を計算できる Hidetoshi Shbiata 482019/1/11
  49. 49. 週間作業予定の配信 製造仕様書の作成、活用 標準作業時間から工程計画を作成 パッケージソフトの導入が現実的(みんなで努力) Hidetoshi Shbiata 49 切削加工の例 標準作業時間を決める 顧客が指定 試作も極力 標準時間を決める 外注は協力工場 と標準工期を決める 在庫材料、即納材料、 都度発注材料で 標準時間を分ける2019/1/11
  50. 50. 週間作業予定の配信 極力作業の標準時間を決める 納期から逆算していつ、何を始めればよいか算出 算出結果(工程計画)を公開する できるだけ作業を始めない文化を作る Hidetoshi Shbiata 502019/1/11
  51. 51. 図面 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 51
  52. 52. 昔はこんな感じでしょうか 2019/1/11Hidetoshi Shbiata 52
  53. 53. タブレットで図面管理 Hidetoshi Shbiata 53 注 文 主 大型タブレット 紙 体系的に管理 2019/1/11
  54. 54. 図面のスキャン システムは開発しなくても最低限のことはできる 複数の人が見るためにはネットワークは必要 紙の情報や電子情報をまとめて管理する作業は必要 スキャニング自体はそれほど難しくはない 過去のものさかのぼるのにはやる気が必要 タブレット場合、書き込めない不便さは避けられない (簡単な書き込みはできる) Hidetoshi Shbiata 542019/1/11
  55. 55. 実際のプロジェクト 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 55
  56. 56. 会社の状況 2019/1/11 売上 :8億円/年 従業員:25人 自動車部品、事務機器部品 自動車部品:日産1000~2000個 Hidetoshi Shbiata 56
  57. 57. プロジェクトの概要 動機 75歳社長の思い+従業員の思い 取り組み体制 社内4名+外部4名(公的サービス) 2週間に1日、ミーティング、調査 取り組みステップ ステップ1:診断 ステップ2:最初の実行 ステップ3:横展開 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 57
  58. 58. 工程の状況 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 58 カット ベンド プレス トリム 外注(穴あけ) 出荷 能力 不足 負担 1週分 在庫 設置 苦労
  59. 59. 工程の状況 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 59 カット ベンド プレス トリム 外注(穴あけ) 出荷 能力 不足 作業 負担 1週分 在庫 設置 苦労  在庫を数える  能力差の整理、ボトルネック解消  外注を引き取り型に 能力 差
  60. 60. IoTをがんばってみた 部長、課長がワークショップに参加(2日間) 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 60
  61. 61. 無線LANにつなぐ アカウントを作る
  62. 62. センサーをつなぐ 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 62
  63. 63. プログラムをダウンロード 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 63
  64. 64. コピペ 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 64
  65. 65. Dropboxにデータを保存 Lineに警告を発信 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 65
  66. 66. 工程の状況 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 66 カット ベンド プレス トリム 外注(穴あけ) 出荷 1500 151
  67. 67. 工程の状況 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 67 カット ベンド プレス トリム 外注(穴あけ) 出荷 1500 151  担当者が実績を見る  止まったことがわかる  なるべくよどみなく
  68. 68. 費用 2017/10/2 Hidetoshi Shbiata 68
  69. 69. 自作ツール 2017/10/28 光センサー50円、 磁気センサー250円 音頭取りくん2万円 Hidetoshi Shbiata 69
  70. 70. おもちゃ 2017/10/28 Hidetoshi Shbiata 70 Rasbery Pi(数万円) Arduino(数千円) Obniz(6千円)
  71. 71. 外観検査 2017/10/28 Hidetoshi Shbiata 71 Keyenceも安くなってきている
  72. 72. 専用ツール Σ軍師 ソフト94万円(年間保守料金15%)~、 ハードウェア86万円~、 工事費別途 圧力や温度、振動、過負荷などの 生産ロギングデータを一元管理 テレメジャー メジャー、トランスミッター、レシーバー 計100万円 2017/10/28 Hidetoshi Shbiata 72
  73. 73. ソフトウエア システム会社に頼むと 5万円~10万円/1人1日 フリーランスの技術者を頼む 案件単位に比較的安く頼める ※ただし、発注条件(仕様書)を書く必要あり 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 73
  74. 74. ソフトウエア フリーランスの技術者と継続契約 月10万円程度で、相談、プログラミングを 継続して頼む。 ※よいエンジニアを見つけるのは難しい。 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 74
  75. 75. 進め方 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 75
  76. 76. 進め方 会社の体力によって違う 残業時間、休日出勤は時代感に合わない 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 76 会社規模 進め方 内 容 2~5人 社長主導 社長の空き時間に 5~10人 週一方式 特定の曜日は全社で取り組み 10人~50人 兼任方式 IoT推進兼任数人 50人~ 専任方式 IoT推進専任数人
  77. 77. 生産管理と一体で 生産管理の改善が前提となる 検査の場合は、独立もありうる 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 77
  78. 78. IoT部分はコミュニティー的に  社内でも、もの好きでやる  社外の人ともつながる 趣味でやっている人と仲良くなる Hidetoshi Shbiata 2019/1/11 78
  79. 79. 事例集 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 79
  80. 80. 設備稼働情報収集 2018/09/10 Hidetoshi Shbiata 80 関東経産局IoT事例集より
  81. 81. 設備からのデータ取得 古い設備は、データが取れないことが多い 新しい設備も、簡単ではない 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 81
  82. 82. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 82
  83. 83. データ取得装置 Hidetoshi Shbiata 2019/1/11 83 自作すれば数千円の部品で これを買うと1台10万円
  84. 84. 稼働監視+ネットワークカメラ 2018/09/10 Hidetoshi Shbiata 84 関東経産局IoT事例集より 夜勤者にも便利かもしれない
  85. 85. NWカメラ 中古スマホで監視 YESKAMO(5万円) 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 85
  86. 86. 電気炉にセンサ→営業から造形指示 2018/09/10 Hidetoshi Shbiata 86 関東経産局IoT事例集より 受注から自動生産計画、 造形指示→設備運転
  87. 87. 2019/1/2 Hidetoshi Shibata 87 画像撮影 AI判定 OK NG 再研磨刃先の自動検査
  88. 88. 2018/09/10 Hidetoshi Shbiata 88 関東経産局IoT事例集より 可食プリンターの客先可動把握
  89. 89. 事例まとめ 2019/1/2 Hidetoshi Shibata 89
  90. 90. 効果 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 90
  91. 91. 売 上 P/L上の効果 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 91 受注を断っている場合 納期等で失注がある場合 売上増 人件費 残業代 直接経費 電気代、水道代、 交換部品のタイムリーな 提供による売上増 顧客使用状況の把握 生産能力向上 短納期化 稼働監視による操業短縮 稼働監視による操業短縮 見える化による作業改善 材料費 仕損費 機械化によるミスの低減
  92. 92. 費用対効果 対象製品の利益率 継続期間 投資をするのも選択肢 投資をしないも選択肢 多品種少量、短ライフサイクルには小投資 (そもそも多品種少量、短ライフサイクル?) 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 92
  93. 93. IoTのもう一つの意味 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 93
  94. 94. IoTで起こること 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 94 手が空く 残業が減る 心の余裕 資金 なにを しますか
  95. 95. ドイツの中規模企業  ドイツの経営学者ハーマン・サイモン 「ドイツには従業員500人以下ながら世界で高く評価される製 品を送り出し続ける企業が多い。世界中の2746社の『隠れた チャンピオン』のうちドイツ企業が1307社、全体の47%を 占める」  フレキシ 従業員数300人 伸縮する犬の散歩用つなぎ紐で世界シェア7割  ベーヴェ 世界最大の封筒封入器メーカー  撮影機材のアーノルド&リヒター  業務用三脚のザハトラー  ワンズル 世界的なカートメーカー  ケルヒャー 高圧洗浄器 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 95
  96. 96. 余裕を作って 自社製品 圧倒的なノウハウ 圧倒的な生産性(生産革新) 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 96
  97. 97. 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 97
  98. 98. シェア No1 Hidetoshi Shbiata 2019/1/11 98
  99. 99. まとめ 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 99
  100. 100. IoTにも、簡単にできるものがある 自社、自分でやってみるといい ものづくりが変わる コミュニティー型に可能性 最初の一歩は小さいけれど、新たな事業に 2019/1/11 Hidetoshi Shbiata 100

×