Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ユーザ要望に応えるView customize活用事例

356 views

Published on

Redmineを使って仕様/設計変更管理簿を実現したときのViewCustomize活用事例

Published in: Engineering
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

ユーザ要望に応えるView customize活用事例

  1. 1. ユーザ要望に応える View customize活用事例 ~仕様/設計変更管理~ 2019年5月18日 松谷 秀久(@MATTANI)
  2. 2. 伝えたいこと  ユーザは、自分が管理したいことを 効率的に管理できればいい  Redmineかどうかは重要でない  ユーザに、Redmine特有の考え方を 押し付けるのは難しい  Redmine側からユーザに寄せるのがよい そんなときViewCustomizeを使おう
  3. 3. 今回のユーザ要望  仕様/設計変更票をRedmineで管理する  Excelの場合のイメージ 管理番号 H0001 変更契機 起票日 2019/5/12 変更種別 仕様変更  設計変更 発生工程 外部設計 起票者 令和 太郎 添付資料 表題 発生経緯 変更内容 回答担当 影響有無 調査結果 担当名 回答日 工数 変更量 対応可能日 回答 GS担当 2019/5/13 5人日 2KL 2019/5/20 影響内容 仕様/設計変更票 GS担当 有   無 1.レビュー 2.故障 3.顧客要望 4.開発要望 5.その他 変更要望一覧機能の追加について 〇〇打ち合わせにて、変更要望一覧機能の追加が要望された 変更要望一覧機能の追加が要望された 起 票 影 響 調 査 マスターテーブルを変更する必要がある いちいち各帳票のファイル を開けないといけない 管理簿は誰がいつ更新 したのかわからない 簡単に内容の検索するのは 難しい
  4. 4. 仕様/設計変更管理  仕様変更/設計変更したいとき、 関連モジュールへの影響を調査・連絡する  調査先は複数ある 依頼元 A担当 B担当 C担当 調査依頼 調査依頼 調査依頼 回答 回答 回答 変更指示 変更指示 変更指示 関連ある人にもれなく 情報共有し 品質を向上させる
  5. 5. Redmineをカスタマイズする  プロジェクト:仕様・設計変更管理  適宜、カスタムフィールドを追加する  ワークフローで使用するステータスを追加する
  6. 6. 親チケットのワークフロー  トラッカー「変更依頼」  変更の契機と、調査の承認をされたかどうか管理
  7. 7. 子チケットのワークフロー  トラッカー「影響」  調査状況、変更着手、変更完了などを管理 ここまでRedmine基本機能カスタマイズ
  8. 8. プラグインを導入  Redmine_Wiki_Lists(@tkusukawa さん)  親チケットのなかで子チケット項目一覧表示させる  Redmine-view-customize (@onozaty さん)  基本機能でできないjavascriptを追加  Redmine_default_custom_query (@hidakatsuyaさん)  チケット表示のときにデフォルト表示するクエリを指定する 他にもいろいろプラグインいれてますが、 この3つは外せません ViewCustomize Wiki Lists DefaultCustomQuery
  9. 9. チケット一覧  デフォルトで仕様設計変更一覧が表示される  今、活動中の仕様設計変更一覧を確認できる あらかじめ検索条件表示を開いておく ViewCustomize デフォルトのカスタムクエリを指定 DefaultCustomQuery
  10. 10. 親チケットの概観  親チケットを見れば、全体を鳥瞰できる  どういう変更依頼か  どこに調査依頼を出してどういう結果だったか  各変更がどういうステータスか トラッカーとか、Redmine特 有の項目は非表示にする ViewCustomize 関連チケットのラベルを 仕様/設計変更票に変更 ViewCustomize
  11. 11. 親チケットの概観  親チケットを見れば、全体を鳥瞰できる  どういう変更依頼か  どこに調査依頼を出してどういう結果だったか  各変更がどういうステータスか Redmineデフォルトの子チケット 一覧を非表示 ViewCustomize 親チケット内に子チケット一覧を 表示する WikiLists
  12. 12. 子チケットの概観  子チケットを見れば、変更の内容がわかる  いつだれからのどういう変更依頼か  それに対してだれがどう回答したか  回答に対してどう対応したか チケット一覧画面の項目の配置 をカスタマイズ (各ステータス別にグループ化し、 ラベル付け) ViewCustomize
  13. 13. 子チケットの編集画面  子チケットはステータスに応じて入力画面を変更  調査中のとき
  14. 14. 子チケットの編集画面  子チケットはステータスに応じて入力画面を変更  着手承認待ちのとき
  15. 15. 子チケットの編集画面  子チケットはステータスに応じて入力画面を変更  着手承認のとき jQueryでステータスに対応するdivブロックを作成 各divブロックに必要なカスタムフィールドをappend ステータスに応じて表示/非表示を制御 ViewCustomize ステータスが着手承認待ちのときは、担当者に依頼先を設定 ViewCustomize
  16. 16. ToDo  子チケットがクローズしたら、親チケットも連動して クローズ  REST-APIでチケット情報取得し、排他制御
  17. 17. 伝えたいこと  ユーザは、自分が管理したいことを 効率的に管理できればいい  Redmineかどうかは重要でない  ユーザに、Redmine特有の考え方を 押し付けるのは難しい  Redmine側からユーザに寄せるのがよい そんなときViewCustomizeを使おう
  18. 18. ご清聴ありがとうございました  ハンドルネーム @mattani  所属 NTTコムウェア(株)  Redmine歴 ◦ Redmine管理者歴 約6年 ◦ 第6回勉強会(2014/2)からredmine.tokyo運営スタッフ ◦ 構築したサーバ:10台以上 ◦ うち最大のもの:ユーザ数150名。プロジェクト数15~20 ◦ 利用目的:タスク管理、課題管理、インシデント管理、検証設備 利用申請管理、工事管理、ヘルプデスク問合せ管理、ゲスト管理、 脆弱性管理、依頼管理、仕様変更管理、等  業務 ◦ 開発経験17年、システム運用経験7年 ◦ Redmine経験を活用して社内・社外向け導入提案・コンサル対応 ◦ 講演対応

×