Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
OpenWhisk概要
http://niccloud.niandc.ne.jp/?p=1933
http://www.niandc.co.jp/sol/bluemix/2016031501.php
第2回「IBM	Watson日本語版ハッカソン」 プレゼン賞受賞
4つ⽬の実⾏環境 ”OpenWhisk”
• 新しい4番目として登場しました。まだベー
タなので無料で利用することが出来ます。
• 利用申し込みボタンがあるので申請をする
と1日程度で使えます。
OpenWhisk
• IBMから登場した、イベント駆動型アプリケーション開発基盤
• 従来のIaaS、Runtimeより、より⼩さい単位で提供される開
発基盤です。
ある処理 • VMやRuntimeもリソースを「考える」必要が
あるがOpe...
すごく簡単にいえば、
• Bluemixユーザには馴染みのあるNode-RED。
処理自体は簡単に作れても「実行するた
め」にはリソースの管理が必要。単純な処
理でも1VM分の費用がかかる
すごく簡単にいえば、
• OpenWhiskではこのNode-REDでいう「フ
ロー」の部分が登録される。この「単位」
でアーキテクチャを考えていくことができ
る。そしてリソースは自動で捌いてくれる
まるでNode-RED (まだ出ていない)
http://venturebeat.com/2016/02/22/ibm-cloud-launches-swift-runtime-open-source-aws-lambda-competitor...
OpenWhiskの特徴
• ⼩さい機能を処理する(語弊を恐れずに書けば、マイクロサービス
的な)
• Bluemixの基盤上でサービスとして提供されユーザは利⽤できる処
理性能を考慮しなくても良い(コンピュートノード的な指向からの脱
却)
•...
ニーズに合わせて選択
コントール可能な範囲
従来から
の互換性
Bluemix
サービス連
携
Agility
速度
Standard
標準
Portability
可搬性
Security
安全
Performan
ce
性能
Reliabi...
サービスアーキテクチャ
• 主な使い方は2つ
• ・イベント駆動型
• ・バックエンドサービス型
サービスアーキテクチャ(イベント駆
動)
Action
様々な処理を記述
処理は複数をつなぎあ
わせて動かすことが出
来る
Feed
イベント駆動を実
現する機能
Trigger
Feedに条件を設
定したもの
Rule TriggerとAct...
サービスアーキテクチャ(イベント駆動)
Action
様々な処理を記述
処理は複数をつなぎあ
わせて動かすことが出
来る
Feed
イベント駆動を実
現する機能
Trigger
Feedに条件を設
定したもの
Rule TriggerとActi...
サービスアーキテクチャ(BaaS)
Action
様々な処理を記述
処理は複数をつなぎあ
わせて動かすことが出
来る
iOS	SDK
RESTful
クライアント側の
コードからAction
を実行可能
結果の受信
Action
Cloudantからデータを
取得しAlchemyAPIへ分
析し結果をJasonで返す
iOS	SDK
RESTful
写真をアップし処
理を実行
Cloud
ant写真をアップ
処理の実行
Invoke
Alche
my	
A...
サービスアーキテクチャ
利⽤可能な⾔語環境
• フロントエンジニアで利⽤されている「JavaScript」
「Swift」を採⽤
• フロントエンジニアが、アプリケーション開発をしていくうえ
でクライアントサイドがバックエンドの側の処理をしたいと考
えた時にインフラの...
3つの実⾏⾔語
• JavaScript (nodejs base)
• みんな⼤好きなNodeJSですね
• Swift (kitura base?)
• 同時に発表されたKituraベースなのかなと思いますが、Swift。コンパイル
不要で...
3つの呼び出し(Mobile Back end)
• RESTful API
• ⼀般的なREST同様に呼び出せます
• CLI
• CFツールと合わせてwskが提供されます。管理的な事は全てCLIで実⾏する
ことになります。
• iOS SD...
(参考)JavaScript
• Nodejs 0.12.9 base
• ライブラリとして登録されている項⽬(OSS版)
OpenSource
• クラウドサービスベンダーが発表した新規サービスにおいて
バックエンド側の仕組みがOpenSourceで登場
• コア部分だけでなく開発環境として実⾏可能なVagrantパッ
ケージやネイティブ実⾏部分など実際に動かせる...
OSS版でみる中の仕組み
registrator
kafka
zookeper
consul
Nginx
dispatcher
loadbalancer
controller
nodejsaction
swiftaction
Docker Co...
まずは使ってみましょう!
• これからクラウドネイティブなアプリケーション開発が必要に
なる時にOpenWhiskが標準的なツールになるかもしれません。
• 是⾮⾊々触って楽しんでいきましょう!!
• 帰ったら「俺(私)のOpenWhiskサー...
参考資料
• OpenWhisk概要
• http://niccloud.niandc.ne.jp/?p=1933
• Check! Bluemix OpenWhisk の開発環境を Vagrant で作ってみる
• http://qiita....
NI+Cは今までにないモノでも、
お客様のおもひ、私たちのおもひをITでカタチにします
SL_SALES@NIANDC.CO.JPSoftLayer/Bluemix の導⼊のご相談から構築、運⽤のお⾒積りは
About OpenWhisk
About OpenWhisk
About OpenWhisk
About OpenWhisk
About OpenWhisk
About OpenWhisk
About OpenWhisk
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

About OpenWhisk

2,410 views

Published on

OpenWhiskがどうのようなものなのか。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

About OpenWhisk

  1. 1. OpenWhisk概要 http://niccloud.niandc.ne.jp/?p=1933
  2. 2. http://www.niandc.co.jp/sol/bluemix/2016031501.php 第2回「IBM Watson日本語版ハッカソン」 プレゼン賞受賞
  3. 3. 4つ⽬の実⾏環境 ”OpenWhisk” • 新しい4番目として登場しました。まだベー タなので無料で利用することが出来ます。 • 利用申し込みボタンがあるので申請をする と1日程度で使えます。
  4. 4. OpenWhisk • IBMから登場した、イベント駆動型アプリケーション開発基盤 • 従来のIaaS、Runtimeより、より⼩さい単位で提供される開 発基盤です。 ある処理 • VMやRuntimeもリソースを「考える」必要が あるがOpenWhiskは基盤のリソースを考える 必要が無い。今後「処理」単位で課金がさ れるはず。
  5. 5. すごく簡単にいえば、 • Bluemixユーザには馴染みのあるNode-RED。 処理自体は簡単に作れても「実行するた め」にはリソースの管理が必要。単純な処 理でも1VM分の費用がかかる
  6. 6. すごく簡単にいえば、 • OpenWhiskではこのNode-REDでいう「フ ロー」の部分が登録される。この「単位」 でアーキテクチャを考えていくことができ る。そしてリソースは自動で捌いてくれる
  7. 7. まるでNode-RED (まだ出ていない) http://venturebeat.com/2016/02/22/ibm-cloud-launches-swift-runtime-open-source-aws-lambda-competitor-github-enterprise-vmware-support/ • OpenWhiskもGUIエディタが登場してくる (予定)Node-REDなみに使い安い環境が出 来ることが期待
  8. 8. OpenWhiskの特徴 • ⼩さい機能を処理する(語弊を恐れずに書けば、マイクロサービス 的な) • Bluemixの基盤上でサービスとして提供されユーザは利⽤できる処 理性能を考慮しなくても良い(コンピュートノード的な指向からの脱 却) • クラウドネイティブ時代のアプリケーション開発の⼿段 • フロントエンドエンジニアが取り組みやすい⾔語の採⽤ (JavaScript/Swift) • OpenSource!(実際に動くコードがOSSで提供) • 個人的に気になる「ポイント」
  9. 9. ニーズに合わせて選択 コントール可能な範囲 従来から の互換性 Bluemix サービス連 携 Agility 速度 Standard 標準 Portability 可搬性 Security 安全 Performan ce 性能 Reliability 信頼 HW OS Bin Lib Code SoftLayer ✓ ✓ ✓ ✓ ◎ N/A ☓ ◎ ☓ ◎ ◎ ◎ OpenStack VM ✓ ✓ ✓ ◎ ☓ △ ◯ △ ◯ ◯ ◯ Docker ✓ ✓ ◯ ◯ ◯ △ ◎ △ ◎ △ Cloud Foundry ✓ △ ◎ ◎ △ ◯ △ △ △ OpenWhisk ✓ ☓ △ ◎ ☓ ☓ △ △ △ • 従来の表では「OpenWhisk」の良さも悪さも 表現できていない所が新しいサービスを感 じます。
  10. 10. サービスアーキテクチャ • 主な使い方は2つ • ・イベント駆動型 • ・バックエンドサービス型
  11. 11. サービスアーキテクチャ(イベント駆 動) Action 様々な処理を記述 処理は複数をつなぎあ わせて動かすことが出 来る Feed イベント駆動を実 現する機能 Trigger Feedに条件を設 定したもの Rule TriggerとActionを結びつけたもの
  12. 12. サービスアーキテクチャ(イベント駆動) Action 様々な処理を記述 処理は複数をつなぎあ わせて動かすことが出 来る Feed イベント駆動を実 現する機能 Trigger Feedに条件を設 定したもの Rule TriggerとActionを結びつけたもの 時間起動が出来 るFeed 時間を設定 業務開始の連絡のメッ セージの通知 社員へメッセージが 通知
  13. 13. サービスアーキテクチャ(BaaS) Action 様々な処理を記述 処理は複数をつなぎあ わせて動かすことが出 来る iOS SDK RESTful クライアント側の コードからAction を実行可能 結果の受信
  14. 14. Action Cloudantからデータを 取得しAlchemyAPIへ分 析し結果をJasonで返す iOS SDK RESTful 写真をアップし処 理を実行 Cloud ant写真をアップ 処理の実行 Invoke Alche my API 分析結果を描画 フロントエンド (iPhone) バックエンド (OpenWhisk) APIs (Bluemix) • 公開されているサンプルアプリケーション の動作
  15. 15. サービスアーキテクチャ
  16. 16. 利⽤可能な⾔語環境 • フロントエンジニアで利⽤されている「JavaScript」 「Swift」を採⽤ • フロントエンジニアが、アプリケーション開発をしていくうえ でクライアントサイドがバックエンドの側の処理をしたいと考 えた時にインフラの知識や新たな⾔語の習得が不要なため勉強 コストが低くバックエンド側の処理を構築することが可能。 • 言語については今度も増えていくる予定。 Github上のPullRequestには “Java”が登 場している。
  17. 17. 3つの実⾏⾔語 • JavaScript (nodejs base) • みんな⼤好きなNodeJSですね • Swift (kitura base?) • 同時に発表されたKituraベースなのかなと思いますが、Swift。コンパイル 不要でコードをアップすれば動作します。 • Docker • Dockerコンテナを実⾏することが可能、ちょっと⾯⽩い。 • バックエンドで処理が出来る環境。利用者 は「Code」のみを登録するためどのライブ ラリが利用可能有るかは重要。 • 多くの情報はGithubに出ています。
  18. 18. 3つの呼び出し(Mobile Back end) • RESTful API • ⼀般的なREST同様に呼び出せます • CLI • CFツールと合わせてwskが提供されます。管理的な事は全てCLIで実⾏する ことになります。 • iOS SDK • iOSネイティブにライブラリが提供されますので従来のApplicationに簡単 に組み込むことが出来ます。 • イベント駆動ではなく、MBaaSとして利用す ることが出来ることもOpenWhiskの特徴です。 RESTfulに対応しており応用の幅は広いです。
  19. 19. (参考)JavaScript • Nodejs 0.12.9 base • ライブラリとして登録されている項⽬(OSS版)
  20. 20. OpenSource • クラウドサービスベンダーが発表した新規サービスにおいて バックエンド側の仕組みがOpenSourceで登場 • コア部分だけでなく開発環境として実⾏可能なVagrantパッ ケージやネイティブ実⾏部分など実際に動かせるコードとして 提供されている。 • 実際の構築⼿順 https://github.com/openwhisk http://niccloud.niandc.ne.jp/?p=1933
  21. 21. OSS版でみる中の仕組み registrator kafka zookeper consul Nginx dispatcher loadbalancer controller nodejsaction swiftaction Docker Container • 4Core/4GMemoryほどの環境であれば実行す ることが出来ます。Github上で開発が進め られており今後が期待されます。 • 全体は、Scalaで記述されており基盤は Dockerが採用されていることなどがわかり ます。サービスの裏側がみれて面白いです。
  22. 22. まずは使ってみましょう! • これからクラウドネイティブなアプリケーション開発が必要に なる時にOpenWhiskが標準的なツールになるかもしれません。 • 是⾮⾊々触って楽しんでいきましょう!! • 帰ったら「俺(私)のOpenWhiskサーバ」を作って下さい。 • Bluemixを利用するとOpenWhiskを簡単に試 せます。今はまだBeta版なので今のうちに どんどん利用しましょう
  23. 23. 参考資料 • OpenWhisk概要 • http://niccloud.niandc.ne.jp/?p=1933 • Check! Bluemix OpenWhisk の開発環境を Vagrant で作ってみる • http://qiita.com/dz_/items/cc872fe6786b7988b6b8 • IBM Bluemix OpenWhisk REST API • https://amanoblog.wordpress.com/2016/03/03/ibm-bluemix-openwhisk-rest-api/ • Getting started with OpenWhisk • https://github.com/openwhisk/openwhisk/tree/master/docs • OpenWhisk: 本来のオープンなサーバレス時代を拓く世界初のサービス? • http://apiguy.tokyo/2016/03/02/openwhisk-open-servless-architecture-japanese/ • IBMもAWS Lambda対抗のサーバレスアーキテクチャ提供へ。イベントドリブンでNode.jsとSwiftに対応した 「OpenWhisk」をBluemixで提供。コードはオープンソースに • http://www.publickey1.jp/blog/16/openwhisk_bluemix.html
  24. 24. NI+Cは今までにないモノでも、 お客様のおもひ、私たちのおもひをITでカタチにします SL_SALES@NIANDC.CO.JPSoftLayer/Bluemix の導⼊のご相談から構築、運⽤のお⾒積りは

×