Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SubversionとSugarsync

2,161 views

Published on

多治見IT勉強会 第8回での資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

SubversionとSugarsync

  1. 1. と 多治見IT勉強会 資料 GOTTi@iNNX 多治見IT勉強会 と
  2. 2. subversionについて ● 現在最も普及しているバージョン管理システム ● CSVの後継 ● UNIXのコマンド群で構成されます ● Apacheと連携するように設定すると、HTTP経由でも利用できます ● 履歴の管理、差分の管理 http://subversion.tigris.org/ 多治見IT勉強会 と
  3. 3. subversionの利用方法 ● UNIX系ならコマンドから ● WindowsならTortoiseSVNをインストール ● http://tortoisesvn.tigris.org/ ● Eclipseのプラグインを利用(subclipse/subversive) ● subversive http://community.polarion.com/index.php? page=overview&project=subversive 多治見IT勉強会 と
  4. 4. subversionの利用例(1) ● リビジョンログの確認 ● コミット時にコメントを書いておくことで、後から当該リビジョンでどのような変 更を行ったのか追跡しやすくなります 多治見IT勉強会 と
  5. 5. subversionの利用例(2) ● リビジョン間の変更箇所の確認 多治見IT勉強会 と
  6. 6. subversionまとめ ● 開発の現場には必須 ● プロジェクトのソース以外にも、さまざまなファイルをリビジョン管理しよう! ● プロジェクトの仕様書などはもちろん、プログラム開発に直接は関係のないド キュメント類などもまとめて履歴管理すべし。 多治見IT勉強会 と
  7. 7. SugarSyncの紹介 ● 無料で利用できるオンラインファイル同期ツールの1つ ● https://www.sugarsync.com/ ● 他にDropboxやZumoDriveがあります ● 無料アカウントで2GBの容量 ● 有料アカウントは $4.99/month 30GB~ ● 企業向けアカウントもあります(マルチユーザー) ● 無料アカウントでは、2台のコンピュータの同期まで ● DropBoxやZumoDriveの場合は台数の制限がない ● 特徴は、任意のフォルダを同期できること ● DropBoxやZumoDriveは、固定のフォルダ/ドライブが同期される 多治見IT勉強会 と
  8. 8. SugarSyncの利用方法 ● アカウントを登録する ● クライアントをインストールする ● Windows/Mac/iPhone/BlackBerry/Android/WindowsMobile ● デフォルトのマジックブリーフケースをそのまま使うか、同期するフォルダを 指定する 多治見IT勉強会 と
  9. 9. モバイルオフィスでの利用例の紹介 ● 何がしたいのか? ● symfonyのドキュメント翻訳の作業を、外出時のネットブックでも行いたい ● symfonyのドキュメント翻訳プロジェクトは、公式のsubversionリポジトリで管 理されている – 自分の管理下のリポジトリではないので、あまりに頻繁なコミットなどは控えるべ き。→作業途中すぎるものをコミットなどは基本的に行わない。 ● ドキュメントはそこそこボリュームがあるので、1作業単位では公式サイトにコ ミットできるところまで作業が完了しない 多治見IT勉強会 と
  10. 10. モバイルオフィスでの利用例(NG) ● 公式リポジトリは作業コミットすべきでない! subversionで同期 subversionで同期 多治見IT勉強会 と
  11. 11. モバイルオフィスでの利用例(OK) ● ローカルの作業はSugarSyncで同期する subversionで同期 SugarSync で同期 多治見IT勉強会 と
  12. 12. 参考資料 ● Subversion ● http://www.amazon.co.jp/dp/4274066800 ● 実践的な利用方法を解説 ● OSSで一般的な管理方法など 多治見IT勉強会 と

×