Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Symfony2 workshop-2

2,798 views

Published on

  • Be the first to comment

Symfony2 workshop-2

  1. 1. Symfony2ワークショップ#2 Symfony2 ワークショップ #2 日本Symfonyユーザー会 後藤 秀宣(@hidenorigoto)
  2. 2. Symfony2ワークショップ#2 ワークショップの内容 ● Symfony2の機能をアレコレ試す ● または、今までのワークショップでの質問など
  3. 3. Symfony2ワークショップ#2 機能 ● HTTP Cache/Edge Side Include ● DI ● バンドル ● ルーティング ● Basic認証(Firewall) ● ORM(MySQL) ● フォーム
  4. 4. Symfony2ワークショップ#2 HTTP Cache ● クライアントサイドキャッシュの制御 $response->setMaxAge(600); $response->setSharedMaxAge(600); $response->setETag(md5($response->getContent())); ● サーバーサイドのキャッシュ $kernel = new AppCache(new AppKernel('prod', false));
  5. 5. Symfony2ワークショップ#2 Edge Side Include ● http://docs.symfony- reloaded.org/master/guides/cache/http.html ● 注:クライアントサイドキャッシュを指定しているア クションで有効になる
  6. 6. Symfony2ワークショップ#2 Edge Side Include ● cacheディレクトリにできたファイル →ESIタグがあるよ
  7. 7. Symfony2ワークショップ#2 DI ● DIの理解は、Symfony2の内部を理解する上で必須!!  DIが分からないと、Symfony2の内部コードを  追うのは難しい ● まずは「appDevDebugProjectContainer.php」を見る ● config.ymlは何を設定しているのか? ● エクステンションとは? SymfonyComponent DI ContainerBuilderのソースを読 む
  8. 8. Symfony2ワークショップ#2 バンドル ● 「Everything is bundle」 ● フレームワークのコアも1つのバンドル (FrameworkBundle) ● アプリケーションもバンドルとして作成する ● 各バンドルは、 ・DI ・名前空間 ・オートロード で結びつく
  9. 9. Symfony2ワークショップ#2 ルーティング ● 全部PHPコードに展開されキャッシュされる →最初のディレクトリ部は文字列比較 →高速 ● キャッシュディレクトリのUrlMatcher、UrlGenerator ● 別ファイルのインクルード
  10. 10. Symfony2ワークショップ#2 Basic認証(Firewall) ● http://docs.symfony- reloaded.org/master/guides/security/overview.html#co nfiguration
  11. 11. Symfony2ワークショップ#2 Firewall - Security User ● $user = $container->get('security.context')- >getUser();
  12. 12. Symfony2ワークショップ#2 ・・・ ● あとは資料なし

×