Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20201010 mtddc community

20201010 mtddc community

Download to read offline

2020/10/10 開催 MTDDC2020 でのセッション「コミュニティの力学を知れば百戦殆うからず ~Web制作スキルだけでなく、ビジネスにもコミュニティが必要な理由~」のスライドです

2020/10/10 開催 MTDDC2020 でのセッション「コミュニティの力学を知れば百戦殆うからず ~Web制作スキルだけでなく、ビジネスにもコミュニティが必要な理由~」のスライドです

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

20201010 mtddc community

  1. 1. コミュニティの力学を知れば 百戦殆うからず ~Web制作スキルだけでなく、ビジネスにも コミュニティが必要な理由~ 2020/10/10 Hideki Ojima | Parallel Marketer / Evangelist @hide69oz http://stilldayone.hatenablog.jp/
  2. 2. 登壇の機会を いただき ありがとう ございます!
  3. 3. ハッシュタグ付き ツイートで、 メモ・コメントを! #mtddc Be Interactive!
  4. 4. 小島 英揮 パラレルマーケター Still Day One 合同会社 代表社員
  5. 5. 最近、 #ガレージオフィス を 作りました! https://stilldayone.hatenablog.jp/entry/GarageOffice
  6. 6. コミュニティマーケティングの効果や進め方につ いての書籍発刊 2009 - 2016 2017 ~ 2019 コミュニティマーケティングの進め方や事例共有 のためのコミュニティ。 過去3年半で50回開催、メンバー2,500名以上 AWS日本法人一人目の社員としてJoin。マーケ ティング統括としてクラウド市場開拓をコミュニ ティ(JAWS-UG)を通じて実施。
  7. 7. 今日お話するポイント • 「百戦殆うからず」を実現するために • 誰に知られたい?「Who」の設定の重要性 • コミュニティの力学 • コミュニティでのおススメの行動
  8. 8. あなた(の会社)はどちらのタイプ? VS.
  9. 9. “王者の戦略”をとれる人(会社)は少ない https://kensuu.com/n/n58c3557d4af7
  10. 10. 孫子・謀攻: 敵と味方の実情を熟知 →百回戦っても負けない 敵情を知らず味方のことだけを知っている →勝ったり負けたりして勝負がつかない 敵情のことも味方のことも知らない →必ず負ける
  11. 11. コミュニティで 相手(顧客、同業者)と、 自分の力量、ポジション を熟知する = 百戦殆うからず
  12. 12. 知っておくべき、コミュニティの ビジネス上のメリット
  13. 13. (技術系)コミュニティに 「参加」する4つのメリット • 知見を合理的に吸収できる • 自分の実力がわかる • ロールモデルを見つけられる + • 自分が何者か知ってもらえる https://aws.amazon.com/jp/builders- flash/202004/community-interview/ スキル 向上 チャンス 増加
  14. 14. コミュニティを通じて 知られることで… 正しいターゲット (=見つけて欲しい人たち)に、 正しいイメージで (=見つけて欲しいコンテキストで) 見つけてもらいやすくなる
  15. 15. 平たくいえば・・・ そのスジで有名になる
  16. 16. 平たくいえば・・・ そのスジで有名になる ビジネスチャンスが広がる
  17. 17. 自分のビジネスにおける 「そのスジ」とは、 どんな人たち(Who)で あるべきか、 の理解が重要。
  18. 18. ビジネス、マーケティングを考える上では Whoの設定は一丁目一番地 誰に、何を、どう伝えるか? それは何故なのか? Who:誰が顧客か? Why:なぜその顧客なのか? What:提供できるベネフィット は何か? Why:なぜそのベネフィットが響 くのか? How:どうやって伝えるか? Why:なぜその伝え方が良いの か?
  19. 19. ふたつのアプローチ: ①そのスジが多いコミュニティに参加して アウトプットする ②自分の顧客スジをコミュニティ化する
  20. 20. コミュニティ×ビジネス の力学
  21. 21. Sell Through The Community 直接「売り込む」方法ではスケールしない コミュニティを通じてスケールさせる ベンダー コミュニティ ベンダー コミュニティ
  22. 22. コミュニティの中で見つけられるためには コミュニティに「売る」のではなく コミュニティに「満足」してもらう
  23. 23. 「満足」を呼ぶ 3つの行動 • フィードバックする • アウトプットする • 運営をサポートする
  24. 24. コミュニティの 成長要因は?
  25. 25. • コンテキスト ファースト • オフライン ファースト →トラストファースト • アウトプットファースト コミュニティ成長のための 基本原則:「3つのファースト」
  26. 26. コミュニティで おススメの ポジション
  27. 27. = ファーストピン リーダー フォロワー ワナビーズ 20% 80% コミュニティ参加者の3レイヤー
  28. 28. コミュニティ参加者の3レイヤー = 商品、サービスのファン、かつ 「アウトプット」ができている人 = ロールモデルの「アウトプット」を 「フォロー」(追随)できる人 = 興味はあるが、インプットのみを要求 「アウトプット」も「フォロー」も しない人 リーダー フォロワー ワナビーズ 初期はここにフォーカス
  29. 29. フォロワーがリーダーを作る https://www.ted.com/talks/derek_sivers_how_to_start_a_movement?language=ja
  30. 30. リーダーフォロワー ※リーダーの数をフォロワーが超えたところで、拡大がスタート
  31. 31. 人が集まっている状態や、集まる スピードが「可視化」されている ※皆が集まってる様が丸見え=いつ参加しようか、と考えやすい
  32. 32. コミュニティ×ビジネスを より理解したい方は コミュニティマーケティングを 考えるコミュニティ CMC_Meetup へ
  33. 33. まとめ:コミュニティで百戦殆うからずを 実現するために • 自らファーストピンになる(を集める) • コンテキストにあったアウトプットを増やす • 売り込むのではなく、満足してもらうことで トラストを得る
  34. 34. Enjoy “your” community!!

×