Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
DBCJ Drupal Business Consortium in Japan
~自由な PaaS 環境を日本に~
2016.06.02.
池田 秀一 ikeda@lpi.or.jp
Drupal is a registered tradem...
とは何か?
LEGO ブロックのように部品を組み合わせ、
企業の外部向け、内部向けサイト、情報系システムを
素早く、楽に作れる、システム構築での中核基盤です!
海外では数百以上の業務テンプレート提供も♪
レゴブロックのようにビジネスロジックを組み立てる
Drupal is Legos for Websites
http://el-studio.com/blog/drupal-is-legos-for-websites.html
”Working...
Drupal での選択肢の豊富さ
Module(Drupal Add-On)
Drupal
自社サーバ
Private Cloud
Hosting
IaaS/ OSS PaaS
AWS,Azure,SoftLayer
2万個以上の豊富なアドオン...
Drupal 基盤でのビジネス形態
Module(Drupal Add-On)
Drupal
自社サーバ
Private Cloud
Hosting
IaaS
Acquia
Cloud
(Drupal CORE)
新たな
PaaS
提供
SPA...
World Wide Trend
Drupal
Joomla
WordPress
・Enterprise
Web Application Framwork
User count
・Small
Only CMS
2014年 DBCJ 設立から、2016年の今現在
• 実は、表に見える部分では、あまり変わっていない
• Drupal8 での日本語対応は進んだが、実システムは Drupal7 主体
• Drupal8 の周辺環境は、世界的にまだ整備が進まな...
Drupal 8.1.1.
2016年5月5日に公開。 8.1.0 から半月での提供。
https://www.drupal.org/project/drupal/releases/8-1-1
Drupal 8.1.0
2016年4月20日に公...
DrupalGap
https://www.drupal.org/project/drupalgap
http://drupalgap.org/
他にも探すと、多種多様なプロジェクトが走ってます!
Drupal 派生プロジェクトも多種多様
0
DrupalCon は、世界で年に3回(2014年以前は年2回)
開催される Drupal 専門イベントです。
有償参加(数百ドル)にも関わらず、数千人規模の参加者。
年3回開催に: 北米と欧州+EMIA(中近東アジア)追加
https:/...
1
DrupalCon は、参加レポートは、日本語だと少ないですね。
今回の 2016 NewOrleans @井村さんなど
http://knowledge.sakura.ad.jp/event-seminar/5059/
http://kn...
2
 Drupal 7以降の日本語書籍は、紙の書籍がない!!!
※講師の程田さんの kindle 書籍はある
 「はじめてのDrupal 7 入門編: Drupal 7 でWebサイトを作ってみよう! Kindle版」
https://ww...
Drupal 8.1. Tryal SiteTry!
http://simplytest.me/
Check !
Azure or AWS or
SoftLayer
4
海外市場と同等に、
日本で Drupal を企業システム構築に浸透させる為
大手SI企業から勧誘中
今後は多くの中堅SI企業や、ユーザー企業も勧誘予定
⇒ 「三方一両得」を目指します
SI企業、コミュニティ、ユーザー企業が良くなる方向へ
ど...
5
Drupal 関連広報
• 2014年9月2日以降に3回
Drupal 説明会
• 2014年9月9日、10月2日の DBCJ 説明会
Drupal ハンズオン勉強会
• 2014年10月31日、IBM SoftLayer 上での Drup...
6
Oracle ライセンス勉強会
http://eventdots.jp/event/588730
以下引用
:
従来、オラクル社は、“保守に入っているライセンス、入っていないライセンス”をお客様が混在して保有していることを認めていました。し...
7
1. 他者に使われる追加機能(Module)を提供し、有償サポート
⇒ ISV企業向け
2. サイトのイメージに重要な Thema(背景画像集)を有償提供
⇒ デザイン会社向け
Digital Marketing Tool に仕上げて Sa...
8
他者に使われる追加機能(Module)を提供し、
有償サポート ⇒ ISV企業向け
追加機能(Module)が約2万個も既に流通しているが組み合わせ確認は必須
商用向けとして追加機能を有償で提供することも可能
無償で追加機能を提供し、サポー...
9
サイトのイメージに重要な Thema(背景画像集)を有償提供
⇒ デザイン会社向け
有償で提供する、企業や個人が(海外では)既に存在
https://www.drupal.org/project/project_theme
デジタルマーケテ...
0
特定業種に特化した形(ディストリビューション)での提供
⇒ SI企業向け
業種やサービス形態ごとに得意とする企業が(海外では)既に存在
https://www.drupal.org/project/project_distribution
...
1
海外で実績豊富な Web Application Platform であり、PaaS 中核となる
追加機能(Module)が約2万個も流通している
数百のテンプレート:ディストリビューション(業務、業種など)
100カ国以上の言語に対応(※...
2
1. 部品の豊富な開発環境 であり、PaaS 中核となる
競合するのは Ruby on Rails や SFDC、kintone
こちらを主に DBCJ としては推進していく
Web Application Framework として大手S...
3
It's not enough to build a system of Japan?
短納期でのシステム構築
マイナンバー制度対応
消費税対応
東京オリンピック
多言語への対応
東京オリンピック
多国籍企業
ユーザービリテ...
4
1. 日本語対応が不十分で初心者泣かせ
Drupal version 7.x までは、インストール完了までは、英語のみ。
インストール完了後に日本語環境を設定する必要があった。
Drupal 8 からは、インストールの最初に日本語選択するこ...
5
Drupal 基盤でのビジネス形態
Module(Drupal Add-On)
Drupal
自社サーバ
Private Cloud
Hosting
IaaS
Acquia
Cloud
(Drupal CORE)
新たな
PaaS
提供
S...
6
日本企業に足りないのは?
素早いシステム構築
より具体的に言えば、
OSS + クラウド・サービスの活用
今、求められるのは??
【美味しい技術】
7
企業システム構築の方向
既存システム
塩漬け
IaaS 上へ
新規開発
商用PaaS
OSS PaaS
8
企業システム構築の選択肢
企業内の
業務システム
既存修正
SaaS
IaaS
新規開発 PaaS
9
選択肢としての PaaS
OSS PaaS
閉鎖的PaaS
SaaS
IaaS
・定形業務サービス
・Cybozu Kintone
・SalesForce.com
・Acquia Cloud
・RH OpenShift
・Cloud Fou...
0
Drupal を中核とした PaaS (Acquia Cloud や Pantheon Cloud) は他の PaaS と競合するが、
 Drupal 自体は、多様な IaaS / PaaS の上で活用可能
 PaaS の中核として 『...
1
IaaS /PaaS の日本の状況 by Ikeda主観 2016.06
国内実績 開発環境 OSS対応 国内SI対応 国内技術情報
Azure ○
凄まじい追い上げ
◎
Visual Studio
◎
OSS専門子会社
◎
IBM系を除い...
2
昔: IaaS /PaaS の日本の状況 2014.11.25.
3
IaaS /PaaS の日本の状況 2016.06.01.
4
IaaS /PaaS の米国の状況 2016.06.01.
5
大規模ほど Drupal が強い!
1位 WordPress 、2位 Drupal 、3位 Joomla! 、
4位以下は非常にシェア低い(数%)ので誤差
WordPress の位置付けは、Enterprise ではない?!
http://...
6
World Wide Trend OSS CMS Market Share
http://trends.builtwith.com/cms/open-source
2016.06.01. 時点での情報の画面ショット
7
Defact Standard
OEM Supply
Big Account User
Large SI’er
SOHO
SMB
Japan Drupal Market
C
h
a
n
g
e
・Enterprise
Web Applica...
8
Drupal Business Consortium in Japan
9
昔:DBCJ Big Impact!! Google Trend results
2014.09.15.
DBCJ Press Release
0
マーケティング欠落の悪い実例 Google Trend results
2016.06.01.
DBCJ Press Release
1
昔 DBCJ Competitor Trend 2014.11.25.
vs OSS CMS in Japan
vs Closed Conpornent PaaS in Japan
2
DBCJ Competitor Trend 2016.06.01.
vs Closed Conpornent PaaS
3
DBCJ Competitor Trend 2016.06.01.
vs Closed Conpornent PaaS in Japan
4
DBCJ Competitor Trend 2016.06.01.
vs OSS CMS in Japan
5
DBCJ Competitor Trend 2016.06.01.
vs OSS CMS in Japan
vs Closed Conpornent PaaS in Japan
6
小薗井 康志の経歴
日本IBM社 在籍(2014年9月より)
デル社(2014年8月末まで) 技術者向けコミュニテイ担当
インテル社でのハードウェア技術者としてスタート。
日本Linux協会理事、OSDL(現Linux foundation...
7
池田秀一の経歴
本業はプロダクトマーケティングのコンサルタント
LPI-Japan(世界最大の Linux認定資格団体)の理事を14年
http://www.lpi.or.jp/about_lpi/
日本オラクル社(11年)、NEC(8年)...
8
この資料で提示された情報は、情報提供時に認識された情報であり、
今後すべてを保障するものではありません。
技術面においては、必要に応じて、最新情報を再度確認頂くことを推奨
致します。
また、情報に対する御意見、御質問は、
Info [@] ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Drupal Market in Japan @ 「DrupalCon 2016 New Orleans」情報交換会

382 views

Published on

Drupal current state of the Japanese market in 2016

Published in: Marketing
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Drupal Market in Japan @ 「DrupalCon 2016 New Orleans」情報交換会

  1. 1. DBCJ Drupal Business Consortium in Japan ~自由な PaaS 環境を日本に~ 2016.06.02. 池田 秀一 ikeda@lpi.or.jp Drupal is a registered trademark of Dries Buytaert.
  2. 2. とは何か? LEGO ブロックのように部品を組み合わせ、 企業の外部向け、内部向けサイト、情報系システムを 素早く、楽に作れる、システム構築での中核基盤です! 海外では数百以上の業務テンプレート提供も♪
  3. 3. レゴブロックのようにビジネスロジックを組み立てる Drupal is Legos for Websites http://el-studio.com/blog/drupal-is-legos-for-websites.html ”Working with Drupal is like building with Legos. Drupal and its modules provide the building blocks -- the basic rectangles, the windows. And someone with a bit of practice can do a very fine house.”
  4. 4. Drupal での選択肢の豊富さ Module(Drupal Add-On) Drupal 自社サーバ Private Cloud Hosting IaaS/ OSS PaaS AWS,Azure,SoftLayer 2万個以上の豊富なアドオン部品が流通している! 200種類以上のテンプレートが流通している!
  5. 5. Drupal 基盤でのビジネス形態 Module(Drupal Add-On) Drupal 自社サーバ Private Cloud Hosting IaaS Acquia Cloud (Drupal CORE) 新たな PaaS 提供 SPARC Power8 新規の アドオン機能 業種ごとの テンプレート の提供と保守 日本地域 から世界 へ発信 多言語対応で 東京オリンピック に向けたサイトへ
  6. 6. World Wide Trend Drupal Joomla WordPress ・Enterprise Web Application Framwork User count ・Small Only CMS
  7. 7. 2014年 DBCJ 設立から、2016年の今現在 • 実は、表に見える部分では、あまり変わっていない • Drupal8 での日本語対応は進んだが、実システムは Drupal7 主体 • Drupal8 の周辺環境は、世界的にまだ整備が進まない • 日本では • WordPress での無理な適用 ⇒ トラブル多発 ⇒ トラブル対応ソリューション!? • 人件費が稼げる Java Application Severでの構築 ⇒ 高額、長期開発の課題 • 裏では、 • IaaS 上での Drupal事例が、増えている • 日本で事例公開する手間を掛ける企業や組織が、ほぼ存在しない • 大手IT企業も、マトモな企業なら準備は進めている • 表に出た事例では、豆蔵HD社のアイキューム社の事例 PDF http://pdf.irpocket.com/C3756/VuON/Pv8L/lhz9.pdf
  8. 8. Drupal 8.1.1. 2016年5月5日に公開。 8.1.0 から半月での提供。 https://www.drupal.org/project/drupal/releases/8-1-1 Drupal 8.1.0 2016年4月20日に公開。 Beta-1 から1ヶ月半の短期間での公開。 https://www.drupal.org/blog/drupal-8-1-0 2016年3月3日に 8.1.0 Beta-1 公開開始。 https://www.drupal.org/node/2357303 英語が苦手な人なら、Wikipedia を見てると更新判りますよ♪ https://ja.wikipedia.org/wiki/Drupal Drupal 8.1.1 が公開済
  9. 9. DrupalGap https://www.drupal.org/project/drupalgap http://drupalgap.org/ 他にも探すと、多種多様なプロジェクトが走ってます! Drupal 派生プロジェクトも多種多様
  10. 10. 0 DrupalCon は、世界で年に3回(2014年以前は年2回) 開催される Drupal 専門イベントです。 有償参加(数百ドル)にも関わらず、数千人規模の参加者。 年3回開催に: 北米と欧州+EMIA(中近東アジア)追加 https://www.drupal.org/drupalcon 直近は、New Orleans 開催 https://events.drupal.org/neworleans2016/ DrupalCon
  11. 11. 1 DrupalCon は、参加レポートは、日本語だと少ないですね。 今回の 2016 NewOrleans @井村さんなど http://knowledge.sakura.ad.jp/event-seminar/5059/ http://knowledge.sakura.ad.jp/event-seminar/5107/ http://shizuku.io/projects/drupalcon-2016May9-13News1 http://drupal-navi.jp/content/drupalcon-new-orleans- 2016%E3%81%8C%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81- %E5%88%9D%E6%97%A5 他の DrupalCon の日本語レポート: 日本語ページ限定で検索♪ DrupalCon 参加レポート:日本語版
  12. 12. 2  Drupal 7以降の日本語書籍は、紙の書籍がない!!! ※講師の程田さんの kindle 書籍はある  「はじめてのDrupal 7 入門編: Drupal 7 でWebサイトを作ってみよう! Kindle版」 https://www.amazon.co.jp/dp/B01EFYRUAO DBCJ としても、出版社などにコネを使って働き掛ける予定  みんなで情報を増やしましょう♪ (ネット上も含めて)  現状だと、ネットで探す! +英語の勉強しましょう♪ Drupalの歩き方 2015年12月07日 (※良記事、書いてる人誰だろ?) http://scorpion1950.blog.jp/archives/49661007.html  動向を知るのならば、  Drupal 関連企業の北米の2強である Acquia社、Pantheon社の動きを追う、動画を見る  Drupal.org をチェックする  Facebook DBCJ グループページ https://www.facebook.com/groups/DrupalBCJ/ Drupal の学習方法:日本語版
  13. 13. Drupal 8.1. Tryal SiteTry! http://simplytest.me/ Check ! Azure or AWS or SoftLayer
  14. 14. 4 海外市場と同等に、 日本で Drupal を企業システム構築に浸透させる為 大手SI企業から勧誘中 今後は多くの中堅SI企業や、ユーザー企業も勧誘予定 ⇒ 「三方一両得」を目指します SI企業、コミュニティ、ユーザー企業が良くなる方向へ どの環境に居る【技術者】も楽しく♪ 2014年9月2日付けで設立を広報済 Drupal Business Consortium in Japan
  15. 15. 5 Drupal 関連広報 • 2014年9月2日以降に3回 Drupal 説明会 • 2014年9月9日、10月2日の DBCJ 説明会 Drupal ハンズオン勉強会 • 2014年10月31日、IBM SoftLayer 上での Drupal8 Beta ハンズオン • 2014年11月26日、Microsoft Azure 上での Drupal8 Beta ハンズオン in マイクロソフト社@品川 Drupal ビジネスコンソーシアム 実績 すいません m(_ _)m この1年ほどは、ほとんど動けてませんでした。 本業の人が居ない。。。
  16. 16. 6 Oracle ライセンス勉強会 http://eventdots.jp/event/588730 以下引用 : 従来、オラクル社は、“保守に入っているライセンス、入っていないライセンス”をお客様が混在して保有していることを認めていました。しか し現在では『商用で使っている全てのライセンスについて保守に加入すること』を求めてきています。そして、1つでも保守に入ってもら えない場合、その法人の「全てのORACLE ライセンスの保守を引き受けない」、との方針を打ち出しています。 代理店の Oracleライセンス体系説明 • http://www.fujitsu.com/jp/documents/products/software/partners/partners/oracle/catalog/oracle-notice.pdf • http://jpn.nec.com/soft/oracle/support_buy_attention.html Oracle 社のライセンス体系資料 • http://www.oracle.com/jp/support/matching-service-level/index.html • http://www.oracle.com/jp/support/library/software-technical-support-policies-079764-ja.pdf Drupal も含めた OSS への追い風 Oracle 製品群のライセンス体系が、利用企業側には強烈なリスク。 PostgreSQL の採用が中小規模で、急速に拡大しつつある。MySQL のリスクは??
  17. 17. 7 1. 他者に使われる追加機能(Module)を提供し、有償サポート ⇒ ISV企業向け 2. サイトのイメージに重要な Thema(背景画像集)を有償提供 ⇒ デザイン会社向け Digital Marketing Tool に仕上げて SaaS 提供もあり! 3. 特定業種に特化した形(ディストリビューション)での提供 ⇒ SI企業向け 美味しい技術で稼ぐ方法?
  18. 18. 8 他者に使われる追加機能(Module)を提供し、 有償サポート ⇒ ISV企業向け 追加機能(Module)が約2万個も既に流通しているが組み合わせ確認は必須 商用向けとして追加機能を有償で提供することも可能 無償で追加機能を提供し、サポートのみ有償 日本語環境などでの追加機能同士の組み合わせ、ストレステスト 日本独自の商習慣、例えば「手形」や「印鑑」など 稼ぐ方法1 ISV企業
  19. 19. 9 サイトのイメージに重要な Thema(背景画像集)を有償提供 ⇒ デザイン会社向け 有償で提供する、企業や個人が(海外では)既に存在 https://www.drupal.org/project/project_theme デジタルマーケティングに必要な利用形態でSaaSで提供 ⇒ マーケティング部門に対するサービス 稼ぐ方法2 デザイン会社
  20. 20. 0 特定業種に特化した形(ディストリビューション)での提供 ⇒ SI企業向け 業種やサービス形態ごとに得意とする企業が(海外では)既に存在 https://www.drupal.org/project/project_distribution 電子商取引: Commerce Kickstart 社内サイト用: Open Atrium 社外向けサイト: TB Sirate Starter メディア企業用: OpenPublish 公共機関用: OpenPublic 農学機関向け(農学情報共有): AgriDrupal ※厳密にはアドオン 稼ぐ方法3 SI企業
  21. 21. 1 海外で実績豊富な Web Application Platform であり、PaaS 中核となる 追加機能(Module)が約2万個も流通している 数百のテンプレート:ディストリビューション(業務、業種など) 100カ国以上の言語に対応(※180カ国との情報もあるが言語ごとの品質?) Ruby on Rails からの置き換えや、PaaS 基盤での利用  単なるCMSでない 複数RDBMS に対応しており、企業システムへ容易な適用、強固なセキュリティ PHP ベースの OSS Enterprise CMS としても、多くの Award 受賞 ウォルト・ディズニー(1億ページ以上!)、ホワイトハウス、NASA など多数実績あり 国内でも、インプレス、国立国会図書館など ディストリビューション企業やサポート企業が多い コアディストリビューターとして Acquia 社 http://www.acquia.com/ 欧米や東南アジアでも、サポートする企業が多数展開 https://www.drupal.org/drupal-services 美味しい技術「Drupal」?
  22. 22. 2 1. 部品の豊富な開発環境 であり、PaaS 中核となる 競合するのは Ruby on Rails や SFDC、kintone こちらを主に DBCJ としては推進していく Web Application Framework として大手SIへ 2. 多言語対応、大規模対応の Enterprise CMS (※従来から国内でも展開されていた市場分野):既存 Drupal 開発企業向け 競合するのは、数千万円、数億円規模の商用CMS HP Autonomy、SiteCore、Adobe CQ、etc 美味しい技術「Drupal」? 2つの顔
  23. 23. 3 It's not enough to build a system of Japan? 短納期でのシステム構築 マイナンバー制度対応 消費税対応 東京オリンピック 多言語への対応 東京オリンピック 多国籍企業 ユーザービリティ強化は必須 「WCAG 2.0 (Web Content Accessibility Guidelines 2.0)」 &「JIS X 8341-3:2010」  http://jis8341.net/minkyo.html 圧倒的な人手不足 流通する大量の部品の活用 世界で共同開発されたOSS To be more specific, OSS + Cloud Services : AWS、Azure、SoftLayer、etc 日本市場での切実な要求
  24. 24. 4 1. 日本語対応が不十分で初心者泣かせ Drupal version 7.x までは、インストール完了までは、英語のみ。 インストール完了後に日本語環境を設定する必要があった。 Drupal 8 からは、インストールの最初に日本語選択することで対応 Drupal 8では解決済み! 2. 日本国内のコミュニティでの過去の内部抗争での開発者離反 Drupal version 6.x から version 7.x の頃(2011年前後)に、日本の開発コミュニティでの争いが顕著 であり、多くの開発技術者が、他の PHP ベースの CMS などに移行してしまった。 開発者の多くが離反した為に、それに伴う日本語での技術情報の少なさ。 時間が解決してきているのと、Drupal 8で敷居が低くなる期待 日本市場では浸透しない「Drupal」? 2つの過去の要因
  25. 25. 5 Drupal 基盤でのビジネス形態 Module(Drupal Add-On) Drupal 自社サーバ Private Cloud Hosting IaaS Acquia Cloud (Drupal CORE) 新たな PaaS 提供 SPARC Power8 新規の アドオン機能 業種ごとの テンプレート の提供と保守 日本地域 から世界 へ発信 多言語対応で 東京オリンピック に向けたサイトへ
  26. 26. 6 日本企業に足りないのは? 素早いシステム構築 より具体的に言えば、 OSS + クラウド・サービスの活用 今、求められるのは?? 【美味しい技術】
  27. 27. 7 企業システム構築の方向 既存システム 塩漬け IaaS 上へ 新規開発 商用PaaS OSS PaaS
  28. 28. 8 企業システム構築の選択肢 企業内の 業務システム 既存修正 SaaS IaaS 新規開発 PaaS
  29. 29. 9 選択肢としての PaaS OSS PaaS 閉鎖的PaaS SaaS IaaS ・定形業務サービス ・Cybozu Kintone ・SalesForce.com ・Acquia Cloud ・RH OpenShift ・Cloud Foundry ・IBM BlueMix ・AWS ・MS Azure ・Google CP
  30. 30. 0 Drupal を中核とした PaaS (Acquia Cloud や Pantheon Cloud) は他の PaaS と競合するが、  Drupal 自体は、多様な IaaS / PaaS の上で活用可能  PaaS の中核として 『Drupal + アドオン』が生きる 約2万個の外部モジュール群(アドオン) 豊富な業種ディストリビューション(テンプレート) より具体的に言うと、  Cloud Foundry や BlueMix とは競合しません  OpenShift も競合しません 競合するのは、クローズな商用 PaaS(SFDC、kintone) 実は、OSS PaaS と競合しません!
  31. 31. 1 IaaS /PaaS の日本の状況 by Ikeda主観 2016.06 国内実績 開発環境 OSS対応 国内SI対応 国内技術情報 Azure ○ 凄まじい追い上げ ◎ Visual Studio ◎ OSS専門子会社 ◎ IBM系を除いて ○ AWS ◎ 圧倒的に先行 ○ △ 「Aurora」はクローズ △ SI企業と連携弱 ◎ 書籍は多い SoftLayer △ ○ ○ ○ IBM系には強い SLA でも優位 △ 書籍無い 参考: 国内クラウド市場 ユーザー利用動向調査 2014年度 vol.3 http://cloudsoken.jp/report/2014_vol3.html
  32. 32. 2 昔: IaaS /PaaS の日本の状況 2014.11.25.
  33. 33. 3 IaaS /PaaS の日本の状況 2016.06.01.
  34. 34. 4 IaaS /PaaS の米国の状況 2016.06.01.
  35. 35. 5 大規模ほど Drupal が強い! 1位 WordPress 、2位 Drupal 、3位 Joomla! 、 4位以下は非常にシェア低い(数%)ので誤差 WordPress の位置付けは、Enterprise ではない?! http://trends.builtwith.com/cms/open-source 個人的な主観でのイメージですが、 • Excel ≒ WordPress • MS-Access / FileMaker ≒ Joomla! • Oracle RDBMS / SQL Server ≒ Drupal • 北米市場で強い Drupal • 欧州市場で強い Joomla! World Wide Trend OSS CMS Market Share 2016
  36. 36. 6 World Wide Trend OSS CMS Market Share http://trends.builtwith.com/cms/open-source 2016.06.01. 時点での情報の画面ショット
  37. 37. 7 Defact Standard OEM Supply Big Account User Large SI’er SOHO SMB Japan Drupal Market C h a n g e ・Enterprise Web Application Framework ・ Only CMS Time 2014.09. Start 2014.08. 2014.12. Drupal 8 ship. 2015.02. DBCJ Start
  38. 38. 8 Drupal Business Consortium in Japan
  39. 39. 9 昔:DBCJ Big Impact!! Google Trend results 2014.09.15. DBCJ Press Release
  40. 40. 0 マーケティング欠落の悪い実例 Google Trend results 2016.06.01. DBCJ Press Release
  41. 41. 1 昔 DBCJ Competitor Trend 2014.11.25. vs OSS CMS in Japan vs Closed Conpornent PaaS in Japan
  42. 42. 2 DBCJ Competitor Trend 2016.06.01. vs Closed Conpornent PaaS
  43. 43. 3 DBCJ Competitor Trend 2016.06.01. vs Closed Conpornent PaaS in Japan
  44. 44. 4 DBCJ Competitor Trend 2016.06.01. vs OSS CMS in Japan
  45. 45. 5 DBCJ Competitor Trend 2016.06.01. vs OSS CMS in Japan vs Closed Conpornent PaaS in Japan
  46. 46. 6 小薗井 康志の経歴 日本IBM社 在籍(2014年9月より) デル社(2014年8月末まで) 技術者向けコミュニテイ担当 インテル社でのハードウェア技術者としてスタート。 日本Linux協会理事、OSDL(現Linux foundation)立ち上げ その後、2007年に OSS 関連企業を起業 http://blogs.itmedia.co.jp/osonoi/bprofile.html Drupalサイト Linuxfoundation.jp, Moblin.jp, Meego.jpなど Drupal japan コミュニティサイト オーガナイザー https://groups.drupal.org/japan 主催者紹介
  47. 47. 7 池田秀一の経歴 本業はプロダクトマーケティングのコンサルタント LPI-Japan(世界最大の Linux認定資格団体)の理事を14年 http://www.lpi.or.jp/about_lpi/ 日本オラクル社(11年)、NEC(8年)などでのマーケティング活動実績 ※日本で最初に Linux版Oracle DBMS の必要性を主張 ミラクル・リナック社の設立企画、創立者の1人 http://ascii.jp/elem/000/000/300/300902/ スタートは生産管理システム構築技術者、その後に RDBMS 技術者となり、より良い 技術を伝える為にマーケッターとなる http://blog.marketing.itmedia.co.jp/redcommet/profile.html http://blog.marketing.itmedia.co.jp/redcommet/ 主催者紹介
  48. 48. 8 この資料で提示された情報は、情報提供時に認識された情報であり、 今後すべてを保障するものではありません。 技術面においては、必要に応じて、最新情報を再度確認頂くことを推奨 致します。 また、情報に対する御意見、御質問は、 Info [@] itmakers.jp や Facebook でのメッセージでお受けします。 https://www.facebook.com/hidekazu.ikeda.3 [] は取って電子メールで送信下さい 諸注意 Drupal is a registered trademark of Dries Buytaert.

×