Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20190311 tech on-x_r_final

1,363 views

Published on

2019/03/11開催 #TechOn東京 #5 xR meets Everything での対談資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20190311 tech on-x_r_final

  1. 1. 対談:AR今昔 ~セカイカメラから10年、 最新テクノロジーでARはどうなる?~
  2. 2. 本日の ハッシュタグ #TechOn東京
  3. 3. 本セッションのゴール あのアプリの軌跡を振り返ることで • ARテクノロジーとエコシステムの10年の進化 • 現在主流のテクノロジー • 今後カギとなるテクノロジー、ユースケース について理解し、今後のARの動向を見通す!
  4. 4. 小島 英揮 パラレルマーケター
  5. 5. @ken1_taka ktaka 株式会社カブク / ソフトウェアエンジニア 高橋 憲一 • 携帯向け3Dグラフィクスエンジンや、昔あった 某ARアプリの開発に携わる • 現在はカブクで3Dグラフィクスのレンダリング および解析エンジンの実装を担当 • 個人的活動としてAR&VRの実験をする傍ら翻訳 本を出したり、技術系雑誌への解説記事を寄稿す るなどしている
  6. 6. 「Unityによる~本」の翻訳 技術書典5で出した本 xR関連の書籍も多数
  7. 7. エコシステムがエコシステムを生み出す 「不可避」な流れ 2006 - Big Data Mobile 2016 - IoT AI VR/AR/MR (仮想体験) Service Layer Cloud Computing
  8. 8. xR = VR/AR/MRのポジション 非同期 オンデマンド 外界と隔絶(没入感) 奥行小・2D的 同期・同時 リアルタイム 外界、現実と透過 奥行大・3D的 VR (仮想現実) AR (拡張現実) MR (複合現実)
  9. 9. VR/AR実行(視聴)環境としてのスマホの重要性 ・ジャイロセンサー ・インターネット接続 ・アプリ利用 (ID管理、課金可能) ・VR/AR開発環境の整備 ・ARCore ・ARKit ・Unity出展:総務省 平成27年通信利用動向調査 1. 世帯普及率 = スマートフォン保有状況(世帯) :72.0% 2. 個人普及率 = スマートフォン保有状況(個人) :53.1% 3. スマートフォンでのインターネット利用率(個人) :54.3%
  10. 10. Back to 2009….
  11. 11. • カメラプレビューの表示 • エアタグの表示 • エアタグ作成 – テキストタグの文字入力 – イメージタグの写真撮影 • 現在位置の取得 • エアタグのデータの保存 • エアタグ群の取得 – 現在位置を中心に半径?mと いうクエリー • ユーザー認証 あのARアプリに必要な機能
  12. 12. 当時使ったもの (Android版とサーバー) • Java • NDK • C++ • OpenGL ES • AWS – EC2 – S3 • PHP
  13. 13. テクノロジー、マーケット、 エコシステム的に課題だったことは?
  14. 14. 2019年のテクノロジーの適用例 • ARCore – Sceneform – Cloud Anchors • Java • Kotlin • Firebase – Authentication – Cloud Firestore • GeoFirestore
  15. 15. INEVITABLE TV15
  16. 16. 16 Motion Tracking
  17. 17. 17 Lighting Estimation
  18. 18. 18 Environment Understanding
  19. 19. カメラプレビューとエアタグの表示 • ARCore – Sceneform • ArFragment • ViewRenderable
  20. 20. ARCoreを使った開発 Java Unity Unreal iOS
  21. 21. Android Studio + Java + Sceneform
  22. 22. 3Dモデルのインポートプラグイン • Android Studioのプラグイン • 3Dモデルをインポートしてアセットとし て組み込める – OBJ, FBX, glTF • Android Studio内でプレビュー可能
  23. 23. テキストとイメージのエアタグは ViewRenderableで作成
  24. 24. テキストタグ用ViewRenderable ViewRenderable.builder().setView(this, R.layout.text_tag).build(); background (角丸、半透明の青色) text_tag.xml API
  25. 25. イメージタグ用ViewRenderable ViewRenderable.builder().setView(this, R.layout.image_tag).build(); background (角丸、半透明の茶色) image_tag.xml API
  26. 26. エアタグの作成操作 • イマ風にFABで – 1階層下にテキストやカメラのアイコン
  27. 27. 今後の注目テクノロジー
  28. 28. やはり 外せない Unity
  29. 29. Tangoテクノロジーの民主化? • デプスセンサーを持っていたTangoに あった機能 • 現在のARCoreは通常カメラのサポート のため実現できていないが、「Depth from Motion for Smartphone AR 」と いうタイトルで通常の単眼のカメラのみ で可能にする論文がGoogleから出され ている 現実世界の物体とCG のオクルージョン
  30. 30. 機械学習による物体認識
  31. 31. InstaSaber • A4の白い紙を丸めて筒状に するとライトセイバーになる
  32. 32. Wanna Kicks • 足を認識して靴をかぶせてく れる • 他にもネイルやジュエリー用 のアプリがある
  33. 33. 結論:あのセカイは普通になる!
  34. 34. Questions?

×