Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JPIERE-0105: 複数締日対応

2,480 views

Published on

日本には五十払い(ごとばらい)といわれるような、ひと月に複数の締日を設けて支払いを行う商慣習が存在します。JPiere(ジェイピエール)は日本の商慣習に対応する事を目的としているため、五十払いのようなひと月に複数の締日のあるケースを適切に処理することのできるように致しました。

Published in: Business
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

JPIERE-0105: 複数締日対応

  1. 1. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. JPIERE-0105:複数締日対応 オープンソースのERP iDempiereの日本商習慣対応ディストリビューション
  2. 2. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 1 【目次】JPIERE-0105:複数締日対応 複数締日対応の必要性 設計概要 概要設計 複数締日の仕様概要 モデル設計 ユーティリティクラス
  3. 3. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 2 【複複数締日対応の必要性】 日本には五十払い(ごとばらい)といわれるような、ひと月に複数の締日を設けて支払いを 行う商慣習が存在します。 JPiere(ジェイピエール)は日本の商慣習に対応する事を目的としているため、五十払いの ようなひと月に複数の締日のあるケースを適切に処理することのできる”複数締日対応”が必 要になります。 五十払いは、毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日(または月末)の五十日(ごとお び)といわれる日に支払を行う商習慣です。 五十払い(ごとばらい)
  4. 4. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 3 【複複数締日の仕様概要】 ”複数締日対応”を実現するために、複数の支払条件をひとつにまとめる”複数支払条件”と う概念をJPiereでは実装しています。 五十払い 複数支払条件 5日締め翌5日払い 10日締め翌10日払い 15日締め翌15日払い 20日締め翌20日払い 25日締め翌25日払い 月末締め翌月末払い 支払条件 親 子
  5. 5. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 4 【複複数締日の仕様概要】 売上請求伝票 [ 選択レコード/表示レコード数] OSS ERP Solutions 売上請求伝票 クライアント 本社組織 取引組織 伝票ステータス更新 - ステータス 得意先XX取引先 東京都取引先住所 △△△△取引先担当者 草案伝票ステータス 売上請求伝票タイプ ARI-1000XXX伝票番号 20XX/XX/XX注文日付 20XX/04/11転記日付 userXX社内担当者 SOO-1000XXX受注伝票番号 20XX/04/11請求日付 ▼ 0明細行合計 0総合計 販売用(税抜:JPY)プライスリスト ▼ JPY通貨 後払い支払方法 ▼ 五十日払い支払条件 ▼ 入金済み ”複数締日対応”は売上請求伝票と仕入請求伝票で動作します。例えば4月11日の売上請求 伝票で支払条件に”五十日払い”を選択すると、保存処理時に日付をもとに15日締めの支払条 件を自動設定します。 支払条件が”複数支払条件”の場合、 日付けをもとに、適切な支払条件を 自動選択して、保存します。 15日締め翌15日払い
  6. 6. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 5 【概要設計】設計概要 C_Payment C_Payment 複数支払条件は、税金情報マスタ(Tax Rate)の親子関係の設定と同じ思想で設 計しています。親となる支払条件と子となる支払条件とがあり、1つのテーブルで 親子関係を構築します。 親となる支払条件は、IsPaymentTermsJP(複数支払条件)が’Y’の支払条件で す。 子となる支払条件は、IsPaymentTermsJP(複数支払条 件)が’N’の支払条件で、 JP_PaymentTerms_IDカラム に親となる支払条件のID(C_Payment_ID)を保持して います。 親 子
  7. 7. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 6 【概要設計】モデル設計 支払条件ウィンドウ 支払条件タブ 支払条件タブ(C_PaymentTermテーブル)に、”IsPaymentTermsJP(複数支払条件)”のチェックボックス と、C_PaymentTermを自己参照している”JP_PaymentTerms_ID”カラムを追加します。 支払条件 [ 選択レコード/表示レコード数] 支払条件 (AD_Client_ID)クライアント* (AD_Org_ID)組織* アクティブ(IsActive) (Description)説明 (Value)検索キー (Name)名称 複数支払条件✔(IsPaymentTermsJP) (JP_PaymentTerms_ID)複数支払条件* ・ ・ ・ JP_PaymentTerms_IDは、 IsPaymentTermsJPがOFFで、固定日付フラ グがONの場合に表示され、 IsPaymentTermsJPがONの支払条件を選択 する事ができます。デフォルト(IsDefault) 固定日付(IsDueFiexed) 出荷後(AfterDelivery) 翌営業日(IsNextBusinessDay) ”JP_PaymentTerms_ID”は”IsPaymentTermsJP”がOFFの場合に表示され、IsPaymentTermsJPがON の支払条件だけが選択できるようにリファレンス”JP_PaymentTerms”を作成し、設定する。
  8. 8. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 7 【概要設計】モデル設計 支払条件マスタの子タブとして、複数支払条件タブ(”C_Payment”テーブル)を作 成します。 複数支払条件タブ C_Payment C_Payment 親 子 • リンクカラム:JP_PaymentTerms_ID • 親リンクカラム:C_Payment_ID • 表示ロジック:@IsPaymentTermsJP@=Y • 読取専用:ON この複数支払条件タブで、複数支払条件でまとまっている支払条件を一覧として 視覚的に確認する事ができます。
  9. 9. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 8 【概要設計】モデル設計 モデルバリデーター MInvoiceのモデルバリデーターとして、JPiereInvoiceValidatorクラスを作成し、 売上請求伝票のヘッダーデータを保存する際に、適切な支払条件に変更するロ ジックを実装する。 ◆MInvoice MPaymentTermのモデルバリデーターとして、JPierePaymentTermValidatorク ラスを作成し、次のチェックロジックを実装する。 ◆MPaymentTerm • 固定日付フラグをOFFにする際に、複数支払条件フィールドに値が設定さ れていない事の確認。 • 複数支払条件フラグをONにする際に、複数支払条件フィールドに値が設 定されていない事の確認。 • 締切日付が同じ日付の支払条件が、同じ複数支払条件の中に存在しない事 の確認。
  10. 10. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 9 【概要設計】ユーティリティクラス JPierePaymentTerms 複数支払条件を使いやすくするために、ユーティリティクラスを作成します。 public static MPaymentTerm[] getPaymentTerms(Properties ctx, int C_PaymentTerm_ID) public static MPaymentTerm getPaymentTerm(Properties ctx, int C_PaymentTerm_ID, Timestamp date) 支払条件のID(C_PaymentTer_ID)を渡すと、子供となる支払条件をFixMonthCutoffの数値の昇順で配列 として返します。 支払条件のID(C_PaymentTer_ID)と日付を渡すと、適切な支払条件を返します。
  11. 11. Copyright © 2015 OSS ERP Solutions All Right Reserved. 10 http://www.oss-erp.co.jp/ オープンソースのERPを活用し、 企業が抱えている課題を 素早く低コストで解決します!

×