Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

植物育成環境の計測

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 10 Ad
Advertisement

More Related Content

Similar to 植物育成環境の計測 (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

植物育成環境の計測

  1. 1. 植物育成環境の計測 @hidetobara Web系かAI系かゲーム系かでもハードウェアも扱うし何かよく分からないエンジニア
  2. 2. きっかけ  上場すると胡蝶蘭が大量に会社に届きます  花が萎れかけるとどうぞ持って帰ってください状態  3鉢をお持ち帰り  胡蝶蘭は観葉植物の中でもとても繊細  温度  湿度  水  太陽 ⇒植物は物言わぬのでセンシングしなければ・・・
  3. 3. 植え替え、根分け
  4. 4. ハードウェア選定  様々なマイコン、シングルボードコンピュータ  Raspberry Pi  PIC  Arduino  M5Stack  … ⇒今回はObnizを使用  日本製  製造元の株式会社CambrianRoboticsは今年の11月に約1億円の資金調達を実施  プログラムをWeb上で管理できるクラウド型のマイコン  マイコンがクラウド上でプログラムを実行するため、ハードウェア自体への書き込みの手間 が無い  遠隔地でも制御できる!  プログラムのバグが見つかっても、自分の家から修正できる!
  5. 5. 観測装置1号  よく止まります(-_-)zzz  なんか知らんけど  温度の測り方が良くない  直射日光を当てずに、空気が狭い空間内で循環しないように計測する必要  いやでも、そうすると輝度取れない  ちゃんと輝度計測できてない  フォトカプラの指向性が高い  まあ色々ぐだぐだ Obniz 本体 二酸化炭素 センサ フォトカプラ 温度計
  6. 6. 観測実験機2号  二酸化炭素センサを変えてみた  カメラをつけてみた Obniz本体 シリアル通信 カメラ 二酸化炭素 センサ
  7. 7. 観測結果1  遠隔地からでも温度、二酸化炭素濃度、輝度を計測可能  なんか知らんけどデータが切れ切れになってしまう 自分の家 被験者の家
  8. 8. 観測結果2  葉っぱの様子です  ちょっとづつ成長しているのが分かって面白い 自分の家 被験者の家
  9. 9. ぐだぐだまとめ  クラウド型のマイコン Obniz はとても計測に便利  どこかのセンサがなんか知らんけど止まってるので定期的に再起動が必要?  センサ1個づつは高くないけど、色々足していくとお高くなってしまう  1万円弱  お値段的にも精度的にも十分なセンサを検証中  将来的には、どういう環境なら成長が速くなるのか、あるいは遅くなるのかを調べた い  色々な環境に設置したい  安く大量に計測装置を作れる必要  画像認識で葉っぱの数や大きさを調べたい  最近、色々なマイコンやセンサが発売されてきており、さらに扱いやすくもなってお り、人と違ったセンシングしてみたい人は、こういうのに手を出しても面白いかも
  10. 10. おまけ  新しい芽が出てきており、来年には花が咲くかも!?

×